名言DB

9412 人 / 110637 名言

大石昌明の名言

twitter Facebook はてブ

大石昌明のプロフィール

大石昌明、おおいし・まさあき。日本人経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」インドネシア法人社長。福岡県出身。マグロ輸出業で成功後、「博多一幸舎」インドネシア法人の設立に参画。同国で豚骨ラーメンブームを起こした。

大石昌明の名言 一覧

一幸舎が成功したと聞いてから、うちよりも大きな同業チェーンがすぐにインドネシアに進出してきました。長くやるためにはここぞという時に投資をする勇気と、他社との違いを持つことが絶対に必要です。


最大の苦労は事業を真似されたことでした。くやしいけれど、こっちは美味しいものを出して、差をつけるしかない。真似をしている店の味は本物を超えることは出来ないわけですから。


投資金額は大きくなるのですけれど、イケると思ったら、次々と店を出さないと、あっという間に国内外から大手資本が出てきてしまう。時間との競争なんです。


最近、お客さんから言われるんですよ。「この店はちゃんと日本人がやってるの? 毎日、日本人が働いているの?」と。インドネシアの富裕層は日本に何度も旅行しています。博多の一幸舎で食べたからと言って、うちにやってくる。そして「おう、これこれ、日本と同じ味だ」と感想を言って帰っていく。そういうお客さんが徐々に増えてきている。本物志向が高まっているから、「なんちゃって日本食」ではもはや客は呼べません。日本でやるのと同じ味、同じ品質でなくては繁盛店はできません。


店舗の清潔さにも気をつけています。幸い、私は日本向けにキハダマグロ、バチマグロの輸出を長年やってきました。マグロの加工工場ではHACCP(ハサップ、ハザード分析重要管理点)を導入して、食中毒などが起こらないようにちゃんと管理しているので、それを基にしてラーメン店も管理しています。


ラーメンだけでなく、パンなどもすべて内製です。パン職人を雇って、本店の地下で食パンやロールパンを焼いています。こうしておけば日本から大手が参入してきても競争できると思うんですよ。


ラーメンだけでなく、鶏の空揚げ、餃子などのサイドメニューを充実させました。そして、プリン、ケーキ、持ち帰り用に調理パン、菓子パンなども置きました。そうして、客単価を上げたのです。


醤油などは日本から輸入すると、ものすごく高いものになってしまう。それに、輸入品に頼っていると、いつ入ってこなくなるか分からない。ですから、最初からスープと麺の工場を建てました。


客の数は限られると自覚していましたから、とにかく失敗しないよう、いろいろと調査をして、現地の中国系の人たちに何度も試食してもらいました。


私にしてみたらラーメンは初めての仕事ですから、マーケティングと調査に力を入れました。第1号店は調査のための店で、私が暮らしているマンションのフードコートに出しました。メニューも豚骨ラーメンだけに絞り込んで、どれくらい、お客さんが来るかを調べました。数字を把握したら、その店は閉めて、次は1万5000世帯のマンションの中に60席の店を出しました。すると、常時、500人から800人が入る繁盛店になったのです。


大石昌明の経歴・略歴

大石昌明、おおいし・まさあき。日本人経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」インドネシア法人社長。福岡県出身。マグロ輸出業で成功後、「博多一幸舎」インドネシア法人の設立に参画。同国で豚骨ラーメンブームを起こした。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

スポーツ選手なら運動系脳番地が突出して伸びているし、研究者なら知識に関する記憶系脳番地が突出して伸びている。得意なことは何度でも繰り返し経験するので、その特定の経験が特定の脳番地を育てている反対に、人には必ず苦手なことがあるが、それはその脳番地の成長が未熟だからだ。苦手な脳番地は、その脳番地を使うことが少なく、太陽が当たる時間が少ないので、まだ育ちがゆっくりなだけで、日々の生活の中で使うことで次第に伸びてくる。


赤塚保

美味しさの基本は「食材」そのものなのです。いかに質の高い素材を使っているかで、商品の良し悪しの大方は決まります。私はいまでも高品質の食材を求めて全国各地を回っていますが、結局最高のものを追求する姿勢が、のれん=信用につながるのだと思います。


菊入みゆき

椅子に座ったままボーッとして、やる気が出ないときは「今日は、座らない!」と宣言するのもひとつの方法です。座りっぱなしは思考が堂々巡りになりがちです。関連部署に資料を取りに行ったり、取引先にアポをいれたりして、身体の中からモチベーションをアップさせましょう。


村山昇

仕事を進める際中、「ここまで終わりました」「ここでちょっとつまずいています」と上司に報告し、進捗状況を常に知らせておくことも大事なことです。「いちいち報告したら、一人では仕事のできない人間だと思われるのでは?」と心配する人もいますが、それはまったくの勘違いです。部下の仕事の集積=上司の仕事なのですから、上司は内心、部下の仕事の進捗を部下以上に心配しているといえます。


岡田祥吾

3年後ぐらいには起業したいということは(マッキンゼーの)入社の選考でも言ってましたし、入社時に思い描いていたところまでは成長できたと感じました。それ以上に入社する前から起業しようって決めていて、ウズウズしてたんですね(笑)。


高原豪久

新商品を出したりリニューアルをするときは、必ず顧客の未来のニーズを予測することにしています。未来といっても、決して遠い未来ではありません。社内では「明日のニーズ」という言い方をしていますが、これは言い換えれば「明日の不満」です。顧客の「明日の不満」を解決する機能は何かをリサーチするわけです。


中川政七・13代目(中川淳)

ひらめきの大部分は後天的なもの。インプットが重要。


西樹

わざわざ失敗を体験しないまでも、「失敗することもある」という人生の前提は、早いうちに自分の中につくったほうがいい。


小出伸一

利益追求型モデルではなく、社会に貢献するために何をしなければいけないか、本気で議論する時間も設けています。


原田純子(経営者)

あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


柳川範之

スキルとは直接的関係がないような学問をあらためて学ぶことも、スキルアップや将来の仕事に役立つ。


小山田浩定

会社のミッションやビジョンをきちんと伝え、透明性の高い会社であることを分かってもらうのが、相談役である私の一番大事な務め。


元谷芙美子

気の抜けない命懸けの仕事に日々緊張しますが、楽しく、生きているという実感があります。休みはありません。仕事が遊びで、遊びが仕事。境界なんていらないのです。


岩瀬大輔

自分なりに出した答えに胸を張り、子どもたちや孫の世代に語り継げるような仕事がしたい、裏表なく語れる仕事がしたい。


野部剛

商談成功にはお客様との信頼関係が不可欠です。それは主にアプローチとヒアリングの段階で構築しますが、出たとこ勝負では信頼を得ることはできません。確実にお客様との距離を縮め、正しい情報を得るための下支え、つまり綿密な準備こそが大切です。