大田義実の名言

大田義実のプロフィール

大田義実、おおた・よしみ。日本の経営者。「VAIO」社長。東京出身。一橋大学商学部卒業後、ニチメン(のちの双日)に入社。経営企画部長、常務執行役員、中国総代表、サンテレホン社長、ミヤコ化学社長などを経てVAIO社長に就任。

大田義実の名言 一覧

数は追求しない。収益を重視し、得意なゾーンで戦う。


説明が必要な製品に関しては、それを開発した技術者が、直接、営業活を行うことになる。また、なぜ売れないのか、どんな機能をつければいいのかといったことを技術者が知り、それを次の製品に反映させる役割も担う。


作れば売れるというソニー時代のような大企業のままでいてもらっては困る。収益責任を持つ組織へと移行し、社員1人1人の意識改革にも取り組んでいく。


一番うれしいのは、「この製品も良かったが、次も期待しているよ」と言われること。今回の製品が成功すれば、その次、そしてさらにその次という形で展開していくことができる。この製品だけで終わるのではなく、ビジネスの継続性を重視したい


大田義実の経歴・略歴

大田義実、おおた・よしみ。日本の経営者。「VAIO」社長。東京出身。一橋大学商学部卒業後、ニチメン(のちの双日)に入社。経営企画部長、常務執行役員、中国総代表、サンテレホン社長、ミヤコ化学社長などを経てVAIO社長に就任。

他の記事も読んでみる

夏川賀央

毎晩遅くまで残業に精を出している人が真面目だというのは確かですが、それが評価されるかどうかはまた別の話です。いくら忙しいからといって、会社だけに閉じこもっているのは、自ら未来を放棄するのに等しい行為だと私は思います。


伊藤正裕(起業家)

行き先も知らないまま船に乗り、「この方向ではなかった」と気づいたときにはタイムアウトというのでは、後悔してもしきれません。


鍵山秀三郎

私が、社員が苦労しようが売上さえ上がればいいと思っていたら、いまの会社はなかったでしょう。まず社員が卑屈な思いをする会社にはしたくない、こんな取引がいつまでも続くようならばやっている意味がない。そういうところから脱却をしようという強い意志があったから、困難にも耐えることができたのです。


ジャレド・ダイアモンド

「そうするのが当たり前」という発想が障壁になっていないか疑った方がいい。


和地孝

会社が危機に直面していたとしても、社内に危機感があれば危機に立ち向かって乗り越えることができるのですが、そもそも危機感がまったくないということ自体が一番の危機なんです。意外にも社内の人間には危機感がないものなのです。内向きの思考では、なにもかわらない。鎖国状態で組織の内部だけ見ていては、危機感は生まれません。


石田智子

また走りたいという目標があったから、療養中も暗くならずに済んだ。


齋藤勇(齊藤勇)

男性は上下関係に敏感だというのがポイントです。サルなどの群れで生きる動物を見ても、オスは競争社会で優劣が明確になります。その序列によって生殖の機会や食べ物の量が違ってくる。人間も基本的には同じなので、狩猟採集の時代から男性は競争社会を生きて、序列かあったのでしょう。上下関係に敏感なのは、長い年月をかけて培った意識の働きです。


ロス・ペロー

構えて撃ってから狙え。


テリー伊藤

じつはオレ、実家の玉子焼き屋の近くで新ビジネスを始めたんだ。卵を使ったスイーツのお店「つきじ丸武玉子焼きスイーツ」。と言って、オレの会社、ロコモーションの新事業。この不況でうちも売上げが落ちててね、新機軸へ先行投資。とはいえ、いちから工場を作ってじゃ、リスクが大きすぎるので、企業さんと合同でオープン。当然、利益の配分は減ったけど、プロの手を借りてでも、まずは始めることだなと思ったんだ。


樋口武男

いま、当社も社員をどんどん海外へ出していますが、私は、最初の1年間は遊んだらええと思っています。遊ぶというと語弊がありますが、その国の宗教、生活習慣を体で学び、人間関係を築くことが大事。利益のことなど考えずに、まずは暮らしながらマーケット調査すればいいんです。


小嶋淳司

第一次オイルショックの後、原材料がなくなり、ものの価格が高騰しました。その時、大阪の我々の業界では値段を上げざるをえない判断になりましたが、京都で何代も続く料亭は値段を全く変えませんでした。京都の店は、二百年、三百年と続く間にいろいろな変遷があり、大きな変動の中で生き抜いてきたからか、短期的な現象に左右されません。「京都の長期的な視点で生きる力というのは、大阪の我々とはずいぶん違うんだな」という思いで勉強させてもらったことがあります。


山村幸広

よく人から言われるんですが、自分は特別なことをしてきたつもりはありません。スーパー営業マンなんて、本当だったのかな(笑)。
【覚書き|トランスコスモス在籍時代、数多くの成績を残し伝説のスーパー営業マンと呼ばれたことについて語った言葉】


栗原恵

追い込みすぎて呑まれるか、呑まれないか。いつもギリギリのところでやっています。


佐野恵一

本当は、私たちのような旅行サービスを行う会社が、ライバルになるかもしれないけれど、もっと出てくればいい。からだの不自由な人が旅行に行きたいときに行けるような社会になればいいのです。極端な話、私たちの事業が不要になるような社会が理想です。からだの不自由な人がホテルや旅館に予約電話一本入れれば自然と宿泊できるような社会、宿泊施設単独での対応がむずかしければ地域の人が介助を手伝ってくれるような社会です。


法華津孝太

たとえ1%でも安く仕入れれば、それだけ会社が得をする。商売というものはそこまで厳しくやらなければいけないというのが、山地土佐太郎社長の信念であった。計算にうとく、子供のころからあまり苦労しないで育ってきた私には、山地さんのこの実地教育は大変薬になった。
【覚書き|外交官から民間の漁業会社に移った当時を振り返っての発言】


ページの先頭へ