名言DB

9412 人 / 110637 名言

大竹一樹の名言

twitter Facebook はてブ

大竹一樹のプロフィール

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

大竹一樹の名言 一覧

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


視聴率という数字を求め過ぎたり、ムリにウケようとして、世間に媚びると大体ダメですよ。それよりも自分たちらしさを出せたらと思っていますね。なんとなく、そんな姿勢でやっていたら、徐々に支持されて、個性が評価をされるようになった。


大竹一樹の経歴・略歴

大竹一樹、おおたけ・かずき。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

倉益幸弘

互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


井原裕(精神科医)

寝つきをよくするためにお酒を飲む人がいますが、アルコールは睡眠の質を悪くします。「寝酒をするとよく眠れる」と感じるのは勘違い。アルコールの影響による一時的な意識低下は、睡眠とは別物です。脳波を測定すると、深い睡眠(ノンレム睡眠)が十分に取れないことがわかります。アルコールの影響が抜けたところで目が覚めてしまうのも寝酒のデメリットです。


今井繁之

問題解決のプロセスに沿った質問をするうえで難しいのが、「相手の答えを待つ」ことです。答えが出てこなかったり、自分が考えていた答えと違うからといって、否定したり、こちらから答えを出してしまうと、思考停止に陥り、部下は育ちません。答えが出てこない場合には、新たに質問を投げかけて考えさせます。


水田正道

外国の人に言われて、ビックリしたのですが、「日本人はAIやデジタル化社会になると自分の仕事がなくなるとかネガティブな反応をするけれど、水田さんは休みをどの位取っていますか? AIに仕事をやらせて夏休みを1か月取ればいいのに」と言われたんです(笑)。つまりAI、ロボット化をポジティブに捉えるべきだと。そう言われると、確かにそうだなと。


田中靖浩

数字や会計に苦手意識を持っているビジネスマンは多くいます。いつまでも苦手のままでいるのは、会計を勉強するときのゴールが見えていないからです。一言で会計といっても、人それぞれ立場によって必要な知識は異なります。自分の仕事とつなげてゴールを考えることが大切です。


岡田斗司夫

企画を立てるのが下手な人は一番よい企画へいきなりたどりつこうとしますが、良い企画はたくさん数を出す中から生まれるものです。頭のいい人は最高の企画をポンと出してくるように見えますが、彼らは頭の中で考えて考えて考え抜いた企画の中からたったひとつをチョイスしているのです。


近藤太香巳

事業の強みを作る上で重要なのは、自社ならではのキラーカードを持つこと。他社が持っていない独自性があるからこそ、顧客に必要とされる。


岩田松雄

限界以上の業務を抱えて、期限が迫ってくるなかでものすごい負荷がかかる。そんなときこそ本質を見抜く力、つまり仕事の勘を養いやすい。限られた時間で多くの仕事をこなさなければいけないときには、何が大切かを見極めなければ仕事が終わらないわけですから。


西和彦

これだけ様々な経験をしてくると、本当に人の価値観は多様だなと思います。批判を恐れずに言えば、周囲を気にするより、自分が本当に楽しめることだけを考えて生きた方がいい。


大島征夫

プレゼンでは小手先のテクニックを離れ、心からの誠意を伝えることも大事です。準備のための数か月は、その誠意を醸成するまでの期間だということもできるでしょう。私の場合は、まず依頼主である企業や商品をとことん好きになるところから始めます。「好きになる」ことで、その会社が発信すべきポイントや、解決すべき課題は何なのかが見えてきます。そのうえで宣伝の具体論を導き出していくのです。


武藤真祐

いくつかの挫折体験は、私の胸に「自分の座標軸を持たなくてはダメだ」ということを叩き込みました。自分の価値観を他所に任せるのではなくて、努力し続けることによって、本当の自信を積み重ねていこう。そしてブレることのない自分のアイデンティティーを確立しようと強く思いました。


植木義晴

パイロットは自然を相手にする仕事で、中でも最もフライトに影響するのが風です。そして、風と闘うパイロットは、良いフライトはできない。風に抵抗せず、その中で漂いながら、上手に軌道修正していけるのが優秀なパイロットです。こうした素直さこそ、変化の激しいビジネスの世界を生き抜くためにも必要なことだと、今は確信しています。


吉川良三

我々がよく使う「危機感」と「危機意識」とは大きく異なる。危機感というのは、状況に対して不安を感じ、そのような状態を「いつまで我慢すればいいか」と考えるレベル。一方、危機意識というのは「自分は生き残れるか」と身の危険を感じるレベルである。だから危険を回避するための対策を必死で考えるのである。


野路國夫(野路国夫)

会社の構造を変えるには、前後の工程のつながりを変えていかないと。そのためにはときに他の工程への「出しゃばり」も必要。


玉塚元一

コンサルタントとして会社を数多く見てわかったのは“会社は簡単に潰れる”ということ。業績が悪い会社は、商売の原理原則から完璧にズレていた。組織はあっという間に崩壊し、会社は潰れる。怖さを痛感した。