名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大西紀男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大西紀男のプロフィール

大西紀男、おおにし・のりお。日本の経営者。「日総ビルディング」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行を経て、日本総合建物(のちの日総ビルディング)に入社。

大西紀男の名言 一覧

どん底にあって社員がついてきてくれたことが一番嬉しかった。


いつも何かに失敗してから次の人生が始まる。


会社というのは取引先であり、社員であり、協力会社であり、関係者の信頼でできている。


過去の苦い経験がありますので、わたしは二度と会社を潰したくない。だから、無理して事業を拡大しようとは思っていません。今後は身の丈にあった小型オフィスビルの開発と運営に特化した事業に徹していく。


恨むも恨まないも、素直に受け入れるしかないですよね。そこで自分の思い上がっていた力というか、経営力はこんなもんかと反省できた。ここで過信がなくなったというのは後々、大きかったです。
【覚え書き|バブル崩壊で会社が倒産した当時を振り返っての発言】


大西紀男の経歴・略歴

大西紀男、おおにし・のりお。日本の経営者。「日総ビルディング」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行を経て、日本総合建物(のちの日総ビルディング)に入社。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

バッドリスクはギャンブル。グッドリスクは、専門知識としっかりした財務基盤を持った上で新しいことにチャレンジするという、極めて当たり前の話。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

インターネットやスマホが普及し、誰もが自分に都合のよいものしか受け入れなくなっていると感じます。いつでも欲しい情報を手に入れることができるようになりましたが、自分の価値観に合ったものを探し、見つけて満足してしまう。その結果、価値がわからないものを拒絶してしまうのです。


末川久幸

資生堂が大正12年に作り出した専門店向けのビジネスモデルを、そのまま中国に輸出して、化粧品専門店との契約もしています。契約したお店と資生堂の経営理念を一つにして、商品をただ店頭に置くのではなく、美容のノウハウや経営のノウハウもセットでお伝えするようにしています。手間暇はかかりますが、そうすることによって、いろんな意味で、資生堂という会社が、かけがえのない会社になると考えています。


石田宏樹

どうしても解決しないといけない問題、その答えが自分の中に無いのなら外に求めるしかありません。そのための読書はとても重要。


杉本真樹

パートナーを選ぶときの基準は、一緒に何かやって楽しかった思い出を共有している人や、知り合って日が浅くても、同じポイントに感動できるなど、自分と感覚が近く、シナジーを生む可能性を感じた人。想定外の力を引き出しあえたら最高ですね。


吉田類

気後れしてちゃ、何にも始まらない。家の中にいたら、そりゃ安全ですよ。でもね、得難い体験は外でしかできないんです。


エルマー・デゲンハート

それぞれのニーズに応えるためには、新技術領域でも競争力の高い技術を保有していることが必要。大事なのは柔軟性。あらゆる領域で高い技術を持っているからこそ、柔軟なソリューションを提供できるのです。


羽生善治

情報量が増えると判断の精度も上がるとは一概には言えません。たしかに昔に比べれば知識や情報が入手しやすくなって、それが若手の棋士のレベルアップにつながっているという側面はあります。しかし、知識や情報が増えるというのは、それだけ迷ったり悩んだりする材料も増すのだということを忘れてはいけません。どんなに最新の定跡や戦法を知っていても、勝負所で判断ミスを犯せば、その人は負けてしまいます。


丹羽宇一郎

誰もが持つ「動物の血」は隣同士の矮小な競争へと私たちを駆り立てようとします。しかし、本当に大切なのは、いつか訪れる死の瞬間、自分は人の役に立つ仕事ができたと思い返せる偽りのない生き方です。もし、どこかに強欲さがあれば、謙虚な気持ちで原点に戻り、勉強を重ねることです。努力する人間を社会は決して放っておきません。どこかで誰かが見ていて光をあてようとします。


太田光代

自分よりも立場が上の人間をもっと利用してください。皆さんの上司や先輩だって、相談すれば喜んで一緒に考えてくれるはずです。直属の上司がダメなら別の部署でもいい。自分と立場が違い、経験豊かな人の考えを聞くだけでも十分意味がある。もっと言えば、いつかあなたが上司になって部下から相談された時も役立ちます。誰だって仕事のことで悩む。そこで上司に一声かけられるかどうかが、自身の成長を左右します。


中井政嗣

私は従業員の家庭に問題がないのかどうか聞くようにしています。本当は個人情報を聞き出すのはよくないのかもしれませんが、従業員と真剣にかかわろうと思ったら、プライベート抜きでは進められません。


尾賀真城

本を読むときはじっくり、少しずつ、あまり負担にならないように読んでいます。「読まなきゃいけない」というのではなくて、自分の読みたいところを読みたいときにじっくり読む。義務感で読むと資料になっちゃいますよね。