名言DB

9429 人 / 110879 名言

大竹一樹の名言

twitter Facebook はてブ

大竹一樹のプロフィール

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

大竹一樹の名言 一覧

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


視聴率という数字を求め過ぎたり、ムリにウケようとして、世間に媚びると大体ダメですよ。それよりも自分たちらしさを出せたらと思っていますね。なんとなく、そんな姿勢でやっていたら、徐々に支持されて、個性が評価をされるようになった。


大竹一樹の経歴・略歴

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

高橋みどり

私が一番大切にしていたのは、流行を追いかけるよりも、「自分がどう感じるか」ということ。たとえば、世間で評判のお店でも、自分で足を運んでみたら、まったくフィロソフィーが伝わってこないということがよくあります。逆に小さな無名のお店でも、しっかりとしたセンスと考え方をもってやっているところもあります。


山本梁介

顧客が一番何を喜ぶかという感動の座標軸を考えます。するとそれは「自分のためにここまで考え、ここまでやってくれるのか」ということだとわかります。これはマニュアルや集団研修では教えられない各人の感性や人間性の部分。そこを磨く「自律型感動人間」の育成に全精力の半分以上を割いてきました。


ダン・ケネディー

努力は報われるという格言には一面の真理がある。私はおおむね勤労の倫理を信じているので、この格言も信じている。この考え方が潜在意識に刷り込まれているので、労せずしていいことがあるとつい罪悪感を覚えてしまう。そこで、幸運は勤勉と品行方正な生活のご褒美だと考えるようにしている。


松本晃(経営者)

私もいまだに、自分の講演のテープ起こしを見て、「あ、またこんな話し方をしているな」と反省しています。自分の話を録音して聞き返しても良いと思いますが、一番良いのは、周囲の人に指摘してもらうことでしょう。すると、自分では気づかなかったクセに気づけます。


ダン・ケネディー

いつだって、売込みによって成功した人たちを もっともうるさく激しく批判するのは、自分では売込みをしようとしない人たちである。


小野裕子(ファイリング・コンサルタント)

書類の片づけは、チームや部署単位で取り組むといいでしょう。キャビネットで書類を共有すると、「紙の節約」「省スペース化」に貢献する。書類の私物化がなくなり、担当者不在の時に、別の担当者が対応しやすいというメリットもあります。


塚越友子(水希)

男の嫉妬をかわすために大切なのは「バカなふりをする能力」です。あくまで「知的なバカ」です。相手に「自分よりできるかも」と思われたら排除されるのですから、自分が有力な地位を得るための準備をする一方で、上司や相手を蹴落とさないように見せる努力をしなくてはなりません。この両立が大切です。


村上憲郎

誰かが失敗することによって、ほかの人の発想が刺激を受ける。そういうことを考えれば、失敗をネガティブに捉える必要はまったくありません。むしろ、失敗を恐れたり、他人の失敗を非難したりするようになると、クリエイティブのモチベーションが一気に下がるので、そちらのほうを注意しています。


宮田昇始

結局、一度目と二度目の事業アイデアは、「人、世の中の課題」から始まっていなかったんです。一度目と二度目は、「こんなのがあったら便利だろうな」という自分の妄想、机上の空論に向かって、「早く新しいサービスを作りたい」という焦りで突っ走ってしまった。そんな考えだから、当然のように失敗しました。


水谷佑毅

企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。