名言DB

9429 人 / 110879 名言

大澤道雄の名言

twitter Facebook はてブ

大澤道雄のプロフィール

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

大澤道雄の名言 一覧

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


つらい思いをしたけれど、人の痛みが分かるようになった。人格を形成するうえで非常に大事な1年だった。


私が会社としての一体感にこだわるのは、オンワード商事での経験からです。同社は商事部門と他2社が統合して2007年に誕生しました。09年に社長に就いたのですが、社内が一つになっていないと感じ、人事交流を活発にして、社員には仲間の営業日誌も見るように指示しました。アナログな方法ですが、連帯感が強まりました。


変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


本流である消費者向けアパレル事業とは距離のある経歴の私が、グループの中核企業、オンワード樫山の社長に起用されたのは、「風を起こすこと」を期待されたからだと思います。世の中はここ数年で大きく変わっていますが、アパレル業界はほとんど変わっていません。社長に就任してからの約1年、変化を起こすことを意識して社内の改革を進めてきました。


大澤道雄の経歴・略歴

大澤道雄、おおさわ・みちお。日本の経営者。「オンワード樫山」社長。埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、樫山(のちのオンワードホールディングス)に入社。オンワード樫山執行役員商事事業本部長、オンワード商事常務・社長・会長、オンワード樫山専務・社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

広い意味で考えたら、他の定食屋チェーンや居酒屋、ファミリーレストランなどの外食だけではなく、コンビニエンスストアのお弁当などもライバルと言えるでしょう。食に関わるあらゆる業態がライバルだと思います。コンビニのお弁当も美味しくてリーズナブルですからね。


内田雅章

人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供すること。


カルロス・ゴーン

先の見えない時代に正しい決断なんてない。もっと言えば、正しい結論が一つしかないわけでもない。経営者がしっかりと市場を見極め、他の経営陣と意見交換をした上で決断を下すことが大切だ。


中村紘子

海外でのビジネスにおいて重要なのは、相手やその国を理解しようとする真摯な思いです。


安宅和人

「問題解決に取りかかる前に勝負はついている」と私がビジネスパーソンに話すと驚かれます。私の持論は「問題解決は、イシューの見極めから始まる」。イシューとは、「今の局面でケリをつける必要がある課題」のこと。「答えを出すと次のステップに大きな影響を与える問い」ほど解決に取り組む価値があり、それにまず手をつけるべきです。


本庶佑

基礎研究というのは一般的に地味で、直接患者さんを治療をするわけではありません。ただ、医者として治療できる人数は何百人か何千人ですが、基礎研究で、このような結果が出たときは何百万人という人を救えるし、自分が死んだ後も続くわけですから、そういう意味では基礎研究はすばらしいと思う。


大岩俊之

リアル書店では世間の流行を把握できるというメリットもあります。話題になっている本は目立つ位置に平積みされています。どんな人がどんな本を手に取って見ているのか、観察してみても面白いでしょう。


唐鎌謙二

僕は失敗談も正直に語ったことで、本来は一匹狼的な側面もある雨漏り職人の皆さんと強いネットワークが築けました。業界・業種の先駆者として情報発信すれば、仲間を増やせる確率はさらに高まるでしょう。


北浦年一

地位や権力で人を押さえるな。


小池百合子

私も、すべてのことを承知しているわけではありませんから、「より良い結果」が導き出せるように、その道のプロ・専門家の方々にサポートしていただいています。しかしあくまで、指示を出し、最後に責任を取るのは私です。最終的にはすべて自分で決めています。