大澤孝征の名言

大澤孝征のプロフィール

大澤孝征、おおさわ・たかゆき。日本の弁護士、コメンテーター。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格後、検事を経て弁護士登録。東京家庭裁判所家事調停委員、第一東京弁護士会弁護士業務適正化委委員長、第一東京弁護士会副会長、同多摩支部長、同犯罪被害者保護委委員長、同文化研究委委員長、日本弁護士連合会司法改革実現本部委員などを務めた。また、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍。

大澤孝征の名言 一覧

相手の本音を引き出すときに大事なのは、相手本位で話を聞く姿勢。つまり相手の立場になり、「君の言うことは理解できる」という態度をとること。


ラジオは自分がダイヤルを調節し、周波数を合わせないと聞こえませんよね。対面のコミュニケーションも、同様です。「自分は相手と同じ人間なのだから、周波数を合わせられるはずだ」という前提に立たなければ、相手から本音を引き出すことなどできません。


相手の本音を引き出す4つのポイント。

  1. 「自分本位」ではなく「相手本位」で聞く。
  2. 相手の価値観をいったん受け入れる。
  3. 相手に教えを請う姿勢をとる。
  4. 相手をじっくり観察する。

相手が正常であると理解することは、相手をきちんと罪に問えるということ。もし心神喪失と判断されれば、罪に問うことはできません。だから検事は、凶悪な犯罪であればあるほど相手の立場になり、「同じ人間として相手の理屈はわかる」と思えるかどうかを徹底して検証するのです。


「相手の口を割らせたい」と思うと、大抵の人は相手の話から矛盾点を発見し、それを追及することに夢中になります。しかし、人間とは不思議なもので、「俺はお前のことをなんでも知っているんだぞ」という態度を見せると、相手はかえって「こいつには絶対に話すものか」と反発心を強めます。こちらの指摘がいくら理論的で道義的に正しくても、それだけで相手の本音を引き出すのは難しいのです。


職場の上司や部下、家族に対して、「相手の気持ちがわからない」と悩むことがあると思います。でもそれは、自分の価値観で周波数を固定したまま、ラジオのダイヤルを回そうとしていないからではないでしょうか。失敗しながらでいいから、微調整を繰り返して、「この人の声はここが一番よく聞こえる」という周波数を手探りで見つけていくことが大事です。相手を知りたいと思う相手本位の姿勢を心がければ、他人の本音を知る技術が少しずつ身についていくはずです。


私が検事時代に取り調べた被疑者で、なかなか口を割らない女性がいました。聴取が二週間に及ぶ中、私はひたすら彼女の表情や動作を観察しました。そしてある日、取調室に入ってきた彼女を見て、「君、今日は前髪をちょっと変えたね」と言ったのです。相手が「なぜわかるんですか」と驚くので、私が「わかるよ、だって僕は毎日ずっと君のことばかり見てるんだから」と言ったら、彼女はワッと泣き出して、「全部お話しします」と、自白を始めたのです。どんな犯罪者といえども、隠しごとをするのはつらい。ギリギリの精神状態が続いたとき、小さな変化でも見逃さないほど自分に関心を持ってくれている人がいれば、その熱意は伝わります。「この人は自分を一番よく理解してくれている」と思わせること。それが相手との信頼関係を生み出し、本音を引き出す何よりの技術なのです。


私は同じ人間として、常に「相手を知りたい」という興味を持っています。だから時には、被疑者に教えを請うこともある。相手が泥棒や詐欺師でも、犯罪の手法やその世界のしきたりについて、「何それ? どういうことか教えて」と聞くわけです。相手にしてみれば、まさか犯罪のやり方について目を輝かせながら聞いてくれる検事がいるとは思っていませんから、嬉しくなってペラペラしゃべっちゃう(笑)。でも、私は別に演技しているわけではありません。検事として犯罪の情報や知識を得ることは必要ですから、本当に興味津々で聞いているだけ。被疑者も自分を守ろうと必死ですから、こちらが興味あるフリをしても見抜かれて、相手は心を閉ざしてしまいます。常に「相手のことを知りたい」という本気の好奇心を持つことが、相手の本音を引き出すための何よりのテクニックなのです。


どんなに凶悪な犯罪者でも、その人物なりの理屈があります。最近なら、神奈川県の障害者施設「津久井やまゆり園」を襲って19人を殺害した被疑者の言葉は、世間の誰もがとんでもないと思ったでしょう。彼は「障害者は周囲を不幸にする。だから自分がしたことは日本のためなのだ」と供述しています。もちろん私も、憤りを感じます。しかし、これが彼の理屈であり、論理なのです。だから私がもし検事としてこの被疑者を聴取するなら、「なるほど、これが彼の理屈なのだ」と受け止めます。そして、犯行当時はどんな心理状態だったか、どんな手口で行なったかなどを淡々と聞き出すでしょう。その善悪は、すべて聞き終わった後に総合して判断すればいいのです。


犯罪者に対し「たとえ同じ人間でも到底理解できない」というのは、一般の認識としてはそれが普通です。でも検事の使命は、犯行の事実と背景を明らかにすること。そのために重要なのは、相手の話を聞くときに自分の価値判断を差し挟まないことです。こちらが感情的になって「こいつは絶対に許せない」などとその場で相手を裁いたら、相手にそれが伝わって、本当のことは言わなくなります。でも、こちらが「自分の中にも相手と似た部分があるはずだ」という前提に立てば、相手は「この人は自分を受け入れてくれた」と感じて、真実を話そうとします。


大澤孝征の経歴・略歴

大澤孝征、おおさわ・たかゆき。日本の弁護士、コメンテーター。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格後、検事を経て弁護士登録。東京家庭裁判所家事調停委員、第一東京弁護士会弁護士業務適正化委委員長、第一東京弁護士会副会長、同多摩支部長、同犯罪被害者保護委委員長、同文化研究委委員長、日本弁護士連合会司法改革実現本部委員などを務めた。また、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

原稿どおりに読んでいては人に伝わりません。自分の頭でよく考えたことしか聞く相手は理解してくれない。


貫啓二

串カツ田中の店は、味、価格、衛生管理、スタッフの元気などの特徴がいくつも層になっています。


藤田晋

できる人は、稚拙なアイデアであっても面白がる。まずは面白がる姿勢を取ることが大切。アイデアを聞いた瞬間に「ダメだ」と思っても、そこですぐに否定せず、まずは「面白そうだね」と相手の話をすべて聞く。話を聞いているうちに、新しい発見があるかもしれないし、気になる点は質問をして一緒に考えていけばいい。


橋本和良

環境整備を社内に定着させるために私自らトイレ掃除を始めました。トイレがきれいになってくると、「もっときれいにしたい」という欲がわいてきます。長い柄を握ってこすろうとしても力が入らないので、タワシの部分を直接持つようになりました。そうすると柄が邪魔になる。そこで、柄のないタワシに変えました。また、手袋を用いると滑るので、素手でやるようにしたのです。これで少なくとも見たところ、便器の表面はピカピカになった。すると今度は、見えないところ、手が届かないところまできれいにしたいと思うようになり、自分で道具も工夫して、便器をとことん磨き上げていきました。きれいなものをさらにきれいにしているのですから、マスクも要らなくなりました。そして私は「自分はたんにトイレを磨いているのではなく、自分の心を磨いている」ということに気づきました。


坪田信貴

記録というものは、ありのままのことを、ただ書いていくことです。たった一言だけの記述でも、貴重なデータです。5年後に読み返したとき、「この時期は平坦だったんだな」「毎年5月ごろは、いつもこうだ」などの発見ができます。


高橋滋

世の中には、公平ではないからスペシャル(個別客への特別な対応)はノーとする考え方もあるでしょう。でも、お客様にはお誕生日や結婚記念日など、一年に何回か特別な日があります。その特別な日にいらいらしたお客様に感動して帰っていただかなくて、何がサービス業でしょうか?


水越康介

思い切って価格を上げることを考えてみよう。少しずつ品質を向上させる程度では問題は解決しない。価格を上げ、そこから見えてくる具体的な顧客を相手にしながら、彼らが本当に求めるサービスや価値を考えるのだ。


豊田達郎

日本の自動車産業はまだ前途洋々だと確信しております。最近、「自動車産業も衰退期に入ってきた」と書かれる方が多いのですが、私はそうじゃないとデータを挙げて申しております。


見波利幸

機械に置き換えられない仕事のキーワードは、「専門性」と「マネジメント」。一つ目の専門性は、機械がどんなに発達しても必ず残る、人間ならではの発想力や企画力、実行力です。営業・製品開発・企画・研究など分野を問わず、人間のできる部分は必ず残るものです。自分の得意分野や専門分野に関する知識をさらに深め、極めていくことが重要です。二つ目の「マネジメント」は、いわゆる「管理職」とはまったく別物です。売上げ管理・時間管理・安全管理などの「管理」の仕事は、ほどなく機械に任されます。現在、上司として携わる仕事のほとんどは、20年後にはなくなるでしょう。その中で、一つだけ残るのが「育成」です。人を育てる仕事は機械にはできません。情報を教えることはできても、人間性を育んだり、心の触れ合いの中で気づきを促すといったことは不可能です。ヒューマンスキルを極め、人を育てるエキスパートとなることで、機械に取って代わられる心配はなくなります。


茅野亮

上京し兄弟とともに小さな乾物屋を始めました。小回りの利く店舗で繁盛しましたが、ひょっと気が付くと、世の中が大きく変わりそうな予感がしたのです。当時、ダイエーの売上高は百数十億円、イトーヨーカ堂は100億円に満たない時期でしたが、まさに大量消費時代の前夜といった感じでした。スーパーマーケットのような大規模店舗でないと、時代に対応できないと感じました。小さな乾物屋が人々の日々の糧を扱う時代ではない。すでに米国がそうなっていたし、米国を追いかけてきた日本がいずれそうなるのは明白でした。


茂木健一郎

僕は様々な業界のトップランナーの方にもお会いしてきましたが、何かを成し遂げる人というのは、やはりどこか規格外の人が多いですよ。約束の時間から必ず1時間は遅刻する、会社のパソコンを年に3回なくす、思ったことをいって炎上するなど様々ですが、彼らがそういった面を幼少期から直そうと暮らしてきたら、今ある彼らの成功はあったのかなと思うんです。


中村繁夫

どんな長期出張でも、荷物は機内持ち込みが可能なコンパクトサイズにまとめるのが大原則です。手荷物受け取り時間のムダがなくなり、ロストバゲージ(荷物の紛失・遅延)の心配もありません。発展途上国になればなるほど、待ち時間は長くなり、紛失リスクが高まるのが現実です。ここでイライラしてしまっては、ストレスは溜まる一方。手荷物だけならストレスなくさっと空港を出ることができます。


ドナルド・トランプ

私は実現までに20年待ったことがあるが、待っただけの甲斐はあったし、物事がようやくおさまるべきところにおさまるまでに何度か方向転換しなければならなかった。人生も仕事も運に左右される部分がある。だから心に余裕を持って、運に働いてもらおう。


加留部淳

トヨタのための商社にとどまっていたら強みである自動車も強くならないし、自動車生産の周辺ビジネスだけをしているようではグループの期待に応えられない。グループのビジネスにとどまらない役割を目指しています。


太田肇

調整が得意な優等生型に対し、突拍子もない大言壮語を吐く学生や、猪突猛進タイプの学生の方が確実に多くの企業から内定を獲得している。しかも、ベンチャー企業や新興企業ではなく、むしろ保守的と思われる大企業から多くの内定をもらっている。


ページの先頭へ