名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大竹一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹一樹のプロフィール

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

大竹一樹の名言 一覧

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


視聴率という数字を求め過ぎたり、ムリにウケようとして、世間に媚びると大体ダメですよ。それよりも自分たちらしさを出せたらと思っていますね。なんとなく、そんな姿勢でやっていたら、徐々に支持されて、個性が評価をされるようになった。


大竹一樹の経歴・略歴

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

千本倖生

世の中を変えるには、「波」が来ているときに動かなければなりません。私にとっての第一波が、世界的な通信業界の変化でした。その後、インターネットの波が来たときには、イー・アクセスを創業しました。今は、グリーンエネルギーの波に乗って、レノバを経営しています。


古森重隆

勝利には必ず理由がある。勝つべき手段を作り出せるかが、成功のカギを握る。


孫正義

退却するのがどれほど勇気のいることか。これをやれた男だけが、初めてリーダーとしての資質がある。


高橋英樹(俳優)

物事を勉強し続けなければいけないと思った。自分の中にもっともっと肉付けをしていかなければ、役者としての成長もないと。


小林昌裕

不動産投資を始めるにあたり、ある程度の基礎知識は必要です。最近もあるシェアハウス投資会社が破綻し、多くの人が被害を受けたというニュースが流れました。被害者の方はお気の毒ですが、こうした被害に遭われる方の多くは「業者の言いなり」で、あまり学習していないというのが私の印象です。逆に言えば、ある程度の知識を身につけておけば、こうしたリスクを回避することは十分に可能です。


古森重隆

困難を乗り越えるたびに社員はより一層良い表情になり、会社の質も高まる。


奥田碩

私は2000年から2010年というのは一つの節目になるだろうと考えていますが、この10年で日本社会が大きく変わるとすれば、もはやその4年目か5年目にきている。そういう風に理解した方がいい。それが達成された暁には、経済成長率が2.3%に戻り、失業率は3%ぐらいに落ちるという強い日本が戻ってくるに違いない。


綾小路翔

メーンディッシュに憧れたこともあった氣志團だけれど、今はどんな素材とも相性がよく、数多くの調理法がある「ニンニク」でいようと。人生、誰しも上ばかり向いてはいられないけど、下を向いたらいつだって俺たちがいる。辛いことや嫌なことがあったら氣志團のライブに行こう、そう思ってもらえたら最高です。


宮内義彦

良い職場というのは甘い職場という意味ではなく、切磋琢磨しながら自分も伸びていけるところ。


井川幸広

一人の天才のアイデアは組織になると埋没してしまいますが、世の中に一人のアイデアが浸透すれば、もっと豊かになると思います。個人の持っている才能をいかに見出して世の中に広めるか、または社会に貢献させるかという役割を当社は成し遂げたい。


古森重隆

上司がいくら指導しても部下の力が伸びないのは、本人の自覚のなさに起因することが多い。「自分はこのままではいけない」「何かを変えなければならない」という自覚があって初めて上司の指導が生きてきます。部下の成長は本人の自覚7割、指導3割といったところでしょう。


青木仁志

当社では「セルフカウンセリング」を徹底して実施しています。「私にとって一番大切なものは何か」「私が本当に求めているものは何か」「それを手に入れるために、私は今何をしているのか」「その行動は、本当に効果的か」「もっといい方法はないか」など。要は、みずからの内発的動機を呼び起こし、それに改めて気づくきっかけとなるような自問自答を、毎朝、社員全員で励行し、内的コントロールを深めているのです。しかも、「主語」を変えながら。それが当社の「セルフカウンセリング」のキモでしょう。つまり、「私」を「お客様」「経営者」「上司」などと置き換え、「お客様が本当に求めているものは何か」「経営者にとって本当に大切なものは何か」と、自分自身に問いかけていきます。そうすることで、「私」の自己実現が単なる自己満足に矮小化されないよう、企業の発展と個々人の自己実現を絶えずすり合わせているのです。