名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷博国の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷博国のプロフィール

大谷博国、おおたに・ひろくに。日本の経営者。もみじ饅頭で知られる広島の菓子メーカー「にしき堂」社長。広島県出身。創業者の父から経営を引き継ぎ社長を務めた。厚生労働大臣賞を受賞。

大谷博国の名言 一覧

むしろ今ある商品をいかにもっとおいしくするかが大切。


私どもは広島県外に店を出すつもりはありません。地元でかわいがられる会社でありたい。


お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、平和の食べものなのです。


食生活は時とともに変わる。だから我々も変わらなければおいしいお菓子を提供し続けることはできない。


「百試千改」が当社のお菓子作りの原点です。百試千改を私流に言えば、百は新製品づくりの、千は今の商品をもっとよくするための努力です。


大谷博国の経歴・略歴

大谷博国、おおたに・ひろくに。日本の経営者。もみじ饅頭で知られる広島の菓子メーカー「にしき堂」社長。広島県出身。創業者の父から経営を引き継ぎ社長を務めた。厚生労働大臣賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ウィリアム・エックハート

(どうしたら株式投資・トレードで勝てるようになるかとの問いに対し)まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。


永松伸吾

「減災」は被害の発生を許容するわけですから、「こんな被害が出るのでは」という想像力と、その場合の対応や復興についての事前準備が求められる。完璧を目指さないから甘い考え方かというと全く逆で、「想定外でした」という言い訳が通用しなくなるのです。


前川あゆ

単なるつくり笑いでは、相手に見抜かれてしまいます。接客をする直前に、愛する家族やかわいいペットの写真などを見れば、温かな気持ちになれるでしょう。心理学では、丸いものを見ても心が和やかになるといわれているので、円形の小物などを持ち歩くのもおすすめです。


塚越寛

私は会社というものは生物と違って終わりがなく、永遠に続くことが大前提であり、また理想だと考えている。


川島正次郎

脇役に徹する中で大事なことは、あくまで本流の中の脇役であることだ。傍流ではダメだ。本流にピッタリ寄り添っていけば、間違いなく長生きできる。勝ち馬は誰か、それを見分ける能力が問われる。


松本晃(経営者)

人は権限が好きだから、通常、自らそれを捨てようとはしません。そして、やがて目の前の権限を維持・拡大しようとするようになるものなのです。この時も、全社的に見ればおかしいと気づいた社員もいたかもしれません。でも、弊害があることにはっきりと気づかなければ、そのままになってしまうものです。それは、どんな組織でも同じではないでしょうか。


長嶋りかこ

広告やプロジェクトに携わるときに一番大切にしているのは、そこで伝えたいメッセージです。ものを作るということは、伝えたいメッセージがあって、それを形にして知ってもらうということです。そのメッセージが世の中にとって意義があるのか、自分の美意識を活用できているかを、いつも考えています。


川上量生

僕と同じレベルで同じ内容の仕事をできる人が社内にいませんから。ネット業界で生き残りたいという思いが僕はとても強い。この業界はまだ産業としての構造が固まっていません。どんなビジネスが生き残れるのかが明確に分からないし、3年後をせいぜい想像できるくらい。そんな世界ですから、利益だけを追って儲けても意味がない。実際、僕の目的もお金を稼ぐことではありませんしね。


戸塚隆将

転職するつもりがない人も、一度は履歴書を自分で書いてみることをお勧めします。自分の実績や強みを整理しておけば、社内でやりたいプロジェクトが見つかったときの自己アピールにも使えます。キャリアは自分で作るもの。いざというときに慌てないよう、しっかり準備しておきましょう。


逢坂ユリ

勉強したいことが複数あるとき、ひとつずつ集中して取り組んだ方が効率的に思えるかもしれません。しかし同じ勉強を長時間続けていると、途中で集中力が途切れてしまいます。そのときは10分間の休憩を挟んで別のジャンルの勉強に切り替えます。ジャンルが切り替わると新鮮な気持ちで勉強に取り組めるので、常に集中力が高い状態を維持できるのです。


蝶野正洋

若いころから、本当は黒を身につけたかったんだよ。でも、周りが黒ばっかりだったから、自分はあえて反対の白いタイツでいった。それが、ちょうどヒール転向を考え始めたころには「コスチュームのカラフル化」が進んでいて、逆に黒が目立つようになっていたんだ。


粟田貴也

外食チェーンは優れた調理人を必要とせず、属人性を否定することによって展開してきた。私たちは旧来の外食チェーンをもう一度否定した。だから店員に惜しみなくノウハウを提供しますし、長く続けているパートさんの中には、すぐにでもうどん屋を出せるという人もいますよ。