名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷信義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷信義のプロフィール

大谷信義、おおたに・のぶよし。日本の経営者。「松竹」会長。慶應義塾大学法学部卒業後、松竹に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、歌舞伎座社長などを経て松竹社長に就任。

大谷信義の名言 一覧

ヒット作を出すには、基本をおろそかにせず、その上で工夫が求められる。


大谷信義の経歴・略歴

大谷信義、おおたに・のぶよし。日本の経営者。「松竹」会長。慶應義塾大学法学部卒業後、松竹に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、歌舞伎座社長などを経て松竹社長に就任。

他の記事も読んでみる

山口勉(経営者)

不安を抱いているだけでは何もよくなりません。


碓井稔

今回の株主総会で買収防衛策を議案に出して可決しました。買収防衛策を廃止するところが増えているのも知っています。でもね、機関投資家が反対するからとか、買収リスクが低いからやめるというのは、今の風潮に流されているだけ。金融リスクと同じで、発生確率は低くてもリスクには備える。それが経営の基本でしょ。


玉川憲

私たちはベンチャー企業なので、多額の資金調達をして一気に成長するというスタイルでやってきました。すでに35億円を調達して、これからさらに一歩踏み出したいというときに、通信事業者と組めば資金、技術両方で得るものが大きいと考えて、KDDIグループ入りを決めました。私たちは通信のハードウェアを持っていない仮想通信事業者です。今後、新しい通信規格が登場して、それをいち早く採用してサービス化するとき、ハードウェア資産を持っている通信事業者と組むことは大きなアドバンテージになります。また、私たちはグローバルなプラットフォームを目指していますが、その点でも国際電話をルーツに持つKDDIと組むことに魅力を感じました。


吉田たかよし

新しい企画や商品を開発するといったクリエイティブな仕事は、「楽しみ」が動機になると効率が上がります。「あと一時間で企画を5本考えなくては」などといったプレッシャーがあると「恐怖」が動機になってしまい、数はあっても凡庸なアイデアしか浮かばなくなってしまいます。ですから、斬新なアイデアが必要な場合は、締め切りに惑わされないように、とにかく早く着手することです。ゆったりとした気分で頭を自由に働かせることが、クリエイティブな発想には必要なのです。


三谷宏治

大事なことや優先順位を間違えるのは、過去の成功や失敗の体験などから思い込みが生じ、客観的な見方ができなくなっている場合がほとんどです。この偏った思い込みから逃れるのに有効な方法は、早めに課題に手を付けることです。不十分でもいいからいったん答えを出し、しばらく時間を置いてから検証すると、思い入れという熱が冷めて、あたかも他人の考えのように、自分の判断を客観的に見ることができるようになります。


荒井寿光

知的財産戦略推進事務局の人に私が伝えたのは「全部、相手の手柄にしろ」ということです。成果をこちらの手柄にすると、相手は嫌がります。向こうの手柄にすれば、知財が計画の真ん中に位置付けられるようになります。知財は特許庁の問題だと思いがちですが、各省にまたがる極めて幅の広いテーマだと痛感しました。


孫泰蔵

大きな変化があった時、従来のやり方を踏襲するのみでは陳腐化する。変化に対応するためにビジネス自体をシフトし続けたことが、結果的に生き延びることに繋がった。


原田マハ

さりげない日常を大切に暮らすことこそ、一番の幸せ。日常を大切に生き、それを継続することが、人生を楽しむことだと思う。


平井伯昌

私が年間の目標を立てる時は必ず高めに設定します。夢のような目標を持つことが大事です。決して「夢」ではありません。必死で努力すれば手が届く「夢のような目標」です。人間はなりたい自分にしかなれないように思います。目標が低ければ、練習も技術も低いレベルで満足してしまう。


佐藤智恵(コンサルタント)

優秀な人ほど過去の成功に縛られるという失敗をしやすい。過去の成功は、いまの自分を形作ったものだから誇りに思っても当然。しかし、ビジネスの世界は常に動いており、過去の成功体験が明日に通用しないことも多々ある。


中尾浩治

日本企業が上下、先輩後輩関係を重視するのは、儒教的な伝統もあるでしょう。でも、別の角度から見れば、そういう固定した関係を前提にする方が、中の人たちには楽でもあるのです。上下関係が事前にあるので、厳しい議論や評価をぶつけ合わなくてもやっていけるからです。ただ、それが行きすぎると、会社のために何をすべきかではなく、上司のために何をするかを優先する社員さえ出てきかねません。だからこそ、企業風土改革が必要なのです。


松尾均

お客様相手のビジネスは、1か0かで判断できません。○×でもない、△もありの世界です。同じサービスを提供しても相手やシチュエーションが違えば、お客様の評価もまったく異なってきます。デジタル的な「いつも正しい答え」はあり得ないのです。その場に応じた適切な答えを常に模索していくしかないのだと思います。