名言DB

9412 人 / 110637 名言

大沢幸弘(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

大沢幸弘(経営者)のプロフィール

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

大沢幸弘(経営者)の名言 一覧

形はサラリーマンでも、「マインドは自分の人生のオーナー経営者、気分は自由業だ」と感じ始めたら、周りの景色が変わった。


「自分の人生という事業のオーナー経営者なのだ」。そう自覚するようになったことが、私の一番の人生の転機だった。


待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。


人生は、信頼のブランドを築く旅。


大沢幸弘(経営者)の経歴・略歴

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

小川孔輔

たとえ売れている商品でも、何もせずに放置すると消費者に飽きられて少しずつ売上が落ちてくる。そうなる前に、定期的にリニューアルをするケースがある。


宮坂学

柔軟にユーザーファーストであることが大事であって、お客さんが使いやすいようにしていくことを重視しています。


小林雅

考えても考えても答えが見つからないときは、深く考えるのをよしなさい。


森本雄司

お客様に価値を伝えるのは人です。システムが進めば進むほど人との触れ合いがより必要になってきます。だから、むしろショップスタッフの役割は高まってくるのではないかと思います。そして、それがルミネの生命線かなと。


山口悟郎

価格交渉は難しい。値引きに応じてしまえばそれで終わりだ。製品の機能も品質も変わらないとき、残るのは営業力しかない。自分たちと付き合えばどれだけ得をするのか、トラブル対応を含めて、値段だけの交渉にしないことだ。営業は社内の工場とお客様の両方を説得しなくてはならない。お客様の言いなりでは工場は動かないし、工場の言いなりではお客様は注文をくれない。


中島義道

もしあなたがビジネスマンとして成功したいのであれば、哲学には深入りしないこと。哲学は人を幸せにしないし、反社会的な場合もある。ビジネスに生かしたいのであれば、哲学の健全な部分だけを切り取って利用するのがいい。


八木洋介

当社の藤森は、自分とは異なる主張を持ち、しばしば意見が対立するような人材を好んで周囲に置く。GEのCEOだったジャック・ウェルチや、現CEOのジェフ・イメルトもそうである。イエスマンを重用しても、競争には勝てないと知っているからだ。


井上和雄

もう三越は愚を繰り返さないし、その余裕もありません。末永くお客様にご愛顧いただく店として生き残っていくためにやらなくちゃいけないことだけをやる。私の最後の信念です。


アルバート・アインシュタイン

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと責めてくれるんだから、いいじゃないですか。


岡本太郎

人間として生まれてきた以上、恐怖感があるというのは、むしろ自然なことなのだ。これから文明がさらに発達するにつれて、恐怖感を持つ人はもっと増えてくると思う。恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って、取り組んでいけば、以外に救われるんじゃないか。


Mr.マリック

時に応じてスタイルを変え、人々の注目を集め、最前線で驚かせ続けること。師匠もなく、マジックを続けてきた私が後進のためにできるのはそれだけ。


大川隆法

感動を与える方法は、相手の気持ちや考えていることを察し、「相手にとって、今、必要なものは何か」ということを読むことです。そこにかけるエネルギーや智慧、あるいは言葉を惜しんではいけないのです。


阿部次郎

自嘲は強者のものである。自己憐憫は弱者のものである。


孫正義

世の中に対しても、メーカーに対しても、「あいつは裏切る男だ」と、そういうレッテルを貼られるようなことは、絶対にしてはいけない。情報インフラの提供者としての地位を築くためには、どんなに苦しくても、われわれは中立なんだという立場をつねに取り続けなければいけない。最初から中立でなければ。


明石康

物事の相対性を意識するようになった原因の一つはやはり先の大戦です。鬼畜米英と唱えていた人々が、敗戦を境に平和と民主主義礼賛にがらりと変わってしまった。東京大学に入り文化人類学の授業で、ルース・ベネディクトの『文化の型』を読んだことも大きなインパクトがありました。日本の恥の文化を分析した『菊と刀』で著名な同氏が、様々な文化はそれぞれが完結した存在で優劣はないと主張していました。