名言DB

9412 人 / 110637 名言

大西実(大西實)の名言

twitter Facebook はてブ

大西実(大西實)のプロフィール

大西実(大西實)、おおにし・みのる。日本の経営者。「富士フイルム」社長。東京大学経済学部卒業後、富士写真フイルムに入社。常務、専務などを経て社長に就任。同社の海外販売網作りに尽力し、世界的な写真フィルムメーカーへと成長させた。

大西実(大西實)の名言 一覧

品質管理と新技術で、日本企業は戦後の高度成長を実現し、黄金の80年代を築きました。しかし、バブル崩壊後、低迷期に突入し、いまだに混乱したままです。こうした中で企業が生き残っていくには、やはり変わることを恐れず、事業構造の変革をそれこそ日々進めていくしかありません。事業も組織も技術も、一日過ぎれば、もう古くなっていくのです。


経営者自らが高度な需要分析に入り込んだり、精緻な技術分野に終始しても、効果が乏しいばかりか、スピードに負けてしまいます。だからこそ経営者には、自社の現在位置と目標との距離感をつかむ、精度の高い目測の力が問われるのです。


目測はドタ勘とは違います。現場に入り込んで行って、ユーザーの目線でその声を聞いたり、技術開発の課題を学んだり、工場の生産現場を見たり、こうした日ごろの努力の積み重ねが欠かせません。周囲の声を聞いて目測の力を磨き、経営陣が目測を共有することが重要です。そうでないと、下降が避けられない事業に経営資源を投入し続けるという非効率を招きかねません。


技術の大きな流れを目測すれば、成長が期待できる分野と成熟に向かう事業はおのずとわかってきます。社員みんなの理解が得られるように仕向けていくことで、戦略分野に人材や研究開発資金を重点的に振り分け、事業構造の変革を進めることが大切です。


88年に世界のトップを切って商業用のデジタルカメラの製品化にこぎつけることができました。これも経営陣全員の目測がしっかりしていたからこそ、技術の大きな流れをつかみ、開発体制強化の戦略を打ち出せたのではないかと思っています。


81年にマビカ・ショックがありました。ソニーがフィルムを使わないことをうたい文句にした電子カメラの構想を発表したのです。もし、フィルムを使わない電子カメラが主流になるとすれば、当社がフィルム事業だけにこだわっていたら大変なことになります。さっそく、社内の研究開発陣から「ぜひやるべきだ」という提案がありました。社長に就任間もない私も同じ意見でした。


経済環境が悪化したり、新たな技術・製品が登場したり、経営環境は常に変化しています。世界経済の中で、あるいは開発競争の中で自社がどういう位置にあるか、どう経営の方向を変えていくかを、その時々で素早く判断しないといけません。


ニクソンショックによる円高、石油ショック、フィルムの主要原料となる銀価格の急騰、フィルム関税の撤廃プレッシャー、振り返ってみますと、富士写真フィルムは1970から80年代に様々な危機の局面に遭遇しつつもこれを乗り越えて、創業以来の目標だったイーストマン・コダックと肩を並べる規模まで、事業を拡大することができました。これは創業以来の経営陣が持った、経営ターゲットに対する鋭い目測の力に負うところが大きかったのではないでしょうか。


しっかりした志を持って事に当たり、柔軟な思考と創意工夫を凝らして懸命の努力をすれば、必ず事は成就する。


しっかりした志を持って事に当たり、柔軟な思考と創意工夫を凝らして懸命の努力をすれば、必ず事は成就する。【覚書き|平成不況の中、事業拡大を敢えて行うことを年頭のあいさつで社員各位に伝えた言葉】


大西実(大西實)の経歴・略歴

大西実(大西實)、おおにし・みのる。日本の経営者。「富士フイルム」社長。東京大学経済学部卒業後、富士写真フイルムに入社。常務、専務などを経て社長に就任。同社の海外販売網作りに尽力し、世界的な写真フィルムメーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

南部靖之

弊社で効率を求めれば、一人でも多くのスタッフを企業に派遣することが目的になるでしょう。しかし、本当に大事なことは、スタッフの話にじっくり耳を傾けること。効率重視だと、それを忘れてしまう。話を聞くことは時間もかかりますが、20代のうちから、「そんな時間はムダ」と中途半端に働いているようでは、あとで大成しません。


植松富司

もうカメラが成熟期と言われた昭和40年代、当時の評論家から「一眼レフの高級機とカセット型フィルム使用の普及機しか残らない。真ん中の中級機は残らない」と言われました。コニカは中級機を中心にやっていました。そこで出したのは、世界初のストロボ内蔵カメラ「ピッカリ・コニカ」であり、世界初の自動焦点カメラ「ジャスピン・コニカ」です。その後、競合他社も追随して、いまでは中級機のコンパクトカメラが主流となり、普及機の市場も席巻しました。


橋本和良

掃除や整理整頓といった環境整備は仕事の原点であり、会社を変えていくものです。


田原総一朗

僕は何をやっても才能がありませんでした。ただ、好奇心だけはあった。だから次々にいろんなことをやり、いまも自分の好きな仕事ができている。興味のあることを手当たり次第にやるのが一番。


山本晶(経済学者)

クチコミが広がらないのであれば、クチコミを受発信する消費者の気持ちになって考えてみることが大切。


金﨑貴弘(金崎貴弘)

どうせお金をかけて自分たちの好きなことをやるなら面白く、社会に貢献したい。


海老原嗣生

どのような意図で働き方改革を行なうのか、それを用いてどのように主体的に働けばいいかまで、会社は設計し、伝えなくてはならないと思います。会社側の設計と個人の主体性、それが融合する仕組みを作ることができれば、日本企業の良さを生かした、欧米とは違う働き方改革が実現するのではないでしょうか。


浦沢直樹

「描くのが好きだ」っていうことに任せちゃうと、体がボロボロなのに気づかないときがある。でもまあ、思いっきり好きなことをやって寿命を縮めるっていうのも、そこそこ幸せな話なのかもしれないですけどね。


大須賀正孝

私は、物流という仕事は「どんな理由があろうと、お客様と交わした約束を破ったら終わり」と考えています。ある場所からある場所へ物を運ぶシンプルな仕事です。選ばれ続けるには信用を積み重ねるしかない。そのためには不測の事態でも、万難を排し約束を守る必要がある。


長沼毅

最初の生命が生まれた40億年前の地球はマグマが煮えたぎって、生物にとってはとてつもなく過酷な環境でした。辺境生物の生態を探ることは、そういう苛酷な環境で生まれた地球最初の生命に近づくことになる。「生命とは何か?」を解き明かせるかもしれない。これは僕にとって、子供の頃からの夢でした。


松野鶴平

政治家は喧嘩をしても一分を残せ。その一分が必ず生きてくる。


ジェームズ・ダイソン

将来はほかの製品に手を広げるでしょう。しかし、決して急ぎません。私は、事業を急いで拡大することよりも、技術を進化させ成功する製品でその技術を機能させることにより興味があるからです。


安めぐみ

仕事する姿って素敵ですよね。役者さんが演技するときだけじゃなく、美術さんや大道具さんたちの仕事ぶりも「すごいなあ」と憧れます。仕事の内容はそれぞれ違っても、一生懸命汗かいて走る回っている人たちが大好きなんです。


鮎川義介

合理化はいいことだが、合理化が一番だということでやっていると自殺になる。自分自身もいることが無駄になっちゃって、自殺になっちゃう。だから、合理化というものが一番大事だと思ってやっているとダメだ。


熊谷正寿

一番大切なのは、人の役に立ち求められるサービスかどうか。シンプルに考えるとビジネスとは、喜ばれるプロダクトを作って提供し続けていくこと。本質的に良い物を提供している会社が勝つ時代。1番でなければお客様には喜んで頂けない。