名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大滝令嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大滝令嗣のプロフィール

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

大滝令嗣の名言 一覧

いちローカル市場に過ぎなくなる日本にしがみついていても、出世が望めないどころか、リストラが発生するたびにお呼びがかかるようになってしまいます。


国内の出世コースを歩んできた人は「ルールが変わったんじゃないか」と気づき始めているはずです。海外経験が豊富で、海外の同僚たちと丁々発止で渡り合い、しっかりコミュニケーションがとれないような人は上に上がれないというルールが間近に迫っている日本企業は多い。そういう時代に、「自分は海外はちょっと……」とか「できれば国内にとどまりたい……」などと言っている人たちは本当に不幸だ。


今後は、日本人であっても海外の子会社に赴任し、そこでのキャリアと実績が出世の必須条件になってきます。大手企業の社長の中には「うちの役員の半分は海外経験者です」と自慢話をする人がいるが、これからは自慢でも何でもなくなります。


従来の出世パターンは、国内組織を順当にキャリアアップし、役員に上り詰めるというものでした。しかし、売上の7割、8割を海外で稼ぐようになれば「私は海外のことはよくわかりません」では役員として通用しなくなります。つまり、これまでの出世パターンが大きく変わりつつあるのです。


国内市場が成熟化する中で、日本企業は海外市場に活路を求めて激しい競争を展開しています。これまで日本人しか幹部、役員に登用されなかった昇進の仕組みも大きく変わります。海外売上高の拡大に伴い、日本人、外国人を問わず、海外で実績をあげた優秀な人材が、グローバル本社の幹部に登用される時代になるでしょう。


これまで日本企業は、海外の組織をまとめ、意思決定することができる人材の計画的な育成を怠ってきました。今後、海外売上高のウェイトが増すにつれ、海外で通用する人材の育成が急務であると同時に、彼らを対象とした採用や昇進などの人事システムも大きく変化するのは間違いないでしょう。


大滝令嗣の経歴・略歴

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

他の記事も読んでみる

平本清

会議・稟議書・管理職などの廃止のきっかけは、現組織に至る前社時代に、あまりにムダが多かったから。前組織はノルマ、効率……と完璧な成果主義。そのせいで人間関係もギスギス。働きづらくて大変でした。だから独立した際に全部逆にした。ノルマ、会議、管理職……すべてやめたんです。ハンコだけ押す役員はいらないんです(笑)。


加賀田晃

営業とは、いやがるお客様に平身低頭して買ってもらうというような、卑しい仕事ではありません。お客様の生活にプラスになる商品を、売ってさしあげる、お客様から感謝されて当然の仕事なのです。


桜井博志

市場が縮めば弱いところから振り落とされる。


加藤進(住友商事)

面白いもので、互いの理解が深まると会社への一方的な不満が減り、従業員の動きも良くなる。


山下徹

画期的な汎用ツールを作ろうと精鋭を集めましたが、必ずしもうまくいきませんでした。革新は現場が起こすということを痛感しました。でも、ソフトウエアの自動生成を実現させよう、と号令をかけていたことはよかったと思います。そうしなければ、前進はなかったでしょうか。


野地彦旬

リーダーとしては、部下に気づきを与える環境づくりが第一と考えています。状況が人を動かす、というのが私の信条です。


城繁幸

現在の閉塞感に耐えられないのなら、転職を考えるのも一つの手です。ただ、そのためには、自分の強みを磨いておく必要があります。そう言うと、「自分には専門性がない」と嘆く人が多いですが、複数の職歴をミックスして強みとすることもできます。たとえば私は人事として採用と労務管理、さらにはリストラにも携わるなど、一通りの経験を持っており、大きな強みになりました。その道一筋という人はもちろんそれでよいのですが、引き出しがいくつもある人の方が幅は広いものです。


鎌田浩毅

世界に通用する専門家となるには、どの土俵で戦うかをよく考えなければなりません。競合が多い分野では、いくら努力してもなかなか成果が出ないからです。逆に競合が少なければ成果が出やすい。


三國連太郎

僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


厚切りジェイソン

日本では「二足のわらじ」って珍しがられるけれど、ツイッターの前CEOのディック・コストロ氏もスタンダップコメディーをやってたりと、アメリカではそんなに珍しいことではありません。


南淵明宏

私は、人間の行動の基盤は不安だと思います。ネガティブな状態に落ちていく自分を嫌悪する心理です。12万年前、南アフリカの海岸べりの洞窟を出て歩き出したのが人類の繁栄の始まりでした。なぜ歩き出したかといえば、不安だったからでしょう。「ここにとどまっていたら、明日の食事がとれないんじゃないか」「子供が餓死してしまうんじゃないか」と。現代人が勉強して東大を目指したり、つらい仕事を頑張ったりするのも、不安だからでしょう。ですから、難局に当たっても、不安から目をそらしてはいけない。不安を正視するだけでなく、凝視すべきだと思います。


篠原あかね

幹事は宴会終了20分前にはさりげなく席を立って会計をしましょう。会費は事前徴収が基本。そして10分前には中締めの挨拶をして時間内の退店に備えます。後日必ず会計報告をすることも忘れずに。会費を多く出した上司へはお礼の言葉も添えましょう。お金の管理がきちんとできる幹事は信用されます。