名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大澤道雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大澤道雄のプロフィール

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

大澤道雄の名言 一覧

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


つらい思いをしたけれど、人の痛みが分かるようになった。人格を形成するうえで非常に大事な1年だった。


私が会社としての一体感にこだわるのは、オンワード商事での経験からです。同社は商事部門と他2社が統合して2007年に誕生しました。09年に社長に就いたのですが、社内が一つになっていないと感じ、人事交流を活発にして、社員には仲間の営業日誌も見るように指示しました。アナログな方法ですが、連帯感が強まりました。


変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


本流である消費者向けアパレル事業とは距離のある経歴の私が、グループの中核企業、オンワード樫山の社長に起用されたのは、「風を起こすこと」を期待されたからだと思います。世の中はここ数年で大きく変わっていますが、アパレル業界はほとんど変わっていません。社長に就任してからの約1年、変化を起こすことを意識して社内の改革を進めてきました。


大澤道雄の経歴・略歴

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

拾ったゴミに手を加えて売るようになり、たった15坪の倉庫から、いまの商売をはじめました。15坪の、それは小さな、およそ店とは呼べないような私の店で、初めて売れたのは拾ってきた石油ストーブでした。その石油ストーブが売れたことが、いま私がこうして200店以上のフランチャイズを持つ最初のきっかけとなったことを考えると、大変感慨深いものがあります。その石油ストーブを見つけたのは、住宅街のとある街角でした


平井正修

一代で何千人何万人を率いるまでに成功した方には、あらゆる立場の人の気持ちを忖度できる人物が多い。そして、傲慢な人は驚くほど少ない。
【覚え書き|忖度(そんたく)=相手の気持ちを推し量る】


ジョエル・ティリングハスト

ピーター(リンチ)は驚くほどエネルギーに満ち溢れていた。非常にスマートで、新しいアイデアや情報に耳を傾ける柔軟性があった。彼は知識の習得に貪欲で、それまでの考えと矛盾する情報を得ると、考えを改めることをいとわなかった。自分の失敗を素直に認めることができた。その姿勢だろう。これは簡単なことではない。多くの人は自分の下した判断が正しいと思いたがり、それを裏付ける情報だけを見ようとするからだ。


岩本隆

日本型雇用慣行として今も残っている年功序列や終身雇用なども、生産性の観点からすると、現状にそぐわない制度と言えます。かつてのように、将来にわたって同じビジネスが続くのであれば、経験を積んだほうが有利かもしれません。しかし、今日のように激変する環境の中で新たなビジネスが求められる状況では、過去の経験がむしろ邪魔になることもありえます。こうしてみると、日本企業は人材マネジメントを生産性の観点から論理的に考えるところが弱いと言えます。


大山健太郎

「多面的評価」もしています。これは、上司、同僚、部下で3等分にして評価をする。だから、いくら成績を上げて、売上げを倍増させて利益を出しても、3分の1しか評価の対象にならない。というのも、成果主義でやると、景気の良いときはボーンと上がるけれど、景気が悪くなったらドーンと下がるのでは評価の意味がない。


太田肇

A・H・マズローの「欲求階層説」によれば、下位の欲求がある程度満たされてはじめて上位の欲求が呼び起こされ、ある程度満たされた下位の欲求は動機づけの力を失うとされています。たとえば最も次元の低い欲求である生理的欲求は、ご褒美でいえば月給やボーナスに相当します。賃金がアップすれば、そのときはうれしいし、もっと頑張ろうという気になるでしょう。しかし、しばらくするとそれが当たり前になって持続しません。


池田育嗣

低燃費が当たり前になると、次に長持ちするものが欲しい、というお客様の要望にお応えしました。そうした相反する課題に応えるのが「飽くなき技術革新」です。


仙田満

人間という動物の行動には、「面白そうだ」→「実際に行ってみよう」→「やってみた」→「満足した」→「感動した」→「もう一度行ってみよう」というサイクルがあります。このサイクルがまとまっている施設は、必ずリピート率が高まっていく。


渋谷昌三

話しかけやすい人の特徴は、主に表情と動作に変われます。動作では全身がリラックスしている。表情は口が軽く開いていて、頬の筋肉が緩んでいる状態です。これはつまり、すぐに話せる状態、こちらからの問いかけにすぐに反応してくれるであろう状態だということ。だからこそ命普段からこういう表情や動作をしている人は、話しやすい印象を与えるわけです。


似鳥昭雄

地方から東京や大阪に進出するのは非常に恐いものです。私も津軽海峡を渡るのが最初はとても恐くて、北海道から3年も4年も出ることが出来ませんでした。しかし、社員に「『日本の人々に豊かな住まいを提供する』という目標はどうなったのですか。私たちはそのためにニトリに入社したのです」と背中を押されました。それでやはり「自分はどうなってもいい」という覚悟を持った時に動けました。自分のことを考えると保守的になってなかなかできないのです。ですから、地方の人は自分のためという意識を捨てて、社員のため、日本人のためだとという志を持ち、自分を追い込む勇気がないといけません。初めて東京に足を踏み入れた時は大きなプレッシャーでした。


ニクラス・ゼンストローム

日本の大企業は困難に直面しています。いまこそ、視点を変える必要があるのです。大企業こそ起業したばかりの若い企業から学ぶべきことが多い。これが私の持論です。


徐楽楽

私が起業したのも、誰かに言われて何かを作るのではなく、自分の作りたいものを作り、世の中に提供する自由が、起業にはあったからです。