名言DB

9412 人 / 110637 名言

大津司郎の名言

twitter Facebook はてブ

大津司郎のプロフィール

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

大津司郎の名言 一覧

どんなに慎重に行動していても、危険な目に遭うことはあります。最後は直感を信じて、できることは何でもやる。それが私の危機管理術です。


本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。


大津司郎の経歴・略歴

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

他の記事も読んでみる

宮嶌裕二

本当の仕事というものは自分一人だけが稼ぐのではなく、組織として稼げるしくみをつくることだ。


手倉森誠

もし試合でいいパフォーマンスを出せずに落ち込んでいる選手に、「おまえ、あのプレーは何なんだ」といきなりダメ出ししてしまうと、その瞬間にどんなアドバイスも受け付けなくなる。でも、次の日の朝一番に、「昨日の試合のことを振り返ってみろ」と声を掛けたら、「ああ、監督は昨日の俺のことを気にしてくれていたんだ」と思うもの。そうなれば、自分からいろいろと話してくれるようになりますよ。


中井政嗣

ある時期、いわゆる「落ちこぼれ」の人たちを採用していました。好き好んで採ったのではなく、実を言うと選り好みできなかったからです。しかし、面接して話を聞くうちに、家庭環境に恵まれなかったから校内暴力やシンナー遊びに走ってしまったという、やむにやまれぬ彼らなりの事情が分かってきました。そうなると、不採用にして追い返すことの方がむしろ勇気を要します。情が移るのです。「よう頑張ったな。ようここまでで止まったな。よっしゃ、うちにおいで。採用や」こういって、何人かの元不良少年を受け入れてきました。


梁瀬行雄

年齢という秩序によって、人を整然と統治していくやり方に受け入れやすい点はありますが、年功序列が徹底しているのは日本くらいなものだし、その日本にしても戦後から近年に至るまでのごく一時期に徹底されていただけで、古往今来、年功序列がスタンダードだったわけではありません。


佐藤公平

全従業員に「継続は力だよ」と繰り返し言っています。継続することが力。逆に言うと、継続しなかったら力にならない。


栗原博

大手上場企業を担当する営業部に異動したとき、そこで出会った上司はこう言いました。「苦手な気持ちは、たとえ表現しなくても空気で伝わってしまう。だから感情を隠すのではなく、お客様のことを好きにならなくてはダメだ。お客様を好きになるためには、お客様のいいところを見つけることが大切。いいところは、ぼやっと見ているだけではわからない。だから、単に知っているというレベルではなく、お客様自身が知らないようなところまで知り抜きなさい」、と。この心構えは今でも大事にしています。


ニュートン

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。


吉田尚記

自分がしゃべることより人と会話を滞りなくつなげて、場を和やかに保っていくということが重要。


柴田励司

スキマ時間の活用が大事だとよくいわれます。では、具体的にどうすれば活用できるのか。大事なのは意識を変えることです。私の場合は、まず、15分を意識することから始めました。「15分しかない」ではなく、「15分もある」と考える。すると、この15分を使ってできることがみえてきます。15分に慣れたら、次は10分とか5分を意識する。いまの私は5分を意識していますね。「5分もある」と考えると、自然に5分のスキマ時間でメールを2通書けるようになる。それが積み重なれば、勉強の時間も確保できるようになります。


武田双雲

人を好きになる力。これは誰より強いと思う。とにかく人を喜ばせたい。


中山真由美(整理収納アドバイザー)

個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。


森正文(経営者)

一連の賃上げについては、非正規社員に対しても分け隔てなく実施してきた。社員数が少なく、家族的な経営をしている当社では、非正規社員を差別すれば不満がたまる。


西村晃(経済評論家)

業界の論理に倣うだけでは儲からない。


城谷直彦

私が新入社員に言うのは、まずは「人に好かれなさい」ということ。若いうちは人に好かれていて、一生懸命にやっていれば、少々の失敗は許してくれます。でも、どんなに良いシステムを構築しても人から好かれなければ、ビジネスにはつながりません。


内藤剛志

徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。