名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大竹文雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹文雄のプロフィール

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

大竹文雄の名言 一覧

いくら競争をせよと言っても、人間は相手の能力が自分とあまりに懸け離れているとやる気をなくしてしまう。


企業でも社会でも、一元的に全ての平等を推し進めるのでなく、「やめるべき平等」と「続けるべき平等」を区別することが重要。


競争を現場から排除した場合、経営者は2つの重要な機会を失うことになる。それは「適材適所を実現する機会」「社員のモチベーションを上げる機会」だ。


以前の経済学では、人間を単純に合理的に考える存在とみなすところから出発していた。しかし実際は、多くの人が必ずしも狭い意味の合理性では説明できない行動をとり続けている。


経済学が取り扱うのは、ロボットのような人間像ではなく、嬉しければ笑い、悲しければ涙を流す、感情をともなった人間である。


注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


経済学では本来、「幸福」という抽象的な用語は、議論の対象としてはいなかった。なぜなら、人によって価値観は異なり、同じような体験をしたとしても、人によって幸福感は違うはずだ。だから幸福の比較はできないという立場だった。ところが幸福度に関する調査結果の統計調査から、国際比較してみると意外に共通している。そこから幸福の経済学は、新しい時代に対応した経済学として産声を上げた。


大竹文雄の経歴・略歴

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

元気な人間は陣頭に立って突っ走るものだが、振り返ると誰もついてきていないことが多い。陣頭に立って、自分についてこいと、独裁になる者が多い。自分は半病人的経営だから、社員たちの後ろからついていく。


齋藤勇(齊藤勇)

容姿に関することはもちろん、相手が気にしているコンプレックスは冗談でも触れてはいけません。コンプレックスは隠したがるものなので、相手がその場で怒るケースはあまりない。ですが攻撃的な人に根に持たれると、集中的に嫌がらせをされたりします。


カルロス・ゴーン

リーダーの決断は、情緒に基づいてはならない。リーダーは人の心の機微に、しっかり対応しなければいけません。ですが、その判断においては、合理性と理論を優先させなければならない。結果を出すと思えばこそ、部下はついてきてくれるのですから。


野村忠宏

日々の練習を本番と同じ気持ちで手を抜かずに行うことで、本番でも100%に近い力を発揮しやすくなる。


柳井正

会社組織の進歩はコンピュータの進歩と同じだと考えています。かつては中央の汎用コンピュータにいくつもの端末がぶら下がっていましたが、今日ではパーソナルコンピュータがインターネットにつながり、世界中のコンピュータが同時に動く。インターネットは時間や距離を圧倒的に短縮しましたが、組織も同様に進化しなければいけない。


井上礼之

M&Aを成功させる4つの要諦

  1. M&A、提携、連携を日常茶飯事ととらえよ。
  2. 相手の弱みも補完し、シナジー効果を創出せよ。
  3. 買収後の共同チームでグローバル人材を鍛えよ。
  4. お互いの納得感や信頼感の醸成がM&Aの効果を高める。

小林一雅(小林製薬)

社員全員が「さん」付けで呼び合う制度を作ったときのキャッチフレーズは、「今日から私も『小林さん』です」。当時の私は社長でしたが、導入してからは社長と呼ぶことを禁じました。


田中健介(経営者)

何事においても志が高くなければ躍進し成長していくことは難しく、ややもすると淘汰される側になりかねない。


星野佳路

日本の観光産業の問題点は需要ではなく、収益力であり、利益率にある。利益率を高めるということは生産性を高めることで、それには製造業のノウハウが生きてくる。


藤井佐和子

もしあなたが、何か不満があってそれを抱え込んでしまっているのなら、もっと積極的な発信が必要です。


フランクリン・ルーズベルト

誠実に、簡潔に、腰を落ち着けて。


島田政直

私が入社した1973年にアメリカに工場ができたんです。「これはチャンスがあるかもしれない」と思って、入社5年目のとき「アメリカでしょうゆを売りたい」と上司に申し出た。まさか、それから30年以上も海外勤務を続けるとは思いませんでしたが。