名言DB

9425 人 / 110833 名言

大滝令嗣の名言

twitter Facebook はてブ

大滝令嗣のプロフィール

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

大滝令嗣の名言 一覧

いちローカル市場に過ぎなくなる日本にしがみついていても、出世が望めないどころか、リストラが発生するたびにお呼びがかかるようになってしまいます。


国内の出世コースを歩んできた人は「ルールが変わったんじゃないか」と気づき始めているはずです。海外経験が豊富で、海外の同僚たちと丁々発止で渡り合い、しっかりコミュニケーションがとれないような人は上に上がれないというルールが間近に迫っている日本企業は多い。そういう時代に、「自分は海外はちょっと……」とか「できれば国内にとどまりたい……」などと言っている人たちは本当に不幸だ。


今後は、日本人であっても海外の子会社に赴任し、そこでのキャリアと実績が出世の必須条件になってきます。大手企業の社長の中には「うちの役員の半分は海外経験者です」と自慢話をする人がいるが、これからは自慢でも何でもなくなります。


従来の出世パターンは、国内組織を順当にキャリアアップし、役員に上り詰めるというものでした。しかし、売上の7割、8割を海外で稼ぐようになれば「私は海外のことはよくわかりません」では役員として通用しなくなります。つまり、これまでの出世パターンが大きく変わりつつあるのです。


国内市場が成熟化する中で、日本企業は海外市場に活路を求めて激しい競争を展開しています。これまで日本人しか幹部、役員に登用されなかった昇進の仕組みも大きく変わります。海外売上高の拡大に伴い、日本人、外国人を問わず、海外で実績をあげた優秀な人材が、グローバル本社の幹部に登用される時代になるでしょう。


これまで日本企業は、海外の組織をまとめ、意思決定することができる人材の計画的な育成を怠ってきました。今後、海外売上高のウェイトが増すにつれ、海外で通用する人材の育成が急務であると同時に、彼らを対象とした採用や昇進などの人事システムも大きく変化するのは間違いないでしょう。


大滝令嗣の経歴・略歴

大滝令嗣、おおたき・れいじ。日本の経営者、組織人事コンサルタント。エーオン・ヒューイットジャパン会長。静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校電子工学科博士課程修了後、東芝、外資系コンサルティング会社を経て、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで取締役・社長・会長・アジア代表を務める。その後、エーオン・ヒューイットジャパン会長。そのほか、シンガポール経済開発庁ボードメンバー、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務めた。主な著書に『理系思考 エンジニアだからできること』『「アリ」が笑うとき「キリギリス」が笑うとき―21世紀の人生設計』『営業プロフェッショナル高業績の秘訣―コンピタンシーモデルで解明する』など。

他の記事も読んでみる

文弘宣

ボウリングの場合、60ゲームを投げて平均180以上だとプロテストに合格できたが、高校時代それくらいのレベルになっていた。専門家に勝つところまで行かないと気が済まなかった。まあ勉強の方は、あまりできなかったけど(笑)。


安部修仁

吉野屋を支えてくださっているお客様はヘビーユーザー、常連客。いつもと違う味の牛丼を出せば、これは吉野家の味ではないと失望される。一口食べて、吉野家の味だとわかってくださるお客様がいることが我々の誇り。ここにダメージを与えることは、後々、ブランドへの信頼を損なってしまう。


岡藤正広

大事なのは、お客さんのところに頻繁に通うことです。お客さんのところに足を運び続けていると、「平時はだいたいこんなものか」という状態がつかめるようになります。すると、お客さんの変化に、すぐに気づくことができるんです。お客さんの気になる商品が新たにわかったりして、商売につながることもあります。


イチロー(鈴木一朗)

あのとき(ワールド・ベースボール・クラシックのとき)僕を支えていたのは、自分のやってきたことへのプライドと、これからやろうとしていることへの自信でした。


神田昌典

多くの日本人は恥ずかしがってやりたがりませんが、最も効果的なスピーキングの練習はスピーチをすることです。まずは自分で日本語で文章を作り、ネイティブに英訳してもらいます。後はそれをスピーチし、テープに録音する。何度も聞き返しては修正を繰り返し、丸暗記してつまずくことなく話せるようになるまで練習します。現在は、様々な英語教材や勉強法がありますが、中国の知識人が『論語』を暗唱したように、暗記は今も最も効果的な練習法なのです。


エラスムス

戦争は戦争を生み、復讐は復讐を招く。これに反し、好意は好意を生み、善行は善行を招く。


木原直哉

最初に相手の出方を「見積もれる」ことが大事。そこは統計学と相性がいいところ。統計学は「厳密な正解」ではなく、「ざっくりした見積もり」を求める学問。ただ、この「ざっくり」という言葉が曲者で、正確には「確率62%」のところを「60%」と見積もるのはいいが、「75%」と見ていたらマズイ。精度が求められる。


内田恒二

製品開発にかかわる機密文書や、取引先との議事録をきちんと保管しておくのは、いろはのい。


田坂広志

優れた政治家は、アジテーションとスピーチをうまくミックスする。


村田昭治

人はともすれば、これまで学習した知識や経験、勘を大切にするあまり、新しい状況の変化を拒否する傾向がある。しかしイノベーションを求めるならば、そうした執着心やこだわりを断って、自らをエキサイティングする体制づくりに驀進(ばくしん)すべきである。