名言DB

9413 人 / 110706 名言

大澤道雄の名言

twitter Facebook はてブ

大澤道雄のプロフィール

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

大澤道雄の名言 一覧

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


つらい思いをしたけれど、人の痛みが分かるようになった。人格を形成するうえで非常に大事な1年だった。


私が会社としての一体感にこだわるのは、オンワード商事での経験からです。同社は商事部門と他2社が統合して2007年に誕生しました。09年に社長に就いたのですが、社内が一つになっていないと感じ、人事交流を活発にして、社員には仲間の営業日誌も見るように指示しました。アナログな方法ですが、連帯感が強まりました。


変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


本流である消費者向けアパレル事業とは距離のある経歴の私が、グループの中核企業、オンワード樫山の社長に起用されたのは、「風を起こすこと」を期待されたからだと思います。世の中はここ数年で大きく変わっていますが、アパレル業界はほとんど変わっていません。社長に就任してからの約1年、変化を起こすことを意識して社内の改革を進めてきました。


大澤道雄の経歴・略歴

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

松田伊三雄

のれんは磨いて初めて値打ちが出る。先人たちは、過去を踏まえながらも、絶えず時代を先取りする先見の明を持っていた。


佐々木典士

僕はズボラな性格なので、片づけの仕組みを作ってそれを維持するのは無理です。モノを減らしてしまうことが、整理整頓の最大の近道だと思います。


栗原幹雄

同じ場所を訪れて、同じモノを見ても、そこから何を得るべきかという自分なりの問題意識を持つことは大事でしょう。


井上貴之

モノを売る場合、一番高く買い取ってくれるところに売りたいと考えるのが自然ですが、車は値段がすべてではありません。車の売却は、車両と書類を渡してから現金が振り込まれるまでタイムラグがあり、長いと平気で1週間以上待たされたりします。そのため「その間に店がつぶれたらどうするのか」「事情が変わったため契約をキャンセルしたくなったらどうするのか」「後から営業マンの査定ミスが発覚した場合、減額交渉されることがあるのか」など、売り主は様々な不安を抱えることになります。高く買い取ってくれることももちろん重要ですが、それ以上に「安心感」が求められるのです。


白石達

いまの時代、最終的な結論が出るまで何もしないでいたら、環境の変化、顧客のニーズの変化、技術の進歩などなど、めまぐるしく変化する不確実性の高い時代には、動きながら考え、一度始めたことでも間違っていると思ったら、いつでも変えていいし、止めるのもひとつの選択肢です。とくに現場は生き物ですから、朝と夕方では状況が変わっていることもあります。こうした状況下では朝令暮改も必要です。


理央周

ミスの原因の大半は、「見落とし」や「うっかり忘れ」です。作業の「チェックリスト」をはじめ、第三者も加えた「チェック体制の強化」など、ヌケモレを防ぐ方法を整えるといい。


岡本正善

意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。例えば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と、ミスをする方向にスイッチが入る。そうなると、ミスが起きやすくなる。


冨安徳久

もはやライバルは同業他社にあらず。異業種から学ぶ柔軟性が必要。その源泉となるのは好奇心。


原晋

インターネットの発達で、ある意味で人は時間にルーズになった。スマートフォンのアプリを立ち上げれば、時間はいくらでも湧いて出るように錯覚してしまう。でも、現実の「時」は二度と取り返せない。機械式時計の針は刻一刻と流れていく時間の価値を、私たちに教えてくれる。


澤田貴司

日本企業の場合、トップ人事は前任者の専権事項であるケースが多く、決め手になるのは、はっきり言えば「好き嫌い」である。ほとんどの場合、自分好みの部下を後釜に据えてしまうのが実態なのだ。必ずしもトップとして適任とは思えない人物がトップになってしまう原因は、そこにある。


唐鎌謙二

自分の運を信じることも大切。つらい場面で「僕は運がいい。何とかなるはずだ」と考えると、前向きなアイデアが出やすくなりますし、そのうち支えてくれる人も現れる。


山田真哉

この不況の中、ビジネスマンが優秀な成果を残すのは、非常に難しいことです。しかし見方を変えると、いま成果を挙げられれば、社内で一目置かれることは確実です。ある意味、絶好のチャンスといえるでしょう。


茂木健一郎

トーク・スルー(他人にアイデアを話すことで、そのアイデア洗練させたり新しいアイデアを生み出す方法)のポイントは、生煮えでいいという点です。人に話す前に完ぺきでなければと思う必要はありません。マーケットを把握していなくてもいいのです。とにかくアイデアを人に話すことが重要です。


小沼大地

日本の企業は必死に変わろうとしています。真ん中の層がどう考えているのかわからないところがありますが、経営者はこのままではいけないと危機感を持っているし、若手は社会を変える仕事をしたいと思っている。出る杭は、むしろ歓迎されますよ。


野副州旦

苦しい現実に対処するうえで、夢は欠かせない要素です。そう考えると経営者の仕事とは、会社の夢を描くことかもしれません。