名言DB

9419 人 / 110788 名言

大田弘子の名言

twitter Facebook はてブ

大田弘子のプロフィール

大田弘子、おおた・ひろこ。日本の経済学者、政治家。一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員、大阪大学経済学部助教授、埼玉大学助教授、政策研究大学院大学教授、内閣府参事官、内閣府政策統括官、経済財政政策担当大臣、政策研究大学院大学副学長などを務めた。

大田弘子の名言 一覧

これだけ変化が激しい時代になると、固定は安定を意味せず、逆に不安定につながります。個々の企業や労働者が自ら変化に対応しやすくすることが重要になります。


産性を上げるためには2つの課題があります。1つは、いかにイノベーションが起こりやすい環境をつくるか。もう1つが人材をいかに生かすか。この2つに尽きます。


リーダーだけの危機感ではなく全部の危機感が不可欠。危機感を共有できないと、時間がかかる改革というのはできない。


抵抗がつよいところに踏み込むには、覚悟とエネルギーが必要。


日本全体の7割はサービス産業で生産性が低い。逆にいえばポテンシャルがすごく大きいんです。


変化の中で企業が伸びる社会にするためには、不要な規制をなくし、消費者の選択肢が広がることが必要。規制で栄えた産業はない。


今の日本に重要なのは「固定から移動へ」という発想です。現在は、生産性の低い会社があっても、そのまま存続できるように税制や補助金や規制で守っている。そうではなく、成長分野にヒト・モノ・カネが移動できるようにすることが大事なのです。新陳代謝ですね。日本にも伸びるチャンスはあります。


日本経済は危機感さえ共有すれば、驚くほどの柔軟さと力強さを発揮します。オイルショックのときもそうでしたね。日本はそれで世界一の省エネ技術の国に生まれ変わりました。


政府の成長戦略に書かれた「レギュラトリー・サンドボックス」という手法もポイントになります。砂場で子供が遊ぶように、まずは規制を一時的に停止して自由にやってもらう。もし失敗したら元に戻せばいいという考え方です。イギリスではフィンテックのイノベーションを促すために、この仕組みが活用されました。新しい分野ですから何が障害になるか分からない。どの規制が障害になるのか、どんなルールを新たに使えばいいのか分からないからこそ、まずはサンドボックスでやってみると。これも非常に重要な課題だと思います。


大田弘子の経歴・略歴

大田弘子、おおた・ひろこ。日本の経済学者、政治家。一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員、大阪大学経済学部助教授、埼玉大学助教授、政策研究大学院大学教授、内閣府参事官、内閣府政策統括官、経済財政政策担当大臣、政策研究大学院大学副学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

坂東眞理子

敬語は訓練によって身につけていくしか方法がありません。職場には敬語に詳しい人がいるものです。その人の言葉遣いを真似てみたり、書いたものをチェックしてもらうなど、「人みな、わが師」の気持ちで教えを請うことはとても大切だと思います。


喜多村円

顧客満足を第一に考えるという創業理念は何があっても引き継いでいきます。これは絶対に変わらない。お客さんを大事にする気持ちはTOTOの根幹です。どの時代になっても変わりません。


松沢幸一

職場で無駄話をしましょう。1日30分でもいいから、職場の同僚との直接対話を楽しむのです。無駄話はムダではありません。互いの意思疎通が豊かになり、仲間への思いやりも出てきます。生産性や効率も上がります。ヘタな会議よりずっといい。


佐瀬守男

銀だこスタイルとは、「強い単品力」「幅広い客層」「自社製専用機械」「実演販売」「小スペース低コスト出店」の業態を確立すること。店舗網を築いてブランド化し、川上から川下まで一貫して手掛けています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

機能はすべての商品が持っているものです。それを少し変えたり、加えたりするだけで売れるようになるんです。


ボーヴォワール

人間は誰もが考えている。インテリだけが、それを自慢しているのだ。


佐藤祐輔(経営者)

昼食後に瞑想を取り入れたり、イライラしている時は、第三者の目線で自分を客観視したりすることで精神が安定し、ひらめく環境が整う。常に平常心を大切にしている。


徳岡邦夫

上が新しいことに取り組みはじめると、ほかの従業員からも徐々に新しい提案が出てくるようになりました。これまでは先輩の顔色をうかがい、とにかくミスをしないことだけを考えていた若い社員たちに、「どうすればお客様に喜んでもらえるのか」という意識が芽生えてきたのです。


ゲーテ

なぜこのように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っているからだ。


おおたわ史絵

現代社会に生きていると、身体を動かさなくても生きていけると思いがちですが、人間の身体は使うことで機能を維持するようにできています。疲れない身体をつくるには、まずは人間本来の身体の使い方を思い出し、意識的に身体を動かす生活を始めることが大切だと思います。