名言DB

9419 人 / 110788 名言

大津秀一の名言

twitter Facebook はてブ

大津秀一のプロフィール

大津秀一、おおつ・しゅういち。日本の緩和医療医、作家。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本バプテスト病院ホスピス医、東邦大学大森病院緩和ケアセンターセンター長などを務めた。人の生と死についての本を多数執筆。著書『死ぬときに後悔すること25』が30万部を超えるベストセラーになった。

大津秀一の名言 一覧

親の人生について聞くことが親孝行になります。親の年齢になると、自分の生き方や経験を誰かに話したくなることがあります。そして、聞いてもらうと心が穏やかになる。子供が聞いてくれたら、それこそ親はうれしいでしょう。終末期医療では「ライフレビュー」と呼ばれ、患者の心のケアに使われています。


親孝行は親の話を聞くことに尽きますね。案外、子供って親と一緒にいても踏み込んだ話をしていないことがままあると思います。親のことは何でも分かっていると思いがちですから。病院へ会いに来るご家族の様子を見ていても、親御さんの本心をあまり聞けていないことがあります。本心が分かっていないので、独り善がりな行動になってしまうことがあるのでは。


患者が危篤状態になると、「あらゆる手を使って親を生かしてください」とおっしゃるご家族が珍しくない。そういう方に限って、ほとんど会って話をしてこなかったということがあるんです。本来は自然な感謝の気持ちを、親孝行で表すのがベスト。でも人は何かを失ったり、失いそうにならないとその大切さに気づけないことが多い。親を亡くすと何を後悔するだろうか。真剣な気持ちで白分に問いかけてみてください。


毎年の母の日に、遠方に住む母親へ花を贈るとしますよね。気持ちを込め、母親も喜ぶ。だけど、それが母親の一番の望みかどうかは別問題。「花は届いた?」と電話して、「届いたよ、ありがとう」と言ってもらったとしてもですよ。「一度くらい家族で食事に行きたい」「たまには顔を見たい」。そう思っているかもしれない。親孝行は「親がしてほしいこと」と「自分が親にしてあげたいこと」をすり合わせてした方がいい。


大津秀一の経歴・略歴

大津秀一、おおつ・しゅういち。日本の緩和医療医、作家。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本バプテスト病院ホスピス医、東邦大学大森病院緩和ケアセンターセンター長などを務めた。人の生と死についての本を多数執筆。著書『死ぬときに後悔すること25』が30万部を超えるベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

佐々木隆(経営者)

分社化後に「経営が近くなった」という社員の声を多く耳にしました。分社化で各事業会社の規模が小さくなりますから、経営と現場との距離が短くなるのです。何が起こるかわからない昨今、自社の中に多くの「関節」をつくって、成長領域を増やしていく。それは、どの産業にも共通する課題でしょう。


山口悟郎

あまり「これで儲けよ」「これが将来性がある」といった指図を上層部は社員にしません。社員自らに「これをヒットさせる」という思いでやってもらうようにしている。


池谷裕二

大人は、子供のように驚いたりワクワクしたりすることが減り、物事が印象に残りづらい。逆に言えば、ワクワク感を持てば学習能力は上がります。では、どうすれば「ワクワク感」を持てるでしょうか。「ワクワク感」を持っているとき、脳の記憶を司る海馬からは「シータ波」が出ます。この脳波はもともと、動物が探索をするときに出るもの。どこに敵がいる、食糧がある、などの情報に敏感になり、集中力や記憶力が研ぎ澄まされるのです。これを人間に応用すると、「移動」が有効。歩いているときや電車に乗っているときはシータ波が出て、集中力が高まります。


吉岡知哉

リベラルアーツは昔、語学と天文学、代数学で構成されていたことからもわかるように、神がつくった被造物の世界を知るための基礎技術であったと思います。世界のことを知る過程で、今度は世界という広い視野から自分を見たときに、自分は何のためにこの世界にいるのか、自分のミッションとは何なのかを考える。これこそがリベラルアーツが育てる視点だと思うのです。


野地彦旬

変化の大きい時代だからこそ、マーケットに合わせた戦略が必要です。独自の小規模工法を強みに、小さく生んで大きく育てるグローバル展開を進めています。


小池百合子

重要なことはマーケティング。マーケティングとは顧客のニーズを探ること、つまり相手を知ること。「都民ファースト」というのも、都民のニーズを知らなければ、政策もできないし、実践もできない。魂も入らない。


美輪明宏

友達がいない、できないと嘆く人がいますが、本当の友人というものは、一生のうちに一人か二人できるかできないかのものなのです。厳密に言えば一生涯出会わない人の方がほとんどです。


登坂絵莉

子供なりには頑張って、レスリングを続けましたが、自分のことを強いと思ったことはありませんでした。高校生になり、進路を考える時期になると自分は弱いから、もう、レスリングを辞めよう、と思って、担任の先生にはそう伝えたんです。でも、監督には怖くて言い出せなくて……。そのまま高3になって出場した全日本選手権で2位になって。もう少し頑張ってみようと続けたら、次の全日本選抜で運良く優勝。それで、大学1年のとき、世界選手権に初出場することになりました。


わたなべぽん

私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


竹中宣雄

住宅メーカーの仕事の醍醐味は、お客様から感謝の言葉をいただくことに尽きます。私が社長に就任したとき、40年も前に私が長野で担当したお客様がお祝いに駆けつけてくださった。40年も経っているんですよ。こんなうれしい気持ちを味わえる仕事は、ほかにはないと思いましたね。