大給近憲の名言

大給近憲のプロフィール

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

大給近憲の名言 一覧

自分はおじさんで何もわからない、という役割を引き受けて、教えを乞うスタンスで接すると、彼女たちは、まったくもう、しょうがないわね、と丁寧に教えてくれるんです。


(ウェブ会員について)当初には登録するとおまけがもらえる、といったキャンペーンをしたことがありましたが、たんに幽霊会員を増やすだけで失敗でした。コミュニティの質やロイヤリティを下げるので、いまでは書込みに応じてポイントが貯まったりするようなことも行っていません。来る者拒まず、去る者追わず。読者を囲い込もうとせず、新鮮な水がどんどん流れる川のようにしたい。池の水はいつかよどんでしまいますから。


Martの創刊前に港北や浦安の30代の主婦たちに話を聞いたら、当時、ビーズが流行っていました。ところが、その中に「本当は好きじゃないけど、やっている」という人たちがいたんです。ビーズづくりに興味はないが、ビーズづくりをすればコミュニティの一員になれるし、交流できるのが楽しいと。つまりビーズはホビーではなく、コミュニケーションツールだった。


カリスマはカリスマゆえに意見にぶれがなく、固定的になりがちです。だけど普通の人の好みの感覚は日々変わっていくものだし、オタクにもならない。いい意味で移り気。そういう自分たちの感覚に合う情報を教えてくれるのは誰かといえば、やはり、いいねと共感しあえるそこそこの主婦で形成されたコミュニティのメンバーなんです。


大給近憲の経歴・略歴

大給近憲、おぎゅう・ちかのり。日本の雑誌編集長。群馬県出身。光文社に入社。「CLASSY」「女性自身」の編集を経て、主婦向け雑誌「Mart」を創刊し編集長に就任。

他の記事も読んでみる

樋口武男

熱意は採用の絶対条件です。その熱意が本物かどうか、それを見抜くのが経営者の仕事。なかなか難しいですけどね。


藤井清孝(経営者)

重要なのは、会社が社会に何を問おうとしているのかを長期的視点で考える情熱のエンジンを持つことです。会社の歴史を知り、自分に期待されている能力を自覚し、情熱のエンジンで仕事に向かえば、責任のある仕事は必ず回ってくるはずです。


ケリー・マクゴニガル

目標を達成するためのアドバイスを求めましょう。大事なことを成し遂げようとしている時に、他の人にアドバイスを求めないのは愚かなことです。他人の意見はとても役に立つこともあります。特に、あなたが挑戦していることや、あなたのためになることを見抜いている友人や同僚の意見は有益です。


徳重徹

ボウリングに例えると、重点事項はヘッドピンに似ている。僕たちベンチャーは常にトラブルまみれだが、ヘッドピンを倒すことで、一挙に解決してしまうことがある。逆にそれに失敗すると何本かレーン上に残ってしまい、それを倒すのに神経を使わなければならなくなる。まさに、些末な仕事に忙殺されている姿だ。


永守重信

企業というものは、一体いつから弱くなるのだろうか。それは、成長の過程で社員が創業の精神や理念を忘れて官僚化が始まるときからだろう。


渡邉幸義

不思議なもので、覚悟を決めて正しいことに取り組めば取り組むほど、応援してくださる方が増えてくる。


上田彩子

常にポジティブな顔をしていればいいかといえばそうとは限りません。相手を怒らせてしまったときなどにニコニコしていたら、さらに怒りを買うことは必至。日本人は特に、他人との共感を重視するため相手の心情に合わせた表情で対応することが大切です。相手が怒っているときは口角を下げて申し訳なさそうな顔=ネガティブ顔をする。そうすると、相手は自分の思いが伝わったと解釈し、怒りの感情が収まるのです。


上田利治

欲望の強い人間ほど個性的で扱いにくいが、そうした選手ほど大きく育つ。監督にとって素直な選手は、むしろいざというとき不安で使いにくい。


森健志郎

従来の教育・学習サービスの問題点は、仕事と分断されていることでした。わかりやすく言えば、大学で学んだことが仕事で活きない。これはおかしい。学んだことが人生の次のステップに活きるというのが正しいあり方でしょう。


藤吉泰晴

日本の食品は、世界でも類を見ないほど、安全で安心で、しかも安価なものが揃っています。手に入るもののほとんどが安心できるなら、安心や安全のためにお金を使おうという発想にはならない。その点では市場規模は大きくならないのです。そこで、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、ハロウィンなど、イベント時の食の消費を喚起してきました。こうした需要創造を常に考えていかなければなりません。


出原洋三

英ピルキントン買収後に、10年間のビジョンを自分でつくりました。ピルキントン側からは「10年後にお前はいるのか。3年でいいんじゃないか」と言われました。欧米流の考え方からすれば、10年は信じられないほど長く思えたのでしょう。


梅田望夫

私自身、ものを書くことやコンピュータなど、自分が好きなこと以外はからきしダメな人間でした。そこで、波長の合うロールモデル(お手本)を選び続け、好きな仕事を探して生きるという道を歩きはじめました。


安藤徳隆

38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。


松井道夫

日本円は捨てられる。デフレの時代であれば、キャッシュは持っているだけでドンドン価値を生んできた。でもそれは日本政府の保証があるという「おカネ」。ヘタをすると、こんなにリスクのあるものはない。日本政府の信用をバックにしたものからはなるべく逃避した方がいい。日本円じゃないものに資産を 逃避させるという考え方がものすごく大事。日本国がベースになっているものは、とりあえずはずせ、ということ。国債なんて論外。日本円の紙幣を持つのもな るべく必要最小限にした方がよい。日本という国は信用しない方がいい…


御手洗冨士夫

アメリカに居れば、圧倒的多数を占める現地メンバーや取引先の協力が不可欠であり、それには、自らアメリカ的な発想や、行動をとれることが何よりも大切です。どこへ行っても、現地の人々との関係を結びながら、目標達成のための物語を描ける。それがグローバル人材です。


ページの先頭へ