大谷亮平の名言

大谷亮平のプロフィール

大谷亮平、おおたに・りょうへい。日本の俳優、モデル。大阪府出身。日本でモデルとして活動後、韓国に渡り俳優として活動。多くのドラマ・映画に出演。その後、日韓で活躍。韓国ドラマアワードグローバル俳優賞を受賞。

大谷亮平の名言 一覧

日本での仕事をひとつひとつ頑張るのはもちろん、韓国のように自分にとって外国とは思えないような場所を、増やしていけたらいいなと思っています。


韓国にいたときから応援してくれている人たちが、「韓国ではこういうことをしてきた俳優なんだよ」と、僕を知らない人に向けて伝えようとしてくれていて。いつも背中を押してもらっています。


「日本人はみんなそうなの?」と、僕も韓国の女性に言われたことがあるし、自分も「韓国人って」と言いそうになったことがある。でも、「国」でひとくくりにできるようなことなんてないんですよね。


大谷亮平の経歴・略歴

大谷亮平、おおたに・りょうへい。日本の俳優、モデル。大阪府出身。日本でモデルとして活動後、韓国に渡り俳優として活動。多くのドラマ・映画に出演。その後、日韓で活躍。韓国ドラマアワードグローバル俳優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

北方謙三

『三国志』を2か月に1巻ずつ出し続けて、そりゃ血反吐を吐くようなペースだったけど、いまこそ作家の人生が試されているような気がしたね。


本田哲也(経営者)

すべての行動には理由があり、その理由に基づくアプローチをすれば、人は動く。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●よく過ごせた日には、安らかな眠りが訪れる。だから、よく過ごせた人生には、安らかな死が訪れる。
●私は奇跡をなし遂げたいのだ。
●知りたいという欲求は、人間の良き本性である。
●時々絵から離れて少しリラックスするのも良い考えだ。また戻ってきたときには、判断力が確かなものになっている。作品の前にずっといると、正しい判断力が失われていくからだ。


喜久川政樹

私は往々にして「謙虚な気持ち」に欠けることがあると自覚しています。だから、ことあるごとに「謙虚であれ」と口に出していうようにしています。


嶋津良智

アポ入れにルールを設けるのは、ベストな状態で相手に会うための工夫でもあります。私の場合、接客は火曜と木曜の午後と決め、2時間単位でアポを組むようにしています。まず4~6時、次に2~4時の枠を入れる。自分の場合は朝型ではないので、午後の方が頭が働くからです。


柳楽幸雄

リーマンショック以降、社内で「車座」活動を始めました。5人から10人で集まって話し合う取り組みです。社内の情報の流れが非常に良くなりました。


岸見一郎

自分が自分であろうとする時、勝ち負けの意識は必ず邪魔をする。自分を他者と比較しないこと。自由な生き方というのは、他者との競争に勝つことが目的ではない。いまの自分より、一歩でも前に進もうとする言動にこそ価値がある。


山崎将志

マネジメント力の低い上司がよく使う言葉が「あいつ、使えない」である。部下の育成は上司の仕事と頭で理解していても、残念ながら、どんなに手を施してもなかなかできるようにならない部下はいるものである。「あいつ、使えない」と口に出したくなる気持ちもわからなくはないが、思ってもこの言葉を口にすべきではない。そもそも人はモノではない。手を尽くしてもどうにもならない場合に人事に掛け合うにしても、「彼(彼女)の適性を活かせる仕事がここにはない」とあくまでも「彼(彼女)のためにならない」というスタンスを貫こう。


吉岡知哉

何か突出した関心を持つことによって、その周辺の分野にも興味を広げていく可能性が出てきます。


平野岳史

(家庭教師派遣業の次の事業を起こそうとしたとき)最初は登録している4000名を対象に、商品を提供して商売しようと考えたんですね。たとえば、学生向けの保険や旅行企画。これが、ことごとく失敗。当時はちゃんとリサーチをせずに、思い込みだけで事業をやってしまっていました。学生に聞いてみると、自分たちはお金がないから家庭教師のバイトをしているのに、保険や旅行なんてムリですよって。そこから、そうか!お金がないんだったら、家庭教師以外に何か働き口を探してあげよう。という思考に変わっていったんです。


アルバート・アインシュタイン

私は先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。


斎藤広達

バタバタと動いていないとジリ貧に陥る。絶えず世の中の動きにアンテナを張って、次なる一手を考える。小さなチャンスを逃さずとらえて、具体的なプロジェクトに落とし込む。止まってなんかいられない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「孤独」な時間を「寂しい」ことだと決めつけるのは、自分が孤独から逃げている証拠。孤独を知ってこそ、人は大人になれる。孤独を楽しめる人間じゃなければ、強く生きて行くことはできない。


北井博

当社の発展要因の一つは運がよかったこと。実はこれが一番です。私は運のよさだけでやってきたようなものですから。不思議ですよ。私は思ったことが叶うんです。シンクロニシティって言うんですか。それはもう、びっくりしますよ。


後藤忠治

「人生は運・鈍・根ではなく鈍・根・運と思え」と学生時代に教わった。この言葉で逆境を乗り越えてきた。


ページの先頭へ