名言DB

9412 人 / 110637 名言

大竹文雄の名言

twitter Facebook はてブ

大竹文雄のプロフィール

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

大竹文雄の名言 一覧

いくら競争をせよと言っても、人間は相手の能力が自分とあまりに懸け離れているとやる気をなくしてしまう。


企業でも社会でも、一元的に全ての平等を推し進めるのでなく、「やめるべき平等」と「続けるべき平等」を区別することが重要。


競争を現場から排除した場合、経営者は2つの重要な機会を失うことになる。それは「適材適所を実現する機会」「社員のモチベーションを上げる機会」だ。


以前の経済学では、人間を単純に合理的に考える存在とみなすところから出発していた。しかし実際は、多くの人が必ずしも狭い意味の合理性では説明できない行動をとり続けている。


経済学が取り扱うのは、ロボットのような人間像ではなく、嬉しければ笑い、悲しければ涙を流す、感情をともなった人間である。


注意していただきたいのは、幸福の経済学は、幸福度を上げること自体を目的としているわけではないということである。私は幸福度とは、病気の診断でいえば、問診に使えるツールのようなものとイメージしている。このツールは国全体が健康がどうかを調べるときに有効である。


経済学では本来、「幸福」という抽象的な用語は、議論の対象としてはいなかった。なぜなら、人によって価値観は異なり、同じような体験をしたとしても、人によって幸福感は違うはずだ。だから幸福の比較はできないという立場だった。ところが幸福度に関する調査結果の統計調査から、国際比較してみると意外に共通している。そこから幸福の経済学は、新しい時代に対応した経済学として産声を上げた。


大竹文雄の経歴・略歴

大竹文雄、おおたけ・ふみお。日本の経済学者。大阪大学社会経済研究所教授。京都出身。京都大学経済学部経済学科卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪大学社会経済研究所附属行動経済学研究センター長。主な著書に『租税・社会保障制度の経済分析』『雇用問題を考える――格差拡大と日本的雇用制度』『スタディガイド入門マクロ経済学』『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』。受賞作に『日本の不平等 格差社会の幻想と未来』でサントリー学芸賞受賞。

他の記事も読んでみる

山崎将志

最も壮大に無駄を作り出しかねない口癖があります。それは「とりあえずやってみよう」です。時間をムダにしないためには、意図であれ分析方法であれ、最初の方向性や前提条件を間違えないことが何より大切なのではないでしょうか。


星野佳路

誰しもが「無理だ」と思っていることを、悔しいから何とか成し遂げる。このことを繰り返すうちに、周囲の評価が少しずつ変わってきました。一目置かれるようになったのです。


八剱洋一郎

あるプロジェクトを成功させたとしても、そのチームの一員であったというだけでは評価されない。


ロバート・キヨサキ

より多くのお金を持っていれば、それだけ多くの選択肢が与えられる。


フランクリン・ルーズベルト

退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。


本田宗一郎

造る喜びとは、技術者にのみ与えられた喜びであって、造物主がその無限に豊富な創作欲によって宇宙自然の万物を造ったように、技術者がその独自のアイデアによって文化社会に貢献する製品をつくりだすことは何ものにもかえがたい喜びである。しかもその製品が優れたもので社会に歓迎されるとき、技術者の喜びは絶対無上である。


岩渕健輔

日本代表はそれまで、「ボールさばきの巧みさ」や「組織力」が強みとされてきました。しかし実際に強豪国と対戦すると、その強みでは勝てないと分かった。試合中、相手から強いプレッシャーを受けると、プレーの正確さを欠け、巧みにパスを回せなくなった。つまり負け癖を絶つには「自分たちの強みを磨けばいい」という常識を打ち破る必要があったのです。本当に必要な「磨くべきスキル」は何か。それは、これまでの日本が目をつぶってきた肉体面の強化です。フィジカルで差がある限り、パス回しがうまくても、結局相手に潰されてしまう。


勝間和代

既存事業で培った無形固定資産を生かせる新規事業だけを手がけること。どんな大企業も、既存事業と全く関係のない分野に参入したら、「お金持ちの素人事業」になり、周りの取引先のいいカモになってしまいます。それを避けるための無形固定資産としては、特許、優秀な技術者、幅広い顧客網、良い仕入れ先、しっかりとしたオペレーションなど様々なものがあります。


アルバート・アインシュタイン

あなたは本当にそう思っているんですか?他人によって永遠の幸せが得られるなんて。いくらその他人が最愛の男だったとしても。私は自分の経験から男というものをよく知っています。だって、私もその一人なんですから。男に期待しすぎてはいけません。


長尾裕

お客様の立場に立って考え、行動する。小倉(昌男)さんの時代から、我々の原理原則はそこにあります。


見城徹

「負ける」と「負けている」は、まったく別のものである。負けたと認めたときに負けとなる。


太田健自

あるとき私に、ケアスタッフ(コールセンターのオペレーター)の一人がこういいました。「お客様とともに泣き、笑うことが自分たちの仕事です」。この言葉こそが当社のコアバリューのひとつである「ケア」を象徴していると思います。


朝倉千恵子

こちらから質問すれば、相手が答えることになります。売れる営業マンはお客様と会話のキャッチボールを続けながら、その本心を聞き出し、少しずつマイナスをプラスに変えていくのです。


三浦雄一郎

僕も病気やけがを抱えています。80歳で3度目のエベレストに登ろうと思った時には大腿骨と骨盤を折りました。エベレストに向けて出発する1か月半前には心臓手術も受けました。あの時に目標がなかったら、今頃は寝たきりでしょう。


小飼弾

文章の上達のために、仕事で求められる文章だけでなく、日々感じたことをツイッターでアウトプットしてもいいでしょう。短い文章でも、書き続ければ、いずれはクリティカルマス(成果が一気に跳ね上がるポイント)に達します。それを信じて、まずはひたすら書き続けることです。