名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大竹文雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹文雄のプロフィール

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

大竹文雄の名言 一覧

いくら競争をせよと言っても、人間は相手の能力が自分とあまりに懸け離れているとやる気をなくしてしまう。


企業でも社会でも、一元的に全ての平等を推し進めるのでなく、「やめるべき平等」と「続けるべき平等」を区別することが重要。


競争を現場から排除した場合、経営者は2つの重要な機会を失うことになる。それは「適材適所を実現する機会」「社員のモチベーションを上げる機会」だ。


以前の経済学では、人間を単純に合理的に考える存在とみなすところから出発していた。しかし実際は、多くの人が必ずしも狭い意味の合理性では説明できない行動をとり続けている。


経済学が取り扱うのは、ロボットのような人間像ではなく、嬉しければ笑い、悲しければ涙を流す、感情をともなった人間である。


注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


経済学では本来、「幸福」という抽象的な用語は、議論の対象としてはいなかった。なぜなら、人によって価値観は異なり、同じような体験をしたとしても、人によって幸福感は違うはずだ。だから幸福の比較はできないという立場だった。ところが幸福度に関する調査結果の統計調査から、国際比較してみると意外に共通している。そこから幸福の経済学は、新しい時代に対応した経済学として産声を上げた。


大竹文雄の経歴・略歴

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

他の記事も読んでみる

ゴーリキー

すべてものごとには終わりがある。したがって忍耐は成功を勝ち得る唯一の手段である。


岡野雅行(岡野工業)

誰が価値ある情報を持っているかをまず見極めなきゃ、いくら情報を集めたって役には立たねえよ。枯れ木は山のにぎわいくらいにはなるけど、ガセネタは束になるほど持ってたって絶対、それ以上のものにはならない。人と人との触れ合いの中で、さりげなく語られる情報は信用できる。


上田準二

毎年夏と秋に行う社長塾では、いろいろな意見が出ます。上司への具体的な批判や不満も出ます。ここでは何を言ってもよいことにしています。そうした問題点や不満に対して、社員同士がいろいろ改善提案を出します。社長塾に上司は参加しませんが、上司を批判することで不利益をこうむることを心配する社員もいます。そこで「心配するな。社長とどういう会話をしたかと上司が聞いた時点で、メールをくれれば、その上司はアマゾンの奥地か、シベリアのマーケット調査に行くことになる」と話しています。
【覚書き|社長塾は20代から30代中盤までの若手社員を集めて行う会議】


福嶋康博

自分が迷っていることは、あまり上手くいかないことが多いものです。逆に、今は上手くいっていなくても、絶対成功するはずだと信じ続けていれば成功する。


松井忠三

プレイヤーは、それぞれが受け持つパートで決められた項目を徹底してチェックしていく。いわば部分最適が求められます。一方、マネージャーというポジションの役割は、全体最適を目指すこと。つまり、人や組織を使って会社を強くしていくことです。その観点から考えると必要な素養はいくつかありますが、最も重要なのが、改革を起こすこと、イノベーターであることだと私は考えます。


茂木健一郎

脳の「アンチエイジング」においてもっとも大切なのは、「新分野」に挑戦することである。自分ができるかどうかわからないことに取り組んで成功すると、脳の報酬系のドーパミンが前頭葉を中心とする回路に放出される。ドーパミンが放出されると、脳は喜びを感じるとともに、そのきっかけとなった行動の回路が強化されるという「強化学習」が起こる。


新井直之(執事)

お金持ちは5年後、10年後、20年後の将来を見据え、ポジティブな自分であろうとする。一方、お金に好かれない人たちは、今日、明日のこと、来月のことを考えるので精一杯という状態になる。


梅野勉

このタスクを任せてみたいと上司に思わせる力、それが大切だと思います。経験やスキルよりも、彼なら斬新な切り口を提示してくれるんじゃないか、この局面をどんなやり方で突破してくれるのだろうと、期待させてくれる何かがあることの方が重要です。


角和夫

失敗した局面で重要になるのが誠実です。何らかの失敗を犯して自分が不利な立場に立たされても、そこで嘘をつかない。自分の失敗を誤魔化すことなく認めることが重要です。


平野岳史

僕は創業以来、あんぱんまん通信という名称で、社員にメッセージを書いています。自分の思いや考えをあえて直筆で書いて、ファックスで全支店に送っているんです。確かにメールで配信した方が早いですし、最近ではホームページでアップするようにもなってきましたけど、文字に人は出ますから、それってすごく大事だと思うんです。


陰山英男

一般のビジネスマンの方でも、誰しもメルヘンを信じたい気持ちは少なからずあると思います。たとえば、「一生懸命やったらいい結果が出る」と思いたいことでしょう。しかし、メルヘンに頼るとどうしても自分に甘くなります。自分に対する甘さを許さないという意味でも、本当に自分のやり方に自信を持つという意味でも、誰が見てもわかる数字を求めるべきではないでしょうか。


カーリー・フィオリーナ

リーダーの仕事は介入することでもなければ、指導することでもなく、先頭に立つことでさえない。ものごとが上手くいっているときは、はっきり言って部下は上司を必要としていない。何かが上手くいかなくなったとき、当事者である彼らには原因がわからず、したがって解決できないとき、初めてリーダーの出番が回ってくる。つまり、リーダーは医師のようなものだ。対症療法をするのではなく、病気の根本原因を見つける。