名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大給近憲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大給近憲のプロフィール

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

大給近憲の名言 一覧

自分はおじさんで何もわからない、という役割を引き受けて、教えを乞うスタンスで接すると、彼女たちは、まったくもう、しょうがないわね、と丁寧に教えてくれるんです。


(ウェブ会員について)当初には登録するとおまけがもらえる、といったキャンペーンをしたことがありましたが、たんに幽霊会員を増やすだけで失敗でした。コミュニティの質やロイヤリティを下げるので、いまでは書込みに応じてポイントが貯まったりするようなことも行っていません。来る者拒まず、去る者追わず。読者を囲い込もうとせず、新鮮な水がどんどん流れる川のようにしたい。池の水はいつかよどんでしまいますから。


Martの創刊前に港北や浦安の30代の主婦たちに話を聞いたら、当時、ビーズが流行っていました。ところが、その中に「本当は好きじゃないけど、やっている」という人たちがいたんです。ビーズづくりに興味はないが、ビーズづくりをすればコミュニティの一員になれるし、交流できるのが楽しいと。つまりビーズはホビーではなく、コミュニケーションツールだった。


カリスマはカリスマゆえに意見にぶれがなく、固定的になりがちです。だけど普通の人の好みの感覚は日々変わっていくものだし、オタクにもならない。いい意味で移り気。そういう自分たちの感覚に合う情報を教えてくれるのは誰かといえば、やはり、いいねと共感しあえるそこそこの主婦で形成されたコミュニティのメンバーなんです。


大給近憲の経歴・略歴

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

他の記事も読んでみる

長谷川穂積

僕もそうなんですが、どのスポーツの選手でも自ら進んで練習をしたいという人はいないんじゃないですかね。でも、そんな気持ちに勝って練習するわけですよ。なぜかといったら練習しないと勝てないから。大勢の人が見ている前で負けるのがイヤだからです。人前で負けるのは恥ずかしいですからね。


板橋悟

リクルートに在籍していたころ、ある経営者に「何のために日経新聞を読んでいるのか」と聞かれました。それ以来、私は人に会うたびに日経新聞の読み方を尋ねるようになりました。そこで、仕事上で結果を残す人とそうでない人は、同じ情報から何を読み取るかという力に、明らかな差があることに気づきました。


戸塚祥太

心躍る現場だけど、その私情が作品に影響しちゃマズイ。仕事は仕事。一番気をつけたのは高ぶる気持ちを抑えることだった。とにかく平常心で自然にカメラに映ることを意識した。空気を邪魔せず、作中の一つのピースとしてはまっていることを願う。


梁瀬泰孝

商売は収益を求めるものだが、その収益は顧客、従業員、社会、株主の皆さんにご満足いただくことで生まれる。


新美春之

企業ならリーダーは経営者です。昭和シェル石油を例にとりますと、1995年ごろまで石油業界は護送船団方式でやってきたし、当社も例外ではなかった。それで95年ごろから、私はこのままでは会社の存続は危ういと思い始めました。社内では昭和シェルの実態は中小企業なのに動きの鈍さは大企業と説明しました。社員は我が社はまず大丈夫だろうと思っているのです。見かけ上、連結売上が1兆6000億円くらいありますから。しかし売上から揮発油税など税金を引いてみるとどうだ、付加価値という点で見るとどうだ、と問い詰めていく。残りを見れば本当の規模は中小企業ではないかと。


高部正樹

前線で休憩するときは30分ほど、10人程度の仲間が輪になって全方位を警戒しながら茂みに身を隠し、木や岩に背中をもたせかけて体を休めます。銃は肩にかけたまま、銃弾や手榴弾を入れたベストやウエストポーチ、予備の銃弾や破壊工作のための爆薬などの入ったリュックも身に着けたままです。どんなに疲れて眠りに落ちても風で草がカサッと鳴るだけですぐに目が覚めます。完全に寝ているのではなく、まどろんでいる感じです。でも、眠っていたのがたとえ1分、2分と一瞬でも、目覚めたときは不思議なくらいぐっすり眠った感覚があるのです。


小坂敬

自分自身の経験や周囲の方々の行動を振り返っても、覚悟を持たないまま物事を始めてしまうと、自信がなくて、ふらふらしてしまったり、結果を出せずに後悔することが多いように感じる。


羽生善治

理にかなった手がわかるというのは大事な要素です。けれども、常に論理的に正しいのが最善手というわけではありません。ある局面を示し、どの手が論理的に正しいか尋ねれば、プロなら皆同じことを言うでしょう。つまり、論理だけで指していたら、相手にはこちらの手の内がすべてわかってしまう。それでは勝てないのです。


山上晶則

マーケティング用語でいえば、賃貸住宅市場はライバルがひしめく「レッド・オーシャン」の真っ只中にあります。こうした競合の多い既存市場では、いずれ賃料を下げる価格競争に巻き込まれる可能性が高いと私は考えます。しかし、ライバル不在の未開拓市場、つまりは「ブルー・オーシャン」を切り開くことができれば十分に成功のチャンスがあります。


松本久晃

当社も自社内でエコ活動を積極的に行っています。若い社員たちがポジティブに楽しみながらやってくれていることが何よりも嬉しい。自分たちが会社を創りあげていく気概が芽生えてきたのではないでしょうか。


小松政夫

1970年代にデンセンマンや「しらけ烏音頭」などを生み出したテレビ番組のコントでも、コンビを組んだ伊東四朗さんと本番前にリハーサルを重ねました。父親と子供が出て来るコントでは、「この親子はどんな関係なのか?」まで考えてセリフを作り上げました。


大塚英樹(経営者)

Speeeでは会社自体をひとつのプロダクトとして捉えています。多様な領域でイノベーションを起こす存在として、メガベンチャーを目指します。