名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大藪崇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大藪崇のプロフィール

大藪崇、おおやぶ・たかし。日本の経営者。「エイトワン」社長。広島県出身。愛媛大学法文学部卒業後、株式投資で成功しエイトワンを創業。著書に『怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる!』。

大藪崇の名言 一覧

役員になった途端、アイデアが格段に出てくるようになった。
【覚え書き|同社で採用している社員全員役員登用制度についての発言】


どんな人も社員という立場でいる限り、幸せに働くことはできない。リスクはないが夢もない。周囲に対する不満や愚痴だけが増えていく。それならば、一人ひとりが自らリスクを背負い、自分の裁量で仕事ができる組織の方が、よほど健全で、良い組織と言えると思う。


大藪崇の経歴・略歴

大藪崇、おおやぶ・たかし。日本の経営者。「エイトワン」社長。広島県出身。愛媛大学法文学部卒業後、株式投資で成功しエイトワンを創業。著書に『怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる!』。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

求められているのは、誠実で明るく、損得よりも善悪で物事が判断できる、しっかりとした価値観を持っている人なんです。どういう生き方をしてきて、これからどういう生き方をしていこうとしているのか。厳しい時代こそ信頼に値するかどうか、本当の意味での人間性が問われるのです


ダニエル・ピンク

「アメとムチ」もごく短い期間なら効果があります。新製品を企画する際、「いいアイデアを出した人には、2000ドルのボーナスを出す」と上司が言えば、部下はやる気を出すでしょう。一生懸命に知恵を絞ります。でもアメ(報酬)はドラッグやカフェインのようなものです。脳への刺激は一時的で、効果は持続しません。また、必死になったからといって、必ずしもクリエイティブなものが生まれるわけではないのです。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラ宣告されたら、会社側の言い分をICレコーダーに録音すること。そして冷静に「解雇」なのか「退職勧奨」なのか、その理由を聞き、十分に時間をかける。会社側は、時間がかかる社員は厄介だと判断し、リストラを後回しにすることもあります。時間稼ぎも大事。


中野健二郎

アサヒビールの場合、住友銀行から村井勉氏が社長に就任したとき、倒産寸前の深刻な状況でした。そのため村井さんは、2年半かけて全国各地の代理店を2回ずつ訪問し、現場を見て回りました。そこからアサヒビールの再生が始まったように思えます。現場に入って五感を働かせると、机上の書類や議論からは決して理解できない何かが必ずつかめるものです。


岡野喜太郎

人のやることは何でもやる。人よりはよくやる。決して人に負けない。それが私の信条であった。また、もって生まれた気性でもあった。子供のときから道で前の方を歩いている人を追い越すことに興味を持ち、幾人も幾人も追い越すと、それはひとつの喜びであった。


林義郎(経営者)

悪い話は上に上げにくいもの。売り場に行けば、お客さんが「なぜうちのはダメで、よそのを買うのか」も見えてくる。


米山久

日々のルーティンに追われていると、視野が狭くなり、ミッションを見失ってしまいます。そこで、入社1~2年目の社員や中途採用の社員に対して、私や社内の講義担当者が3時間程度の講義を行なう「ミッション共有研修」というものを行なっています。しかし、話をするだけでは不十分。現場を実際に自分の目で見てもらう必要があります。そこで、生産者のもとを訪れてもらい、直接生産者の声を聞いたり、生産現場を見学したりする機会を設けています。生きた鶏を一気に絞めて血抜きする光景を目の当たりにすれば、命の犠牲によって自分たちのビジネスが成り立っていることに気づかされます。また、命を粗末にせず、お客様に一番美味しい状態で食べていただこうという気持ちも芽生えてきます。


津田倫男

有事にあたふたしないためには、仕事の面に加え精神的な面においても備えが必要です。何があってもそこへ行けば自分が癒される、いわば心のサンクチュアリを持っておきましょう。それはゴルフでも釣りでも何でもいい。子供や孫と接している時間がそうだという人もいるでしょう。いざというときの精神的な逃げ場を持っておくことも大切です。


野崎武左衛門

新規の事柄を行う時、または込み入った事で思案に余る時は、一家親類をはじめ、使用人の主な者にまでよく相談して広く皆の意見を聞いて決断すること。自分の考えを先に口にしてはならない。


尾野真千子

NHKの連続テレビ小説『カーネーション』でヒロイン役を演じたのは30歳のときです。そのため、私の女優としての歩みは「遅咲き」「下積み」「苦節」のような言葉で括られがちです。でも、私自身は、そんなふうには感じていないんです。いろんな経験をしながら、少しずつ積み上げてきたものが、芝居にいかされ、多くの作品との出会いが生まれた。だから、河瀬(直美)監督に見つけてもらってから今日まで、とても順調に、女優としての流れを歩んでいると感じています。


小泉文明

口で言うのは簡単ですが、実際に「大胆にやる」のは非常に難しく、うまくいっている時はなおさらリスクを取らない傾向が強まります。どんな優秀な社員にも必ず「現状維持バイアス」がかかるので、現場で躊躇するシーンを見たら、基本的に皆の背中を押すようにしています。これも経営陣が果たすべき大事な役割です。


牛島信

私は、昨今のコーポレートガバナンスの議論の中で何が一番不満かというと、なぜコーポレートガバナンスが大事かという部分なんです。多くの場合、それは経済成長のためだという。それはいいのですが、なぜ経済成長しなければならないのか、何のために稼ぐのか、そうなるとどんな良いことがあるのかが議論されていない。