名言DB

9412 人 / 110637 名言

大田誠(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

大田誠(経営者)のプロフィール

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

大田誠(経営者)の名言 一覧

私がよく役員に話しているのが、従業員が誇りを持って働けるような会社にしようということ。その意味で、今回の上場は社会に認められた証しでもあり、社員のやり甲斐にもつながったと思う。今後も一人でも多くの障害者が活躍できるような仕組みをつくっていきたい。


テラでがん治療を受ける患者さんと接していくうちに、困っている人を助けたいという気持ちは以前より大きくなりました。特に感じたのは、精神疾患や発達障害を持つ人に対するケアが足りないこと。従来とは違う切り口で困っている人を助けたいと考え、起業しました。


実は昨年初めまで当社の取締役は私一人だったんですが、熊本地震で事業所のスタッフや利用者の方々が被災し、今後のBCP(事業継続計画)という観点で考えたら、上場して会社をもう少しパブリックにする必要があると思いました。また、上場することで会社の信用が上がり、優秀な人材を確保することができる、と。


当社のビジネスは、収入のほとんどを行政からの給付金で得ています。報酬体系は1日いくらという基本報酬に加えて、定着実績に応じて加算される仕組みで、実績がない事業者は黒字化へのハードルが高い。この業界は社会福祉法人を含め、事業所ベースで3100あると言われるが、うち33.8%は一人も就職実績がない。このため、実績やノウハウのある優良事業者が残る仕組みになっていて、真面目な事業者ほどメリットを享受しやすい。


大田誠(経営者)の経歴・略歴

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

他の記事も読んでみる

安藤文男

お客様の方もアバウトな物言いで、「こんな感じのものをつくって」と言うのではなく、具体的に「当社の経営戦略上、イノベートするためにはこういうものが必要だ」という提案があれば、こちらもより具体的なものを一生懸命につくっていくことができます。ですから、この辺はお互いのシステム責任者だけではなく、企画も営業も、場合によってはファイナンスの担当者も入ったチームをつくって、お客様と共により良いものをつくっていくという時代になると思います。


鈴木幸一(経営者)

断る際に大切なのは、「入口」を厳しくすることです。応援したいという思いが最初に言葉や態度に混じっては足元を見られることになります。頼む側はこちらの言葉を自分の都合のいいように解釈しがちだからです。


大木優紀

入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


田中里沙

広告や広報は、人の良いところを見いだして世の中に広く知ってもらうことです。いわば、社会や人を応援していく立場。


猪子寿之

将来、いまよりもずっと、共同的で創造的であることが重要になっていく。


鵜浦博夫

近年の海外企業の買収などで拠点やサービスの層は十分に整いました。これだけの厚みを持った企業はないでしょう。米IBMには回線がありません。ベライゾン・コミュニケーションズにはアプリケーションがありません。すべてをやるという意味ではグーグルやアマゾンに近いかもしれませんが、これから彼らと戦えるかというと難しいでしょう。ただ、消費者にこういうサービスを提供しようとする企業には入り込めるし、その市場の成長性は非常に高い。


冨田和成

大富豪は効率より効果を重んじます。職務スキルを選択する時のコツは、この最終的な「効果」から逆算することです。例えば語学についていえば、自分が外国語を学ぶより、通訳を1人雇う方が早い場合もある、ということ。


遠山敦子

考え抜いている間にひらめく瞬間がある。そして直ちに専門家などと相談しながら解決までの戦略を描くのです。


三宅裕之

現状の自分の英語力を把握しておくことも忘れてはいけません。とくにスピーキングは成長が実感しにくいですから、段階ごとに自分の会話を録音しておくことをお勧めします。自分では成長していないと思っていても、半年後に聴いてみると、意外に上達していることに気づくでしょう。


石川朋之

今は弱い自分が出てきている。それに打ち勝ち、今の状況を脱するためには、その場でもう一度トライするしかない。
【覚え書き|大事故後、つらいリハビリに耐え現役復帰を目指した理由について語った言葉】


伊井哲朗

ネットサーフィンをして共感できそうな人のサイトにコメントを書き込むことを習慣にしてきました。意気投合すれば、直接会います。その結果、今回の創業メンバーとも出会えたんです。金融系のベンチャーは初期投資が大きいので、1人では起業が難しかったでしょう。


加護野忠男

集中というハイリスク戦略をとるときは、どのような備えが必要かという問題を考えることである。その重要な手段となっているのは、きわめて正確な収益管理で、村田製作所や京セラなどの京都のベンチャー企業は、集中によって伸びてきたが、足元の利益管理をきっちりと行っていることでも有名である。


桐山一憲

ワークライフバランスを実現するだけでなく、全体の効率化を図るためにコストをかけて情報システムを導入した企業は、たくさんあるだろう。しかし、そうした制度や設備が整っていても、同僚たちに遠慮して実際にはなかなか使われていないといった話をよく耳にする。仕組みはあっても、周りの空気に配慮して使えない。例えば、時短勤務を利用している人が社外から会議に参加しようとした時に、チームのほかのメンバーの雰囲気がそれを許さないようでは全く意味がない。社員のフラストレーションになるし、かけたコストも無駄になる。


寺田和正

サマンサタバサを最初に立ち上げるときも、「日本発の日本ブランドなんて不可能だ」と言われ続けました。だからこそ、そこにビジネスチャンスがあると思ったんです。ビヨンセをモデルに起用することも、「素晴らしいアイデアだけど、難しそう」なんていわれると、「絶対実現したいな」って思いました。


内田恒二

成長途上のベンチャー企業などではトップ自ら遅くまで仕事をする姿が見られるが、私の場合、報告や決裁などは就業時間内に収まるよう求めている。もちろん長い時間を要する仕事もある。かける時間とかけない時間のけじめが大切で、これはトップが率先してやるべきだ。