名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大津司郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大津司郎のプロフィール

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

大津司郎の名言 一覧

どんなに慎重に行動していても、危険な目に遭うことはあります。最後は直感を信じて、できることは何でもやる。それが私の危機管理術です。


本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。


大津司郎の経歴・略歴

大津司郎、おおつ・しろう。日本のフリージャーナリスト。東京都出身。東京農大在学中からアフリカに行く。サハラ旱魃救援委員会、青年海外協力隊、アフリカ関連テレビ番組コーディネーターなどを経てフリーのジャーナリストとしてアフリカの紛争地帯の取材を行った。

他の記事も読んでみる

川名潤

イメージが固まったら、イラストであれば誰にお願いして、写真だったらカメラマンは誰でどんな感じの写真を撮ってもらうかを決めて、「大体こんな感じでお願いします」って、僕の方でラフを描いてお渡しします。できあがったものがイメージと違ったら、僕の伝え方の方が悪かったなって反省します。


井上高志

相手を知ることが、最適なコミュニケーションの方法を探る第一歩です。


鈴木喬(経営者)

最近の経営者は、理屈が多い印象を受けます。みんな枕詞のように「我が国の経済は低迷して、だから業績も危機的状況で……」と言う。そんなの関係ないですよ。ちょっと具合が悪いと、「リーマンショック以来の危機」とか言って騒ぎ出す。歴史を見れば分かる通り、いつだって危機なんですよ。そこをどうするか考えるのが社長でしょう。


小路明善

国内がダメだから海外に出るという意識では勝てない。カギは「日本発」の技術や品質、ブランドを海外で戦う強みにできるかどうか。各国の消費者の好みに合わせながら、「プレミアム」商品として打ち出すことが重要。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

いい指導者になるには、子供たちから尊敬されなければならない。いくらこちらが、「周囲の人を敬いなさい」と言っても、価値のない人間なら、コーチが敬われることはありませんから。


神永正博

企業の中では「予算を通す」「企画のゴーサインをもらう」などのためには、稟議を通さなくてはなりません。意思決定の場で使う数字の巧拙で、思い通りに事を運べたり、逆に保留や中止、見直しに甘んじます。


日覺昭廣

我々は製品ごとに最強パートナーと組んでいるため、M&Aを仕掛けるイメージがないかもしれませんが、いい案件があれば積極的に動きます。


三木卓

僕はおやじギャク、大賛成です。大いに飛ばしてほしい。しかも下手であるほうがいいんです。みんなに「あれさえ言わなけりゃ、いい男なんだけどな」と言われるのが大事だと思います。たとえば大砲の弾がドカドカ飛んできて、全員が頭を低くしているときに、誰かがボソッとくだらないことを言う。そうすると、みんな元気が出ると思うんです。


安田隆夫

どんな人でも、周囲が気づいていない誇りを持っている。日頃から相手を気にかけてそれを見つけ出し、「おまえ、スゴイな、大したもんだな」と伝える。誇りの大小に関係なく、「よくぞ気づいてくれた!」と相手はすごく喜びますよ。見え透いたお世辞では、こうはいきません。


清宮克幸

重要なのは、あらゆることができるようになろうと全方位的に努力することではありません。目標を達成するためにクリアしなければならない課題は何かを、きちんと見極めることです。


魚谷雅彦

国内事業立て直しのために、今後は組織から、商品パッケージなどの細かいことまで、すべて顧客視点で見直す。今の資生堂は、(同じトイレタリー商品を複数の組織で販売しているなど)組織がバラバラ。それが消費者にとって不便な要因になっているようであれば、これも変えていく必要があるだろう。包装などについても、対面でなくセルフで売る商品はもっとパッケージを分かりやすくしなくてはいけない。


小川直也

プロレスに元気がないのは時代の変化に対応できていないからです。プロレスはいま、総合格闘技とは違う独自の魅力を生み出さなきゃいけない変革期にあるんです。それなのに、変わろうとしない奴が多すぎる。変わるということは、自分のこれまでのプロレス観を否定しなきゃいけないということですからね。