名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大竹のり子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大竹のり子のプロフィール

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

大竹のり子の名言 一覧

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。


これまで多くの家計を見てきたなかで一番お金が貯まるのは、夫婦で家計の財布を一つにし、お互いお小遣い制にするカップル。逆に一番貯まりにくいのが、財布を別にし、互いの支出額や貯蓄額が分からないパターン。


ご注意いただきたいのが、「全部平均でいくと破綻する」ということ。たとえば同じくらいの年収の知り合いを見ると、ある人は6千万円のマンションを買っている。ある人は私立の中学に子供2人を行かせている。ある人はプリウスに乗っている。そこで、「同じくらいの年収だから」と高級マンション、私立中学、プリウスを全部真似すると、家計は破綻します。彼らはきっと、使うところには使うけれど、お金をかけないところは絞っているのです。どこにお金をかけて、どこを締めるか。あるところにお金をかけたら他は我慢する、というトレードオフを意識することが大切です。


「割り算」で必要な経費を割り出し、毎月一定額を貯めていく、というのがライフプランの基本です。


気をつけてほしいのが「奨学金」です。社会人になれば簡単に返せると思いがちですが、家計診断をしていると、奨学金の返済が苦しくて転職がうまくいかない、婚期が遅れる、マイホームが買えないという人が結構多いのです。中学高校時代にお金をかけすぎて大学進学のために奨学金を借りるということは避けたいところです。


「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。


人は始めたことを途中でやめたらもったいないと感じるもの。経済学でいうサンクコストという考え方です。中学受験などがまさにそうで、最初は「試しに塾に行かせてみるか」だったのが、「塾に行かせたからには受験しないともったいない」「第一志望に落ちても私立に入れないともったいない」となって、どんどん出費がかさんでいくのです。そうしたワナに陥らないようにしてください。


円高・株安の今こそ初心者が投資を始める絶好のチャンス。安い時に買って高い時に売るのが投資の鉄則。すでに投資を始めている人にとっては辛い状況ですが、これから始める人にとってはおいしい時期。


すべての資金を日本株へ投資して軒並み下落、といった失敗は多い。リスク分散のために、例えば日本株、外国株、外国債券など、最低3つの投資先に分けましょう。


「なんとなく話題だから」という理由でよく調べぬまま金融商品を買うと失敗しやすい。勢いで買わずによく調べること。世間のウワサに流されないように。


「いきなり大金をつぎ込んで、失敗して大ダメージ」という初心者は多い。投資は慣れと経験がすごく大事。最初は少額から始めて、徐々に額を増やしましょう。


同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。


大竹のり子の経歴・略歴

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

他の記事も読んでみる

常盤文克

いま、起きているのはビジネスモデルの競争だと思います。いかにいいビジネスモデルを自ら創りだして、そこで生きていくかが優劣を分けます。伸びている企業はそれぞれ優れた個性があり、その個性から創りだされるビジネスモデルがあります。画一的ではなく、多様です。


ジャック・マー(馬雲)

ミッションを浸透させることは非常に難しいのですが、それにチャレンジすることは楽しいものです。まずは私が自ら率先することが重要です。2番目はビジョンを制度上で保証していくこと、3番目は言い続け、やり続けることです。この3つのことは徹底的にやらねばならない。


遠藤章造

僕は40代になるまでずっと「自分がしっかりせなあかん。周りに目配りして、バランスを考えて」ってなりすぎていたと思っているんですよ。今後は、もっと自分を出していきたい。ええかっこするのはやめようという感覚。そういう意味では、離婚してプライベートもむき出しになったのが良かったと思う。全部伏せて、隠してとやっていたら、ええかっこしいのままやっただろうし。自分が悪かったです、いたらなかったですと正直に言ったら、助けてくれる人もいましたから。その結果、今があるので。


ジェリー・ヤン

英語教師の母に英語を教え込まれ、十二歳の時に買ってくれたパソコンが、今の自分につながった。母には感謝している。


西田宗千佳

ツイッターで相手をフォローする際は、その人の「人となり」より、「発信する情報」に魅力を感じてそうする、という場合が多いと思います。すると当然、家電の情報を発信する人には、家電に興味のあるフォロワーがつき、釣りのことを発信する人には釣り好きなフォロワーが集まります。ここで私が思うのは、同じ情報を求める人は、行動特性や思考まで似ているのではないか、ということです。


国部毅(國部毅)

自分自身の「聞く力」にも気をつけています。悪い話を上げてこいと言っておいて、誰かが実際に上げてきた時に、話の最初の段階で「けしからん」などと言ってしまったら、その部下は二度と来ませんから。


藤田大輔希

自分は子供の頃からプロを目指して野球をやってきて、新卒でベースボール・マガジン社に入社しました。最近になって、当時の思いがふと蘇るときがあります。自分の原点は「スポーツに関わることで、スポーツを通じて世の中の人たちに夢や希望を与えたい」という思いです。そこで、新たにスポーツビジネスへ挑戦したいと考えるようになりました。今までにないスポーツのインターネットメディアをつくりたいと、切にそう思っています。


守屋洋

勝算のない戦いはするな、戦いを始めるなら、これなら勝てるという見通しをしっかり立ててからやれと孫子は言う。では、どの程度の勝算があればよいのか。勝算ゼロ、話にならない。そんな戦いは何としても避けなければならない。勝算十割、人間のやることだから、もともとこれはあり得ない。微妙なのは五分五分である。孫子に言わせれば、これは博打なのだ。当然、博打はするなということになる。


竹中直人

楽しい時間は長くは続かないように、良かれ悪しかれ、いまの状況はずっと続くものではありません。


森田直行(経営者)

部門別に数字が出ていれば、社員たちも問題点に気づきやすいし、対処も容易だ。


佐々淳行

人を大切にすることの要諦は、当たり前のことですが、顔と名前を覚えることです。警視庁外事課第1係長に就任した時には、人事記録を取り寄せ、学生が英単語を覚えるように、105人いた部下全員の名前を配属から2日間で覚えました。「そこの若いの」と呼ぶのと、「山田」と呼ぶのとでは大違いですから。


吉田忠裕

ダイバーシティは当社のテーマ。ダイバーシティだから思いがけない発想が出てくる。その発想を取り込むことで組織を活性化させる。