名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大西紀男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大西紀男のプロフィール

大西紀男、おおにし・のりお。日本の経営者。「日総ビルディング」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行を経て、日本総合建物(のちの日総ビルディング)に入社。

大西紀男の名言 一覧

どん底にあって社員がついてきてくれたことが一番嬉しかった。


いつも何かに失敗してから次の人生が始まる。


会社というのは取引先であり、社員であり、協力会社であり、関係者の信頼でできている。


過去の苦い経験がありますので、わたしは二度と会社を潰したくない。だから、無理して事業を拡大しようとは思っていません。今後は身の丈にあった小型オフィスビルの開発と運営に特化した事業に徹していく。


恨むも恨まないも、素直に受け入れるしかないですよね。そこで自分の思い上がっていた力というか、経営力はこんなもんかと反省できた。ここで過信がなくなったというのは後々、大きかったです。
【覚え書き|バブル崩壊で会社が倒産した当時を振り返っての発言】


大西紀男の経歴・略歴

大西紀男、おおにし・のりお。日本の経営者。「日総ビルディング」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行を経て、日本総合建物(のちの日総ビルディング)に入社。

他の記事も読んでみる

伊集院静

私はギャンブル人生の中で、数多くの勝負師たちと出逢いました。彼らは皆、自分のフォームとパターンを持っている。賭け事では先駆者たる者が勝つのです。


常陰均

難しい業務にも一人ひとりが前向きに最大限の能力を発揮して、難局に挑戦していけば、結果はついてくるはず。


横田英毅

やり方をいくら真似ても駄目です。ノウハウはしょせん「対処」にすぎません。


馬渡晃

私はいままで、パニックになって普通ではありえない行動に走る経営者を何人も見てきました。他人の失敗なら冷静に分析できる人でも、いざ自分の身に降りかかると慌ててしまい、冷静な判断ができなくなることが少なくありません。


鈴木明子

10分のコーナーのために、1時間かけて専門家に講義してもらっていたのですが、私はフィギュアスケートだけをやっていたので、知らないことだらけでした。でも、だからこそ逆に知ることが楽しかった。世界は1カ国だけで成り立っているわけではなくて、あちらが動けば、こちらも動く。お金の流れも一緒。それまで全く興味がなく、物事につながりを感じてなかったのが、点と点がつながって線になるというのを実感しました。番組が終わった後もそれは続いているので、どんなきっかけでも、まずは興味を持つことが大事だと感じています。

【覚え書き|NHKのウェブニュースでキャスターを務めた当時を振り返って】


寺田直行

カゴメの商品開発のベースは「自然」です。自然という原料からくる技術が当社の強みなのです。過去、清涼飲料を手掛けたことがありましたが、うまくいきませんでした。やはり自然の恵みを生かし、時代を先取りした価値を創造することがカゴメの精神なのです。


藤沢武夫

生産企業では、つくっている商品で儲けているということで、技術者にしても、現場の人たちにしても誇りを持つことができる。俺たちが一生懸命働いているから会社が成り立っているんだということです。


松下幸之助

人間は自分をつくるという気持ちが大切で、それが自分の容量をいずれつくっていくのだ。


落合寛司

本当の意味で相談してもらえるようになるまでは時間がかかりました。「銀行は雨が降ったら傘を取り上げる」と言われるように、金融機関に不信感を持つ人が多かった。もし本当のことを言ったら融資を引き上げられてしまう、と思えば相談などするはずがありません。それを一つ一つ実績をつくることで、信頼を勝ち得ていきました。


内永ゆか子

「この事象はなぜ起きたのか?」を考えると、他の事象との共通点や相関関係が見えてくる。


斎藤英四郎

世の中の動きはなかなか分かりにくい。変わり方でも、良い方向と、悪い方向がある。双方を考えて、きちんと対応策を考えるように。


世耕弘成

何よりも経産省が「日本の勝ち筋はここだ」と、声高に言うことが非常に重要。ならばと、企業も安心して投資できる。産業革新機構など経産省傘下の官民ファンドも上手く組み合わせて応援し、育てていく。