大竹のり子の名言

大竹のり子のプロフィール

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

大竹のり子の名言 一覧

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。

大竹のり子の名言|重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るか

これまで多くの家計を見てきたなかで一番お金が貯まるのは、夫婦で家計の財布を一つにし、お互いお小遣い制にするカップル。逆に一番貯まりにくいのが、財布を別にし、互いの支出額や貯蓄額が分からないパターン。

大竹のり子の名言|お金が貯まる夫婦、貯まらない夫婦の特徴

ご注意いただきたいのが、「全部平均でいくと破綻する」ということ。たとえば同じくらいの年収の知り合いを見ると、ある人は6千万円のマンションを買っている。ある人は私立の中学に子供2人を行かせている。ある人はプリウスに乗っている。そこで、「同じくらいの年収だから」と高級マンション、私立中学、プリウスを全部真似すると、家計は破綻します。彼らはきっと、使うところには使うけれど、お金をかけないところは絞っているのです。どこにお金をかけて、どこを締めるか。あるところにお金をかけたら他は我慢する、というトレードオフを意識することが大切です。

大竹のり子の名言|どこにお金をかけて、どこを締めるかを考えることが大切

「割り算」で必要な経費を割り出し、毎月一定額を貯めていく、というのがライフプランの基本です。

大竹のり子の名言|ライフプランの基本

気をつけてほしいのが「奨学金」です。社会人になれば簡単に返せると思いがちですが、家計診断をしていると、奨学金の返済が苦しくて転職がうまくいかない、婚期が遅れる、マイホームが買えないという人が結構多いのです。中学高校時代にお金をかけすぎて大学進学のために奨学金を借りるということは避けたいところです。

大竹のり子の名言|奨学金に注意

「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。

大竹のり子の名言|別の方法がないか考えてみることが大切

人は始めたことを途中でやめたらもったいないと感じるもの。経済学でいうサンクコストという考え方です。中学受験などがまさにそうで、最初は「試しに塾に行かせてみるか」だったのが、「塾に行かせたからには受験しないともったいない」「第一志望に落ちても私立に入れないともったいない」となって、どんどん出費がかさんでいくのです。そうしたワナに陥らないようにしてください。

大竹のり子の名言|サンクコストの罠に陥らないことが大切

円高・株安の今こそ初心者が投資を始める絶好のチャンス。安い時に買って高い時に売るのが投資の鉄則。すでに投資を始めている人にとっては辛い状況ですが、これから始める人にとってはおいしい時期。

大竹のり子の名言|株安の今こそ初心者が投資を始める絶好のチャンス

すべての資金を日本株へ投資して軒並み下落、といった失敗は多い。リスク分散のために、例えば日本株、外国株、外国債券など、最低3つの投資先に分けましょう。

大竹のり子の名言|最低3つの投資先に分けましょう

「なんとなく話題だから」という理由でよく調べぬまま金融商品を買うと失敗しやすい。勢いで買わずによく調べること。世間のウワサに流されないように。

大竹のり子の名言|よく調べぬまま金融商品を買うと失敗しやすい

「いきなり大金をつぎ込んで、失敗して大ダメージ」という初心者は多い。投資は慣れと経験がすごく大事。最初は少額から始めて、徐々に額を増やしましょう。

大竹のり子の名言|投資は慣れと経験がすごく大事

同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。

大竹のり子の名言|夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がる

大竹のり子の経歴・略歴

大竹のり子、おおたけ・のりこ。日本のファイナンシャルプランナー。出版社の書籍編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。エフピーウーマンを設立。そのほか金融学習協会理事などを務めた。著書に『超入門 はじめての資産運用』『ゼロからはじめる株入門』『50歳からの手持ち資金の増やし方』『老後に破産しないお金の話』『知りたいことがまるっとわかる! お金の教科書』ほか。

ページの先頭へ