名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大河原毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大河原毅のプロフィール

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

大河原毅の名言 一覧

父は、出来の悪い息子の落第を聞いても達観した様子でしたが「君は奥手だから」と、一言つぶやいたことを覚えています。若い時はつらいことばかりでしたが、父の言葉を信じて、私の人生は実るのが遅いだけだと思って生きてきたことで度胸もついたのでしょう。


最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。


「日本だけが俺のチキンを作り続けてくれた」。ケンタッキー・フライド・チキン創業者カーネル・サンダースさんが晩年に言ってくれたのはとてもうれしいことです。米国本社では効率化のために創業の味が失われていったのに対して、日本法人こそが本来の味を守り抜いたと認めてくれたのです。約18年間、社長を務める中で、決して譲れないことでした。


国際化で大切なのは日本の良さを再発見してアピールすることです。私は現在、ジェーシー・コムサという外食企業で最高経営責任者を務めています。フライドチキンのために北海道八雲町に作った農場も継承しました。自然があふれる八雲町の良さを世界に発信する活動に力を入れています。多くの外国人が訪れ、大きな手応えを感じています。


悪戦苦闘しながら店を増やしていきました。意外な障害となったのが、米ケンタッキー・フライド・チキンの介入でした。冷凍の輸入鶏肉を使うことや、機械化しやすいように調理手順を単純にすることを求めてきたのです。米社は当時からM&A(合併・買収)のマネーゲームにさらされて、味よりも短期的利益を求めるようになってしまったのです。そんな合理化ばかりでは、全く違った食べ物になってしまうと抵抗し、日本産の鶏肉にこだわり自社農場まで設けましたが、要求を跳ね返すのは大変でした。


大河原毅の経歴・略歴

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

瀧本哲史

「あいつは傍流だから、付き合わなくてもいいだろう」という考え方は危険です。ビジネスモデルの変化の激しい時代では、主流が壁にぶつかり、突然、傍流が主流となることがあります。


寺本克弘

シェア1位の技術や製品というのは、昨日、今日で作り上げたものではない。業績が落ち込んだ時でも次世代の技術を生み出す研究開発投資を継続するなどの努力を重ね、お客様との強い関係を築いてきた。今後も、マーケットリーダーとしての強みを生かし、一歩先の開発を続けていく。


岡野博一

弊社は社員の半数が職人なので、私が一生懸命ビジョンを語っても、基本的には「社長が何か騒いでいるな」という雰囲気です。それにもめげず、毎日同じことを言っています。


藤崎一郎

政府の役人同士であれば、お互いにそれぞれの国益を背負っています。でも決して相手をミスリードせず、できる範囲で相手のことも考えて行動していれば、自然と信頼関係は築かれていくものです。個人的信頼関係があるか否かで情報交換も交渉も、決定的に違ってきます。


井上裕之

不幸なことが続いたとき、苦しみを紛らわせるために心理学や自己啓発の本を読み漁りました。読み進めるうちに、人生に起こる出来事には、それ自体にいいも悪いもないということに気づいたんです。いいとか悪いを決めているのは人間の頭であって、現象そのものには、まったく意味はないと悟りました。交通事故も、それまでは悲しい、不幸ととらえていましたが、「あの出来事は自分が患者さんの痛みを心から共感できる医師になるための成長の糧なんだ」。そう、思えるようになったんです。


小倉昌男

事業のアイデアがどんなに素晴らしいものだったとしても、それは一人で実現できるものではないはずだ。もちろん経営者には企画力のようなものが必要だが、それと同時に、人を動かす術を持ち合わせていなければ、自分の企画を形にすることはできない。当たり前の話だが、情報収集力に長けた若い人は往々にして頭でっかちになってしまい、その当たり前のことを忘れがちなのではないだろうか。


本広克行

演劇は映画とは全然やり方が違い、普段会わないたくさんの人と出会えるし、自分が活性化される。


池田千恵

朝時間の活用は、生活全体の充実につながる。


藤田晋

自分のことばかり考えている人は、どれだけ努力しても、小さくまとまるか行き詰まる。


安部修仁

最終判断を下すのは上位者ですから、提案なんていくらでもやってもかまいません。採用されなければゼロ、採用されればプラスですから。会社にとってマイナスになることは絶対にありません。


川村元気

映画『悪人』では、原作者の吉田修一さんに脚本もお願いしました。そのときにともに苦しみながら、小説にできること、映画にできること、それぞれについて多く発見することができました。自分の知らないことに挑戦することによって生まれるパワーがあると感じました。


和田秀樹

私も経験がありますが、悪循環の真っただ中にいると、なにをしてもダメな気分になります。でも、そんな時期だからこそ、なにかを信じることが必要です。和田ゼミで、当初は成績が上がらなかったのに本番の入試では逆転劇を見せてくれるのは、最後まで私を信じてくれた生徒です。数学の暗記テクニックなど、覚えている問題の数が少ないうちは、結果に反映しにくい。でも、正しい努力を続けていると信じ続けなければ結果は出ません。