名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大美賀直子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大美賀直子のプロフィール

大美賀直子、おおみか・なおこ。日本の産業カウンセラー、メンタル・ジャーナリスト。栃木県出身。早稲田大学教育学部卒業後、出版社勤務などを経て独立。著書に『発想美人のススメ』『どうして会社に行くのが嫌なのか』。

大美賀直子の名言 一覧

「人の長所」を探すためには、「相手の顔を見て、声をかけ、相手の言葉に反応する」という、3つの基本行動はしっかり行うことが大切。


自慢グセの人は「ありのままの自分」を受け入れられた経験が少なく、自己評価が低い。


親密度は、数値を一気に上げようとせず、「1つだけ上げる」というようにスモールステップで考えるとうまくいく。ほとんど話ができていない相手でも、一緒に働いているのだから親密度はゼロではありません。少なくとも1はあるはず。それを「2にして、3にして……」と、増やしていきましょう。


注意したり要望を伝えるときには、自分が怒っていることではなく、「がっかりした」「不安になった」といった、自分が最初に感じた気持ち、第一感情を伝えましょう。第一感情である自分の本当の気持ちを伝えたうえで、希望や要望を言うと、相手も素直に耳を傾ける姿勢になりやすいと思います。


心の傷や劣等感から対人関係に臆病になりがちな自分に気づき、そんな「ありのままの自分」を受け入れる。そして、虚勢を張らない等身大の自分で他人と接していく。そうすれば、信頼関係を結べるようになるでしょう。


信頼を築くためには、自分に鎧を着せず、ありのままの自分で接することが重要ですが、自分が考える自分(自己像)と、ありのままの自分が違うことが多々あります。ですから、まずは、本当の自分を知るためにも、「自分の棚卸し」をしましょう。


多くの人がやりがちなミスは、励まそうとして「頑張れ」と言ってしまうこと。目標まであと一歩という場合には効果があるが、落ち込んでいる相手に対しては逆効果。好意のつもりが、さらに傷つけてしまう結果になる。「頑張れ」が時に相手を傷つけると知っていても、つい使ってしまう人が多い。


勝手な思い込みや拡大解釈でイラッとしていることは少なくありません。出来事の捉え方(見方)を変えるだけで、「そんなに怒る話でもないか……」と、気持ちに整理がつくことがある。自分の捉え方に「偏り」がないかを確認するためには、紙にイラッとした状況やその時の気持ちを書き出し、そのうえで別の捉え方ができないかと考えてみるといいでしょう。


イライラから離れるために最も手軽な方法は、足に意識を向けること。カッとなって頭に上った血を足の下まで落としていくイメージです。余計なことを考えないのがコツ。「落ち着こう」と考えれば考えるほど落ち着かず、かえってイライラします。シンプルに足に意識を向けてみましょう。足の裏の感触を確かめるような感じでやってみてください。


「怒り」は自然に湧き上がる感情なので、「怒らないようにする」ことはできません。大事なのは「怒らない」ではなく、「怒りの感情が湧いた時にどうするか」です。そもそも怒りは、脅威や攻撃への防衛反応でもあるので自分を守るために必要です。相手のことを思い、真剣な気持ちを伝える時にも怒りの感情が高まることがある。だから、すべての怒りの感情が悪いわけではありません。肝心なのは、怒りの感情で人を傷つけたり、不快な感情を引きずったりしないことなのです。


大美賀直子の経歴・略歴

大美賀直子、おおみか・なおこ。日本の産業カウンセラー、メンタル・ジャーナリスト。栃木県出身。早稲田大学教育学部卒業後、出版社勤務などを経て独立。著書に『発想美人のススメ』『どうして会社に行くのが嫌なのか』。

他の記事も読んでみる

須田将啓

私は、会社も人と同じように気風を持っていると考えており、そのカルチャーに合わない人が増えてくると危険です。そのため、エニグモが間違った方向に進まないよう、自分と社員の価値観に溝が無いかには常に気を払っています。


コシノジュンコ

私は、ファッション・デザイナーという「点」から仕事を始め、デザインの幅を広げて「線」をつくり、さらに「面」へと仕事を広げてきました。なぜそれができたのか。それはジャンルが違う人たちとチームをつくり、一緒に働くことができたから。


牛場靖彦

じつは私は、10年間会社で窓際生活を送っていたんです。しかし、それに負けず、やりたいことに目を向けたからこそ、いまの私があります。


岡本和久

機関投資家は常にベンチマークの指標や競合する運用会社と比較され続ける。長期的に有望な銘柄と判断しても、すぐに成果を残すために投資を断念するときもある。個人の武器は時間と言うが、本当にその通り。長期とは「時間的な制約がない」という意味だ。株を保有する企業に成長の時間を与えられる。


堀場雅夫

部や課を率いるグループの長は、それぞれが中小企業のおやじさんのような意識、すなわちオーナーズ・マインドを持たなければならない。何かプロジェクトを動かそうというときに、資金はどれだけ必要なのか、投資効率はどうか、従業員のマインドやスキルはどうなるのか、といったことにまで目配りしたうえで、自分の部署に責任を持つ。つまり社長の役割をきっちり分担することが求められる。


宮内義彦

農業にしても、新しい産業にしていこうという志のある人に任せなければ、今後発展していかない。


矢野博丈

お客様にはすぐ飽きられるものです。ずーっとずーっと恐くて、眠れなかったんです。


栗山英樹

監督として結論を言うことはありません。悩みや葛藤の原因や解決方法は、選手自身で気づかないと人間的な成長はないからです。監督としてやるべきことは、想いを伝えたうえで、自分自身で気づき、考え、行動できる選手になってもらうために方向性を示してあげることです。


吉田松陰

立派な人物というものは、時間をかけてゆっくり成長するものあって、騒々しい状態では本物の立派な人物になることはない。


ダライ・ラマ14世

悲劇や悲運は、必ず私たちの前にやってきます。そのときこそ、叡智と自信を持って、困難に立ち向かわなければなりません。悲劇はより一層の情熱に、力に、決意に転換されなければならないのです。


澤本尚志

雇用の確保・維持が厳しさを増すなか、弊社は最先端の技術をいち早く取り入れ、「人的業務」から「技術サービス」への移行を進めています。現在、セキュリティ技術ナンバーワン企業を目指して、積極的に技術の取り込みを進めているのですが、特に注力している分野が、画像を使った警備システムです。


柴山和久

財務省を辞めて、まずはフランスのINSEADに留学しました。MBAは1年で取得しましたが、その後に就職できなくて浪人です。いま自分が人を採用する立場になってわかりましたが、私みたいな人間は採用しづらいのでしょう。財務省出身で、米国弁護士で、MBAを持っていて、それなのにビジネスの経験や特定の産業に対する知見もないですから。なので、ことごとく選考で落ちました。4か月後にやっとマッキンゼーから内定をもらいましたが、それまでは精神的にキツかったです。採用面接はいつ呼ばれるのかわからないので、その間、仕事もできない。社会との接点が失われると、自分は世の中に必要とされていない人間のような気がしてきて……。