名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大竹のり子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹のり子のプロフィール

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

大竹のり子の名言 一覧

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。


これまで多くの家計を見てきたなかで一番お金が貯まるのは、夫婦で家計の財布を一つにし、お互いお小遣い制にするカップル。逆に一番貯まりにくいのが、財布を別にし、互いの支出額や貯蓄額が分からないパターン。


ご注意いただきたいのが、「全部平均でいくと破綻する」ということ。たとえば同じくらいの年収の知り合いを見ると、ある人は6千万円のマンションを買っている。ある人は私立の中学に子供2人を行かせている。ある人はプリウスに乗っている。そこで、「同じくらいの年収だから」と高級マンション、私立中学、プリウスを全部真似すると、家計は破綻します。彼らはきっと、使うところには使うけれど、お金をかけないところは絞っているのです。どこにお金をかけて、どこを締めるか。あるところにお金をかけたら他は我慢する、というトレードオフを意識することが大切です。


「割り算」で必要な経費を割り出し、毎月一定額を貯めていく、というのがライフプランの基本です。


気をつけてほしいのが「奨学金」です。社会人になれば簡単に返せると思いがちですが、家計診断をしていると、奨学金の返済が苦しくて転職がうまくいかない、婚期が遅れる、マイホームが買えないという人が結構多いのです。中学高校時代にお金をかけすぎて大学進学のために奨学金を借りるということは避けたいところです。


「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。


人は始めたことを途中でやめたらもったいないと感じるもの。経済学でいうサンクコストという考え方です。中学受験などがまさにそうで、最初は「試しに塾に行かせてみるか」だったのが、「塾に行かせたからには受験しないともったいない」「第一志望に落ちても私立に入れないともったいない」となって、どんどん出費がかさんでいくのです。そうしたワナに陥らないようにしてください。


円高・株安の今こそ初心者が投資を始める絶好のチャンス。安い時に買って高い時に売るのが投資の鉄則。すでに投資を始めている人にとっては辛い状況ですが、これから始める人にとってはおいしい時期。


すべての資金を日本株へ投資して軒並み下落、といった失敗は多い。リスク分散のために、例えば日本株、外国株、外国債券など、最低3つの投資先に分けましょう。


「なんとなく話題だから」という理由でよく調べぬまま金融商品を買うと失敗しやすい。勢いで買わずによく調べること。世間のウワサに流されないように。


「いきなり大金をつぎ込んで、失敗して大ダメージ」という初心者は多い。投資は慣れと経験がすごく大事。最初は少額から始めて、徐々に額を増やしましょう。


同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。


大竹のり子の経歴・略歴

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

他の記事も読んでみる

永井孝尚

仕事のスタイルを変えたところ、生産性は6倍に上がりました。朝シフトに変えたんです。それまで残業自慢でしたが(笑)。まず満員電車に乗らないぶん、疲れない。また朝は社内が静かなので、午後や夜とは集中力が違います。


大久保尚武(積水化学工業)

最近はインターネットで世界中のあらゆる情報が簡単に入手できてしまうので、つい情報に振り回されてしまいがちです。でも強い集団にするには、毎日のひとつひとつの仕事で5cm先に進むことを徹底した方がいい。外部環境や競合他社より、内部に目を向け、磨き上げる。それこそが勝利への最短ルートと言えるでしょう。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

今日では世の中の動きがあまりに早すぎて、できないという言葉はそれを為す人によって中断される。


藻谷浩介

憶えてばかりいないで、考えて欲しい。


菊原智明

営業における数字には、商談や会話の説得力を高めるメリットがありますが、ただ数字を出せばいいかというとそうではありません。「相手にとって意味があり、理解できる数字」であることが重要です。


亀井智英

取り扱い商品が約3万種類あって、オリジナルは一部です。オリジナルはリスクが高いので積極的にできないところがある。いまは受注してから発注するモデルや、クラウドファンディング型で注文が集まったら商品化するモデルが中心です。


新浪剛史

経営者の仕事とは、同じ失敗を繰り返さないことです。失敗を体験した際には、それを経験に替え、さらに知見へと昇華させる。そのための視座を養うことです。ときに経営者は非常な決断を迫られます。そのとき歴史の学びは冷静な判断の助けとなります。


堀田力

使命感というと、自分が果たさなくてはならない義務や責任、あるいは与えられた任務のようなイメージもありますが、本当に大事なのは、自発的な想いや志を持って、楽しんでやることではないかと思います。


大橋博(教育者)

志のない人は未来を自分で切り開いていくことはできない。どんな仕事に就こうとも、人から与えられた仕事だけをこなしていくだけの人になってしまう。


田中節三

普通のバナナは、収穫できるまでに約1年半かかりますが、このバナナは2倍の速さで成長し、9か月で収穫できる。秘密はバナナに人工的な「氷河期」を体験させ、本来の「育つ力」を最大限に引き出しているからなんです。


ジェイ・エイブラハム

自分のクライアントのことをリスペクト(尊重)して真摯に理解すること。クライアントの人生がどうすれば最高のものになるかを予見してあげること。自分たちがクライアントの理想の実現に貢献できたら、クライアントは自分たちのファンになってくれるはずです。


メンタリストDaiGo

儲け話に騙されない方法は2つ。1つは「なぜ、儲け話を相手が自分にもってくるのか?」と自問自答すること。気持ちを冷静に、情報の真偽を見抜くのに役立ちます。確実に儲かる話なら、なぜ、自分のお金でやらずに他人にすすめるのか。それは儲かっていないからです。もう1つの方法は、儲け話の場に第三者を連れて行くこと。特に女性は表情を読む能力に優れているので、怪しい人物を直感的に察知してくれます。