名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大滝令嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大滝令嗣のプロフィール

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

大滝令嗣の名言 一覧

いちローカル市場に過ぎなくなる日本にしがみついていても、出世が望めないどころか、リストラが発生するたびにお呼びがかかるようになってしまいます。


国内の出世コースを歩んできた人は「ルールが変わったんじゃないか」と気づき始めているはずです。海外経験が豊富で、海外の同僚たちと丁々発止で渡り合い、しっかりコミュニケーションがとれないような人は上に上がれないというルールが間近に迫っている日本企業は多い。そういう時代に、「自分は海外はちょっと……」とか「できれば国内にとどまりたい……」などと言っている人たちは本当に不幸だ。


今後は、日本人であっても海外の子会社に赴任し、そこでのキャリアと実績が出世の必須条件になってきます。大手企業の社長の中には「うちの役員の半分は海外経験者です」と自慢話をする人がいるが、これからは自慢でも何でもなくなります。


従来の出世パターンは、国内組織を順当にキャリアアップし、役員に上り詰めるというものでした。しかし、売上の7割、8割を海外で稼ぐようになれば「私は海外のことはよくわかりません」では役員として通用しなくなります。つまり、これまでの出世パターンが大きく変わりつつあるのです。


国内市場が成熟化する中で、日本企業は海外市場に活路を求めて激しい競争を展開しています。これまで日本人しか幹部、役員に登用されなかった昇進の仕組みも大きく変わります。海外売上高の拡大に伴い、日本人、外国人を問わず、海外で実績をあげた優秀な人材が、グローバル本社の幹部に登用される時代になるでしょう。


これまで日本企業は、海外の組織をまとめ、意思決定することができる人材の計画的な育成を怠ってきました。今後、海外売上高のウェイトが増すにつれ、海外で通用する人材の育成が急務であると同時に、彼らを対象とした採用や昇進などの人事システムも大きく変化するのは間違いないでしょう。


大滝令嗣の経歴・略歴

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

他の記事も読んでみる

坂本孝

会社はお客様のことを考えなければなりませんが、そこで働く人全員が、この仲間と過ごして良かった、自分の人生最高に幸せだったと言える会社を作りたい。


江上治

上司に助けてもらえる人になるためには、「自分が勝つ」ことよりも、まずは「上司を勝たせること」を重視することが重要。


林要(経営者)

コールセンターの女性の声がきれいだと、美人だと思ってしまうように、脳は勝手にファンタジーを生み出すもの。


夏野剛

新しいアイデアはコミュニケーションの相手が多いほど浮かぶ可能性が高くなる。


田口弘

経営者の仕事はオリジナリティーを出すこと。


宇治原史規

大切なことは自分が置かれた環境で、自分が最大限の努力ができているかどうかではないでしょうか。その気持ちさえあれば、その仕事を本当の天職に変えることもできるかもしれません。


定保英弥

鍵を握るのは、紛れもなく「人」です。一人ひとりの社員がより高い意識を持ち、技術を身につけ、さらに成長し、世界に通用するホテルマンになっていくこと。それが、帝国ホテルで働くということ。


小山昇

リスクを避けることが大事だと思っている人は成功できない。世の中にノーリスクのものはない。何にでもリスクはあるのだから、それを気にしていたら一歩も動けなくなる。


神田昌典

情報がいくらでもネットで手に入る以上、一つのことを深掘りして得られた知識こそが価値になる。


濱田秀彦

「誰のためにもならないリアルはいらない」。かつて上司から言われた言葉です。事実を述べることは、時に相手を当惑させ、不安や不快感を与えることすらあります。アポを失念した揚げ句「寝坊したので遅れます」と相手に正直に述べることは、はたして誰かのためになる事実でしょうか。相手は不愉快になり、こちらの信用は落ちるだけ。それより「トラブル対応に追われていまして」とウソを述べてでも謝罪し、再スケジュールを依頼するほうが互いの信頼関係の維持には役立ちます。


大浦溥

私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


岡崎忠彦

神戸は街の景観はいいが、問題はコンテンツの賞味期限が切れていること。外国人にとっては北野異人館の洋館より、京都の神社仏閣に行った方が異文化の刺激がある。だったら様々な国の文化を混ぜてきた神戸の土壌を生かし、新たな神戸発の品物を創りたい。神戸別品博覧会で海外に輸出するコンテンツを作る。