名言DB

9412 人 / 110637 名言

大河原愛子の名言

twitter Facebook はてブ

大河原愛子のプロフィール

大河原愛子、おおかわら・あいこ。日系アメリカ人経営者。食品メーカー「ジェーシー・コムサ」社長・会長。アメリカ・ハワイ州出身。15歳のときに日本に移住。ノースウェスタン大学を経てジュネーヴ大学法学部を卒業。父が創業したジェーアンドシーカンパニー(のちのジェーシー・コムサ)に入社。同社を成長させた。

大河原愛子の名言 一覧

男性と女性は異なりますから、その違いを受け入れていかなければ、本当のダイバーシティはありません。


精神面と身体面、トータルにバランス良く保つことが健康にとって必要だと考えています。身体面では、まずよく寝て、食べ物はできるだけ野菜を多くとる。時間がない中で、20~30分ぐらいは歩くようにしています。


決して表に出ることはなく、家庭を裏方として支え続けてくれた母ですが、私から見ると芯のある女性だったように思います。どんなに苦しいことや辛いことがあっても、崩れるようなことは一度もありませんでした。すごいデリケートに見えても芯の強さを持つ、まさに「日本のなでしこ」でした。


母が私たちによく言っていたのは「お金やモノを失くすことは仕方ない。ただ、学んだことは知識となり、誰にも取られたりしません」という言葉でした。これを聞いて、私自身も本を読んだり、勉強して学んだことは自分の糧になるんだという信念を持ちました。


企業の競争力を高め、グローバル化が必須な企業においては、ダイバーシティー、特に、女性の視点から商品やサービスや戦略を立てていくことが大変重要。


若い頃は、男性のように考え、女性のように振る舞い、馬車馬のごとく働かなければ成功できないと思っていました。けれども、最近は、女性のように考え、女性のように振る舞い、女性のように働かないと、多様性のある社会は作れないと思うようになりました。


私が「やりたい」と言ったことに対して父は慎重な姿勢を示すことが多かった一方で、母は私をサポートしてくれる役回りでした。実業家だった父は何事に対しても厳しく指導する人でしたので、母がバランスをとってくれたのだと思います。「両親が共に厳しくては子供も自由な発想ができなくなってしまう」。母はそのように思ったのではないでしょうか。


精神面の健康を保つためには、やはり幸せな経験をたくさん作ることが大事だと思います。私にとっては、それは、いい仲間たちと一緒に、食事やお茶を共にしながら、楽しく会話をすることです。仲間と旅行にでかけて、日常のコマゴマした気になることを忘れ、頭をクリアーにすることも大事です。最近は少なくなりましたが、ゴルフをすることもそれに役立ちます。


ジュネーブ大学を卒業してすぐ日本に来てみたら、女性は就職しても2~3年したら結婚して家庭に入ればいいという風潮が当たり前。これには大変なショックを受けました。しかも、私が仕事を求めても4年制大卒で、外国人。言いたいこともはっきり言うので、日本の男性からすれば「大人しくない女性」だったのでしょう。採用してくれる会社はありませんでした。ですから、仕事をしたかった私はアントレプレナー(起業家)の道を歩むことを選びました。


食品業界に携わる女性リーダーを集めて勉強会を開いており、この会で先月、視察と交流のために欧州にも行きました。こうした取り組みも自分の健康につながっていると思います。健康にとって食は大事な要素ですから、お互いに情報交換を活発に行っています。より多くの情報を得ることも健康にとって大事なことだと思います。


当時、母が世間一般と違って珍しかったのは、長女である私にも3人の弟と同じように平等に教育をしてくれたことでした。ですから、私を大学にも行かせてくれたわけです。大学に行って知識を学べば、男性と肩を並べて仕事ができる。それが母の信念でもありました。この信念は母のそれまでの歩みから生まれたものだと思います。母は専業主婦で1日も仕事をしたことがありませんでした。「他人に頼っていては駄目。自分で自分の人生をつくりなさい」。母はいつもこう言っていました。母が自分の弱さを自覚していた証拠かもしれません。自分は社会に出たことがないから外で活躍することはできない、独り立ちできない。そんな自分と同じような立場になって欲しくない――。娘である私に対しては特にそう思ったのでしょう。私が小さい頃から「男の子と同じようなことができる」「何でもできる」と自信を持っていたのは、母から教えられたからだと思います。


大河原愛子の経歴・略歴

大河原愛子、おおかわら・あいこ。日系アメリカ人経営者。食品メーカー「ジェーシー・コムサ」社長・会長。アメリカ・ハワイ州出身。15歳のときに日本に移住。ノースウェスタン大学を経てジュネーヴ大学法学部を卒業。父が創業したジェーアンドシーカンパニー(のちのジェーシー・コムサ)に入社。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

川上量生

日本のコンテンツ産業で本当に外貨を稼げているのはゲーム産業だけです。それは、任天堂やソニーがプラットフォームを握ったから。だから、コンテンツで外貨を稼ごうと思ったら、コンテンツを売るんじゃなくて、プラットフォームを海外に取りにいかないとダメなんですよ。


山田邦雄

実はあまり数値目標は出していません。数値目標のために何かをやるのは、物事の順序が逆のような気がしますから。やることをやれば、結果はついてくる。むしろ、数字のために何かおかしなことをしないように注意しています。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

空想は、一時的な慰めにすぎず、心のよりどころにはなりません。現実から遊離した考えは、真実に立ち返る必要があります。


佐々木圭一

私たちは子供の頃から「相手の立場に立って考えられる人間になりなさい」と言われてきました。しかし、どうすれば相手の立場に立って考えられるようになるのか、具体的な方法については何も教えられてきませんでした。大切なのは、伝え方についての技術を磨くことです。


中村獅童(二代目)

人生、挫折もあれば、我慢しなくちゃいけない時もある。マイナスの出来事を前向きのエネルギーに転換することが、成功のカギになる。


川村隆

平時の改革がどれだけ難しいか。でもそれをしなければならない。


野村克也

バカには逆らわないほうがいい。相手にのせられて、同じように激高するのは大損だよ。怒りの感情で我を忘れるような人間は、思わぬ闇に足元をすくわれることがある。


森健志郎

創業当時から今に至るまで、スクーの授業が重視しているのは「コミュニケーション」です。学生時代のことを思い出してください。学校での学習は、先生の言葉を一方的に聞かされるだけではなかったはずです。先生に質問したり、横にいるクラスメイトと会話したり、といったコミュニケーションによる学びがあったはずです。つまり、コンテンツより、そこに付随するコミュニケーションこそが、学習の継続や学習効果において大事な要素だということです。


小山昇

私は著書の原稿直しはPDF上では行わず、プリントして手書きで行います。作業によってアナログの方がはるかに効率的なことがある。デジタルとアナログを適宜使い分けているのです。まずは一度デジタルでやってみる。試してみて、効率が悪いようなら、アナログに戻してしまえばいい。


菊入みゆき

褒めてほしいのに上司や会社が褒めてくれないというのであれば、自分で自分を褒めるというのも手。もしくは、褒めてくれる人を作ることもできます。自分から他人を褒めれば、その人が自分を褒めてくれるようになりやすいのです。


藤井照穂

アメリカに紹介しても、「なぜそんな機能がいるの?」とピンとこないようですが、日本や台湾など漫画文化圏のアジア諸国では、この機能の面白さがすぐに理解されます。
【覚書き|デジカメで撮影した顔を似顔絵に変換するソフトについて語った言葉】


クラレンス・ダロウ

この世の中は、他の人間の自由を保護することによってのみ自分の自由を守ることができる。


渡瀬謙

自分のプロフィール紹介に始まり、商品の説明や事例の紹介などをまとめ、定期的に顧客に届けるのです。それが私の営業の基本でした。「チラシを置いてくるだけ」と思えばプレッシャーも減りますし、何度も顔を出せば相手の印象にも残ります。何度かの訪問で相手の方から話を聞きたいと言ってくることもよくありました。


カーリー・フィオリーナ

上司からの信頼が部下にとって大きな力になることを、このとき私は学んだ。人間は、誰かが自分の中に可能性を認めてくれれば、自分もそれを伸ばそうとする。自分の能力を買ってくれる人がいる。そのことが、若くて自信のない私をどれほど勇気づけてくれたかわからない。
【覚書き|雑務を担当する受付嬢として入社した不動産会社で頑張りが認められ、不動産ブローカーになる訓練を上司から受けたときを振り返っての発言】


新将命

時間は自己実現をはかるために最も重要な資源のひとつです。別の言い方をすれば、1日24時間、1週間では168時間という誰にでも平等に与えられた資源を上手に使うことが、人生の満足につながるといえるでしょう。