名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大津司郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大津司郎のプロフィール

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

大津司郎の名言 一覧

どんなに慎重に行動していても、危険な目に遭うことはあります。最後は直感を信じて、できることは何でもやる。それが私の危機管理術です。


本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。


大津司郎の経歴・略歴

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

他の記事も読んでみる

杉村健一

電車通勤の時間を使って勉強していました。文法の本を読んだり、携帯音楽プレーヤーとイヤホンで単語やリスニングの勉強をしたり。リスニングは歩いている時にもできますし、子供を公園で遊ばせながら参考書や単語帳を見ていました。毎日少しずつでもスキマ時間を見つけて、コツコツ勉強するクセをつけました。


河野英太郎

メールには、一斉同報ができること、資料として残せること、時間が拘束されないなどのメリットがあります。しかしこれらの利点を活かす必要がないときは、直接、対面で話すべきです。


金杉恭三

上手にリスクを避けていては成長できない。新しいこと、難しいことにチャレンジして、失敗することが成長につながる。


保坂隆(精神科医)

そろそろ定年が見えてくるような年齢になれば、嫌いな人とバッサリ関係を切ってもいいでしょう。しかし、40代まではまだネットワークづくりが大事な年代。特に起業や転職を考えているなら、社外の人脈づくりに励むべき。その一方でストレスをためないためにも、上司や同僚とは適切な距離をとることが必要になります。


海部俊樹

自分自身の言葉で誠実に語る。引退まで50年に及ぶ政治家生活の中で、私が大切にしてきたことです。


鈴木喬(経営者)

在庫で潰れた会社はあっても、品不足で潰れた会社はない。


長田邦裕

良質な情報を本部及び加盟店に集めるため、様々なシステムの開発にも力を入れています。例えば、昨年刷新した「21クラウド」と呼ばれる、営業支援システムがそれです。これは、我々のサイトを経由して各不動産ボータルサイトに物件情報を公開するためシステムで、以前のものと比べて反響数が2倍から3倍に増えます。こうした莫大なコストがかかるシステムを本部主体で開発ができることも、我々の強みだと思います。


野本弘文

キーワードの一つは「オープン」です。同業者であっても、共創することが大切です。すべてを自分で作ろうとすると、後れを取ってしまう。得意な人と組むことで、自分でやる以上のものが生まれます。いろんな組み合わせでスピード感を出す上でも、コミュニケーションが大事です。


大串亜由美

会議で反対意見を述べたい。けれども、反論したらムキになって延々と言い返してくるタイプがいる。そんなときに有効なのが、賛成と反対を交互に伝える「サンドイッチ話法」です。いきなり否定の話から入ると、相手は身構えてしまいますが、最初に賛成の意を示すと、相手は反対意見を受け入れてくれやすい。これなら、議論もスムーズに進みます。


小宮一慶

お客様の中で起こっていることから世の中の情報まで、注意し定点観測すれば、その変化に気づける。数字やデータでなく、自分が仕事で気になる情報の変化は自分で知ろうとしない限りわからない。


石井久(立花証券社長)

株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。


道脇裕

やるべきと思えてしまうことが無数にあって、だからこそアイデアも次々と浮かんでくる。