名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大給近憲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大給近憲のプロフィール

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

大給近憲の名言 一覧

自分はおじさんで何もわからない、という役割を引き受けて、教えを乞うスタンスで接すると、彼女たちは、まったくもう、しょうがないわね、と丁寧に教えてくれるんです。


(ウェブ会員について)当初には登録するとおまけがもらえる、といったキャンペーンをしたことがありましたが、たんに幽霊会員を増やすだけで失敗でした。コミュニティの質やロイヤリティを下げるので、いまでは書込みに応じてポイントが貯まったりするようなことも行っていません。来る者拒まず、去る者追わず。読者を囲い込もうとせず、新鮮な水がどんどん流れる川のようにしたい。池の水はいつかよどんでしまいますから。


Martの創刊前に港北や浦安の30代の主婦たちに話を聞いたら、当時、ビーズが流行っていました。ところが、その中に「本当は好きじゃないけど、やっている」という人たちがいたんです。ビーズづくりに興味はないが、ビーズづくりをすればコミュニティの一員になれるし、交流できるのが楽しいと。つまりビーズはホビーではなく、コミュニケーションツールだった。


カリスマはカリスマゆえに意見にぶれがなく、固定的になりがちです。だけど普通の人の好みの感覚は日々変わっていくものだし、オタクにもならない。いい意味で移り気。そういう自分たちの感覚に合う情報を教えてくれるのは誰かといえば、やはり、いいねと共感しあえるそこそこの主婦で形成されたコミュニティのメンバーなんです。


大給近憲の経歴・略歴

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

他の記事も読んでみる

トム・ケリー(IDEO)

IDEOには「How might we ~(どうすれば我々はそれができるか)」という課題の発見方法があります。「How」の部分は「どうするか」と同時に、それが常に改善が可能なことを前提として、どう実現していくかを表しています。「might」に関しては「How」に対してひとつの確定的な答えがあるのではなく、無限の可能性があるということを示しています。最後の「we」の部分は、1人の話ではなくて、みんなで連携してプロジェクトを進めることを意識するということです。この言葉を実践していくことで、より自由な発想が生まれる文化をつくり出せる。いまでは多くのシリコンバレーの企業で使われています。


堀之内九一郎

私は普段から名刺を持ち歩かないので、基本的に名刺交換をしません。連絡を取り合う気のない人と名刺を交換したところで意味がないからです。ごくまれに、この人とは連絡を取りたいと思う人がいた場合は後日、「先日は名刺をお渡しできず、大変失礼しました……」と手紙を書くことで一気に距離を縮めます。誰彼となく連絡先を交換するよりも、連絡したい人にだけ連絡する。名刺を持ち歩かないことが連絡する理由にもなるわけですから、なかなか良い方法です(笑)。


横田雅俊

部下の営業活動を的確に把握しようとすれば、目の行き届く人数はおのずと限られる。優秀なマネジャーでも、せいぜい5から6人が限度。それ以上の部下がいる場合は、5から6人単位のチームに分けて、それぞれのチームリーダーをフォローするといったやり方が最適だろう。


冨安徳久

創意工夫は会社が成長し続けるために不可欠なこと。「これで良いは無い」が弊社のモットーです。満足した時点でそれは退化。飛躍し続けるためには、毎年同じことをやっていてはいけません。


佐々木宏

広告をつくることも大事だが、それに賛同する人が多く集まることはもっと大事。


王貞治

もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。


ジェフ・ベゾス

私の個人的な意見ですが、ただデバイスをつくっただけで顧客が関心を持つとは思えない。顧客が求めていること、顧客がしようとしていることは何か。それは書籍を買い、音楽を買い、映画やテレビ番組、アプリを買うことです。デバイスとサービスをシームレスに融合させたのがキンドル・ファイアなのです。


渡瀬謙

相手のニーズを聞き出すためには自分からあれこれと質問をしなければならないと思われているかもしれませんが、モノをみせることで、相手が自分からしゃべってくれるのです。インターネット全盛の時代でも、実物を示すことは重要です。相手に手に取ってみてもらえることが、相手にしゃべってもらう一番の方法だからです。


堺美保

理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


佐々木大輔(経営者)

当社のようなベンチャー企業が、早々に銀行と提携できたのは、ユーザーの支持があったからです。当社は入力自動化で銀行のデータを活用していたので、銀行の方も「なんとか手を組めないか」と考えていたようです。銀行では年商数十億円以上とか、一定の規模でないと担当者はつかないので、それ以下の多くの会社には正直なところ、手が回らない状況です。当社のユーザーは個人事業主や中小企業が多いので、提携しやすかったと思います。


井上愛一郎

開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


岩崎達也(マーケティング)

リーダーにはいくつかあって、夢や生き様などを語り、憧れをつくる背中で付いて来させるタイプ。明晰な頭脳で戦略を立てる頭で付いて来させるタイプ。懐の深さがあり太っ腹な、腹で付いて来させるタイプ。行動派で「この人がここまでやるなら仕方ない」と思わせる足で付いて来させるタイプ。技術職や職人肌で、この人の技はすごいという腕で付いて来させるタイプがあると思います。