名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大田誠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大田誠(経営者)のプロフィール

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

大田誠(経営者)の名言 一覧

私がよく役員に話しているのが、従業員が誇りを持って働けるような会社にしようということ。その意味で、今回の上場は社会に認められた証しでもあり、社員のやり甲斐にもつながったと思う。今後も一人でも多くの障害者が活躍できるような仕組みをつくっていきたい。


テラでがん治療を受ける患者さんと接していくうちに、困っている人を助けたいという気持ちは以前より大きくなりました。特に感じたのは、精神疾患や発達障害を持つ人に対するケアが足りないこと。従来とは違う切り口で困っている人を助けたいと考え、起業しました。


実は昨年初めまで当社の取締役は私一人だったんですが、熊本地震で事業所のスタッフや利用者の方々が被災し、今後のBCP(事業継続計画)という観点で考えたら、上場して会社をもう少しパブリックにする必要があると思いました。また、上場することで会社の信用が上がり、優秀な人材を確保することができる、と。


当社のビジネスは、収入のほとんどを行政からの給付金で得ています。報酬体系は1日いくらという基本報酬に加えて、定着実績に応じて加算される仕組みで、実績がない事業者は黒字化へのハードルが高い。この業界は社会福祉法人を含め、事業所ベースで3100あると言われるが、うち33.8%は一人も就職実績がない。このため、実績やノウハウのある優良事業者が残る仕組みになっていて、真面目な事業者ほどメリットを享受しやすい。


大田誠(経営者)の経歴・略歴

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

外食産業はIT産業より動きが早いと言ったら、意外に思われるかもしれません。しかし、実際その通りなのです。だから怖い。IT業界ではユーザーが買い換えるのは数年に一度。だから、よそを向いている間に一瞬で世の中が変わってしまうということはありません。その点、外食業界では、お客さんは数秒で「これ食べよう」と決めます。マクドナルドの年間のお客さんは14億人。これだけの人々が数秒で選択し続けているのです。何かひとつ間違えれば、あっという間に変わってしまいます。


御手洗冨士夫

いつの時代でも企業にとって大切なことはイノベーションに尽きる。イノベーションによって新しい価値を生み、新たな産業を創り、雇用を増やし、国家財政を豊かにしていくことに貢献していくべき。


三木谷浩史

歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントはあるのに、先入観や固定観念に左右されてなかなかそこからは学べないのが人間というもののようだ。けれど、その盲点がビジネスをする人間にとってはチャンスでもあるわけだ。誰も気がついていないからこそ、アイデアの源泉になり得る。


小杉俊哉

仕事を細かい作業に分解すれば、頑張ればできる量なのかが見極められます。分解すると、そのそれぞれの作業の難易度と優先順位もわかり、やる気が出やすくなります。


井上裕之

お金を稼ぐのは悪と考え、抵抗感を持つ人が少なくない。それではお金は集まってこない。お金は労働に対する対価。いい仕事をしたという評価です。お金を軽蔑するのではなく、尊敬するのが正しい姿勢。私は、お金にはモノを買うこと以上の力が秘められている、と考えています。


角川春樹

まず売ることだ。文化は後からついてくる。


菅原健介

大人になって振る舞うためには、こちらのほうに精神的な余裕が必要です。そもそも、隣席の貧乏ゆすりが気になるということは、よほどの物音が立っているのでもないかぎり、細かいことが気になってしまうほど、あなた自身に余裕がないからではありませんか。貧乏ゆすりをする人がいる。それを許せない人がいる。職場全体が忙しく、働く人みんなの心にゆとりがないのかもしれません。


松村真宏

新しく考案した仕掛けを検証する際、最終結果だけでなく途中経過も行動観察している。どの段階で離脱してしまったのかを分析して、より良い仕掛けへと改善できるからだ。


熊谷正寿

絶対に夢を諦めない信念が必要だ。失敗は諦めた時に初めて失敗になる。諦めなければ、夢に向かって努力し続けている最中といえる。


周防正行

好きなようにつくるといっても、「どうしたら、一人でも多くのお客さんに伝わるのか、同じ思いを共有してもらえるのか」という部分には徹底的にこだわって、自分をいじめ抜きます。昔から僕が目指しているのは、「1年に100本映画を観る人にも、1本しか観ない人にも満足してもらえる映画にする」ことです。


太田彩子

多くの営業が苦戦を強いられているなかでも、好成績を上げている営業も数多くいます。そんな彼らに共通して見られる特徴は、キャンセルが出てもすぐに代替案を出せる柔軟性、そしてお客様と協力し合って新たなアイデアを出そうとする伴走型の営業スタイルです。「一緒に頑張ろう」という姿勢を持つ営業が、強さを発揮しています。


小田禎彦

顧客とは飽きてくるものです。昔から繁昌する旅館とは槌音高く、いつもトンチンカンと大工さんが入っている。これが活気を呼び、楽しみとなって膨張、拡大してきたわけです。お客様を飽きさせない要素として、お客のニーズに合わせてどんどんその時代のものを先取りしてきたのが加賀屋です。