名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷竹次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷竹次郎のプロフィール

大谷竹次郎、おおたに・たけじろう。映画会社松竹の創業者。若干18歳で金主(演劇の資金を融通する一種の投資家)となり、いくつも演芸場を買い取るほどの利益を生む。その後、他家に養子に出ていた双子の兄、白井松次郎と松竹(社名の由来は松次郎、竹次郎の名前から)を創業。50歳で歌舞伎俳優の大半と、関西喜劇俳優のすべてを抱える大興行主になった経営者

大谷竹次郎の名言 一覧

勲章を胸にかけて思ったことは、この勲章は決して私個人のものではない。私と共に歩んだ演芸、映画人およびその背景にある仕事が頂戴したのだと思う。
【覚書き|文化勲章を授与されたことに対するコメント】


仕事に追いかけられていた私には、家庭でのんびり落ち着く日はめったになかった。


偉くなる役者は必ずどこかに普通人とは違うものを持っているものだ。


私は興行で得た利益を自分のために利用しようとは露ほども思ったことはない。儲けた金にさらに足し前をして、いままで以上の立派な芝居を見せたいのが趣旨であった。


日本の劇場には極めて悪習慣が残っていて、京都の劇場も木戸(入場口)に大木戸と称して、ごろつきの親方が、ごろつき押さえに頑張り、観客が札を買って入るときには木戸札を箱に投げ込んで、通り一枚、通り二枚と呼んでいた。劇場の中にはクリカラ紋々の入れ墨男が働いていて、興行主の収入は木戸銭(入場料)だけに限られていた。私はこのけしからぬ悪習を一掃しない限り、劇場経営は成功する見込みなしと断定して、常盤座を借り受けると同時に、従来の雇用一同を解雇する案を提起した。


舞台は真剣で値段は安い。そしておもしろい。幕間は短い。
【覚書き:舞台・演劇の興業はこうあるべきだという大谷氏の哲学を的確に表現した言葉。以降、この哲学によって松竹は大きく成長した】


同じ事業をやるなら、人間は自分が好きな事業に手を出すべきだ。


大谷竹次郎の経歴・略歴

大谷竹次郎、おおたに・たけじろう。映画会社松竹の創業者。若干18歳で金主(演劇の資金を融通する一種の投資家)となり、いくつも演芸場を買い取るほどの利益を生む。その後、他家に養子に出ていた双子の兄、白井松次郎と松竹(社名の由来は松次郎、竹次郎の名前から)を創業。50歳で歌舞伎俳優の大半と、関西喜劇俳優のすべてを抱える大興行主になった経営者

他の記事も読んでみる

赤塚保

ビュッフェスタイルは焼き肉や寿司などで過去に流行った業態でしたが、味の点と健康志向という時代の流れに乗り遅れていた。そのあたりを修正すればいけると判断しました。
【覚書き|野菜をメインに健康志向を前面に押し出したビュッフェスタイルの店「三尺三寸箸」が繁盛したことについて語った言葉】


遠藤宏治

成長戦略として製品の幅を広げるだけでは駄目で、改廃もしながら選択と集中をしています。これまでの転機は、土地や株式などへの投資はせずにやってきたのでバブル崩壊の影響はなかったですが、デフレによる価格破壊の影響はありました。


工藤公康

喫茶店などで水を飲む時も野球のことを考えます。コップの持ち方が野球のボールの持ち方につながるからです。たとえば、水が入っているコップを手にする時、誰もがその重さに応じて、そっと持つはずです。それが3kgの鉄球を持つとなれば、重い分だけ、ギュッと強く握るようになります。さて、持つモノが野球のボール(約140g)となると、どうなるか。重さとしては、コップ程度なのに鉄球の時のようにギュッと握ってしまう人が多い。じつは、重さに応じてそっと軽く持つのが正解。そのほうが、力の使い方として正しく、回転のいい質の高いボールを投げられます。コップに限らず、いろんなモノを持つ時に力の使い方を意識すると、野球のボールの操り方を確認できるんです。


宮迫博之

関根勤さんとかの休み方って、ホンマ、羨ましいですわ。ゴールデンウイークとか夏休みといった一般の方の休みじゃないときに休んで、ハワイへ行ったりするじゃないですか。そりゃあ、そのほうがいいに決まってますよ。まず値段は安いし、人もいない。でも、そんなことする人、関西芸人には誰もいないんじゃないですか。やっぱり怖いんやろうな。「こんなときに休んで、番組クビになったら、どないしよう?」とかって、いろいろ考えて。休みは「ずらしたほうがええ」とはわかっとるし、「そうしていいよ」といわれても不安なんやな、やっぱり。


鈴木喬(経営者)

世の中の状況と自分の会社の状況は別。みんなが同じ方向に動いていたり、へばっているときこそ、成長のチャンス。


北尾吉孝

歴史に学ぶことによって、どうやったら国が栄え、滅びるのか。時の皇帝の在り方が国を栄えさせたり、滅ぼしたりするのだなと。中国古典を読むと、そういうことがよく分かります。王朝が生まれ、廃れる原因は何か。チンギスハーンはどうやって広大な大帝国を築くことができたのか。そうしたところから、組織を成功的に運営するにはどうしたら良いかが掴めるのです。アライアンスを組むときにどういう組み方をすればいいかなどのヒントもあります。


仙石通泰

約20前、この会社に入った時の主要取引先はNEC1社だけでした。「これはまずい」と思い、社内改革を進めました。その結果、取引先は10年後には10社に増え、今では約100社に達しています。これは接待やゴマスリをやって増やしたのではありません。インテリジェンスを生かし、得意先が喜ぶ提案をタイムリーに提示するという努力を重ねた結果です。


千本倖生

日本には世界に誇る技術もあれば、優れた人材もいます。あとは戦略と志です。高い目標を掲げ、それを実行することによって、世界に評価される経営を目指すべき。


三池崇史

本当に、自由に仕事をやりたいと思ったら、常識やルールを自分で壊していかないと。


米長邦雄

真剣な時間があれば、その反動として遊び呆けるときが必要である。遊びは仕事の影である。


端羽英子

起業を検討する場合にまず需要があるかどうかを確かめてみる必要がある。それほどお金をかけなくても顧客の反応をみる方法はあるわけです。


樋口武男

大和団地の再建が完了し、01年に合併で大和ハウスの社長として戻ると、そこも尋常じゃない「大組織病」に冒されていたんです。まず2年だった役員の任期を1年に。成果をあげなかった人は役職を剥奪することで、危機感を抱かせた。支店長に大幅に権限を与えて、給料を年俸制に。10も15も押していた稟議書の判子を2つ程度ですむようにした。その代わり赤字を出した支店長はボーナスゼロ。結果、04年には大幅な増収・増益です。