名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大竹伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹伸一のプロフィール

大竹伸一、おおたけ・しんいち。日本の経営者。NTT西日本社長。愛知県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT第二部門長、NTT-ME東京社長、西日本電信電話(NTT西日本)常務取締役、副社長戦略プロジェクト推進本部長などを経て社長に就任。

大竹伸一の名言 一覧

社員に対して「ダイナミックであれ」と呼びかけました。狭い分野に閉じこもるような、単なるエキスパートでは通用しないということを言い添えました。もちろん、エキスパート型の人材が不要になるというわけではなく、「世の中の動きに合わせて、ダイナミックな人材になってほしい」ということです。


我々のミッションとは、人と人とのコミュニケーションを媒介するということです。平たくいえば、人と人とをつなぐことです。


いま日本の企業は当然のように公共心のもとで事業活動を進めていますが、そんな中でも、インフラ企業であるNTTグループの社員は、とりわけ強く公共的な使命(ミッション)を意識しながら行動しなければなりません。このことを大切にしなければいけないと思っています。


チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。


いつの時代にも変わらず必要であるのがチャレンジ精神です。自分の中にひとつの疑問が浮かんだら、一種類の解釈、一種類の回答によって素直に納得するのではなく、さらに重ねて、4度でも5度でも「なぜなんだ?」「なぜなんだ?」と問い続けることが大事です。


平穏な時代であれば、従来の商品・サービスの改良や改善を進めることが優先され、そつなくそれに取り組める人が有用な人材でした。しかしいまは、改良改善では済みません。変化を恐れず、ダイナミックに発想し行動してもらいたいのです。


いまのような転換期にあっては、従来の発想にとらわれるのではなく、自由にどんどんクリエイティブな考えを発揮してもらいたい。それができる人材を、私はダイナミックな人材と呼んでいます。


市場の転換期で必要とされる人材に求められる資質は、「ダイナミックであること」「チャレンジ精神が旺盛であること」「ミッションを大事にすること」の3つです。


我々はいま、転換点に立っています。今後は新しい領域に切り込んでいかないと、NTT西日本といえども十分な利益を確保することができません。必然的に仕事のやり方も変わってくるでしょう。


私たちは新人だけではなく中堅層や管理職層などを対象に、きめ細かな年代別の研修制度を取り入れています。とくに重視しているのが、モチベーションの下がりがちなベテラン層の啓発です。定年までの10年、15年を気概十分に働いてもらいます。トップランナーたちを鍛えることは必要ですが、こうした底上げも大事であると感じています。


かつてなら、必要とされたのはエキスパート人材でした。10年前の変革期にはアナログからデジタルへ、銅線から光ファイバーへと、技術基盤が大きく変化しました。その新しい技術に通暁したエキスパートが重要でした。ところが今回の変革期では、先端の技術は必要であっても、さらにその上に新しいサービスが乗って初めて形になります。エキスパートであるというだけでは、仕事を十分に牽引できない恐れがあります。したがって、ダイナミックであることが大事になります。


大竹伸一の経歴・略歴

大竹伸一、おおたけ・しんいち。日本の経営者。NTT西日本社長。愛知県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT第二部門長、NTT-ME東京社長、西日本電信電話(NTT西日本)常務取締役、副社長戦略プロジェクト推進本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

榊原節子

大切なのはお金を回していくという心持です。お金は生きていて、廻っていないと具合が悪くなるので、いかによい使い方をするか、いかに社会貢献ができるかというお金との成熟した関係を築く必要があるでしょう。その運用によって、世の中も廻っていく。そしてそういう場合ほとんど自分の元にもっと増えて戻ってくるものなのです。


朝倉千恵子

うるさい上司の下には、くだらないミスをする部下は育ちません。そういう上司は嫌われますが、部下は間違いなく育ちます。私は経営者になり、「憧れのお姉さん」をやめたとき、嫌われてもいい、いつか分かればいい、と腹をくくり、覚悟を決めたのです。


吉本隆明

個人個人が当面している、最も大切なことを大切にして生きなさい。


成沢正胡

手帳には、その年に達成したいこと、将来の計画を24項目リストアップしています。そのページを週に1回は見返しています。実行できているかどうかをチェックするとともに、目標を常に意識できるので、今何をすべきかを考えるための羅針盤になります。


長谷川滋利

頭に血が上っていた状態では、いくら弁明してもこじれてしまう。誤解を解くには互いに冷静になること、誤解を受けた側が真摯に言葉を尽くすことが大事。


冨田和成

大半の大富豪は「消費よりも倹約」の精神を持ちつつ、「消費より投資」というマインドをさらに強く持っています。過度な倹約は将来リターンが期待できる支出まで控えてしまう恐れがあるからです。


金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


藤井佐和子

日本人はとくに、自分のことを理解してもらうための「発信」を苦手とする人が多い気がします。言いたいことが上手く伝えられなくて相手の誤解を招いたり、言いたいことを我慢して発信しないために、職場のメンバーからの理解や協力が得られなかったりする人が多いのです。それが積み重なると人間関係がこじれ、仕事に支障が生じることにもなりかねません。


諌山敏明

嫌われたり、怒らせたりした原因をまずは知ること。そして、真摯に受け止め、相手に謝ることです。どうしても原因がわからない場合は、怒っている理由を本人に直接聞いてみるといいですよ。相手があまりにも機嫌を損ねてしまっている場合は、初めのうちは答えてもらえないかもしれませんが、めげずに尋ねていると、相手も折れるものです。


大川隆法

仕事には熱意が大事。「あなたが成功しなかったのは、熱意が足りなかったからだ」ということです。ほとんどこれに尽きるのです。


海老一宏

転職はチャンスでもあるのです。自分のこれまでの経歴を、とにかく思い出せるだけ紙に10枚でも20枚でも書き出します。そうすることで、自分では気づかなかった意外な強みや実績が見えてくる。こんなふうに自分と向き合う機会は、人生でそうそうありません。これを機に、自分の新しい可能性が見つかるかもしれない。


江幡哲也

社会には、10人が10人おかしいと感じていながら、そのままになっていることがたくさんあるじゃないですか。そういう不条理や不合理を見つけて解決策を考えたら、それこそビジネスのネタが尽きることなんてことはありません。なにせ、私のテーマは仕事を通じて「世直し」することですから。