名言DB

9412 人 / 110637 名言

大谷博国の名言

twitter Facebook はてブ

大谷博国のプロフィール

大谷博国、おおたに・ひろくに。日本の経営者。もみじ饅頭で知られる広島の菓子メーカー「にしき堂」社長。広島県出身。創業者の父から経営を引き継ぎ社長を務めた。厚生労働大臣賞を受賞。

大谷博国の名言 一覧

むしろ今ある商品をいかにもっとおいしくするかが大切。


私どもは広島県外に店を出すつもりはありません。地元でかわいがられる会社でありたい。


お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、平和の食べものなのです。


食生活は時とともに変わる。だから我々も変わらなければおいしいお菓子を提供し続けることはできない。


「百試千改」が当社のお菓子作りの原点です。百試千改を私流に言えば、百は新製品づくりの、千は今の商品をもっとよくするための努力です。


大谷博国の経歴・略歴

大谷博国、おおたに・ひろくに。日本の経営者。もみじ饅頭で知られる広島の菓子メーカー「にしき堂」社長。広島県出身。創業者の父から経営を引き継ぎ社長を務めた。厚生労働大臣賞を受賞。

他の記事も読んでみる

内海哲也

チームメイトとの仲が深まれば信頼感も強さも増すものです。野手がエラーしても、ピッチャーはなんとか次の打者を抑えてやるって気持ちになるし、ピッチャーが点を取られても、野手が絶対取り返してやるって気になるはずです。そうすれば、今年も日本一になれますよ。


飯尾慶介

最初から実現可能なラインを引いてしまうと、現場は堅めでいきたがるもので、絶対に成長の速度は遅くなります。


小宮一哲

僕は勉強もスポーツもできてプライドが高かったのですが、高校をドロップアウトした後は、何もせず怠惰な日々を過ごしていました。その頃「負ける可能性があるなら戦いたくない」ということを認めたくないあまり、当時の僕は勝敗が決まる戦いに挑めなくなっていて。「何も結果を出さないまま逃げたら、あの日々に戻ってしまう」という焦りがあったから、先が見えなくても頑張れたんだと思います。それから現在まで、何かを投げ出したことはありません。


中村桂子

私は東京生まれの東京育ちですが、仕事で大阪と東京を行き来するようになって20年になります。全く違う文化がここにはあるのです。大阪でも福岡でも札幌でも、東京の情報は皆が知っています。大阪にいると、大阪の目と東京の目という「複眼」を持たざるを得ません。ところが東京の人は、大阪や福岡や札幌のことを知りません。全体を知らずに東京の目だけの「単眼」で発想して、何でも東京で決めるので、国全体が単眼思考になってしまっています。


太田光代

最初は嫌々だった転勤なのに、数年経って東京に戻る時、「実はあの土地が気に入っていた。本社に戻りたくなかった」とこぼす人は案外多いですよ。やはり、経験して初めて分かることはあるんです。


井村雅代

間違ったことを言ってもいいのです。間違ったら恥ずかしいからと、何も言わないよりは間違ったほうがいい。


小林一雅(小林製薬)

「ブルーレット」そして「ブルーレットおくだけ」を発売したのち、トイレの芳香洗浄剤市場はいったん成熟しました。そこで、「液体ブルーレットおくだけ」を投入しました。固形だったブルーレットを液体にすることで、香り立ちと泡立ちを良くして洗浄力を強化したんです。このセグメントで圧倒的な強さを誇っているのは、こうした改善の結果です。


遠藤功

もう余剰人員を抱えているだけの余裕はありません。「ぶら下がり社員」を戦力に変えていくしかない。それを断行するくらいの社長が出てきてほしいのですが、実際には社長は諦めてしまって、「ぶら下がり社員」はコストとして、ほかの人間が稼げばいいと思っています。それはよくありません。嫌な仕事でもやってもらって稼いでもらう。CEOはそういう厳しいメッセージを出さないといけません。


植西剛士

社員を採用する際には徹底的に「いいヤツ」にこだわって採用しています。チャンスを見つければどんどん頑張ることができる会社です。


嶋津良智

20代は目の前のことにベストを尽くすクセをつける時期だと思います。嫌な仕事だろうが、苦手な仕事だろうが、何かの縁でその会社に入り、取り組むことになったのだから、まずそれに打込むことです。20代で額に汗して働いた経験は、30代、40代になって活きてきます。


寺町彰博

当社のお客様になってもらうには、我々の存在を知っていてもらう必要があります。そして自分たちのレベルが上がったら、次はTHKの製品を使いたい、または使わなければならないと思ってもらうようにならなければいけません。中国では、そうした活動を地道にやってきたお陰で、今では「工作機械分野はTHKでなければ」という評価を得るまでになりました。この政策をさらに広げていきます。


中村貞裕

僕は「カフェブームの立役者」と呼ばれていますが、最初のカフェ「OFFICE」を手掛ける前に影響を受けた素晴らしいカフェが都内にあり、僕はその後追いでカフェを始めたにすぎません。それでも僕が、カフェブームの立役者と呼ばれているのは、ブームを生み出した店として世間は、最初に取り組んだ店だけでなく、2番手と3番手の店までは認めてくれるからです。一方、なぜか4番手、5番手と見なされるとブームを生んだ店には該当しません。マスコミへの露出量や当社への評価も変わってきますから、2番手、3番手になれることを素早く見つけることが大切になります。


松本幸夫

自分の能力は変わらないのに、「いつまでにやる」と締め切りを設けるだけで取り組み方が変わり、成果に大きな差が出る。仕事の速い、遅いは能力ではなく習慣の問題。


心屋仁之助

不毛な状態を抜け出す方法は意外に簡単です。「どうせ○○だ」の○○の部分をいいフレーズに変えていくだけでいいのです。いつも通りのうんざりした表情で、「どうせまた信用されちゃうなあ」「どうせ上手くいって褒められるんだろう」「どうせ私、できる人だから」というように言ってみるのです。最初は強烈な違和感にかられるでしょう。ところが繰り返すうちに気持ちが変わります。自分の発したそれらの言葉から「そういえば……」と思うような、プラスの記憶がよみがえってきます。


野口敏(話し方)

自分からしゃべらないと相手に悪いのでは、と考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。ずっと話を聞かされる場合と、自分が話したいことを話せる場合のどちらが相手の気分がいいか、考えてみてください。言うまでもなく後者でしょう。そして自分が話したいことを話すうちに、思わず話すつもりのなかったことまで話してしまうものなのです。