名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷昭宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷昭宏のプロフィール

大谷昭宏、おおたに・あきひろ。日本のジャーナリスト。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、読売新聞社に入社。同社記者を経てジャーナリストとして独立。テレビのコメンテーターとしても活躍。

大谷昭宏の名言 一覧

思う存分やってみることですよ。そこからしか自分なんて見えてきませんから。


飛び込む前から御託を並べてないで、自分の問題意識や好奇心を温めて、とりあえずなんにでも挑戦してみることが大切。


いくら「お利口さん」でも、直接、人間とぶつかってみないとわからないことが山ほどある。


プロ野球選手だって打率3割あれば上出来なんだから、仕事も3割うまくいけばいいんですよ。


いくら大変でも、やりたいことをやって、充実した時間を過ごすほうがいいじゃない。あと、自分の進むべき道を一度決めたら、石にかじりついてでも諦めないという気概だけは持ってほしい。


軋轢があるのが普通なんです。それを、いまは変に折り合いをつけちゃうじゃないですか。僕は問題だと思う。軋轢は軋轢として、ちゃんとぶつかっていかないと、本当の意味での人と人との深くて、いい関係なんて作っていけないですから。


どんなくだらない会社だと思っても、一人や二人は素晴らしい先輩がいるもの。仮に直属の上司とソリが合わないからといって、簡単に辞めるのはあまりにももったいないんじゃないかな。


いまはやる前から先に結論を知りたいというか、人生の結論めいたものを求める若者が増えたんじゃないかな。なにかに挑戦するというより、失敗することのほうを非常に警戒するでしょう。社会全体が減点主義になっているからだろうけど、飛び込んでみないことには、何も始まらないじゃない。


マスコミ志望の学生のための講座に出ると、いまのやつらは「私はテレビ向きでしょうか? それとも新聞向きでしょうか?」なんて聞いてくるわけ。思わず「そんなこと、わかるか」って笑いながら怒鳴ってしまうんだけど、職業の適性なんて、何年か働いてみて少しずつわかってくるもんでしょ。


大谷昭宏の経歴・略歴

大谷昭宏、おおたに・あきひろ。日本のジャーナリスト。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、読売新聞社に入社。同社記者を経てジャーナリストとして独立。テレビのコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

栗原博

新人の頃、マナーで大失敗したことがあります。あるお客様のところに営業で訪問していたときの話です。その後に私は別のお客様との約束がありましたが、商談が盛り上がりズルズルと時間を延長。次の約束に遅刻してしまいました。私は遅刻がマナー違反であることは重々承知していましたが、事情を話せばきっとわかってもらえるだろうと都合よく考えていました。しかし、遅れてお客様の元へ駆け込むとこう言われました。「遅刻する営業マンとは話したくない。ドアを閉めてお引き取りを!」。キツい叱責を受けて、遅刻は信頼関係を根底から揺るがすものだということが骨身に染みました。


内藤誼人

カナダの心理学者が14万人のツイッターのつぶやきを調べました。結果、金持ちほどポジティブな発言をし、貧乏な人は愚痴をつぶやいていた。


平野敦士カール

Facebookやtwitterなど、最近とみにソーシャル・ネットワークが浸透しています。人と人がオンラインで頻繁につながる。こうした状況にあるからこそ、フェイス・トゥ・フェイスで会話する価値が高まっています。


舩木芳雄

守りながら攻めることが重要。起業後、すぐに事業が軌道に乗り、新事業を立ち上げて大失敗したことがありますが、これも物事がうまく進んでのぼせてしまい、失敗を考えずに行動したことが原因でした。


岩井俊憲

運のいい人は、とにかく行動する。運とはまさに人が運んでくるもの。閉じこもっていたら人とも出会わないし運も巡って来ない。踏み出す勇気と、ちょっとした行動が流れを変えていく。


大久保幸夫

自分の経験、経歴を踏まえてプランを組み立てるのはもちろん、そのプランの到達点が会社から見て必要なものであるかどうかもよく考え、できれば会社とすり合わせを行うことをお勧めします。自分はこんなキャリアプランを持っているが、この形なら今後会社に貢献できるので応援をお願いしたい、と話し合いの場を設けるのです。


石浦章一

情報は、入手するルートを広げて新しいものを収集してください。みんなと同じ情報を同じタイミングで読んでいるだけでは、人と違う新しいことは発見できません。新たな行動にもつながりません。そこでお勧めしたいのは、英語の勉強です。インターネットで調べるにしても、日本語に比べて英語は何百倍もの情報があり、情報入手の間口がぐっと広がり、新たなヒントを獲得しやすいのです。幅広い情報が入ってくれば、ものの見方も広がります。


飯島勲

ちょっとした差異に気づく専門性も必要である。しかし、多くの人にとって、それは些細なこと。私はその些細な部分を犠牲にしてでも、もっと重要なことに全力を投入する人生でありたい。


吉田穂波

なぜ勉強するのか、勉強したら自分や周りにどんないいことがあるのかを具体的にイメージし、ノートに書き出し、常に見返していました。たとえば、「自分が興味のある分野で生き生きと働くほうが、家族も幸せになれる」「資格を取ることでさらに知識や強みが増え、もっと組織に貢献する人になれる」など、自分だけでなく周りにとってのメリットも明確にすることで、職場や家族の理解も得やすくなります。


広野道子

昼間の会議はやりません。日中は実務をこなし、社外の人と会う貴重な時間です。私にとって人から得る情報がビジネスで最も大切なことのひとつですから。


高碕達之助

缶を売ることを売買と考えてはいかぬ、自分の娘を嫁にやったという考え方でやれ。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】


江上治

成功している人は、自分が困難を克服してきたからこそ、同じように、困難に立ち向かおうとする相手を応援しようとするものである。それによって、新しい世界が現れることを、身をもって知っているからである。逆に困難から逃げる相手に対しては手厳しい。