名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷登(エスプリライン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷登(エスプリライン)のプロフィール

大谷登、おおたに・のぼる。日本の経営者。「エスプリライン」社長。英語教材「スピードラーニング」を開発し、ヒットさせた。

大谷登(エスプリライン)の名言 一覧

教材を充実させるために家族を連れてアメリカに移住しました。アメリカ生活を始めると、部屋を借りて車を買うというところから、買い物、子供の学校の手続き、ご近所づきあい、パーティーへの参加……などなど、毎日、毎日、様々なシーンに出くわすわけですよ。それを教材に活かしました。そのすべてが生活に根ざした英語、生きた英語ですからね。生活そのものが教材づくりに直結しているわけで、アメリカでの生活を楽しみ、教材づくりを楽しんだという感じでしたね。


大谷登(エスプリライン)の経歴・略歴

大谷登、おおたに・のぼる。日本の経営者。「エスプリライン」社長。英語教材「スピードラーニング」を開発し、ヒットさせた。

他の記事も読んでみる

布袋寅泰

皆さんの記憶の中にあるBOØWYは武道館や東京ドームを満員にしている姿かもしれません。だけど、6年の活動の間、食えるようになったのはじつは後半の数年間。最初はライブのお客さんも数えられるくらい。レコードデビューはしたものの思ったように音も出せない、レコードは売れない、メディアも振り向いてくれない、という状態でしたね。最高の仲間が集まって、俺たちこんなにカッコいいのに、自分たちのことを信じているのに、何故人に伝わらないんだろう? 何故気づいてくれないんだろう? というもどかしさ。頭のどこかでは、すぐに武道館くらい行けるだろう、と思っていた自分もいた。しかし現実はそんなに甘くはなかった。その悔しさを音にぶつけて、もっとうまくなってやろう、もっといい曲を作ろう、と頑張った。悔しさが自分たちを高めてくれたんです。


田中和彦

会社の先行きに不安を感じたら、できることはふたつしかありません。ひとつは、会社の業績不振や不景気といった不安の原因をなくすために、自力で頑張ること。そしてもうひとつは、たとえいまの会社を離れたとしても、どこでも通用する人材になることです。


ホルスト・シュルツ

リーダーシップとは、企業の成功を継続させるために不可欠な要素です。オリエンテーションにおいて、私たちは、新しく向かいいれるスタッフに、「あなたは、私たちの会社の宝なのです」と伝えます。リーダーシップというのは、つまるところ「スタッフが自らやりたいと思って仕事をする環境作り」のことであり、マネジメントとは、「スタッフが、ある仕事・機能をたんに果たすことを管理すること」です。マネジメントのもとでは、スタッフは「仕事をしなければならない」という意識です。一方、リーダーシップの下では、スタッフは夢の一部であり、組織の一部であり、夢のために仕事をしたいと思うのです。新しい仲間に、私たちは何者であり、何をしなければならないのかを伝えるためには、私たち自身に信念がなければ、なにも伝わりません。ですので、オリエンテーションがとても重要になって来るのです。


佐藤秀峰

これまで僕は、「自分はまな板の上の鯉になるので、いろいろと料理してください。そうしたら、美味しいものを出しますよ」というスタンスで仕事を引き受けてきました。そうやっていろいろと経験を積んで、自分の「できること」の幅を広げてから反乱を起こせばいい、と思っていましたから。


吉原毅

日本人は論理に弱く情に流されやすい。海外から理屈で攻められると、簡単に信じてしまう。情に厚いのは日本の美徳である一方、欠点にもなってしまう。


大西一寛

システムの内容は完全に弊社オリジナルで、15回ぐらいの仕様変更、改良を行ってきました。クラウド型のシステムにした理由は、弊社内でIT要員を抱える必要がないため。構築やメンテナンスはすべて外注しています。実際のところ、システムの導入により、業務上の手間は半分以下に減ったと試算しています。


下地寛也

資料は「伝える順番(=構成)」が9割。一発OKが出る資料には、ある共通の型があるのです。まず、資料の最初に伝えるべきは、相手に「問題点」を認識させることです。問題の所在が明らかになると、資料の後半で語られる「解決策」がすんなり入ってきます。資料作成では、「問題点→解決策」の二部構成で組み立てることが肝なのです。


マイケル・バーク

決してほかには真似ができない要素があるか。これを基準にグループに加え、そして買収後は各ブランドの持つ独自性を一層伸ばすように心がけてきた。ほかとは違う、独自の世界観があるからこそ、消費者はそれぞれのブランドに魅了されるのだ。故に、我々のグループは成長を遂げている。


ショーペンハウエル

強い人間は自分の運命を嘆かない。


井上武(経営者)

社員満足なくしてお客様満足なし。


平本清

戦後の焼け跡から立ち上がった名経営者は、尊敬する松下幸之助をはじめ、皆が論語を読んでいます。上に立つ者のすべきことや心構えが書いてあるのです。でも、二代目以降のサラリーマン経営者は論語を読まないでしょう。気が付いたときには不合理なピラミッド型の組織と派閥の服従関係ができあがり、派閥同士がせめぎ合って下す決断も合理性とは程遠い代物になってしまいます。情報伝達も上から下への伝言ゲームみたいになってしまうから、組織の下の方はバカになっていくのです。


森川亮

ほんとに皆さん敏感で、そこにあるものが広告なのかコンテンツなのかを常に見極めて、広告だと思った瞬間、見なくなる。