名言DB

9425 人 / 110833 名言

大谷由里子の名言

twitter Facebook はてブ

大谷由里子のプロフィール

大谷由里子、おおたに・ゆりこ。日本のフリープロデューサー。奈良県出身。ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業へ入社。横山やすしのマネージャーなどを経て独立。志縁塾を主催。

大谷由里子の名言 一覧

特に経営者は思いのある人間が好き。こいつ信念があるな、と思われるとかわいがってもらえる。


相手がいつも言っている褒め言葉で褒めると間違いない。相手が褒め言葉だと思っているわけですから。


芸人でも講師でも、面白い人というのはその場で適当にしゃべっているわけじゃない。日頃からネタを仕込み、相手をよく観察しているからぽんぽん話せるんです。


大谷由里子の経歴・略歴

大谷由里子、おおたに・ゆりこ。日本のフリープロデューサー。奈良県出身。ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業へ入社。横山やすしのマネージャーなどを経て独立。志縁塾を主催。

他の記事も読んでみる

宮本茂

新しいスタンダードがつくりたい、といつも思っているんです。それは自分の中の問題なんだけれどね。お客さんにとっては、望むものが出てきて、楽しいことが一番だろうから。


栗山年弘

テレビ産業が苦境に陥っていますが、ユーザーがテレビに対して何を求めているか改めて考えるべきではないでしょうか。スマートTVもそうですが、使いこなすのが難しい機能はユーザーは欲していないのかもしれません。


高田明(ジャパネットたかた)

スティーブ・ジョブズはプレゼンが上手いとよく言われますが、1か月前からプレゼンのプロを雇って、部屋にこもって猛勉強していたそうです。それぐらいやらないと伝わりません。


丸幸弘

新卒採用にこだわるのは、中途社員は何かにつけて「普通の会社は」と言い出すからです。その「普通の会社」は昔の会社ですよね。20世紀型の会社と比べることには何の意味もない。


安岡正篤

本当の学問や修養というものはこれは禅でも儒でも同様で、人間と人間、精神と精神、人格と人格が火花を散らすようにやる。これを参学道、参ずるという。わかったのか、わからぬのか、ノートをとって、またそれを受け売りするなどというような学問や学校勉強は、これは雑学・俗学というもので、いわゆる学問・求道の中には入らない。


藤田晋

どんなに酷い目に遭っても、ぐっと堪えることが大切です。自分が悪くなくても、キレない。キレたらそこで終わりです。仕事をしていると、忍耐が必要な局面がしばしば出てきます。そこで、自分の心が耐え切れるかどうかが重要です。


盛田昭夫

あらゆる新製品の開発には、まず否定的なデータがふんぞり返っている。だが、かすかにポジティブな面が顔をのぞかせているはずだ。そこで否定的な面だけに気を奪われていたら、技術革新も何も生まれてくるはずがない。否定面をかなぐり捨て、わずかばかりの肯定面にしがみつくような人間でないと、いまの会社では通用しない。


大杉栄

なんでも変わらないものはないものだ。旧(ふる)いものは倒れて新しいものが起きるのだ。


小山昇

じっくり考えたほうが正しい答えを導けるという人もいますが、それは決断が遅い人の言い訳です。判断するスキルが10の人は、どんなに時間をかけても10以上の判断は下せません。いま決めても明日決めてもどうせ同じ答えです。それならいま決めて動き出したほうがいい。


田中健介(経営者)

育てる上司たちは、指折りの良い上司にならなければいけない。そして上司は悪い点はちゃんと戒めて叱らなければなりません。叱ることをタブーにされたおかげで日本はここまで教育が崩壊したのです。私は当社に入ってくる社員を教育し直してきました。そのおかげか、お客様に評判の良い社員が増えております。