名言DB

9419 人 / 110788 名言

大給近憲の名言

twitter Facebook はてブ

大給近憲のプロフィール

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

大給近憲の名言 一覧

自分はおじさんで何もわからない、という役割を引き受けて、教えを乞うスタンスで接すると、彼女たちは、まったくもう、しょうがないわね、と丁寧に教えてくれるんです。


(ウェブ会員について)当初には登録するとおまけがもらえる、といったキャンペーンをしたことがありましたが、たんに幽霊会員を増やすだけで失敗でした。コミュニティの質やロイヤリティを下げるので、いまでは書込みに応じてポイントが貯まったりするようなことも行っていません。来る者拒まず、去る者追わず。読者を囲い込もうとせず、新鮮な水がどんどん流れる川のようにしたい。池の水はいつかよどんでしまいますから。


Martの創刊前に港北や浦安の30代の主婦たちに話を聞いたら、当時、ビーズが流行っていました。ところが、その中に「本当は好きじゃないけど、やっている」という人たちがいたんです。ビーズづくりに興味はないが、ビーズづくりをすればコミュニティの一員になれるし、交流できるのが楽しいと。つまりビーズはホビーではなく、コミュニケーションツールだった。


カリスマはカリスマゆえに意見にぶれがなく、固定的になりがちです。だけど普通の人の好みの感覚は日々変わっていくものだし、オタクにもならない。いい意味で移り気。そういう自分たちの感覚に合う情報を教えてくれるのは誰かといえば、やはり、いいねと共感しあえるそこそこの主婦で形成されたコミュニティのメンバーなんです。


大給近憲の経歴・略歴

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

他の記事も読んでみる

大葉ナナコ

妊娠と出産しか命をつなぐ方法はありません。生まれてくる力も生む力も素晴らしい。


小池百合子

内容はともかく、まず話し手の外見が気になるものです。髪の毛が立っている、ネクタイが曲がっている、そもそも服装の趣味が変、妙な癖があるなど、そちらにばかり意識が行ってしまうのです。スピーチをするときは、自分の想像以上に、聴衆は話の内容以外の要素に意識が引っ張られているということを理解しておくべきでしょう。服装や話し方の癖、身振りなどを研究するのもいいかもしれません。


高城幸司

上司の設定したノルマや目標を「高すぎる」と感じたとき、部下としては「この数字にはどんな意図があるのか」を考えてみるといいだろう。数値目標を合理的に設定することは、現実には不可能だ。上司は部下の仕事ぶりをすべて知り尽くすことなどできない。そこには必ず誤解や理解不足がある。そうした不合理について憤るまえに、上司の立場から考えてみるといい。


吉野佳秀

秘訣があるとしたら「根性」ですかね(笑)。私は途中で投げ出すのが嫌いです。自分で決めたことは必ず成し遂げます。


髙柳浩二(高柳浩二)

「(親会社に)支配される」という意識では受け身になってしまう。社内では「伊藤忠を使い倒せ」と言っています。こっちが主体になって、伊藤忠を使うんです。


萩本博幸

トヨタのハイブリット車プリウスの発電機とモーターに使われている角度検出器は、当社が独占的に供給していてライバルがありません。トヨタは初め、これの自作を試みたようですが、上手くいかなかったみたいで、当社が全品供給することになりました。そうしたら、ホンダや米国のGMなどへ行って、トヨタが当社の製品を使っていますと宣伝して来いというのです。普通なら中核部品を他社へ出すなと言うはずですが、逆なんです。トヨタが作れない以上、世界中のメーカーが当社の製品を使った方がコストが下がるだろうというわけです。トヨタの徹底したコスト追求の精神には驚かされました。


中野雅至

重要なのは最初にドカンとかますこと。はじめに上手くかませれば、最終的に自分に残る陣地もより大きくなる。たとえば予算が500万円ほしいなら、「どうしても1000万円はかかります!」とかましたり、プロジェクトの人員が3人必要なら「どう見積もっても8人は必要です!」とかましてみましょう。そのほかにも期日、個数、クオリティなど、かませるものはなんでもかましましょう。もちろん、予算500万円に対して1億円とかは、完全にやり過ぎですけど。


夏野剛

新しいアイデアはコミュニケーションの相手が多いほど浮かぶ可能性が高くなる。


木川眞

正しいと思ったら、失敗を恐れずにやっていこう。やらないで文句や言い訳するのはやめよう。


齋藤勇(齊藤勇)

人から好かれる人というのは、爽やかさを感じさせるものです。挨拶も「おはよう!」「おつかれさま!」「元気?」など、ごく単純なのですが、それがかえっていいのです。「単純接触の法則」といい、人は簡単な挨拶とうなずきだけでも回を重ねていけば、相手に対する親しさは増すものなのです。