名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大竹一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹一樹のプロフィール

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

大竹一樹の名言 一覧

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


視聴率という数字を求め過ぎたり、ムリにウケようとして、世間に媚びると大体ダメですよ。それよりも自分たちらしさを出せたらと思っていますね。なんとなく、そんな姿勢でやっていたら、徐々に支持されて、個性が評価をされるようになった。


大竹一樹の経歴・略歴

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

もし守れないかもしれないという気持ちが少しでもあるのなら、最初から約束をしない方がいいでしょう。私は12月から3月の間は東北や北海道の講演はすべてお断りしています。搭乗予定だった飛行機が悪天候で飛ばないなどとなったら、主催者や私の話を聞くために集まってくださった人たちに、迷惑をかけてしまうからです。


曽山哲人

多くのベンチャー経営者とお会いする中で、企業に長く勤めていた人が独立して上手くいかないケースがあるのは、独立前までの決断経験が少ないことも一因かもしれないと思うようになりました。会社にいれば多少のトラブルがあっても、既定路線の中で生きられます。会社経営はサラリーマン生活からは想像しえない新しいことや、とんでもないことが起きます。既定路線の中では人間の生臭い決断の経験が不足することもあるため、経営に迷いが生じるのかもしれません。


木川眞

戦略のグランド・デザインが明確ならば、戦力は逐次投入せず、大胆に投じるべき。


高濱正伸

子供が集中できるのは、やはり遊びの中です。周囲の声も音も聞こえないくらいのめり込んでいる状況が一番いい。川遊びに子供を連れていくと、目の色や表情が変わります。親御さんは「うちの子がこんなにいい顔をするなんて」と驚きの声を上げるほどです。外遊びは、基本的にお金がかかりません。近所の公園だって十分です。ダンゴムシが丸まる様子を観察したり、飛んでいる虫を追いかけたり。子供を夢中にさせる要素はいくらでもあります。交通費や時間をかける余裕があるなら、川へ出かけることをお勧めします。川は遊びの素材が無限にあります。水の中にチャプチャプと足を踏み入れるだけでも面白い。ツルツルすべるところを歩けばスリル満点。鉄砲水や増水などに気をつければ、おだやかな天候の日は家族そろって楽しめます。


真山仁

上の世代が挑戦し10回こける姿を見せれば、若い世代はそれが5回で済む。前の世代が困難を体験することで、未来を生きていく人たちが別の道を選べることにつながる。


川合林太郎

ウィルス対策ソフトは保険と同様に思われがちです。しかし、保険は加入していても加入していなくても事故や病気の確率は変わりませんが、ウィルス対策ソフトは導入していないと確実に感染します。これが決定的に違う点です。


細谷英二

私が常に頭の片隅に置いている言葉に「障子を開けて見よ、外は広い」があります。トヨタ創業者、豊田佐吉氏の言葉です。外の世界を知るのは大事です。内部の論理と外部から見たものの間に物差しのズレがあったとき、企業を含め、あらゆる組織の運営が悪くなります。その意味で障子を常に開けて外の風を入れるか、または外を見る必要があります。


トマス・エジソン

私は運なんて信じちゃいない。幸運も不運もだ。たいていの連中は何回か試すと諦めてしまう。だがこの私は狙った結果が出るまでは絶対に諦めない。


五十嵐大介

雰囲気みたいな「空気感」みたいなのが出ればいいと思っているので、きっちりちゃんと正確に描こうとは思ってない。そういうことにとらわれないで、いろんな発想が出てこないかなと考えながらやっています。


吉田たかよし

難しいタスクは、後回しにしがちだけれど、とりあえず着手は早くしたほうがいい。というのも、難解な仕事ほど脳で処理する作業が複雑で、どうやればよいのか答えが見つからない。でも脳は自分で意識していないときも無意識に問題を解決しようとするデフォルト・モード・ネットワークという働きがあります。すぐには終わらないのが難解な仕事。手を付けて行き詰まったらほかのことをすればいい。寝るのもいい。その間に自動的に脳が情報の処理、整理整頓といった複雑な作業をしてくれ、そこからアイデアが生まれるのです。その時間をキープするためにも、やはり早くスタートラインにつく必要がある。


角川歴彦

出版は「隙間」を埋めることが仕事なので、隙間を埋める会社をたくさん作り、各々の会社がいろんな本を出すことが重要。


柳井正

自分のやっていることが間違っているのではないかと、いつも考えるべきです。経営、店舗、商品、人事などについて日頃から根本的に否定していくことです。ずっと自己肯定が続くと、時代とズレていき、ある日、気づいたら手遅れだったということになりかねない。昨年売れた商品が、今年も売れるという保証はない。もちろん、経営の本質的な部分は通用しますが、表面的な方法は変えなければなりません。