名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大田誠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大田誠(経営者)のプロフィール

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

大田誠(経営者)の名言 一覧

私がよく役員に話しているのが、従業員が誇りを持って働けるような会社にしようということ。その意味で、今回の上場は社会に認められた証しでもあり、社員のやり甲斐にもつながったと思う。今後も一人でも多くの障害者が活躍できるような仕組みをつくっていきたい。


テラでがん治療を受ける患者さんと接していくうちに、困っている人を助けたいという気持ちは以前より大きくなりました。特に感じたのは、精神疾患や発達障害を持つ人に対するケアが足りないこと。従来とは違う切り口で困っている人を助けたいと考え、起業しました。


実は昨年初めまで当社の取締役は私一人だったんですが、熊本地震で事業所のスタッフや利用者の方々が被災し、今後のBCP(事業継続計画)という観点で考えたら、上場して会社をもう少しパブリックにする必要があると思いました。また、上場することで会社の信用が上がり、優秀な人材を確保することができる、と。


当社のビジネスは、収入のほとんどを行政からの給付金で得ています。報酬体系は1日いくらという基本報酬に加えて、定着実績に応じて加算される仕組みで、実績がない事業者は黒字化へのハードルが高い。この業界は社会福祉法人を含め、事業所ベースで3100あると言われるが、うち33.8%は一人も就職実績がない。このため、実績やノウハウのある優良事業者が残る仕組みになっていて、真面目な事業者ほどメリットを享受しやすい。


大田誠(経営者)の経歴・略歴

大田誠、おおた・まこと。日本の経営者。精神障害者就労支援サービスの「ウェルビー」社長。東京都出身。大学卒業後、武蔵野銀行、TAC、バイオベンチャー「テラ」取締役管理部長・副社長、バイオメディカ・ソリューション社長などを経てウェルビーを設立。

他の記事も読んでみる

中田浩二(サッカー選手)

最後は自分で決めました。やっぱり夢を夢で終わらせたくなかったし、このチャンスを一度断ったら次がいつくるかわからない。このまま日本で終わっていいのか? という思いもあって、挑戦したい気持ちを大切にして行くことにしました。
【覚え書き|仏オリンピック・マルセイユへの移籍について】


国部毅(國部毅)

環境が変わっても変えてはいけないのが、お客様本位ということです。そのために我々の業務を見直すべきなら見直し、かつ従業員が生き生きと働ける職場にしていきたいですね。


山中伸弥

ノーベル賞を受賞する前は、自宅のある大阪から京都への通勤は電車を使い、移動時間はメールの読み書きや英語の勉強に充てていました。受賞後はクルマでの移動が多くなりましたが、同じようにパソコンで仕事をしています。


大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


宗次徳二

経営の出来不出来は、世の中のせいでも、誰のせいでもない。すべては社長自身の姿勢次第。


村上憲郎

リスクをとること。どんなに小さなことでも構わないので、仕事の上であえてリスクの高い選択肢を選んでみる。可能な限りリスクテイクするという習慣をつけてみることです。とくに会社として新規事業に乗り出すようなチャンスがあれば、積極的に手を挙げてみましょう。リスクをとることをおススメする理由は簡単で、リスクが大きいほどリターンも大きいからです。


津田純嗣

ロボットやインバーターは20年ぐらいかけて世界トップクラスのシェアを獲得しました。時には10年ぐらい赤字になってでも、根気よく続ける覚悟が必要。


香山誠

「中小企業の活性化を我々がやらない限り他に誰がやる」という高い志を持って期待に応えて行きたい。


杉村富生

株で巨万の富を築いた人たちに共通するのは、急落した株を安値で買い、戻り売りで財を成しているということ。


冨山和彦

革新的な技術を基礎とした新産業創出を目指す「イノベーションの担い手」として、大学発ベンチャーへの注目度が近年改めて高まっている。その一方で、「日本の大学にそんな力はない」「日本から世界を席巻するメガベンチャーが生まれるわけがない」という懐疑論も根強い。しかし、東大発ベンチャーの時価総額が1兆円を超え、東大や京大から毎年、数十件の新たなスタートアップ企業が生まれるなど、大きな地殻変動が起きつつあるのも事実だ。私自身、20年近く東大の産学連携を手伝ってきた者として、山が動き出している実感を持っている。


澤田秀雄

ラグーナ蒲郡の再建は、HISの中部営業本部長が手を挙げたので、彼が社長になってやっています。若手が育ったほうがいいですから。


ヘンリー・フォード

今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。