名言DB

9419 人 / 110788 名言

大竹文雄の名言

twitter Facebook はてブ

大竹文雄のプロフィール

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

大竹文雄の名言 一覧

いくら競争をせよと言っても、人間は相手の能力が自分とあまりに懸け離れているとやる気をなくしてしまう。


企業でも社会でも、一元的に全ての平等を推し進めるのでなく、「やめるべき平等」と「続けるべき平等」を区別することが重要。


競争を現場から排除した場合、経営者は2つの重要な機会を失うことになる。それは「適材適所を実現する機会」「社員のモチベーションを上げる機会」だ。


以前の経済学では、人間を単純に合理的に考える存在とみなすところから出発していた。しかし実際は、多くの人が必ずしも狭い意味の合理性では説明できない行動をとり続けている。


経済学が取り扱うのは、ロボットのような人間像ではなく、嬉しければ笑い、悲しければ涙を流す、感情をともなった人間である。


注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


経済学では本来、「幸福」という抽象的な用語は、議論の対象としてはいなかった。なぜなら、人によって価値観は異なり、同じような体験をしたとしても、人によって幸福感は違うはずだ。だから幸福の比較はできないという立場だった。ところが幸福度に関する調査結果の統計調査から、国際比較してみると意外に共通している。そこから幸福の経済学は、新しい時代に対応した経済学として産声を上げた。


大竹文雄の経歴・略歴

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

他の記事も読んでみる

市村洋文

日常のルーティンはとても大切。生活のリズムを保つことは、運を管理すること。ずっと同じリズムを保てば、ずっといい状態か続く。


草野仁

少しずつでも前に出ないといけない。もっと、もっとわかるように、もっと、もっといい形で伝わるようにするにはどうしたらいいか、と。


高山善司(髙山善司)

ゼンリンが地図を電子化し始めた当時、社内の反発は相当なものだったと聞いています。地図帳の販売はかなりの高収益で安定していましたから「なぜ、あえて電子化をするのか」と社員の多くは目的が理解できなかったのです。苦労はしましたが、電子化によって地図製作は格段に効率化しました。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

アナログが必要な部分を大事にしながら、新しいものをどう生かしていくかがポイント。


黒川茂

計画した数値にこだわり、年々落ち込む数字にまずは歯止めをかけたい。そして、単にITを提供するだけの会社ではなく、お客様の事業変革、事業創造に共に貢献できる会社として成長していける会社にしたい。


豊田章男(モリゾウ)

何もやらないと企業はそこで止まる。だからこそ体力とチャンスがある間に、いろんなことにチャレンジしなければならない。


大川隆法

善をなそうとする人は、悪についても知ることが必要です。悪に対して戦う力を持っている人は、やはり、善においても強い。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


杉山健二

保険というのは継続的に保証を提供する商品ですから、売ったらそこで終わりというのは許されません。将来にわたってお客様の期待に応えなければならず、そのためにはきちんと利益をあげ、経営を安定化させることは不可欠だいえます。


野村萬斎(二世)

昨年、映画「シン・ゴジラ」が大ヒットしましたが、実はあのゴジラの動きは私なんです。モーションキャプチャーで私の関節の動きを取り入れ、CGのゴジラに反映させ、東京を壊滅させた。そのゴジラの動きに、能・狂言のすり足であるとか、運びが生かされている。シン・ゴジラの「シン」には人間に警鐘を鳴らす「神」の意味も込められています。怪獣としてではなく、もっと神聖なるモノの歩き方、態度を求められたんですね。それならば我々能楽師の出番であり、「芯」をもってゴジラを演じることができました。自然への信仰とか畏れを日本人は持っている。それを演技術として表すために我々の演技はあることを再確認しました。