名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大畑大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大畑大介のプロフィール

大畑大介、おおはた・だいすけ。日本のラグビー選手。大阪出身。小学生時代からラグビーを開始。京都産業大学ラグビー部で主将として活躍。神戸製鋼コベルコスティーラーズやフランスのモンフェラン・クラブなどでプレー。日本代表選手としても活躍した。著書に『信じる力』『トライ』『不屈の心体 なぜ闘い続けるのか』ほか。

大畑大介の名言 一覧

僕が今までラグビーを続けてきたのは、大勢の人に自分のプレーで感動してもらいたいから。試合は自分のプレーという作品を発表する場だと思っているんですが、感動してもらうには、自分を限界まで追い込んで準備した、最高の作品を見せなきゃいけない。


大畑大介の経歴・略歴

大畑大介、おおはた・だいすけ。日本のラグビー選手。大阪出身。小学生時代からラグビーを開始。京都産業大学ラグビー部で主将として活躍。神戸製鋼コベルコスティーラーズやフランスのモンフェラン・クラブなどでプレー。日本代表選手としても活躍した。著書に『信じる力』『トライ』『不屈の心体 なぜ闘い続けるのか』ほか。

他の記事も読んでみる

酒井眞一郎

私は社長になって、資本主義の厳しさを痛感しました。過酷な資本主義の中では、収益をあげるために人材を過酷に使いますが、それで社員が幸せになれるのでしょうか。また、大企業は優秀な人材を集めて、つまらない仕事も優秀な人にやらせます。これはおかしいという思いもありました。中小企業は大企業のように優秀な人材を潤沢には集められません。社員を会社の中で有効に使い会社が繁栄するとともに、かつ社員が幸せになる道をと考えた制度です。
【覚書き|同社の独自な人事制度について語った言葉】


高萩光紀

私の経験則でいえば、仕事ができる人というのは、多少大雑把でもいいから仕事をとにかく速く仕上げられる人です。最初はミスをしてしまっても、そのうちに要領もつかめてくるようになるものです。


垣内威彦

三菱商事自身が成長していなければ、優秀な人材は満足できずに辞めていくでしょう。だからこそ、三菱商事も成長し続けないといけない。社員と会社が互いに成長を競って勝負をする。そういう緊張関係を作りたい。


小池直己

お勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。


西任暁子(西任白鵠)

商品説明の場で魅力を端的に表現できない、時間配分を考えずに話してしまう、という方も多い。良い商品を作り、それを伝える術を磨くことは両輪の関係。


大坪勇二

一人で1時間ほどファミレスにこもる「一人会議」をおすすめします。最近の目標の進捗状況や目標の変更などを、じっくりと考え直します。この時間を週1回は持たないと、行動効率が悪くなる。冷静に考えるには一人になる時間が必須です。これで大目標や小目標の微調整を繰り返すことで、目標達成が現実になった。面倒に見えますが、このひと手間が明暗をわけます。


大川隆法

自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくるよう心がけることも、「帝王学」の重要な部分。


中島孝志

古今東西、ビジネスで成功している人は、例外なく、人に借りを作ることが上手です。大きな仕事をしようと考えたら、他人の力を借りる能力は欠かせません。それに「借り」を作ることは、自分の可能性を広げる力も秘めているんです。


千本倖生

DDIを立ち上げるというお話をしたとき、松下翁(パナソニック創業者・松下幸之助氏、当時90歳前後)は「やめたらあきまへんで」と言われました。やめたときに、事業は初めて失敗する。この言葉に支えられました。いったん始めたら、どんなにつまらないことであっても、目の前にあることをひとつひとつ確実にやっていくこと。それが、私が諦めることなくやってこられた理由です。


古賀稔彦

僕はよく、柔道家というのは、職人であり芸術家であるという話をするんです。これは、確かな技で見る人に感動を与えるという意味です。


上田準二

世の中が激変していく中、会社は新たな発想をもって変化・進化を遂げていかねば生き残れません。それをやれるだけの土台は作った。いかに目的に向かって会社を走らせていくかは、次の世代がやるべきです。私は自利と利他の世界で会社人生を歩んできました。これからは自己の人生を歩みます。まだ何も決めていませんがね(笑)。


関根福一

日本では企業活動をする上で、目に見えないものをとても大事にしてきた。つまり、他者へのいたわりや倫理観、社会貢献への強い意識、あるいは拝金主義に対する罪悪感などだ。私もかくありたいと思いながら日々を送っている。