名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大沢幸弘(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大沢幸弘(経営者)のプロフィール

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

大沢幸弘(経営者)の名言 一覧

形はサラリーマンでも、「マインドは自分の人生のオーナー経営者、気分は自由業だ」と感じ始めたら、周りの景色が変わった。


「自分の人生という事業のオーナー経営者なのだ」。そう自覚するようになったことが、私の一番の人生の転機だった。


待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。


人生は、信頼のブランドを築く旅。


大沢幸弘(経営者)の経歴・略歴

大沢幸弘、おおさわ・ゆきひろ。日本の経営者。「ドルビージャパン」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業、東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)修了。三井物産勤務、マクロメディア日本法人社長、DivX社アジア総代表、ソニックソリューションズアジア総代表兼日本法人社長などを経てドルビージャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

時に利益を求めるあまり暴走してしまうのが、会社の怖いところなのです。賞味期限や産地の偽装表示、不適切な耐震設計……。ここ数年、世間を騒がせた事件を振り返ってみましょう。これらの不祥事は「社会的におかしいだろう」ということに気づかなくなり、一線を蹄み越えてしまった例ですよね。長くいるとそれだけ、「普通に考えたら危険だ」ということに無自覚になっていくリスクを抱えているのが、会社という組織なのです。


石川康晴

「挑戦と変化」が、突破力のあるリーダーとして押さえておきたい着眼点です。


生月誠

じつは決断力のない人は「情報がないから悩んでしまう」のです。どうしたら良いか、他人に相談せず、一人で悩んでしまうから、良い知恵も集まらないのです。一方決断力のある人は、こうした場合「人に相談する」という決断をいち早くする。ここが大切。つまりは悩むよりも先に行動して「情報」を集めるのです。そして十分考えるための材料を揃えてから、一気に決断してしまう。これが決断力UPのポイントです。そういった意味では「人の意見をよく聞く人」は決断上手ということになります。つまり的確な決断もできてコミュニケーション能力も高まる。一石二鳥というわけです。


森崎博之

(北海学園大学)演劇研究会の定期公演なのでほかにも20人くらい出てるんですけど、僕が脚本を書いたから、(のちにTEAM NACSを結成した)5人をメインに据えました。「彼らなら何かやってくれるはずだ。そして本当に何かやってくれる」。5人で舞台を作るようになったのは、そういう僕の期待というか、信頼感から始まっていると思います。いまだに消えることのない、強い信頼感ですね。


田中節三

私はもともと海運・造船会社を経営していました。造船の仕事をしている傍らで、趣味の1つとしてバナナの研究もしていたんです。そんな中、リーマン・ショックで船のビジネスが厳しくなり、還暦も迎えたタイミングでしたので、今後は趣味で生きようと気持ちを切り替えることにしました。


入江優(銀行家)

安定感、信頼感を得るには継続的な収益力が大事。改善の余地はたくさんある。


いっこく堂

腹話術の練習を始めた当時を振り返ってみて、僕の強みだったのかなと思うのは、遊ぶ気がなかったこと。沖縄から東京に出てきた時も、友達は新宿、原宿、六本木と飛び回ってました。でも、僕は興味がなくて。孤独が好き……でもないですが、コツコツと続ける作業が性に合っていた。


石見浩一

戦略を立てるときには、部門を越えて情報共有・事業連携をうまくとらなければなりません。


馬渡晃

最初の起業では誰もが新米経営者です。いくら注意したとしても、失敗して当たり前なのです。大切なのは、失敗したときに適切な対処をすることです。そして、二度と同じ失敗を繰り返さぬよう失敗から学ぶことです。


マハトマ・ガンジー

最高の道徳とは、常日頃他人のために奉仕し、人類の愛のために働くことである。


吉村崇

もっと派手な、バカをやりたいんですよ。人生をかけたバカを。ひな壇でもライブでも何でも、その中で一番のバカになりたい。それが僕の一番の目標。死ぬまでバカをやっていたい。


佐藤優

「雑談が苦手だ」という人が増えている。仕事以外の共通の話題に関する教養が浅いからだ。