名言DB

9412 人 / 110637 名言

大谷昭宏の名言

twitter Facebook はてブ

大谷昭宏のプロフィール

大谷昭宏、おおたに・あきひろ。日本のジャーナリスト。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、読売新聞社に入社。同社記者を経てジャーナリストとして独立。テレビのコメンテーターとしても活躍。

大谷昭宏の名言 一覧

思う存分やってみることですよ。そこからしか自分なんて見えてきませんから。


飛び込む前から御託を並べてないで、自分の問題意識や好奇心を温めて、とりあえずなんにでも挑戦してみることが大切。


いくら「お利口さん」でも、直接、人間とぶつかってみないとわからないことが山ほどある。


プロ野球選手だって打率3割あれば上出来なんだから、仕事も3割うまくいけばいいんですよ。


いくら大変でも、やりたいことをやって、充実した時間を過ごすほうがいいじゃない。あと、自分の進むべき道を一度決めたら、石にかじりついてでも諦めないという気概だけは持ってほしい。


軋轢があるのが普通なんです。それを、いまは変に折り合いをつけちゃうじゃないですか。僕は問題だと思う。軋轢は軋轢として、ちゃんとぶつかっていかないと、本当の意味での人と人との深くて、いい関係なんて作っていけないですから。


どんなくだらない会社だと思っても、一人や二人は素晴らしい先輩がいるもの。仮に直属の上司とソリが合わないからといって、簡単に辞めるのはあまりにももったいないんじゃないかな。


いまはやる前から先に結論を知りたいというか、人生の結論めいたものを求める若者が増えたんじゃないかな。なにかに挑戦するというより、失敗することのほうを非常に警戒するでしょう。社会全体が減点主義になっているからだろうけど、飛び込んでみないことには、何も始まらないじゃない。


マスコミ志望の学生のための講座に出ると、いまのやつらは「私はテレビ向きでしょうか? それとも新聞向きでしょうか?」なんて聞いてくるわけ。思わず「そんなこと、わかるか」って笑いながら怒鳴ってしまうんだけど、職業の適性なんて、何年か働いてみて少しずつわかってくるもんでしょ。


大谷昭宏の経歴・略歴

大谷昭宏、おおたに・あきひろ。日本のジャーナリスト。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、読売新聞社に入社。同社記者を経てジャーナリストとして独立。テレビのコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

中尾政之

ネットで検索してみるのもいい。自社や同業他社はこれまでにどんな失敗を重ねてきたのか。「グーグル」や「ウィキペディア」のように、半ば、ビッグデータ化したものを利用しない手はありません。


中川具隆

システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


ジョン・F・ケネディ

人類は戦争を終わらせなければならない。でなければ戦争が人類を終わらせるだろう。


中島武

あまり失敗を怖がらないのもよくないし、失敗を怖がっている方が固くていいんですけど、そうすると、その固さが失敗につながることもあるんです。そのあたりのバランスですね。


一倉定

会社に良い会社、悪い会社はない。良い社長、悪い社長しかない。


山本憲明

打ち合わせなどで外出するときは、いくつかの訪問先を同じ日にまわって、移動時間のロスを少なくしています。また、週に一日は何も予定を入れない日を作って、集中して仕事をする時間を確保しています。


佐藤秀哉

変革期には、新しいプレーヤーの参入や成長のチャンスがある。


前川知大

僕は日常の地続きから話をスタートさせたいんです。見る側が、舞台上の人と同じ視点でいられるほうが、作品に入り込みやすいだろうから。


門昌央

自分の意見を述べたいのであれば、会議の後半にしましょう。最初に意見したら、単なる露払いで終わってしまい、あなたの考えのいいとこどりをされて終わってしまいます。会議の終盤に、それまで出てきた意見をジャッジメント的に拾いながら、自分の考えと周囲の意見をすり合わせて意見を出すのがベストです。


須田将啓

雑誌やWeb媒体などと協力関係を築き露出させてもらうことで、「最新の商品はバイマで買うことができる」ようにした。結果としてバイマの露出が増えて買われ、バイヤーの出品が増える好循環が生まれた。露出やブランディングの部分でも、品ぞろえというバイマの強みを生かして、効率的に事業を拡大させた。こうしてCtoCで行われるプラットフォーム型のソーシャルショッピングサイトを作ることがでた。


木山剛史

室蘭は10万人の人口がありながら、バッグ屋さんがほとんどなかったのです。当社の商品は1万円前後と、決して安いわけではありませんが、いいものであれば皆さんに納得して買ってもらえるのです。逆に競合店の多い大都市圏の方が採算面では厳しいかもしれません。
【覚え書き|北海道室蘭市に出店したことについて】


ゲーリー・ベッカー

世界は変わり続けており、常に新しいことを学び続けなければなりません。


山内雅喜

役職者は上からも評価されますし、同じ役職位の人間、要するに横の人間からも評価されます。しかし、評価のなかで一番重要なのは、部下からの評価ですね。完全な匿名で、誰がどんな評価をしているか絶対にわからない方法で行なっていることもありますが、部下は非常に正直に評価を下します。しかも、部下は上司が何を考え何をやっているかを非常によく観察していますから、信頼性が極めて高い。ゴマをすって上の人間をごまかすことはできても、部下の目をごまかすことはできません。


ハワード・シュルツ

絶好のチャンスと思った時には、慣れ親しんだ場所を飛び出して自分自身の道を発見しなければならない。


林真理子

海外へ旅をするとします。そのとき、一生涯エコノミークラスでいいやと思うより、ファーストクラスに憧れながらビジネスクラスに乗っていくくらいの感覚のほうが楽しいでしょう。極端な言い方ですが、エコノミーしか知らない人とビジネスに乗りながら次はファーストクラスだなと考えている人では、やはりその先の人生がだいぶ違うのではないでしょうか。もちろん、ファーストクラスは贅沢なわけですから、どうしたって自腹を切らなくてはいけない。ここも大事なんです。