名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大津秀一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大津秀一のプロフィール

大津秀一、おおつ・しゅういち。日本の緩和医療医、作家。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本バプテスト病院ホスピス医、東邦大学大森病院緩和ケアセンターセンター長などを務めた。人の生と死についての本を多数執筆。著書『死ぬときに後悔すること25』が30万部を超えるベストセラーになった。

大津秀一の名言 一覧

親の人生について聞くことが親孝行になります。親の年齢になると、自分の生き方や経験を誰かに話したくなることがあります。そして、聞いてもらうと心が穏やかになる。子供が聞いてくれたら、それこそ親はうれしいでしょう。終末期医療では「ライフレビュー」と呼ばれ、患者の心のケアに使われています。


親孝行は親の話を聞くことに尽きますね。案外、子供って親と一緒にいても踏み込んだ話をしていないことがままあると思います。親のことは何でも分かっていると思いがちですから。病院へ会いに来るご家族の様子を見ていても、親御さんの本心をあまり聞けていないことがあります。本心が分かっていないので、独り善がりな行動になってしまうことがあるのでは。


患者が危篤状態になると、「あらゆる手を使って親を生かしてください」とおっしゃるご家族が珍しくない。そういう方に限って、ほとんど会って話をしてこなかったということがあるんです。本来は自然な感謝の気持ちを、親孝行で表すのがベスト。でも人は何かを失ったり、失いそうにならないとその大切さに気づけないことが多い。親を亡くすと何を後悔するだろうか。真剣な気持ちで白分に問いかけてみてください。


毎年の母の日に、遠方に住む母親へ花を贈るとしますよね。気持ちを込め、母親も喜ぶ。だけど、それが母親の一番の望みかどうかは別問題。「花は届いた?」と電話して、「届いたよ、ありがとう」と言ってもらったとしてもですよ。「一度くらい家族で食事に行きたい」「たまには顔を見たい」。そう思っているかもしれない。親孝行は「親がしてほしいこと」と「自分が親にしてあげたいこと」をすり合わせてした方がいい。


大津秀一の経歴・略歴

大津秀一、おおつ・しゅういち。日本の緩和医療医、作家。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本バプテスト病院ホスピス医、東邦大学大森病院緩和ケアセンターセンター長などを務めた。人の生と死についての本を多数執筆。著書『死ぬときに後悔すること25』が30万部を超えるベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

山本敏行(経営者)

製品の技術に関して私はノータッチ。なぜなら私はデザインもプログラミングもできないITの素人だからです。そのため、製品に関しては専務取締役でCTOの弟・正喜に全てを任せています。一方の私の役回りは営業とマーケティング。昔から人と話をすることや人を観察することが好きだった性分もあり、トップセールスで当社の製品を売り込んでいます。ですから、当社は兄弟経営の会社と言えます。


古屋兎丸

僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


西澤敬二

重要なのは、まず生産性を上げること。ものすごい量のビジネスインテリジェンスツールが世の中に出てきているので、すべての業務プロセスを見直し、最先端技術をどんどん現場に取り込むように本社内の各部署に指示を出していきます。これは現場というよりは本社の役割ですね。


谷平優美

まず、なぜ働きやすさが必要なのかを、企業に理解してもらうことが大切です。「働きやすいと生産性がこれだけ上がる」「企業広報としても、採用の面でも、プラスに働く」ということを、数字で示す。そうすることで経営者が納得すれば、職場の環境整備も業務改善も促されると思います。


北嶋一甫

何故私たちにできないものはないのかというと、要するにできるまでやるからです。今までの蓄積を体がすべて覚えているんです。だから一度覚えた技能は忘れることがない。苦労が多く、不良品がたくさん出るような難しい仕事もあります。でもやってできないものはないんです。


虚淵玄

アニメ制作会社のGONZOさんから持ち込まれた企画があって、自分が企画書を書いていたんです。それは「呪いのバイクに乗った若者たちのバトルロイヤルもの」で、当初はその通りにオリジナルアニメをつくるはずだったんですけど、板野(一郎)さんが監督として入ってきて内容がガラッと変わりました。板野さんにコテンパンにされたんですね。それまで自分は独学でやってきて、自分よりキャリアと経験があるクリエイターから説教された経験がなかったんです。行き詰まりを感じていた自分にとって、違う世界で違うことをやっている人と出会うことは大きな刺激になりました。


植草徹也

最初にドカンと大きなお金を投入しないというのは非常に大切なこと。結局、イノベーションとはセレンディピティー(偶然の出会い)です。ならば数多く打席に立つ人の方がイノベーションというヒットを打つ確率は高くなります。たくさん打席に立つには1回あたりのコストを小さくしなくてはなりません。


小堺桂悦郎

借金には「お金があってする借金」と「お金がなくてする借金」の二つがあって、前者は検討に値する場合があります。たとえば300万円の預金があって、200万円のクルマを買おうという場合、多くの人が「ローンの金利がもったいないから現金で買おう」と思います。しかし、私はその300万円は銀行に預けたまま、ローンでクルマを買うことを勧めます。なぜなら、給料が下がったり、病気をしたりするなど不測の事態が起きれば、途端に余裕がなくなるからです。そして「お金がなくてする借金」をせざるを得なくなります。「お金がなくてする借金」は、本当につらい。そうならないためにも、ローンの金利は一種の保険料だと思って、手元にある程度自由になるお金を持っておくことは必要だと思います。


山崎照幸

経営力は一朝一夕にできたものではありません。良いときも悪いときも、体質改善を怠らなかったからこそ、いまのヤマザキマザックがあるのです。


金丸恭文

世の中、平均的ないわゆる普通の人たちが8割とか9割います。そういう人たちの話を聞いていれば、めでたく普通の人にはなれるかもしれない。しかし、自分がこの世に生まれてきて、何かを成し遂げたという満足感を得ようとするならば、ごく普通の人の話を聞いていたのでは道を誤るということです。


福武總一郎

ぬるま湯できた会社だから、変えたいと思って原田(泳幸)さんに来てもらった。社内で少々あつれきは起きると思ったけど、改革にはああいう人が必要だから。


柳井正

全ての企業が創業期になる。創業期だからこそ、どんな企業も根源を改めて問い直す必要がある。それなしには決して成り立たない。