名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大竹伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹伸一のプロフィール

大竹伸一、おおたけ・しんいち。日本の経営者。NTT西日本社長。愛知県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT第二部門長、NTT-ME東京社長、西日本電信電話(NTT西日本)常務取締役、副社長戦略プロジェクト推進本部長などを経て社長に就任。

大竹伸一の名言 一覧

社員に対して「ダイナミックであれ」と呼びかけました。狭い分野に閉じこもるような、単なるエキスパートでは通用しないということを言い添えました。もちろん、エキスパート型の人材が不要になるというわけではなく、「世の中の動きに合わせて、ダイナミックな人材になってほしい」ということです。


我々のミッションとは、人と人とのコミュニケーションを媒介するということです。平たくいえば、人と人とをつなぐことです。


いま日本の企業は当然のように公共心のもとで事業活動を進めていますが、そんな中でも、インフラ企業であるNTTグループの社員は、とりわけ強く公共的な使命(ミッション)を意識しながら行動しなければなりません。このことを大切にしなければいけないと思っています。


チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。


いつの時代にも変わらず必要であるのがチャレンジ精神です。自分の中にひとつの疑問が浮かんだら、一種類の解釈、一種類の回答によって素直に納得するのではなく、さらに重ねて、4度でも5度でも「なぜなんだ?」「なぜなんだ?」と問い続けることが大事です。


平穏な時代であれば、従来の商品・サービスの改良や改善を進めることが優先され、そつなくそれに取り組める人が有用な人材でした。しかしいまは、改良改善では済みません。変化を恐れず、ダイナミックに発想し行動してもらいたいのです。


いまのような転換期にあっては、従来の発想にとらわれるのではなく、自由にどんどんクリエイティブな考えを発揮してもらいたい。それができる人材を、私はダイナミックな人材と呼んでいます。


市場の転換期で必要とされる人材に求められる資質は、「ダイナミックであること」「チャレンジ精神が旺盛であること」「ミッションを大事にすること」の3つです。


我々はいま、転換点に立っています。今後は新しい領域に切り込んでいかないと、NTT西日本といえども十分な利益を確保することができません。必然的に仕事のやり方も変わってくるでしょう。


私たちは新人だけではなく中堅層や管理職層などを対象に、きめ細かな年代別の研修制度を取り入れています。とくに重視しているのが、モチベーションの下がりがちなベテラン層の啓発です。定年までの10年、15年を気概十分に働いてもらいます。トップランナーたちを鍛えることは必要ですが、こうした底上げも大事であると感じています。


かつてなら、必要とされたのはエキスパート人材でした。10年前の変革期にはアナログからデジタルへ、銅線から光ファイバーへと、技術基盤が大きく変化しました。その新しい技術に通暁したエキスパートが重要でした。ところが今回の変革期では、先端の技術は必要であっても、さらにその上に新しいサービスが乗って初めて形になります。エキスパートであるというだけでは、仕事を十分に牽引できない恐れがあります。したがって、ダイナミックであることが大事になります。


大竹伸一の経歴・略歴

大竹伸一、おおたけ・しんいち。日本の経営者。NTT西日本社長。愛知県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT第二部門長、NTT-ME東京社長、西日本電信電話(NTT西日本)常務取締役、副社長戦略プロジェクト推進本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

牛尾治朗

企業の自立と同時に、個人も自立が求められているわけですが、自立には専門的な能力と主役になれる実力を備える必要があります。とはいっても、日本の十人のうち八人は皆と仲良く助け合いながら生活したいと考えているのではないかと思います。少しきつい言葉でいえば、もたれあいながら生きていきたいと。そういう人たちも含めて、今後どうやって人を幸せにしていくか。これは大きな問題だと思います。


佐藤孝幸

「どのテキストが良い」とか「今年はこの問題が出る」といった受験情報をネットでチェックするのも、要領が良いように見えますが、実際は時間のムダづかい。玉石混交の情報に惑わされ、あれこれ迷っている時間があったら、目の前の問題を一間でも解いたほうがよほど有益。


朝倉千恵子

最近は、出資を募ることで自己資金があまりなくても気軽に起業できますが、最初から人を当てにして始めることに私は疑問を持っているんです。自分で苦労して貯めたお金で始めるからこそ、覚悟も据わる。その気概がないなら、商売なんか始めるな、と言いたいんです。


藤岡頼光

コピーしたら絶対に負け。とことん考えてこだわってやることがアイデアの出し方。


中山雅史

自分に甘くするのも自分で、一番厳しくできるのも自分。


澤田道隆

これまでの企業は、売り上げや利益を増やし、利益の一部を寄付するような形で、社会貢献をしてきました。しかし今、ESG(環境・社会・企業統治)を軽視することはリスクになっています。環境問題に対応しない、女性が活躍できない、従業員の健康が守れないなど、ESG対応の遅れは許されない。だから花王はESGにウエートを置いて取り組みます。


吉永泰之

社員みんながコツコツやってくれたことが花開いている。


松下幸之助

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、人に仕事を任せるという場合、原則としては、こういう仕事をやりたいと思っている人にその仕事を任せる、ということがいいのではないかと思います。


長谷部誠

チームへ合流直後、チームメートが、新加入してきた僕を見ていることに気づきました。彼らも、どう僕と接するべきか戸惑っているのかもしれない。だったら僕から動き出さないと、何も始まらないと感じたんです。カタコトのドイツ語でどんどん話しかけた。そうやって、仕事をする場を整えていきました。相手が監督であっても、ドイツでは、まずは会話することが求められているんです。


茂木克己

私はキッコーマンの品質を守るために、毎朝、利き酒ならぬ利き醤油をします。市場に出る商品を自分の目で見、舌で味わうことは製造業に携わる者の責任だと思うからです。庶民の味を守るためには、庶民でなければいけません。社長が雲の上の人になってしまって、社業の最前線が見えなくなったのでは失格です。


山崎将志

残念という人というのは、「非常にもったいない人」だと思うのです。やる気も能力もあるのに、根本的な考え方が間違っているために、せっかくの能力や労力を活かしきれていない。でもそこさえ修正すれば、一気に変わる可能性があります。


真藤恒

造船屋時代にギリシャの船主であるオナシス氏(注:世界的海運王アリストテレス・オナシス)のパーティーで「シントー(真藤)、このパーティ用のヨットも古くなった。造船屋として一生に残るような船を作ってくれ」と言われた。「そんなものを作る気はありません。造船屋として経済発展に寄与する船をつくるのが天職だと思っています。金持ちの遊び道具は御免です」と私は答えた。同席した人は顔色を変えたが、オナシス氏は「わかった。シントーには建造を予定している大型タンカーを頼む」とその場で発注してくれました。オナシス氏はいろいろと言われていますが、優秀な経営者で、それ以来、死ぬまで付き合いました。