名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大河原毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大河原毅のプロフィール

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

大河原毅の名言 一覧

父は、出来の悪い息子の落第を聞いても達観した様子でしたが「君は奥手だから」と、一言つぶやいたことを覚えています。若い時はつらいことばかりでしたが、父の言葉を信じて、私の人生は実るのが遅いだけだと思って生きてきたことで度胸もついたのでしょう。


最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。


「日本だけが俺のチキンを作り続けてくれた」。ケンタッキー・フライド・チキン創業者カーネル・サンダースさんが晩年に言ってくれたのはとてもうれしいことです。米国本社では効率化のために創業の味が失われていったのに対して、日本法人こそが本来の味を守り抜いたと認めてくれたのです。約18年間、社長を務める中で、決して譲れないことでした。


国際化で大切なのは日本の良さを再発見してアピールすることです。私は現在、ジェーシー・コムサという外食企業で最高経営責任者を務めています。フライドチキンのために北海道八雲町に作った農場も継承しました。自然があふれる八雲町の良さを世界に発信する活動に力を入れています。多くの外国人が訪れ、大きな手応えを感じています。


悪戦苦闘しながら店を増やしていきました。意外な障害となったのが、米ケンタッキー・フライド・チキンの介入でした。冷凍の輸入鶏肉を使うことや、機械化しやすいように調理手順を単純にすることを求めてきたのです。米社は当時からM&A(合併・買収)のマネーゲームにさらされて、味よりも短期的利益を求めるようになってしまったのです。そんな合理化ばかりでは、全く違った食べ物になってしまうと抵抗し、日本産の鶏肉にこだわり自社農場まで設けましたが、要求を跳ね返すのは大変でした。


大河原毅の経歴・略歴

大河原毅、おおかわら・たけし。日本の経営者。「日本ケンタッキー・フライド・チキン」社長。神奈川県出身。上智大学経済学部経済学科卒業、ハーバード大学経営大学院修了。大日本印刷を経て日本ケンタッキー・フライド・チキン立ち上げに参画。直営第1号店店長、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。また、ジェーシー・コムサCEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

山極寿一(山極壽一)

人間性を再び目覚めさせるには、二重生活が一つの手法です。都市部、特に東京は子供や老人にとって住みにくい社会です。効率を重視した地上インフラばかりだから、電車も道路も複雑で混雑している。この仕組みを変えるのは難しい。ならば、都市と地方との2つの住民票を持たせる制度を作れ、と。企業には週休3日や在宅勤務を実施するところもあるし、5000円もあれば飛行機で沖縄へ行ける時代になりました。2つの地域を行き来しながら生活することは可能でしょう。都市は人工的に作られた環境だから、何が起きるか計算できます。でも、自然は常に変化していく。子供は自然と接して、直感力を鍛えないといけない。変わっていく事態に、どう対応するのか、人とどう接するのか、そこが重要なんです。


鈴木治雄

迷ったときは、十年後にその決断がどう評価されるか、十年前ならどう受け入れられたかを考えてみればよい。【覚書き|第二次石油危機後、不採算部門だったアルミの国内精錬から撤退した時を振り返っての言葉。合理化案に社内全体から不満の声が上がったが、先行きを見て廃止を決断する。】


石坂典子

そもそも男性、女性と分けて考えるほうがおかしい。管理職もうちは半分が女性なんですね。別に女性を増やそうとか、そういうことは考えてないですね。適材適所を考えていたら、そこは女性だったということだけで。


マイケル・オーウェン(サッカー)

ストライカーは決して自分のスイッチを切ってはいけない。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

自分の時間と能力をひとつの事業に集中することだ。その事業が成功するか、または破綻したことがはっきりするまで、別の事業に手を出してはいけない。何事もひとつのことに集中して努力しなければ成就しない。多くのプロジェクトを抱えていると、集中力が分散するため、ひとつの事業をやっている時間なら絶対見逃さなかったようなチャンスを逃してしまう。


太田光代

仕事では感謝されることの喜びに重きを置かない方がいい。プロとしてベストを尽くし、見返りを求めない。この姿勢が大事。


亀田隆明

プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。


伊藤忠兵衛(二代目)

別に聖人風をふかす要はないが、私にはまったく別の世界であった。父を失ったことと、番頭兼主人なので若いながら責任を感じたのか、英語の勉強と商品の研究に、出張地帯では夜はまったく僧院生活の様式を続け、自然、変り者の扱いをされた。青春というものに時間を見いだせず自発的に遠ざかり、呉服屋らしからぬ生活を続けた。
【覚書き|若いころに夜の付き合いに出なかった理由を聞かれての発言】


中島武

失敗? そんなのは日常茶飯事ですよ。この世界で僕は20数年生きているけれど、邪心や邪念から身のほど知らずな店を作ったことが何度もある。例えば、オレもそろそろ三つ星がもらえる店を持ちたいなんて思って、15年くらい前にフレンチのカッコいいレストランを作ったこともあった。でも、自分が満足するための店なんか、上手くいくはずがないんですよ。そういう失敗を何度も重ねながら、お客様の目線と合った店作りのノウハウを身につけてきたんです。


岡田祥吾

専属コンサルタントが2か月間毎日コーチングを行います。具体的には、日々の学習スケジュールを作成し、実行するごとにチャットを送ってもらう。その一つひとつにコンサルタントが返信します。自分の行動を人に知らせる、誰かが見ているという仕組みは、継続学習にはとても効果があるのです。また、週に1度の面談で学習を振り返り、学習スケジュールの調整をする。もし学習が計画通りに実行できていないのであれば、ここでその原因を追究します。ときには英語学習の枠を超えて、仕事のパフォーマンスの上げ方まで踏み込んでご提案することも多いですね。


森俊憲

エクササイズをするに当たり、最初に言っておきたいのは、「集中して時間をかけねば効果が出ないのでは」といった考えを捨てることです。基本的に、やればやっただけ効果が出るのが筋トレです。昼食を食べた後の1分だけ、あるいはスクワット1回だけでも、ちゃんと効果はあるのです。


古賀良太

当時、新聞チラシを使った通販はありましたが、健康食品でテレビを使ったものはほとんどありませんでした。その手法は、米国のシアトルに行ったときに、たまたま見た夜中のテレビがヒントになっています。日本では単品の宣伝はないのに、なぜ米国ではあるのかと。