名言DB

9412 人 / 110637 名言

大浦溥の名言

twitter Facebook はてブ

大浦溥のプロフィール

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

大浦溥の名言 一覧

問題は先送りにせず、その場で決断を下す。これが会社経営にとって一番大切なことでしょう。


少しでも決断が遅れていたら。いま考えると背筋が凍るような経験を何度もさせられました。生産中止の判断が一カ月遅れただけで、おそらく会社中に在庫の山が築かれ、大赤字を余儀なくされたでしょう。それほど、半導体産業の変化は急だったのです。なんとか他社より早くリストラの手を打つことができ、厳しい半導体不況を乗り越えてこられました。その結果、会社の体質は筋肉質となり、多少の不況にはびくともしなくなっています。


私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


日本の金融機関がなかなか立ち直れないのも、原因は決断力不足にあるのは明白です。なぜ決断が下せないかというと、現場の情報が少なすぎるからです。私はよく「そんなに簡単にリストラを決断できるね」と聞かれるのですが、現場の情報が詳しく入ってくるから、どうしても手先手先で手を打たないと怖くなってしまうのです。


2001年度には売上高が前年の3分の1になるという大不況を経験しました。このときはさすがに240億円の赤字を出しましたが、実質無借金経営で自己資本比率が80%と高い筋肉質の体質のおかげで乗り切ることができました。


私が富士通の常務からアドバンテストの社長に移ったのはバブルがピークに達した1989年です。バブル時代に造られた負の遺産は大きく、12年間の社長時代はまさにリストラとの格闘でした。その中で、私が最も大切にしてきたのが、素早い決断と現場との密接な関係だったのです。


優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


大浦溥の経歴・略歴

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

植西剛士

何事もやり過ぎは禁物。無理のない範囲で今後も続けていきたい。


山岡鉄舟

人は至誠をもって四恩の鴻徳(こうとく)を奉答し、誠をもって私を殺して万機に接すれば、天下敵なきものにして、これがすなわち武士道である。
【覚書き|四恩=父母の恩、衆生(生きとし生けるもの)の恩、国王の恩、仏法僧の恩】


石川直樹

あらかじめ持っている先入観や情報を全部捨てて、正面からその対象に向き合うことが大切です。


江上治

丁寧に頭を下げて謝る。本心から、謝罪の気持ちを持って謝る。これができなければ、人生を切り開ける人になることはできない。


水田正道

全体のパラダイム(産業の枠組み)や意識を変えていかないといけない。横並びで、他社がやるからやるということではやっていけない。


吉田洋一郎

結果に執着せず、期待を手放し、良い意味で諦めることも必要。「人事を尽くして天命を待つ」の心境でしょうか。今できることを考え、すべきことをやったのならば、それで自分の仕事は終わりです。結果を決めるのは自分ではなく、それがどんなものになろうとも自分には非がないと考えます。自分には制御できない原因によって結果が悪くなったとしても、「ゴルフとはそういうものだ」と受け入れることも必要な能力と言えるでしょう。


岩崎裕美子

どんなことも、背に腹は代えられない状況になれば達成できるもの。残業ゼロも、本当に必要だと思えば、実現に向けてやれることは多々あるはず。


藤井美保代

うっかりミスを防ぐためには、一日のはじめにその日の行動をイメージしてみることも有効です。朝の通勤時間の中など、ちょっとした時間に今日の予定をスマートに進める自分の姿を想像してみるのです。すると、あの件についての確認がまだだった、あの資料を忘れずに持っていかなくちゃと気づくことが多いはずです。


橘俊夫

人と同じことをやらないからこそ、ある程度成功できた。


井上礼之

実は、競合相手と組むのはそれほど難しいことではない。お互いの強みと弱みがわかるし、得られる成果がある程度見通せるからだ。だが、異業種と組むとなると、提携の形態や交渉の進め方などが、従来とは全く異なるものになるだろう。まず、自社の独自技術と異業種の技術・ノウハウをどう組み合わせて、どんな価値を生み出すのかを明確にしなければならない。お互いが土地勘のない技術を評価し合いながら、理想を実現させようと模索を繰り返すわけで、これまで以上にトップの進取の精神や決断力が重要になる。


藤田晋

新しいことに挑戦する姿勢は大事です。数多く試し、うまくいったものだけを残すという手法も効果的です。ですが、新しいことに挑戦する前提として、既存の事業や仕事でやり残していることがないかどうかの見極めが必要です。


吉田尚記

上司や部下との関係がうまくいかなかったり、なんとなく職場で浮いているように感じたとしても、それは自分の性格や周囲との相性の問題ではなく、コミュニケーションの問題。


和田浩子

P&Gでは全員が納得するまで十分に時間をかけてディスカッションし、提案の内容が全員の目的と理解されてはじめて、そのプランが実際のアクションに移されます。


岡本正善

将来の夢はぼんやりとでも持つべきですが、何十年も先の目標は、具体的に書きにくい。書き出すのは3年後の目標からでOKです。


島村琢哉

重要なことは、アフターケアの体制を整えていくことと、成長市場を押さえること。