名言DB

9419 人 / 110788 名言

大浜平太郎の名言

twitter Facebook はてブ

大浜平太郎のプロフィール

大浜平太郎、おおはま・へいたろう。日本の男性アナウンサー。テレビ東京報道局取材センター記者。福岡県出身。駒澤大学法学部卒業後、テレビ東京に入社。ビジネス番組『ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)』のサブキャスターを後、夕方のワイド番組『FINE!(NEWS FINE)』のメインキャスターに就任。そのほか『NEWSアンサー』のメインキャスターなども務めた。「平ちゃん」の愛称で知られている。

大浜平太郎の名言 一覧

優秀な経営者を取材して感じるのは、彼らは総じて視点を融通無碍(ゆうずうむげ)に変えて新しい答えを出す能力を持っていることです。その背景に読書体験があるのかどうかはわかりませんが、多くの人や多くの書物との出会いを血肉としていることは想像に難くありません。


独自の視点というのは口で言うほど簡単ではなく、日々、生みの苦しみで取材の切り口を捻り出しているのが、正直なところです。斬り口が煮詰まった状態で取材をすると、取材相手のペースに乗せられて上滑りなコメントしか引き出せなかったり、他社の報道と似通ってしまったりします。そんなとき、新しいものの見方や斬り口を与えてくれるのが読書です。


毎日のように番組制作に追われているため、十分な時間が取れないのですが、わずかな時間での読書も貴重な経験です。読書の質が仕事のクオリティを左右するといっても過言ではありません。


小説を読むことは、自分の頭をかきまわすときに役立っています。


大浜平太郎の経歴・略歴

大浜平太郎、おおはま・へいたろう。日本の男性アナウンサー。テレビ東京報道局取材センター記者。福岡県出身。駒澤大学法学部卒業後、テレビ東京に入社。ビジネス番組『ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)』のサブキャスターを後、夕方のワイド番組『FINE!(NEWS FINE)』のメインキャスターに就任。そのほか『NEWSアンサー』のメインキャスターなども務めた。「平ちゃん」の愛称で知られている。

他の記事も読んでみる

小倉広

人は心のガソリンがあれば失敗を恐れずチャレンジをするが、ガソリンが空になると、チャレンジをしなくなる。「頑張れ」と声をかけることは、ガソリンをつぎ足すことよりも、むしろ減らすことにつながる。


宗次直美

夫と二人で立ち上げた会社ですから、壱番屋も子供のようなものだと思っています。私は、会社の交際費は一切使いません。交際費名目で支出するのは、加盟店さんのオープン記念に贈る花輪くらいで、海外に行くときも自腹です。なぜかといえば、子供からお金を取りたくないからです。


樋口武男

サイバーダイン社長の山海(嘉之)先生と1対1で話をした時に「この先生は嘘をつかない」と感じました。「そういうお気持ちで事業をしておられるのであれば、当社がサポートします」ということで40億円を出して、筑波大学の近くに工場と研究所をつくって提供しました。


鈴木亜久里

チーム運営は人間関係に尽きますね。ドライバー、サプライヤー、メーカーなど、F1チームは、人とのつながりのなかで運営していくものだから、人間関係を良好に保っておくことが何よりも大切です。それは、僕自身が現役のドライバーだったときに身にしみて感じたことでもあります。


マーク・ベニオフ

戦略的なリスクテークが重要です。尊敬を集めるバスケットボール選手は、他の選手が打たない場面でもためらわずシュートを打ちます。このような選手はリスクのことをよく理解していると思いますよ。なぜなら、リスクを取れば失敗は多くなりますが、リスクを取らなければ点は入りません。


三浦展

僕がパルコに入って最初にやったのは新所沢パルコの出店マーケティングで、生まれて初めて国勢調査を徹底的に読み込みました。現象の基礎というのは、やっぱり人口ですよ。高齢者が増えたとか、働く女性が増えたとか、その数が何人いるかということが一番の基礎なのに、意外に疎かにされていますね。


内沼晋太郎

本棚という限られたスペースの中に、できるだけ数多くの本を並べようとすれば、サイズごとに分けて並べるのが合理的です。しかし私は、サイズ別ではなく、内容別に並べています。自分の中で「内容的に近い」と思う本を近くに並べるのです。そうしてこそ、「自分の興味や関心を可視化する」という本棚の機能を発揮させることができるからです。


小枝至

大きな成果をあげた改革のキーワードは透明性。


吉野佳秀

毎週火曜日に社内で「卵の会」という勉強会を開いています。たまに特許などの話をすることもありますが、基本的には何でもありの勉強会です。参加自体、強制ではありませんし、手を挙げれば誰でも好きなことを発表して良いことになっています。これまでにも、戦国武将、重力波、材木の切り方など、あらゆる分野が議題となってきました。担当者だけは決まっていますが、テーマが予め発表されることは無いため、発表者以外は事前準備ゼロ。あとはプレゼンを聴いた上、その場の思い付きで議論します。毎回、12~3人は参加しているのではないでしょうか。


ひろゆき(西村博之)

僕は人のクビは切れないです。明日から僕が食えなくなるとか、本当の危機感があればできますけど。だから、クビを切れる人はすごいと思う。