名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大西一寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大西一寛のプロフィール

大西一寛、おおにし・かずひろ。日本の経営者。貴金属買い取りの「ベアトリーチェ」社長。航空自衛官として岐阜基地に勤務後、IT関連企業に転職。その後、株式会社ベアトリーチェを創業。貴金属買い取りショップだけでなく、美容事業、広告代理店事業などにも進出した。

大西一寛の名言 一覧

店舗が居心地の良いサロンになれば、顧客は次々と来店します。顧客が貴金属を売るという行為に良い印象を持てば、クチコミで噂が広がり、「次のボーナスで新しいのを買ったら、古いのは売りに行こう」と思ってくれます。つまり、顧客と従業員との密なコミュニケーション、そのために行き届いた接客をすることで商機は広がります。


現在全国にある94店舗のすべてに、「データは何でも放り込んでほしい」と依頼しています。店舗単位のデータからは見えないものも、94店舗分集まれば見えてくるものがあり、新しい気づきが生まれるのです。


データはどうあるべきか。それは人の直感や違和感を裏付けるものであり、人によって異なる感情のフィルターを取り払った末の情報であるべきと考えています。


弊社はデータ至上主義に走っているわけではありません。私自身、経営をしていく上で感じる直感や違和感、現場から直接上がってくる従業員の声は、非常に重視しています。


データを本社で吸い上げ、他店舗の結果等と比べながら分析してみると、役に立つ気づきが得られることがあります。そうして得た気づきを全国の店舗に横展開していき、従業員全員の気づきへと転化していくことに力を注いでいます。


弊社のシステムは、店舗運営だけでなく、会計、人事地域戦略など、様々な分野にまたがってマネジメントできるものになっています。また、マネジャーが各店舗で行った取り組みをシステムに入れていくことにより、有効なナレッジ(知識)を全国で共有できるような仕組みになっています。


クラウドシステムを導入したのは、従業員には接客に注力し、顧客の満足度を上げることに時間を割いてほしいと考えたからです。取引の終わった責金属の事務処理をできる限りスムーズにして、接客が終わったらすぐに各店舗や個々人の成果として反映させることができるようなシステムを構想しました。


調査を進めていくうちに手応えをつかみました。私は三重県にはゆかりがありませんが、1号店となる伊勢店の立ち上げと同時に東京から三重に移住しました。


最初の出店先を決めるのにまず私が行ったのは、全国市町村の平均所得額や嗜好品にあてている平均金額など、手に入る限りのデータを集め、オリジナルの地勢図をつくることでした。そこで浮上してきたのが三重県の伊勢市と松阪市でした。この2市は新幹線網から外れているため、名古屋など近隣の都市で購入した貴金属が売却されることなく家庭に眠っているのではないか、という仮説に至ったのです。


貴金属買い取り事業をはじめたきっかけは、買い取り事業の会社の創業社長を追ったテレビ番組でした。この事業に興味を持った私は、早速出店場所を探し始めたのです。


システムの内容は完全に弊社オリジナルで、15回ぐらいの仕様変更、改良を行ってきました。クラウド型のシステムにした理由は、弊社内でIT要員を抱える必要がないため。構築やメンテナンスはすべて外注しています。実際のところ、システムの導入により、業務上の手間は半分以下に減ったと試算しています。


大西一寛の経歴・略歴

大西一寛、おおにし・かずひろ。日本の経営者。貴金属買い取りの「ベアトリーチェ」社長。航空自衛官として岐阜基地に勤務後、IT関連企業に転職。その後、株式会社ベアトリーチェを創業。貴金属買い取りショップだけでなく、美容事業、広告代理店事業などにも進出した。

他の記事も読んでみる

北川正恭

精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


成毛眞

本を読まない人がSNSにうつつを抜かしている間に、できる人は着々と本を読んで教養を高めている。


根岸孝旨

関口(和之)さんが復帰されるまでの3年間、サザンのベースをやらせてもらいました。サザンのベースとしての役割を終えたあとには奥田民生さんのバックバンドに参加することになるんですけど、そのころに友達から「お前、最近天狗になってないか」と事実を指摘されてしまいました。あ、その通りだ、真剣に自分の仕事を立てなおさなければと思ったんです。引退を覚悟しながら自分のやりたい音楽に飢えていたという感覚を忘れてしまっていたな、と。


梛野憲克

サービスの種類だけでなく、実績や社内の経験・ノウハウを積み上げ、ストック型のビジネスモデルでサービスを進化させています。


三木雄信

大きな目標もそうですが、目標は必ず数字で決めてください。そうしなければ後で検証ができないためです。そして、小さな目標を達成するためにできる行動をリストアップしてみてください。実行の段階でそれをすべて試してみるのです。


志賀俊之

自暴自棄にならずに済んだのは、思いがけない人からの励ましがあったからです。私をインドネシアに送り込んだ役員から、ある日、電話がかかってきた。「再起を期すんだろ。見ててやるからがんばれ」。うれしかった。決して忘れ去られたわけではない――。彼の言葉を支えに、気力を振り絞ってインドネシアでの事業展開やアジア戦略を考え続けました。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄、NKKの2社の企業文化は大きく違いました。川鉄は原価管理が非常に厳密で、一方のNKKは夢のような技術を追い求めるところがありました。異質をどう融合させられるのか。両社の統合で私が社員に求めたのは、まずはそれぞれが権利ばかりを主張することはやめて、新しい会社でどんな義務を果たせるのか、考えてほしいということでした。


細川茂樹

常に相手に気を遣わせてはいけないと思っています。だから「自分は人見知りで……」と言って気を遣わせる人を見ると「だったら帰れ!」とツッコミたくなります(笑)。


タッド・バッジ

「仕事」「人間関係(家族・友人)」「社会活動」「自分」の4つの分野に25%ずつ時間をかける必要はありません。4つの目標を天秤にかけてつり合いを取ろうとすると、そこばかりに気を取られて逆に負担になってしまいます。私がイメージしているのは、ボールのジャグリングです。ボールにっよって空中に投げている時間が違ってもいいから、とにかくボールを落とさないようにすることが重要です。


石野博

組織の意識改革には、何よりも出発点の位置付けが大切。私はコンセプトと呼んでいるが、打ち出し角度を間違えると、とんでもない方向に会社が向かってしまう。一度走り出すと、方向を変えるのには大変な労力が必要になる。


為末大

僕はスポーツ嫌いで有名な方に、「たかが五輪でしょう?」と言われたことがあります。自分が人生をかけてきたものだから、その瞬間はカチンとくる。でも、たかが五輪なんですよ、違う視点から見れば。五輪で負けても、人生終わらないですから、それは間違いではない。人は何に正しいと思い、正しくないと思うのか、そんな視点のサンプルを集めておくと、挫けそうになったときに、多様な思考で打開できると思います。


福井威夫

想像を超える困難な状況の中で、自分で何とかしないとダイレクトに結果に表れてきます。誰も教えてくれない。失敗はしたくないが、失敗を恐れていたら何もできない。必要な情報や知識をどんどん吸収し、あらゆる力を一点に集中して突破する。そして、見事成功したときは達成感に浸る。こうした修羅場体験を経ると、ひと皮も、ふた皮も向けて力をつけることができます。