名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大浜平太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大浜平太郎のプロフィール

大浜平太郎、おおはま・へいたろう。日本の男性アナウンサー。テレビ東京報道局取材センター記者。福岡県出身。駒澤大学法学部卒業後、テレビ東京に入社。ビジネス番組『ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)』のサブキャスターを後、夕方のワイド番組『FINE!(NEWS FINE)』のメインキャスターに就任。そのほか『NEWSアンサー』のメインキャスターなども務めた。「平ちゃん」の愛称で知られている。

大浜平太郎の名言 一覧

優秀な経営者を取材して感じるのは、彼らは総じて視点を融通無碍(ゆうずうむげ)に変えて新しい答えを出す能力を持っていることです。その背景に読書体験があるのかどうかはわかりませんが、多くの人や多くの書物との出会いを血肉としていることは想像に難くありません。


独自の視点というのは口で言うほど簡単ではなく、日々、生みの苦しみで取材の切り口を捻り出しているのが、正直なところです。斬り口が煮詰まった状態で取材をすると、取材相手のペースに乗せられて上滑りなコメントしか引き出せなかったり、他社の報道と似通ってしまったりします。そんなとき、新しいものの見方や斬り口を与えてくれるのが読書です。


毎日のように番組制作に追われているため、十分な時間が取れないのですが、わずかな時間での読書も貴重な経験です。読書の質が仕事のクオリティを左右するといっても過言ではありません。


小説を読むことは、自分の頭をかきまわすときに役立っています。


大浜平太郎の経歴・略歴

大浜平太郎、おおはま・へいたろう。日本の男性アナウンサー。テレビ東京報道局取材センター記者。福岡県出身。駒澤大学法学部卒業後、テレビ東京に入社。ビジネス番組『ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)』のサブキャスターを後、夕方のワイド番組『FINE!(NEWS FINE)』のメインキャスターに就任。そのほか『NEWSアンサー』のメインキャスターなども務めた。「平ちゃん」の愛称で知られている。

他の記事も読んでみる

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


柳楽幸雄

重要なのは、トップ自らが「波打ち際」に身を置くこと。丘の上から潮の流れを見ているだけでは、現場の感覚が理解できません。逆に海の中に入り込みすぎると、押し流されて溺れてしまいます。適切な場所に立つことが、情報収集には欠かせません。


伊藤正文(経営者)

言葉が適切かどうかわかりませんが、「アマノジャク戦略」ということに尽きます。たしかに海外に生産を委託して国内で安く製品を売るのも、ひとつのビジネスモデルの成功例です。しかし当社では、しっかりした技術や素材に裏打ちされた最高の製品をお客様に届けていくことが、私たちの使命だと考えています。そこで当社では、日本国内におけるモノづくりを大切にしています。


井阪隆一

当社は会議が多い会社だと思いますが、内容の半分以上はケーススタディーの共有です。


船ヶ山哲

はじめの顧客数人が集まるまでは、ポジショニングなど考えずに世間に対して自分の思いをぶちまけることが大切です。そうすることで、あなたに共感する人が徐々に集まり始めます。そうなればしめたものです。まだあなたがどこで戦うかを明確に決めていない段階で共感し、お金を払ったということは、そのメッセージが彼らに響いたということ。たとえその人数が少なくとも、彼らの共通点を探ることで、今後お金を払う「可能性のある人」を引き寄せることができるのです。逆に、あなたがどれだけいいことを言おうと、それがお金に繋がらなければ意味はありません。


出口治明

いまの自分が一番若い。迷っているとその分だけ歳をとって元気がなくなる。挑戦するなら早ければ早いほどいい。


アダム・スミス

最小の努力をもって最大の欲望を満たすことが人間の経済行為の基礎原理である。


草野仁

精一杯、自分のできることを積み重ねていくと、そこには信頼の山ができているはず。


高田旭人

経営の楽しい部分というのは、経営者として全ての場面で自分の最終決定が求められるところです。自分の責任でチャレンジできると捉えて、言い訳が出来ない状況で毎日チャレンジ出来ることをチャンスと捉えています。


チャップリン

成功は人を愛想よくする。私はスタジオの人たち、誰ともみんな親しくなった。エキストラから道具方、衣装係からカメラマンに至るまで、私はみんなの「チャーリー」になった。もともとあまり社交好きではなかったが、さすがにこれは嬉しかった。つまり、みんなが親しんでくれるというのは、とりもなおさず私が成功者だという証拠だったからである。
【覚書き|イギリスの舞台俳優からアメリカの映画俳優に転身した当時、スタジオの面々と意見が衝突し孤立していたが、チャップリンの映画の成果が出始め周囲との関係が上手く行きだしたことを振り返っての発言】


下村朱美

先達の私たちが、働く楽しさをもっと発信していかないといけないですね。女性の側も、家庭に入って食べさせてもらいたいという甘えをなくす必要があります。外の世界には、刺激的な楽しいことがたくさんあるということを知ってほしい。


川野幸夫

なぜ当社がパート社員をパートナーさんと呼ぶのかと言うと、全員で商売をするための「仲間」だからです。共に働く、対等な存在として敬意を持って、パートナーさんと呼んでいます。