名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大田友昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大田友昭のプロフィール

大田友昭、おおた・ともあき。日本の経営者。「城北化学工業」社長。東京都出身。米国サザンメソジスト大学でMBAを取得。大手外資系企業を経て、家業の城北化学工業に入社。二代目社長として同社を成長させた。

大田友昭の名言 一覧

その時代に適した行動をとるためには、客観的に自分を見る目が必要。


人生は100メートル走ではなくマラソン。私は、五里霧中で頑張ってきた中で自分のペースを見つけることができた。


世の中はプラスばかりで成り立つことはあり得ない。ポジティブもネガティブも両方必要。


現代社会の中で長期の予測は難しく、上辺だけの大きな目標を立てても社員はついてこない。


思いもかけない事が起きた時でも、いちいち悩んでいる時間はない。日常の小さな事に、精一杯の努力で一つ一つ取り組んでいく。あまり先の事は考えない方が良い。


父からは経営について何も教わっていませんが、今思えば、それが良かったのかもしれません。


大田友昭の経歴・略歴

大田友昭、おおた・ともあき。日本の経営者。「城北化学工業」社長。東京都出身。米国サザンメソジスト大学でMBAを取得。大手外資系企業を経て、家業の城北化学工業に入社。二代目社長として同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

石井貴士

やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


押井守

趣味は車などというオヤジの実態は、ローンを組んで外車を買ったとか、シートを替えたとか、しょせんその程度のことだろう。本当に車が好きだというなら、ガレージでエンジンから組み立てるぐらいのことをしてはどうだ。車が趣味とか、自分の個性などと主張するなら、せめてその程度には車に没頭してから言うべきだろう。単にカネを出しただけで手に入れたものは趣味とはとても言えないと思う。


古森重隆

社長として、会社を正しい進路へと導かなければいけません。でも、知恵だけで解決できるものではありません。強い意志、それからリーダーシップ、極めて大きな責任を背負わなければいけないという覚悟も必要。


池谷幹男

私は1989年の日経平均3万8915円も経験したが、その後の相場下落の中では手が震えるような思いも味わった。また、ITバブル崩壊の時には、「やはりバブルは崩壊するんだ」と改めて身を持って体験した。常に何かの備えをしておかなければならないと感じた。


宋文洲

自分は仕事が好きだから残業してベストを尽くすのだという反論もあるかもしれません。しかし、乗っている飛行機が墜落しようというときに、残された時間で家族宛の遺書を書く人はいても、会社宛の遺書を書く人はいません。社員は会社を愛してなどいません。経営者も社員の残業が愛社精神によるものではないことを知るべきでしょう。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

最も完全な復讐は、侵略者の真似をせざることなり。


松岡修造

心が弱くなるたびに、何とかこの状況から脱出しようと、坂本龍馬などの偉人伝や、逆境を乗り越えたアスリートの自伝、哲学書などを手に取りました。最も影響を受けたのは、独自の成功哲学を確立した明治生まれの思想家、中村天風先生の本。「この世に生まれたからは、苦しくても下を向いてはいけない。人生を好転させるのは心の持ちようだ」という言葉「絶対積極」に感銘を受け、僕の考え方のベースになりました。ただ感銘を受けるだけでは、何も変わりません。天風先生の言葉にとらわれすぎると、自主性を妨げるような気がしてよくないとも思った。大事なのは、天風先生の言葉を松岡修造風にアレンジし、自分の言葉として体に染み込ませることだと考えました。


澤穂希

私も若い頃は、同い年の選手などに対抗心を持っていました。でも、年齢を重ねるにつれて、ライバルとして競い合うよりも、その人のよいところ、優れたところを、素直に認めて、受け入れることが大切だと思えるように変わってきたのです。私が持っていない能力や感性を認めることができるようになったことで、精神的にも楽になったし、より一層お互いを尊重し合えるようになったと感じています。


大野直竹

視野を広く長くし、同時に今日のことも考えて現場に目をこらす。そうすれば、部下の報告に隠れている真実も見えてくるし、指導者は必ず鍛えられていく。


佐々木かをり

時短や時間管理はゆったりした気持ちを保つためのものなんですよ。予定の詰め方や量は、お好みでどうぞ。要は、自分がハッピーになるように時間をデザインしてください、という話なんです。


岸見一郎

仮に上司がマネジメント能力のない人であっても、それはあくまで上司の問題であって、部下の問題ではありません。上司の態度を言い訳に仕事上の努力を怠っていると、結局損をするのは自分です。


似鳥昭雄

創意工夫とか、改善改革とか、考えるということを習慣化していかないと、社内競争にも勝ち残れない。