名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大浦溥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大浦溥のプロフィール

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

大浦溥の名言 一覧

問題は先送りにせず、その場で決断を下す。これが会社経営にとって一番大切なことでしょう。


少しでも決断が遅れていたら。いま考えると背筋が凍るような経験を何度もさせられました。生産中止の判断が一カ月遅れただけで、おそらく会社中に在庫の山が築かれ、大赤字を余儀なくされたでしょう。それほど、半導体産業の変化は急だったのです。なんとか他社より早くリストラの手を打つことができ、厳しい半導体不況を乗り越えてこられました。その結果、会社の体質は筋肉質となり、多少の不況にはびくともしなくなっています。


私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


日本の金融機関がなかなか立ち直れないのも、原因は決断力不足にあるのは明白です。なぜ決断が下せないかというと、現場の情報が少なすぎるからです。私はよく「そんなに簡単にリストラを決断できるね」と聞かれるのですが、現場の情報が詳しく入ってくるから、どうしても手先手先で手を打たないと怖くなってしまうのです。


2001年度には売上高が前年の3分の1になるという大不況を経験しました。このときはさすがに240億円の赤字を出しましたが、実質無借金経営で自己資本比率が80%と高い筋肉質の体質のおかげで乗り切ることができました。


私が富士通の常務からアドバンテストの社長に移ったのはバブルがピークに達した1989年です。バブル時代に造られた負の遺産は大きく、12年間の社長時代はまさにリストラとの格闘でした。その中で、私が最も大切にしてきたのが、素早い決断と現場との密接な関係だったのです。


優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


大浦溥の経歴・略歴

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松﨑晃一(松崎晃一)

ストレスを解消するために、お酒で憂さ晴らしや、買い物で発散などは逆効果。お酒や買い物などは中毒症状になりやすい。気分転換のつもりが依存症になり、むしろお酒がないとイラつくという新たなストレスを生み出しますから。


北尾吉孝

イー・トレード証券(のちのSBI証券)を始める時、手数料をオンライン証券の中で一番安くしました。当初は赤字だったので大損すると周囲から反対されましたが、踏み切った。そうしたところ、顧客から圧倒的な支持を集めた。そうなると多くの顧客を満足させなくてはいけないので、商品の品揃えを充実させたり、サーバーの数を増やしたり、システムをより堅固なものにしないといけない。こうしてサービスの質がどんどん改善されていきました。量があるために、質を必然的に向上させなくてはいけないのです。こうして量と質が好循環の中で伸びていく。


アレックス・カー

書店のビジネス本コーナーに出向くと、ハーバード大やスタンフォード大といった、米国の有名大学の名を冠したノウハウ本がずらりと並んでいます。特に、「話し方」や「交渉術」に関するものの人気が高いようで、米国流のコミュニケーションに憧れるビジネスパーソンの思いがひしひしと伝わってきます。しかし、米国人である私から見るとちょっぴり不思議。確かに、ハーバード流のディベート術は論理的に意見を述べる手段としては有効ですが、ビジネスをするうえで最も大切な、人間関係を深めるコミュニケーションに有効だとは思えないからです。


橋下徹

政治家は究極のところ、自分を語る仕事。


林康史

運がもたらされる要因となるのは、「人脈」以外にはありえない。本当に幸運をつかむには、「あの人に聞けば何とかしてくれる」という人になること。


五嶋みどり

新興国支援では人と人のかかわりが一番大切。送り込むだけでなく、一緒につくっていくアクションが重要なので、できるだけ現地の音楽家とのコラボレーションや、話し合いをもったりします。食べ物や医療だけに限らずに、文化的な交流や支援も増えていけばいいと思います。


是枝裕和

公開前に、どんな宣伝のデザインにして、どんなスチールカメラマンに入ってもらって、どんな言葉を載せたら面白くなるか、なんてことは割と考える方です。お客さんは、宣伝を見てから映画に行くのかどうかを決めるのだから、そこまで含めて自分の作品ではないかとも考えています。


樫尾幸雄

製品開発で勝つポイントは未来の技術を使うことです。例えば半導体。今ある半導体をベースに電卓を開発しても、発売する頃にはその技術は古くなっている。商品が出る頃に半導体技術はどこまで進化しているのかを見極め、それに合わせた電卓を設計する。そうして初めて他社に差を付ける新鮮な商品を提供できます。


オグ・マンディーノ

失敗は人生が人に教訓を与える手立てなのです。ときどきへまをやらかす能力は、目標に到達する能力と切っても切り離せない関係になります。連勝連敗の勇士などどこにもいないのです。失敗してもそれは成長の一部でしかありません。たとえばへまといっさい縁を切ったとします。ときたま失敗することなしにどうして自分の限界がわかるでしょう。失敗しても投げ出さないこと。そうすればいまにあなたの番がきます。


山元賢治

私の最初の上司はものすごく優秀な人だった。僕は開発製造部門でソフトウェアの開発をやることになったのだが、ある日、ユーザーから新しいシステムを開発してほしい旨の依頼が舞い込んできた。忘れもしない。僕がユーザーに出す回答書を見て、そのものすごく優秀な課長はこう言ったものだ。「山元、こんなレベルでいいのか」そして、僕の回答書をポイと引き出しの中に放り込んでしまった。こんな頭の切れる上司を苦手に思う人は多いだろう。しかし僕のモットーは「いかに楽しく過ごすか」だ。この日以降、僕の楽しみはこの上司になんとかして「山元、やるな」と言わせることになったのである。


六角精児

『電車男』のスペシャルバージョンみたいなのがあってね。オン・エアされたあと、街を歩いていたら、いきなり視線を感じたんですよ。多分、20パーセント近くの視聴率があったんじゃないでしょうか。僕は、視聴率でドラマの出来、不出来を判断したくはないんですけど、そのときは多くの人に観られていることを実感できて、とても嬉しかったんですよね。「ああ、こうやって世の中に知られていくんだな」って。


川北英貴

余計なことを言ったばっかりに、銀行から融資が出なくなるケースを時々、目にします。経営者の中には、自分の武勇伝として余計なことを銀行に言ってしまう人もいます。昔はやんちゃだったとか、不倫をしているとか、そのような話でも、銀行員や銀行の体質によっては、それを大きくとらえることもあります。そしてその銀行から融資が受けられなくなることがあります。1つの銀行から融資が受けられなくなれば、やがて他の銀行もその事実に気付くため、どの銀行でも融資が受けられなくなる可能性が高いでしょう。余計なことは銀行に言わないこと。武勇伝を話したがる経営者は特に気を付けなければなりません。