名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大澤道雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大澤道雄のプロフィール

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

大澤道雄の名言 一覧

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


つらい思いをしたけれど、人の痛みが分かるようになった。人格を形成するうえで非常に大事な1年だった。


私が会社としての一体感にこだわるのは、オンワード商事での経験からです。同社は商事部門と他2社が統合して2007年に誕生しました。09年に社長に就いたのですが、社内が一つになっていないと感じ、人事交流を活発にして、社員には仲間の営業日誌も見るように指示しました。アナログな方法ですが、連帯感が強まりました。


変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


本流である消費者向けアパレル事業とは距離のある経歴の私が、グループの中核企業、オンワード樫山の社長に起用されたのは、「風を起こすこと」を期待されたからだと思います。世の中はここ数年で大きく変わっていますが、アパレル業界はほとんど変わっていません。社長に就任してからの約1年、変化を起こすことを意識して社内の改革を進めてきました。


大澤道雄の経歴・略歴

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

前田修司

どうすればチームの足並みを揃えられるか。私なりにたどり着いた答えが、A4サイズのパンフレットでした。開発に着手する最初の段階で、完成品のイメージを1枚の紙にまとめるのです。差別化のポイントがひと目で分かるように、イラストも使ってシンプルに表現するのです。そうすることで、開発から営業まで、目指すべきゴールがはっきりします。


徳岡邦夫

厨房とサービス部門のスタッフに「自分たちが幸せになるためには何が必要なのか、それはお客様に喜んでいただく以外にないのではないか」と問い続けた結果、お客様に涙が出るようなサービスを提供すれば、それが売上につながり、自分たちの存在価値を認めてもらえるのだという意識が徐々に芽生えてきました。社員の意識が変わるまで、じつに7年も要しました。


勝間和代

手帳のスケジュール欄へ先に仕事のアポイントを入れておき、余ったところへ自己投資の時間を設定する。そういう時間管理をしている人がいますけれど、私は逆で、自己投資の時間を最初に確保すべきだと考えています。


箭内道彦

先のことはあまり考えてはいません。それよりは、いま期待されている自分をやっていくこと、それをいい意味で裏切ること、その両極をやり続けている感じです。


鈴木喬(経営者)

僕は「社長」と「経営者」は違うと思っています。「社長」は、決断を先送りして、任期が切れればやめてしまって、お咎めなしの人。「経営者」は決断ができる人。「死んでも自分の責任でやる」という決意を持っている人のこと。


仲暁子

少し残念に感じるのは、日本ではビジネスパーソン同士で「本について語り合う」ような場面があまりないということです。海外では大人が数人集まれば「あの本、読んだ?」「あの一節は最高だった」と盛り上がることがしばしば。特に経営者の集まりなどでは、地球温暖化や人類の未来といった、壮大なテーマについて書かれた本が話題の中心になることが多いですね。


太田英昭

人マネは、最初はうまくいっても、しまいには腐ってしまう。オリジナル、つまり、今ないものを作る人がやっぱり偉い。


岩波貴士

アイデアのキモになるのが、「強み」と「悩み」の足し算。要は「困っている」「必要としている」物事に注目し、解決策をビジネスにするのです。


野木森雅郁

課題に対するアプローチの仕方や表現の方法が自分の中にある常識に当てはまらないからといって、これは違うと拒絶してしまったら、それこそ何も学ぶことはできません。異質を受け入れられるということがグローバル人材の条件だといっても過言ではないでしょう。


岩本隆

欧米では70~80年代に製造業がボロボロになったため、サービス業がメインの産業構造へとシフトしました。サービス業は製造業と違い、長時間働いたからといってアウトプットが増えるとは限りません。しかも、プロスポーツや芸能界などでは典型的ですが、同じ時間働いて1億円稼げる人もいれば、1000万円しか稼げない人もいます。つまり、労働生産性が「変数」化したのです。この変化を機に、働き方も時間重視から生産性重視へと徐々に変化していきました。


佐々木常夫

「社内を見渡せば、自分より能力が優れた人がいるかもしれません。しかし、それを見て凹む必要はない。100メートル走にたとえると、10秒で走れるのは社長クラス。同じ部署の同僚なら、せいぜい14秒で走れるか、16秒で走れるかという程度の違いしかありません。ところが開き直りが下手な人は、2秒程度の差を5~6秒に大げさにとらえてしまい、自分は圧倒的に能力が足りないと思い込んでしまう。これはもったいない話。そこで違いは2秒しかないと冷静に見極めることができれば、けっして追いつけない差ではないことに気づくはずです。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

お互いに許すことができない唯一の罪は、意見の相違である。