大浦溥の名言

大浦溥のプロフィール

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

大浦溥の名言 一覧

問題は先送りにせず、その場で決断を下す。これが会社経営にとって一番大切なことでしょう。


少しでも決断が遅れていたら。いま考えると背筋が凍るような経験を何度もさせられました。生産中止の判断が一カ月遅れただけで、おそらく会社中に在庫の山が築かれ、大赤字を余儀なくされたでしょう。それほど、半導体産業の変化は急だったのです。なんとか他社より早くリストラの手を打つことができ、厳しい半導体不況を乗り越えてこられました。その結果、会社の体質は筋肉質となり、多少の不況にはびくともしなくなっています。


私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


日本の金融機関がなかなか立ち直れないのも、原因は決断力不足にあるのは明白です。なぜ決断が下せないかというと、現場の情報が少なすぎるからです。私はよく「そんなに簡単にリストラを決断できるね」と聞かれるのですが、現場の情報が詳しく入ってくるから、どうしても手先手先で手を打たないと怖くなってしまうのです。


2001年度には売上高が前年の3分の1になるという大不況を経験しました。このときはさすがに240億円の赤字を出しましたが、実質無借金経営で自己資本比率が80%と高い筋肉質の体質のおかげで乗り切ることができました。


私が富士通の常務からアドバンテストの社長に移ったのはバブルがピークに達した1989年です。バブル時代に造られた負の遺産は大きく、12年間の社長時代はまさにリストラとの格闘でした。その中で、私が最も大切にしてきたのが、素早い決断と現場との密接な関係だったのです。


優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


大浦溥の経歴・略歴

大浦溥、おおうら・ひろし。日本の経営者。半導体検査装置大手メーカーのアドバンテスト社長。東京大学法学部卒業後、富士通信機製造(のちの富士通)に入社。同社で人事教育部長、総合企画室長、関連事業部長、東支社長代理、東京支社長などを務めたのちアドバンテストに移籍、社長・会長を務めた。経済同友会幹事、経済団体連合会理事、日本電気計測機器工業会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松井秀喜

僕は才能はないけど、人よりも努力することはできる。


宮原賢次

私は通算で10年近く米国に駐在し、90年から93年までは米国法人の社長を務めました。役員の中では米国社会を最も理解している一人であるという自負もありました。だから、新米社長として事件処理に直面したとき、「自分がやらねば誰がやるのか。これは巡り合わせだ」と、あえて自分を奮い立たせました。
【覚書き|元社員による米国での銅の簿外取引で3000億円の損失を出した問題が、社長内定後に発覚したときを振り返っての発言】


葛西敬之

労務はつばぜり合いみたいなもの。国鉄は経営崩壊していましたから、分割民営化しか生き残る道はなく、捨て身で取り組みました。選んだ方向は正しかった。


向谷匡史

いくら思い煩っても将来のことはわかりません。また、どんなに心配したところで、物事は変わらないのです。だったら、もがき苦しむのを止めて、現状を甘受しましょう。そして、いまこの一瞬、一瞬を精一杯に生きていくのです。


佐藤優

人脈を増やし過ぎるとメンテナンスが大変になる。仕事の人脈は常に見直しをしていましたね。人脈を「伸ばす人脈」「維持する人脈」「切っていく人脈」の3つに分け、それこそ3つの箱を作って名刺をそれぞれ分けて入れる。で、半年に1度は見直しをする。僕の場合は1000人ほどいた人たちのうち、「伸ばす人脈」は100人くらいだったと思います。


ジェイ・エイブラハム

多くの人は新規顧客を獲得することに躍起になりすぎている。いままで一度も購入したことのない人に初めて購入してもらうよりも、以前買ったことのある人に再購入をしていただくほうが、より簡単だということを決して忘れてはならない。


吉田博一

シニアになれば健康管理が何より欠かせません。僕は30年ほど前から「真向法」という健康体操の一種を始めました。体が柔らかくなると、頭も柔軟になり、気力が生まれます。「真向法」を行っている限り、元気に活動できるのかなと思います。


樋口武男

なぜ私がスローガンによる戦略の浸透に心を砕いてきたのでしょうか。それは役職が上がるにつれて部下の数が増え、より効率的な方法を求められたのがきっかけです。私の考え方をどう効果的に浸透させたらいいのか。移動中の列車の中で、手帳に対策を書くうちにひらめいたのが、簡潔なスローガンにして発信することだったのです。


つんく♂

大事なのは、ゴールのテープを切ることであって、ゴールまでの交通手段はクルマだろうが、自転車だろうが、徒歩だろうが何だっていいんです。まわりの人間は「この道は狭いからクルマは使わない方がいいよ」とアドバイスしてくれているのに、クルマにこだわっていると、絶対にゴールにはたどり着けません。だから、自分の目的に向かってさえいれば、途中の目標は臨機応変に変えてもいいんです。


小日向文世

僕は人よりも緊張しいなんですよね。ミスしたくないという思いがすごく強くて、できるだけ完璧なものを目指す。「いいじゃん、生だからそこでのアクシデントもお客さんには新鮮かもしれない」というふうにはなかなか思えない。吐き気がするほどセリフを繰り返し自分の中に入れ込む。どんなことがあっても、セリフが、例えばテレビ見てるとか別のことしていても、ダーッとセリフが出るように、というくらいにしないといけないと思ってましたね。


マギー司郎

一般の人は一生懸命、毎日、会社に奉仕しながら、自分の人生を生きていくわけじゃない。そういう人は幸せになっていいよね。だけど、芸人の幸せはあんまり……。男前で、言うこともそつがなくて、お金があって、何不自由ない。正直に言ってさ、そういう人の芸はたいてい面白くないよね。


藤野英人

清く豊かに生きることは可能であるというより、そうあらねばならない。世の中とはそういうものだと思います。投資活動も「清く豊かに」を実践する企業に投資をすることでリターンが得られるのです同一それは社会をよくする企業を応援することで豊かになることであり、ギャンブルとはまったく異質のものなのです。


真田茂人

仕事の成果は、「自分の力×他人の力」で決まる。他人の協力なしでは、成果は生み出せない。


千田琢哉

会議が多いなら資料は1枚にして時間を節約するなど、ムダに全力投球しないのが賢い。変化に対応できた者だけが生き残れるのは世の常。周りとの軋轢を恐れて慣習に縛られていたら滅ぶだけ。まじめを続けて共倒れしても、いいことは何もありません。


藤井孝一

どんな小さいネタでもいい。自分がやれること、やりたいことを既存のビジネスモデルと組み合わせる。それだけで単なる会社員を脱皮し、新しい働き方の世界に足を踏み入れることができるでしょう。


ページの先頭へ