名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大田義実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大田義実のプロフィール

大田義実、おおた・よしみ。日本の経営者。「VAIO」社長。東京出身。一橋大学商学部卒業後、ニチメン(のちの双日)に入社。経営企画部長、常務執行役員、中国総代表、サンテレホン社長、ミヤコ化学社長などを経てVAIO社長に就任。

大田義実の名言 一覧

数は追求しない。収益を重視し、得意なゾーンで戦う。


説明が必要な製品に関しては、それを開発した技術者が、直接、営業活を行うことになる。また、なぜ売れないのか、どんな機能をつければいいのかといったことを技術者が知り、それを次の製品に反映させる役割も担う。


作れば売れるというソニー時代のような大企業のままでいてもらっては困る。収益責任を持つ組織へと移行し、社員1人1人の意識改革にも取り組んでいく。


一番うれしいのは、「この製品も良かったが、次も期待しているよ」と言われること。今回の製品が成功すれば、その次、そしてさらにその次という形で展開していくことができる。この製品だけで終わるのではなく、ビジネスの継続性を重視したい


大田義実の経歴・略歴

大田義実、おおた・よしみ。日本の経営者。「VAIO」社長。東京出身。一橋大学商学部卒業後、ニチメン(のちの双日)に入社。経営企画部長、常務執行役員、中国総代表、サンテレホン社長、ミヤコ化学社長などを経てVAIO社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)

どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


奥島孝康

生徒と教師の間に「こころの共鳴・共振」がなければ、知識は血の通った活きた知識とはならない。


杉浦克典

創業40周年を迎えたのを機に、当時常務だった私は経営理念やビジョンを見直す仕事を任されました。わずかな言葉のニュアンスによって会社の方向性に影響を与えてしまう。プレッシャーを感じましたが、最終的に自分が考え抜いて出した答えに責任を持つという覚悟を学びました。


大山健太郎

朝は私にとって情報収集と運動の時間です。身体を鍛えているからこそ69歳になっても社員と丁々発止のやりとりができるのです。


東国原英夫(そのまんま東)

知事になって僕が県庁の担当の人たちにお願いしているのは「現場主義」と「A4主義」です。現場を知らずにものを考えるな、発想の原点は現場にあるということと、僕の手元に届ける報告は、内容をA4サイズの用紙1、2枚程度にまとめて欲しいということです。要点を絞り込んで簡潔にしても僕にわからないものは、県民の皆さんにもわからないだろうと思うからです。


村上太一

とにかくいまは仕事が楽しくて仕方ない。抱えていた問題をきれいに解決できるビジネスモデルを考えるのが大好きなんです。仕事なら、夜遅くなってもまったく疲れを感じません。


鈴木喬(経営者)

基本方針は、お客様を創造し、維持・拡大していく。エステーはモノなんか作っていません。お客様をつくり、リピーターをつくる。


池田新介

すべては選択の問題。「苦」を後回しにして、「楽」を先に取るという選択の失敗が身を滅ぼす。


山口周

「時代遅れ」をことさら意識したり、新しいものを取り入れようとすればするほど、逆に時代遅れになりかねない。たとえば、書店に並ぶ書籍。「時代遅れにならないもの順」に序列をつけるなら、書かれた年代の古いもの順になるに違いない。日本なら『古事記』『日本書紀』、海外なら『旧約聖書』『新約聖書』や、ローマ軍を率いたカエサルによる『ガリア戦記』などは、「時代遅れ」とは無縁の存在だ。ユリウス・クラウディウス朝時代のローマ帝国の政治家であり、哲学者・詩人でもあるセネカの著作を「時代遅れだよ」という現代人もいないだろう。そうした書物から順に並べていって、一番時代遅れになる書籍はといえば、出版年月が最も新しいものである。


数土文夫(數土文夫)

戦後、日本の経済界はエリートをアメリカにどんどん送ってMBAを取らせました。ところが、そういう人たちは、帰国しても向こうで苦労して勉強してきたことを活かす場所がないものだから、みんな辞めて外資系企業に行ってしまう。そうしたら日本の会社は、どうせ無駄になると社員にMBAを取らせるのをやめてしまった。だから、日本の人材市場には、リーダーシップを発揮できる優秀な人材が不足しているのです。


植木理恵

「明日できることは、明日しなさい」が、心を楽にするルール。


飯塚哲哉

ベンチャーは大企業とは違い、トップの判断ミスが会社に大きなダメージを与えることになります。しかし、リスクとリターンは隣り合わせ。決断しなければ、大きなリターンは得られません。