大渡順二の名言

大渡順二のプロフィール

大渡順二、おおわたり・じゅんじ。日本の医事評論家。明治生まれ。京都大学中退後、朝日新聞社で政治経済記者を務める。結核の闘病生活から医学知識の普及の必要性を感じ、保健同人社を設立。雑誌『保健同人』を創刊。医師・守屋博との共同創案で日本初の人間ドックを開始。主な著書に『病めるも屈せず』など。

大渡順二の名言 一覧

朝は3分早く起きて新聞を読み、コーヒーを楽しみ、余裕をもって会社の門をくぐりたまえ。朝をベストコンディションにしておくことで、長い人生ずいぶん違いが出てくる。


大渡順二の経歴・略歴

大渡順二、おおわたり・じゅんじ。日本の医事評論家。明治生まれ。京都大学中退後、朝日新聞社で政治経済記者を務める。結核の闘病生活から医学知識の普及の必要性を感じ、保健同人社を設立。雑誌『保健同人』を創刊。医師・守屋博との共同創案で日本初の人間ドックを開始。主な著書に『病めるも屈せず』など。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

ビジネス目的のメールや手紙は、短く簡潔にまとめることが基本です。これは、ファーストコンタクトを取る場合も同じです。ビジネスパーソンは皆さん忙しいですから、「貴重な時間を奪われた」と思われるような長いメールや手紙は避けるべきです。


杉山健二

「動けば何かが見えてくる」これが私のモットーです。社員にもとにかく動けといっています。現場に出て一生懸命汗を流せば、その汗は必ず「あのときあの商品を勧めてくれてありがとう」という感謝の言葉や、次の契約などの形になって自分に返ってくるのです。それがこの仕事の醍醐味だといっていいでしょう。しかしそれは、自分で経験して初めて実感できることなのです。


小野田寛郎(小野田少尉)

今日は食べられなくても、明日も食べられなくても、明後日には何とかなる。死にはしない。


太田光代

自分よりも立場が上の人間をもっと利用してください。皆さんの上司や先輩だって、相談すれば喜んで一緒に考えてくれるはずです。直属の上司がダメなら別の部署でもいい。自分と立場が違い、経験豊かな人の考えを聞くだけでも十分意味がある。もっと言えば、いつかあなたが上司になって部下から相談された時も役立ちます。誰だって仕事のことで悩む。そこで上司に一声かけられるかどうかが、自身の成長を左右します。


大東隆行

数年前まで、王将の仕事は「危険、汚い、きつい」の3Kだと言われていました。しかし、みんなが一生懸命、お客様目線で鍋を振ってきたから、お客さんが評価してくれるようになりました。


弘兼憲史

失敗しても、いい勉強になった。このおかげで次からは失敗しなくなると考えればいいんです。どんな状況でも前向きに仕事に打ち込む人が、組織の階段を上っていけるはずです。


毛利衛

私が理科を好きになったのは、小学5、6年生のときの担任の先生による影響が大きいと思います。学校を出たばかりの先生で、教科書以外の理科実験にも熱心でした。おかげで私は理科が好きになったし、勉強するのも一段と楽しくなりました。


植木義晴

私たちが入社した頃は、非常に厳しいパイロットもいました。なかには、ちょっと気に障ったら大変という本当に怖い50代の機長もいました。でもそういう方は、後輩に対して強い情熱を持っている。だからこそ厳しいのです。そこから逃げたらおしまい。懐に入っていかなければいけない。一度入ると、もう結構ですと言っても面倒を見てくれます。そんな関係の中で様々な技術を学びました。


松本大

私の情報収集は、今やネットが中心となっている。ネットは早いし、幅も広い。仕事をしていくうえでは網羅的に情報を知っておくことも必要だ。浅く知って、興味あるところを掘っていくのが効果的だ。


藤田晋

私は管理職に登用する際の選択基準を、一にも二にも人格に置いています。もちろん、人格が優れていて実績も高ければ文句はありませんが、人格と実績のどちらを優先するかといえば、圧倒的に人格の方です。


楠木建

経済学でいう完全競争になったら、企業の余剰利潤はゼロです。利益を出すためには、完全競争から離れる必要があります。完全競争のひとつの前提は「みんな同じ」ということです。その前提を壊して、「違い」を構築すれば利益が出る可能性があります。だから「いかにして他社との違いをつくるか」が戦略の論理的本質になるという成り行きです。


山中伸弥

初めて米国に行ったのは30歳ぐらいで、もうずいぶん昔になります。「昔取った杵柄」というわけにはなかなかいかず、英語には今も苦労しています。英語を勉強する時はジョギングしながら、NHKラジオの「ビジネス英語」を何度も聞いています。


松本晃(経営者)

人生で一番大事なことは学ぶこと。


井阪隆一

扱う商品やサービスを変えていくことで、お客様だけでなく、加盟店の満足度も上がっていきます。実際、客数が増えて売上が伸び、加盟店の利益も上がっています。


橘玲

じつは競争の仕方と、その結果に対する反応は、男女で大きな違いがあります。スタンフォード大学の経済学者が行った実験では、男女2名ずつ4人一組で算数の計算問題を解かせ、それぞれが正解した数に応じて報酬を受け取る方式と、4人のうち一番正解数が多い者が報酬を総取りできる方式のどちらかを選ばせました。すると男性は73%が総取り方式を選択したのに、女性はわずか35%だったのです。また別の実験では、女性は自分が勝てる見込みが20%以上なければ勝負しないのに対し、男性は勝率が低くても勝負したがる傾向が見られました。これは女性が臆病だからではなく、リスクを正しく把握しているからです。ウォール街の金融アナリストの成績は男性より女性のほうが7.3%正確だという調査結果もあります。男性は勝負に対して楽観的で、根拠のない自信を持っているから、失敗する確率も向くなるのです。


ページの先頭へ