名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大浦溥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大浦溥のプロフィール

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

大浦溥の名言 一覧

問題は先送りにせず、その場で決断を下す。これが会社経営にとって一番大切なことでしょう。


少しでも決断が遅れていたら。いま考えると背筋が凍るような経験を何度もさせられました。生産中止の判断が一カ月遅れただけで、おそらく会社中に在庫の山が築かれ、大赤字を余儀なくされたでしょう。それほど、半導体産業の変化は急だったのです。なんとか他社より早くリストラの手を打つことができ、厳しい半導体不況を乗り越えてこられました。その結果、会社の体質は筋肉質となり、多少の不況にはびくともしなくなっています。


私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


日本の金融機関がなかなか立ち直れないのも、原因は決断力不足にあるのは明白です。なぜ決断が下せないかというと、現場の情報が少なすぎるからです。私はよく「そんなに簡単にリストラを決断できるね」と聞かれるのですが、現場の情報が詳しく入ってくるから、どうしても手先手先で手を打たないと怖くなってしまうのです。


2001年度には売上高が前年の3分の1になるという大不況を経験しました。このときはさすがに240億円の赤字を出しましたが、実質無借金経営で自己資本比率が80%と高い筋肉質の体質のおかげで乗り切ることができました。


私が富士通の常務からアドバンテストの社長に移ったのはバブルがピークに達した1989年です。バブル時代に造られた負の遺産は大きく、12年間の社長時代はまさにリストラとの格闘でした。その中で、私が最も大切にしてきたのが、素早い決断と現場との密接な関係だったのです。


優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


大浦溥の経歴・略歴

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

豊田圭一

ビジネスは恋愛に似た側面があります。たとえば、片思いは、独りよがりのビジネスアイデアと同じです。片思いの最中はその人のことしか見えませんが、それにしがみついてウジウジ悩むのは時間の無駄ではないでしょうか。早く結果を出して、もしフラれたら次を探そうと気持ちを切り替える。その方が結果的にチャンスは多くなるんです。


八木洋介

世界中の企業が苦しみながら必死に戦っている。厳しい競争を勝ち抜くために、持ち得る限りの人的資産を総動員してグローバルビジネスの土俵に立っている。今のままの日本企業では、到底、世界で勝つことはできない。


築山節

朝起きて頭が冴えているという人は絶対にいません。目が覚めた段階で真っ先に思うのは、もっと寝たいということ。そんな状態から、仕事ができる頭に持っていくためには、脳の回転数を上げる必要があります。「今度は何が来るのかと予測すること」は、人間の脳の基本です。逆にいえば、意識的に予測をすれば脳の回転数を上げることができます。朝から車内で観察をしながら、いろいろな予測をしてみる。これが脳を刺激する一番簡単な方法でしょう。


佐藤可士和

僕自身は常に風通しのいい人間でありたいんです。僕の仕事は、毎回相手に合わせて考えていくことです。体も頭も柔らかく保っておかないと、しなやかな対応ができません。


森俊憲

日本ではいまだに、ビジネスマンが身体を鍛えることの重要性が十分に認識されていません。だからこそ、他から抜きん出る「武器」となるのです。


松本紹圭

他人の人生を生きるのをやめて、ありのままの自分をそのままの自分として引き受けていく。そうすることによってはじめて自分の人生を生きられるのです。


松岡修造

迷ったときは必ず、ツライ道とラクな道がある。人はどうしてもラクな道を選びたくなるけれど、一度ラクな道を通った人間は、次もラクな道を選んじゃうことが多いんだ。無力感に襲われて現実逃避したくなることは誰にでもあるけれど、そのとき、「本当にこれでいいの?」という自分の声に耳を傾けて欲しい。


田中角栄

おまえは野心、思惑がモロに言動に出ている。そんなことで先輩議員にかわいがってもらえると思っているのか。それを、表に出さずどうコントロールしていくかが、まったくできていない。人脈などできるわけがない、人にかわいがってもらえるわけがない。


ジャック・マー(馬雲)

第一が顧客、第二が社員、第三が株主。


門昌央

社内で根回しをするなら、直属の上司を味方にするのが一番。自分が動くより、上司に話をつけてもらうのが賢いやり方。「私がうまく話せないかもしれませんので、その時は助け船をお願いできれば……」と、同行してもらうのも手。「その代わりにコレをやります」と、上司の仕事を引き受ける。上司がダメな場合は、先輩でもいいでしょう。


御立尚資

ダーウィンは職業的研究者ではないですよね。お金持ちが余技で進化論を研究したみたいな。余裕があるから、自由に異論を展開できる。


田中良和(GREE)

社会を変革するようなすごいアイデアは頑張り続けることでしか実現できません。