名言DB

9419 人 / 110788 名言

大谷竹次郎の名言

twitter Facebook はてブ

大谷竹次郎のプロフィール

大谷竹次郎、おおたに・たけじろう。映画会社松竹の創業者。若干18歳で金主(演劇の資金を融通する一種の投資家)となり、いくつも演芸場を買い取るほどの利益を生む。その後、他家に養子に出ていた双子の兄、白井松次郎と松竹(社名の由来は松次郎、竹次郎の名前から)を創業。50歳で歌舞伎俳優の大半と、関西喜劇俳優のすべてを抱える大興行主になった経営者

大谷竹次郎の名言 一覧

勲章を胸にかけて思ったことは、この勲章は決して私個人のものではない。私と共に歩んだ演芸、映画人およびその背景にある仕事が頂戴したのだと思う。
【覚書き|文化勲章を授与されたことに対するコメント】


仕事に追いかけられていた私には、家庭でのんびり落ち着く日はめったになかった。


偉くなる役者は必ずどこかに普通人とは違うものを持っているものだ。


私は興行で得た利益を自分のために利用しようとは露ほども思ったことはない。儲けた金にさらに足し前をして、いままで以上の立派な芝居を見せたいのが趣旨であった。


日本の劇場には極めて悪習慣が残っていて、京都の劇場も木戸(入場口)に大木戸と称して、ごろつきの親方が、ごろつき押さえに頑張り、観客が札を買って入るときには木戸札を箱に投げ込んで、通り一枚、通り二枚と呼んでいた。劇場の中にはクリカラ紋々の入れ墨男が働いていて、興行主の収入は木戸銭(入場料)だけに限られていた。私はこのけしからぬ悪習を一掃しない限り、劇場経営は成功する見込みなしと断定して、常盤座を借り受けると同時に、従来の雇用一同を解雇する案を提起した。


舞台は真剣で値段は安い。そしておもしろい。幕間は短い。
【覚書き:舞台・演劇の興業はこうあるべきだという大谷氏の哲学を的確に表現した言葉。以降、この哲学によって松竹は大きく成長した】


同じ事業をやるなら、人間は自分が好きな事業に手を出すべきだ。


大谷竹次郎の経歴・略歴

大谷竹次郎、おおたに・たけじろう。映画会社松竹の創業者。若干18歳で金主(演劇の資金を融通する一種の投資家)となり、いくつも演芸場を買い取るほどの利益を生む。その後、他家に養子に出ていた双子の兄、白井松次郎と松竹(社名の由来は松次郎、竹次郎の名前から)を創業。50歳で歌舞伎俳優の大半と、関西喜劇俳優のすべてを抱える大興行主になった経営者

他の記事も読んでみる

澤田道隆

大上段に振りかぶって大きなテーマからいこうとすると、たいてい言葉に詰まってしまう。ちょっとした思いつきや身近な話題から入ったほうが、議論は盛り上がる。


羽生善治

将棋の世界では、AIが新しい発想やアイデアのきっかけになるということが既に起こっているんですよ。今、膨大な数のソフトが日々、対戦しているのですが、その中から創造的な作戦や戦法とかが生まれているんです。


菅原徹

自分の笑顔を心のストレス状態(4段階ぐらいで)と一緒にケータイのカメラなどで毎日記録しておくと、自分だけでなく、相手の笑顔に対しても視覚的な感性がアップします。笑顔から精神状態や体調が読み取れるようになります。


佐々木洋寧

リフォーム業は、お客様に提供する商品に差がない。だからこそ、お客様のために考えたらどうなるかという差別化がとても大事。


河瀬和幸

会社員時代、すごく格好いい上司に憧れ、読んでいる本を貸してもらったり仕事で外国人と会話する際の発音を聞いたりしていた時期がありました。トイレも一緒に行って、仕草をまねたり(笑)。お手本の人になりきろうとするうち、自然に人をひきつける話し方、立ち居振る舞いが身につきました。


落合寛司

融資だけではありません。取引先が経営危機に陥った場合、当社の取引のある企業を紹介するなどして、どんどん仕事を回していく。その代わり、経営にも口を出すし、人も出します。必要なことはなんでもやります。当然ですが、そこの社長が酒やゴルフにうつつを抜かすことは許しませんし、無謀な投資にも反対します。取引先と西武信金は運命共同体です。真の協同組織金融機関として、取引先を徹底的に支えていきます。


水野敬也

僕はアシスタントたちとのブレストでも書記は自分でやっています。弁当や菓子を買ってきて配ることもあります。先輩後輩の関係にありがちな「いじり」は一切やりません。むしろ僕が、アシスタントたちからなめられるぐらいがいい。萎縮させずに自由に楽しくアイデアを出してもらうことが大事だと思っています。「最近の若者は打たれ弱い。もっと鍛えるべきだ」なんていう言説は、アイデア出しのためにはマイナスでしかありませんよ。


ムーギー・キム(金武貴)

今の若い世代の仕事に対する考え方も昔とは異なり、仕事を通じて自己実現したいという気持ちがとても強くなっています。天職の基本は、興味もあって、なおかつ市場価値が高いことです。また、成長実感を得られる仕事に対しては前向きに取り組みますし、意欲も長続きします。


長谷川滋利

聞き上手になるためにまず実践したのは、相手が強調したいフレーズや単語をリピートする方法でした。「なるほど、なるほど」と自然な相づちを打つ感覚で、フレーズや単語を繰り返します。繰り返した言葉が相手が言いたかったこととズレていても、「ちゃんと聞いてくれている」ということは伝わります。


カーリー・フィオリーナ

チームに変化を起こすには、全員に賛成してもらう必要はない。過半数の賛成すら必要ではない。必要なのは、キーパーソンを動かすことだ。