名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大矢浩二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大矢浩二のプロフィール

大矢浩二。日本の経営者。「ダイスイ設備」社長。

大矢浩二の名言 一覧

無駄を省くという点に関しては、まだまだできることは多く、理想と現実の間には大きな差があります。


同業他社からは「ダボハゼ」といわれるほど、どんなに条件の悪い仕事でもがむしゃらにこなしながら、無駄を省くさまざまなノウハウを蓄積してきました。その結果、現在では金額面や工事期間の面で他社が受けることが困難な案件を手掛けながらも、きちんと利益を上げることができるようになりました。


会社を設立するまでに、発注元と元請け、孫請け間の連絡不足などによってスムーズに作業が進まない、非常に効率の悪い現場をたくさん目の当たりにしました。そうした無駄だらけの現場に不満を感じ、自ら会社経営に乗り出してからはいかに無駄を省いてスムーズな現場作業を実現するか、ということだけを考えてきました。


大矢浩二の経歴・略歴

大矢浩二。日本の経営者。「ダイスイ設備」社長。

他の記事も読んでみる

ムーギー・キム(金武貴)

今の若い世代の仕事に対する考え方も昔とは異なり、仕事を通じて自己実現したいという気持ちがとても強くなっています。天職の基本は、興味もあって、なおかつ市場価値が高いことです。また、成長実感を得られる仕事に対しては前向きに取り組みますし、意欲も長続きします。


上土達哉

新しい機能やサービスを付加していきたい。まずは今のマッチングレベルのさらなる向上に努めます。「LINEバイト」で将来的にやりたいと思っているのは、同一労働同一賃金の実現です。これは私自身の妄想も含めてですが。今の日本の雇用形態は、有期雇用なのか無期雇用なのかとか、フルタイムかパートタイムなのかといった区分け。でも、賃金は提供している価値に対して支払われるべきで、たとえば飲食店での接客では、顧客のグラスが空になっていたら、もう一杯いかがですかと一声掛けることで、客単価が倍になるかも知れません。アパレル店で、パンツとニットを買おうと思って訪れたのに、素敵な装いですねと言葉をかけられたら、追加でジャケットも買ってしまうかもしれません。このようなアルバイト・パートの方なら、時給1千円ではなく1500円や2千円でもいいだろうし、正社員より多く支払ってもいいのかもしれません。アルバイト・パートであっても、時間単価で考えるのではなく、過去の経験やスキルで対価が変わる世界が実現できたら素敵だなと思います。そうなったら労働者が努力する意味もあるし、頑張る理由にもなるでしょう。そのような世の中が実現できれば、日本経済の発展にも寄与できるのではと。そんなサービスを考えていきたいと思っています。


延岡健太郎

客観的な視点から理詰めで考えるエンジニアと、人間の主観的な感性を重んじるデザイナーでは、問題解決の方法が異なるため、共創は容易ではありません。この問題を解消するため、ダイソンでは商品開発に取り組む主要な技術者の多くを、デザインとエンジニアリング両方の教育を受けた「デザインエンジニア」にすることによって、使いやすく見た目もいい商品の開発に成功しています。


松﨑暁(松崎暁)

当社はすべてが自社の企画商品ですから、同じものはマーケットにない。これはやっぱり大きいですね。創設当初は商品判定会というのがあり、外部のデザイナーなどで構成したアドバイザリーボードの方々や堤さんが参加していました。ここで彼らに認められなければ商品として発売できなかった。今も月に1回、アドバイザリーボードのメンバーと意見交換があります。


杉本哲太

振り返って考えてみて、自分に足りていなかったのは、与えられた役に対するアプローチの仕方です。自分が役になりきろうとするあまり、ボタンの掛け違いというか、取り組み方がズレていたんですね。三國(連太郎)さんたちの芝居で、それに気づかされて以降、30代は試行錯誤の連続でした。


中村繁夫

ポイントは「自分のスケジュールをオープンにしておく」こと。そうすれば部下は、「社長はこの時間は空いているな」ということがわかるので、連絡しやすくなる。


後藤卓也(花王)

もし「僕は二年間、マーケティングをやったから、早く商品開発を担当させろ」という社員がいたら、まずは目の前のマーケティングの仕事を地道に頑張って、市場調査のデータをきちんと分析できているか、モニター調査で質問の仕方は適正か、そう自問しながら、地道な仕事をコツコツとこなしていくべきでしょう。そうすれば、上司や関係部署からの信頼も構築され、自ずと「あいつにやらせてみよう」という話になります。


森下篤史

店長は、部下の顔色は良いか、張切っているか、悩んでいる様子はないか、常に気を配り、「やりがい」のある職場づくりを目指せ。24時間部下の事ばかり考えろ。ちょっとした心使いを感謝され、お客からお礼を言われた喜び、自分が仕入れた物が売れた時、陳列を変えてみたら売れた時、嬉しい。テンポスの店では嬉しい事、喜べる事がいっぱいある。それを経験させ、部下と一緒に喜べる人になれ。


石原明

ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。


永守重信

結局、他人の評価なんてあまり気にしないほうがいいということです。気にすると「あれを言ったらいかん、これも言ったらいかん」とガチガチになる。日本人には、自由闊達な物言いが足りないと思います。


宮本武蔵

合戦にしても、四つに組んで張り合い気味になれば、戦いは捗らず、士卒も多く損なうものである。早く戦法を変えて、敵の意表を突いた方法で勝つことが大切である。


佐久間庸和(一条真也)

『礼経(礼儀と経済の)一致』こそが、我が社のビジネス・コンセプトなのです。