名言DB

9412 人 / 110637 名言

大沢幸弘(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

大沢幸弘(経営者)のプロフィール

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

大沢幸弘(経営者)の名言 一覧

形はサラリーマンでも、「マインドは自分の人生のオーナー経営者、気分は自由業だ」と感じ始めたら、周りの景色が変わった。


「自分の人生という事業のオーナー経営者なのだ」。そう自覚するようになったことが、私の一番の人生の転機だった。


待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。


人生は、信頼のブランドを築く旅。


大沢幸弘(経営者)の経歴・略歴

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

金丸恭文

世の中、平均的ないわゆる普通の人たちが8割とか9割います。そういう人たちの話を聞いていれば、めでたく普通の人にはなれるかもしれない。しかし、自分がこの世に生まれてきて、何かを成し遂げたという満足感を得ようとするならば、ごく普通の人の話を聞いていたのでは道を誤るということです。


分林保弘

世阿弥の言葉には哲学的なものがとても多い。中でも私が好きなのは「離見の見(りけんのけん)」という言葉です。私は営業マン時代、自分の言葉がお客さんにどのように伝わっているのか、お客さんから見て自分の言葉はどのように伝わっているのか、常に反復していました。だから世阿弥の言葉は別に芸能の世界だけでなく、ビジネスの世界でも経営の世界でも、あるいは世界に通用する非常にいい言葉だと思っています。


前原金一

去年もそうだったから今年も同じにするのではなく、みずからの創意工夫が必要です。自分の考えも社会の変化に合わせて変えていかなければなりません。


熊本浩志

東芝に入ってまず感じたのは、この業界は「終わってる」ということ。家電は自動車と並ぶ日本の基幹産業だったはず。なのに現場は疲弊しきっていて、ものづくりの誇りも何もない。このままじゃヤバいと思いました。


斉藤惇

ドン・キホーテのように非現実的な夢を一足飛びに実現させようとするのではなく、徐々に足場を固めていきたい。


江崎利一

私は早速、ゴールイン姿のマークをこしらえた。それまでに、ゾウ、ペンギン、ハト、花などのマークができていた。その中に新しくゴールイン姿を加え「どれが一番好きか」を、近くの小学校でテストした。さらに一週間後「どれを一番覚えているか」を調べた。佐賀だけでなく大阪の小学校でも同じ調査を行った。結果は圧倒的にゴールインの支持が高かった。こうして、両手をあげてゴールに飛び込むランニング姿が、グリコのマークと決まった。


尾山基

過去、うちは「世界中でアシックスの花が咲けばいい」という考えで、ライセンスを供与して世界展開を進めてきました。それで各国が勝手にマーケティングをしていました。しかし欧州を回ったとき、愕然としたんです。オランダからドイツへ行って、フランスを回ってイタリアへ行ったら、カタログの表紙が全部違うやないかと。到着する先々の空港でアシックスのイメージが印象が変わって、はたしていいのかと。私はもともと商社にいて、ブランドのセントラルコントロールは慣れていましたから、これはあり得ないと思いました。その後、現地法人の社長を説得して、ブランドを統一していきました。


中井戸信英

「人が財産だ」とはどんな企業でも言うことですが、中でもITベンダーの仕事は人がすべてだと私は考えています。当社グループに一万人近くいるプログラマやシステムエンジニアの心身の健康が確保されていなければ、日々の仕事が立ち行かない。


関根眞一

たいていの人は、苦手な相手を前にすると、表情に表れてしまう。それがますます相手との関係をこじらせる。ですから、苦手という感情を極力抑え、なるべく先入観なしに相手と接することが大切。


東山紀之

どんな人にも強さと弱さがあります。強さはどんどん伸ばせばいいし、弱さとは逃げずに向き合っていくしかありません。


田島弓子

十分な時間を与えられたのにもかかわらず、締め切りまでに作業を終わらせることができない部下がいても、「一週間でここまでやる」ではなく「一週間後の締め切りのために今日は何をやるか」というように、一日という短い単位でやるべきことを指示すれば、何とかやり抜くことができます。最後に「できたじゃない」と声をかければ、本人もだんだんコツをつかめるようになっていきます。


高田明(ジャパネットたかた)

ある商品を500個売るという目標を立て、500個売れたとしても私は満足しません。本来は1000個、1500個と売れたかもしれません。


西和彦

昨年から東京大学のIoTメディアラボラトリーで、IoTとAI、それらの基盤となるスーパーコンピューターについて、一人のエンジニアとして研究に取り組んでいます。2年前に60歳になった時、やはりもう一度エンジニアとしてこの分野に関わりたいと、心が沸騰したからです。


小泉文明

アウトプットが苦手な人もいるでしょう。私も20代はそうでした。そこで当時始めた解決法が、ブログの活用です。毎朝多い時で10紙以上の新聞や経済誌に目を通し、感じたことや「記事の内容を踏まえると、社会は将来こうなる」という仮説を、毎週末に自分でメモにまとめてアップ。自分の頭で考えていることはそのままで終わらせず、「言葉」に落とし込む作業が肝心だと思っています。


出原洋三

いま何を実行するかは、先を考えないと決められません。社長に就任してからすぐにビジョンをつくりました。3000億円弱だった売上高を2倍以上に、ROE、ROAは10%以上を目指す。OBからは「できもせんことを言うな」と批判されましたが、あえて高い目標を掲げました。
【覚書き|ROE=自己資本比率、ROA=総資産利益率】