名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大河原毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大河原毅のプロフィール

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

大河原毅の名言 一覧

父は、出来の悪い息子の落第を聞いても達観した様子でしたが「君は奥手だから」と、一言つぶやいたことを覚えています。若い時はつらいことばかりでしたが、父の言葉を信じて、私の人生は実るのが遅いだけだと思って生きてきたことで度胸もついたのでしょう。


最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。


「日本だけが俺のチキンを作り続けてくれた」。ケンタッキー・フライド・チキン創業者カーネル・サンダースさんが晩年に言ってくれたのはとてもうれしいことです。米国本社では効率化のために創業の味が失われていったのに対して、日本法人こそが本来の味を守り抜いたと認めてくれたのです。約18年間、社長を務める中で、決して譲れないことでした。


国際化で大切なのは日本の良さを再発見してアピールすることです。私は現在、ジェーシー・コムサという外食企業で最高経営責任者を務めています。フライドチキンのために北海道八雲町に作った農場も継承しました。自然があふれる八雲町の良さを世界に発信する活動に力を入れています。多くの外国人が訪れ、大きな手応えを感じています。


悪戦苦闘しながら店を増やしていきました。意外な障害となったのが、米ケンタッキー・フライド・チキンの介入でした。冷凍の輸入鶏肉を使うことや、機械化しやすいように調理手順を単純にすることを求めてきたのです。米社は当時からM&A(合併・買収)のマネーゲームにさらされて、味よりも短期的利益を求めるようになってしまったのです。そんな合理化ばかりでは、全く違った食べ物になってしまうと抵抗し、日本産の鶏肉にこだわり自社農場まで設けましたが、要求を跳ね返すのは大変でした。


大河原毅の経歴・略歴

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

朝、目覚めたら、天井を眺めながら「今日やるべきこと」を、頭の中で考えて整理します。「天井を眺めながら考える」行為は、1日の段取りを組み立てる大切な時間であり、同時に僕にとって、漫画のアイデアが最も湧くスタイルです。


根岸秋男

企業の合併で大事なことは、お互いの良いところを認め合うこと。我々は追い込まれて合併したわけではない。風土も違うし、良いところをお互いに認め合わないとやっていけない。そのことは一貫してやってきています。


神田昌典

年収の高い人はToDoリスト作成が習慣になっているはずです。米国のアンケート調査では、毎日ToDoリストを作っている人は富裕層が81%、貧困層が9%と差が出ています。


丸谷智保

今後は、顧客の来店回数を増やすことに力を注ぎます。クラブカード会員の来店回数は平均で年42回ですが、これを365回(毎日)に増やすことが目標です。既に、朝・昼・晩と3食をホットシェフで済ませる顧客もいます。そのような地域密着のサービスを提供できるのも、全国チェーンでは気が付かないニーズに応えられる地元のコンビニだからでしょう。


壺阪龍哉

デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


小宮一慶

「金利」というのはお金についている値段です。値段ですから、物と同じで需要と供給の関係が当てはまります。お金を借りたい人が多ければ資金が足りなくなるので金利は上がり、逆にお金を貸したい人が借りたい人より多ければ資金余剰となり金利は下がります。


片田哲也

金融やコーポレートガバナンス(企業統治)の問題にかかわっているうちに、大きな疑問を抱かざるを得ませんでした。専門家はあまり自らのフィールドにこもりすぎて視野が狭くなりがちなうえ、外部への説明責任を怠っているのではないかということです。


ニーチェ

愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。


河野章宏

ネットでいくらでも無料で聴けちゃう時代なので、売ることよりも、多くの人に音楽を届けることを重視しています。曲が気に入れば、ライブにも来てくれる可能性が高くなりますから。


井筒和幸(映画監督)

常日頃から部下に嘘をつかないことも大事。でないと「責任をとる」と言っても信じてもらえんよ。


茂木健一郎

欠点は劣等感に繋がりやすい。しかし、欠点は同時に長所でもあると考えれば、自分や他人の可能性をもっと信じることができるようになるだろう。


朝倉孝景(朝倉敏景)

どうしても勝たなくてはならぬ合戦に際し、また、どうしても取らなくてはならぬ城を攻め落とす場合に、吉日を選んだり、方角のことを考えていて、いたずらに時日を遅らせることは、はなはだ無駄なことで、不満足なことといわなくてはならない。いかに吉日だからといって、大風の日に船を出したり、また、大勢の敵に対してひとりで手向かったりしたのでは、それが無益なことは火を見るよりも明らかである。たとえ、困難な場所に向かおうとも、悪日であろうとも、その情勢を細かに洞察して、どれが虚かどれが実かを考え、臨機応変に兵を動かし、敵に察せられぬように謀をめぐらしたならば、必ず大勝を招くものである。