大河原愛子の名言

大河原愛子のプロフィール

大河原愛子、おおかわら・あいこ。日系アメリカ人経営者。食品メーカー「ジェーシー・コムサ」社長・会長。アメリカ・ハワイ州出身。15歳のときに日本に移住。ノースウェスタン大学を経てジュネーヴ大学法学部を卒業。父が創業したジェーアンドシーカンパニー(のちのジェーシー・コムサ)に入社。同社を成長させた。

大河原愛子の名言 一覧

男性と女性は異なりますから、その違いを受け入れていかなければ、本当のダイバーシティはありません。

大河原愛子の名言|違いを受け入れていかなければ、本当のダイバーシティはない

精神面と身体面、トータルにバランス良く保つことが健康にとって必要だと考えています。身体面では、まずよく寝て、食べ物はできるだけ野菜を多くとる。時間がない中で、20~30分ぐらいは歩くようにしています。

大河原愛子の名言|精神面と身体面、トータルにバランス良く保つことが健康にとって必要

企業の競争力を高め、グローバル化が必須な企業においては、ダイバーシティー、特に、女性の視点から商品やサービスや戦略を立てていくことが大変重要。

大河原愛子の名言|企業の競争力を高め、グローバル化が必須な企業に必要なこと

若い頃は、男性のように考え、女性のように振る舞い、馬車馬のごとく働かなければ成功できないと思っていました。けれども、最近は、女性のように考え、女性のように振る舞い、女性のように働かないと、多様性のある社会は作れないと思うようになりました。

大河原愛子の名言|多様性のある社会をつくるには

精神面の健康を保つためには、やはり幸せな経験をたくさん作ることが大事だと思います。私にとっては、それは、いい仲間たちと一緒に、食事やお茶を共にしながら、楽しく会話をすることです。仲間と旅行にでかけて、日常のコマゴマした気になることを忘れ、頭をクリアーにすることも大事です。最近は少なくなりましたが、ゴルフをすることもそれに役立ちます。

大河原愛子の名言|精神面の健康を保つためには、やはり幸せな経験をたくさん作ることが大事

食品業界に携わる女性リーダーを集めて勉強会を開いており、この会で先月、視察と交流のために欧州にも行きました。こうした取り組みも自分の健康につながっていると思います。健康にとって食は大事な要素ですから、お互いに情報交換を活発に行っています。より多くの情報を得ることも健康にとって大事なことだと思います。

大河原愛子の名言|より多くの情報を得ることも健康にとって大事なこと

大河原愛子の経歴・略歴

大河原愛子、おおかわら・あいこ。日系アメリカ人経営者。食品メーカー「ジェーシー・コムサ」社長・会長。アメリカ・ハワイ州出身。15歳のときに日本に移住。ノースウェスタン大学を経てジュネーヴ大学法学部を卒業。父が創業したジェーアンドシーカンパニー(のちのジェーシー・コムサ)に入社。同社を成長させた。

ページの先頭へ