名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大見知靖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大見知靖のプロフィール

大見知靖、おおみ・ともやす。日本の経営者。「インファクト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。インファクトCEO、ソーシャルメディア・アカデミー理事長、中堅・中小企業売上UP研究所主宰。

大見知靖の名言 一覧

企業のメディア化の効果は、問い合わせの数が増えたことより質がアップすることにあります。メディア化による情報発信で、当社の仕事内容や実績、取り組みなどを理解した上で「ぜひ、頼みたい」という指名の割合が高いのです。これによって今まで集客に費やしてきた仕事の効率化が図れ、集客からの受注率が高くなることで労働生産性の向上にもつながっています。


よくコンテンツマーケティングと言いますが、実はエンドユーザーが求めるコンテンツを持っているのは、クライアントの皆さま。そのコンテンツが何かを導き出し、メディアでの発信方法を伝えるのが、当社の研修です。


集客が増え、売り上げが上がると必要となってくるのが直販体制と販路拡大、そして人材。結果としてネット通販の立ち上げからECサイトの開設、海外進出の支援、求人採用まで新しい依頼が増えています。自社メディアの活用は目的を変えるだけで、様々なニーズにも応用できるので、何か課題があればお気軽に相談していただきたい。


「今さらブログ?」と思われるかもしれませんが、現段階では最強の情報発信ツールです。SNSは一時的なフロー情報で新しい情報に埋もれていきますが、ブログはネットに溜まっていくストック情報として検索の対象となります。当社のサイトに620万人以上も訪れるのは、毎日ブログを書き続け、2300記事以上のコンテンツのストックがあるから。それも経営に役に立つ情報、特にウェブマーケティングに関する不便や不満、不安を解決してくれる情報を書き続けることで、経営者が困ったときに検索するコンテンツがストックされています。


HPからの集客と売り上げアップを目指すなら、「企業のメディア化」は必須のスキルだと断言できます。しかも誰でも身に付けられ、再現性があります。ウェブ制作会社やPR会社に頼まなくても、当社の研修でノウハウを身に付ければ、永続的なマーケティングツールを手に入れたことと同じこと。もう、流行り廃りのマーケティング手法に振り回されることもなくなります。


今や中堅・中小企業もメディアを持てる時代になりました。自らメディアを持ち情報を発信できることは、企業にとって大きなメリットです。しかし、経営者のほとんどがマーケティングやテクノロジーをあまり理解せずに、SNSを使っているという理由だけで若手社員にウェブでの情報発信を任せています。その結果、若手社員も仕事となると何を発信していいのか分からず、せっかくのメディアを生かせていないのが現状です。当社は、ソーシャルメディア、オウンドメディア、マスメディアの3つのメディアをビジネスのためのマーケティングツールとして利用できるように「企業のメディア化」として体系化。クライアント自らが自社メディアを活用し、集客と売り上げを上げるスキルを身に付ける研修を行い、ブランディングとマーケティングの仕組みづくりをお手伝いしています。


大見知靖の経歴・略歴

大見知靖、おおみ・ともやす。日本の経営者。「インファクト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。インファクトCEO、ソーシャルメディア・アカデミー理事長、中堅・中小企業売上UP研究所主宰。

他の記事も読んでみる

望月靖志

リニアテクノロジーには、「アナログ・グル(導師)」と呼ぶ世界トップクラスのアナログエンジニアが多数在籍しています。彼らの優れた知見や経験を広く伝えながら、アナログのうねりを業界に起こしていきたいと考えています。


西山知義

サービス業に限らず、ビジネスは仮説と検証の繰り返しが大切です。検証の機会が少ないと、仮説が間違っていたとき、それに気づくものも遅れてしまいますし、仮説の精度も鈍ってきます。


久米一正

交渉に必要な資料を整えて、分かりやすく説明しているだけ。でも、資料なんてどれも大して変わらない。同じ資料であっても、どのように話すかで、結果が違ってきます。


カント

互いに自由を妨げない範囲で、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。自由とは、すべての特権を有効に発揮させる特権である。


中村知哉

リーダーはやはり志が大事。


宋文洲

僕は最初、毎晩遅くまで残業する日本人を見て、なんてタフなのだろうと感心していました。でも、それは勘違いでした。昼間にビジネス街の喫茶店をのぞいてみてください。時間を潰すスーツ姿の人たちでいっぱいじゃないですか。そうやってエネルギーを温存しているから、夜まで元気で働けるのです。


小澤邦宏

私自身、20年近く不動産業に携わってきましたが、「家を買う」ことの本当のリスクを伝えて販売しているケースを個人的には見たことがありません。「売ったら終わり」ということがほとんどで、「本当に買う必要があったのか」という疑問を感じる契約もたくさん見てきました。だからこそ、私たちは「強引に売るだけの不動産業を行いたくない」と考えています。真摯に事業に取り組むことで、一般社団法人不動産競売流通協会の競売不動産落札・サポート部門で第1位を受賞するなど、おかげさまで業界ナンバー1の実績も残せています。


中原淳

直接経験の中でも、ビジネスの観点から、もっとも付加価値の高いものは何でしょうか。私は、「ともに働くこと」「ぶつかりつつ、決めること」「成し遂げること」の3つが含まれる経験であると考えています。つまり、ビジネスの現場で多種多様な人々と出会うこと。彼らと議論・討論し、ときには衝突や葛藤を経験しながら、意思決定を行うこと。さらに、それらをともに乗り越え、何かを成し遂げることです。


中西宏明

私がここ数年繰り返し言っているのは、自分たちの事業が自分たちのターゲットとするマーケットでどういうポジションなのか明確にして、そこにちゃんと到達できるかということです。


小澤二郎(経営者)

「金印純正ごま油」の信頼感を守るためにも、品質管理は重要です。大企業は多少問題が起きても「ごめんなさい」で済むかもしれませんが、売上高300億円の当社は1回の失敗で会社がなくなるという緊張感があります。


淡輪敬三

日本にとどまっているのではなく、様々な機会をとらえてじかに世界を見ることが重要です。気軽に海外に出かけるためにも、英語は重要です。たかが英語、されど英語です。


養老孟司

普段、職場で能力のない問題児だと思われていた人物が、状況の変化次第では一番有能な存在になるかもしれない。たとえその人が問題児であっても、様々な人材を抱え込んだ多様性ある職場ほど状況の変化に強いという視点で、職場の人間関係をもう一度捉え直してみるのも一法かもしれません。