大西慎也の名言

大西慎也のプロフィール

大西慎也、おおにし・しんや。日本の経営者。「らーめん八角」「うまいもん横丁」などを展開する「八角」社長。兵庫県出身。高校を中退し、父の飲食店を手伝う。19歳で「らーめん八角」を創業。同社を大きく成長させた。

大西慎也の名言 一覧

1 / 11

自分の勉強が足りなかったことで会社がいつ潰れてもおかしくないような状況に追い込まれたことが私を鍛えてくれた。

大西慎也の名言|追い込まれたことが私を鍛えてくれた


たとえ職人としての腕を磨いても、会社を切り盛りする経営者としての能力を備えなければ会社経営はできない。

大西慎也の名言|職人としての腕を磨いても、経営者としての能力を備えなければ経営はできない


アイデアは私の発案のみならず、提案があれば、担当店舗での実施、好評なら拡大するなど、従業員の声を吸い上げています。

大西慎也の名言|従業員の声を吸い上げる


私が会社の実態を店長たちに伝えると、彼らは自分たちの店舗の現状を知って驚いていたのですが、何が無駄なのか、何を削るべきなのかを考えてくれるようになりました。

大西慎也の名言|現状を伝える


次は全国展開だと、隣県の大型モールへ出店を決定。しかし販促費や駐車場代の分担金など予想外の出費や、隣県とはいえ食文化や味の好みの違いに苦労し、さらにリーマンショックで景気が冷え込み、わずか9カ月で撤退を余儀なくされました。これまで父が言っていた「数字を見ると怖いから見ない」を私も地で行っていたのですが、これを機に改めて経営の勉強をし始め、各店の店長にも明かしてなかった全てのデータを見せました。水道代や光熱費の経費、仕入れ業者の見直しなど、新規出店の拡大路線から舵を切り、赤字店舗をなくすことから行いました。

大西慎也の名言|失敗を機に改める


大西慎也の経歴・略歴

大西慎也、おおにし・しんや。日本の経営者。「らーめん八角」「うまいもん横丁」などを展開する「八角」社長。兵庫県出身。高校を中退し、父の飲食店を手伝う。19歳で「らーめん八角」を創業。同社を大きく成長させた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ