名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大武健一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大武健一郎のプロフィール

大武健一郎、おおたけ・けんいちろう。日本の経営者、大蔵官僚。TKC全国会会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。藤枝税務署長、大蔵省理財局資金第一課課長補佐、大蔵省大臣官房企画官、石川県総務部長、大蔵省主税局税制第三課長、免兼主税局国際租税課長、大臣官房審査官、国税庁次長、主税局長などを経たのち退官。商工中金副理事長、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、大塚製薬顧問、大塚ホールディングス副会長、TKC全国会会長などを務めた。主な著書に『平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略』『日本経済を救う税金の話をはじめよう』『税財政の本道』

大武健一郎の名言 一覧

戦後の日本は平和な時代が長く続き、変化ということには鈍感になってしまった気がします。これから先は何が起こるかわかりません。そのためにも経営者は戦略眼を養い、財務感覚を磨いていかなければなりません。


経営者の手腕に財務体質の強化が加われば、まさに鬼に金棒です。それに必要なことは帳簿です。正確な財務データに基づいた信頼のできる帳簿は、企業の信用力も担保します。そうなれば金融機関も融資してくれるはずです。なぜなら、彼らも貸したいからです。しかし「自分の会社がつぶれそうだから、とりあえず運転資金を貸してくれ」という頼みを銀行は嫌がります。また、そんな企業の帳簿は信頼できません。


いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


大武健一郎の経歴・略歴

大武健一郎、おおたけ・けんいちろう。日本の経営者、大蔵官僚。TKC全国会会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。藤枝税務署長、大蔵省理財局資金第一課課長補佐、大蔵省大臣官房企画官、石川県総務部長、大蔵省主税局税制第三課長、免兼主税局国際租税課長、大臣官房審査官、国税庁次長、主税局長などを経たのち退官。商工中金副理事長、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、大塚製薬顧問、大塚ホールディングス副会長、TKC全国会会長などを務めた。主な著書に『平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略』『日本経済を救う税金の話をはじめよう』『税財政の本道』

他の記事も読んでみる

江崎玲於奈

技術の分野では目標を持って発明するので、必然的な成果を享受できる。それに対し、科学の分野では「偶然の女神のほほえみ」に巡り合えるところに面白さがある。


岸見一郎

ぜひ「嫌われる勇気」を持ってほしい。なにも「嫌われなさい」といいたいわけではなく、「嫌われることを恐れるな」とお伝えしたい。


太田彩子

業績のいい会社の社長ほど朝が早いという通説がありますが、私も同感です。始業時間前に訪問したところ、受付や警備の方が不在で、社長や役員の方が直接対応してくださったという経験を何度もしています。


山田真哉

経営戦略で使う数字のセンスは、役員クラスになると必要とされますが、平社員の内から磨いておいて損はありません。決算書を読めば、取引先の経営危機を察するヒントも得られます。


稲垣精二

競合が何をしようと、他社から何を言われようと右往左往しない。自分たちが信じるもので、しっかりと未来をつくっていく。


森永卓郎

たとえ興味本位の動機であっても、身近なところから自分の知見を広げていくと、だんだんと仕事の全体像がみえてくる。そうして、自分の仕事の位置づけがわかれば、つまらないと思っていた仕事も、捉え方が変わってくることは十分あり得ます。


アラン(哲学者)

できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。


徳重徹

「いまの若者は安定志向だ」といわれていますが、違う子もちゃんといます。彼らはウチで修業して、将来は自分で起業したいと思っているようです。僕は新人でもどんどん仕事を任せる。もちろん失敗もするから、遠慮なく叱りつけるけれど、彼らも食らいついてきて猛スピードで成長する。それが評判を呼んで、今は優秀な若者から問い合わせがたくさん来ます。


小山昇

当社は、いわゆる「優秀な人材」は採用しません。飛び抜けて優秀な人がいると、他の社員が落ち込んで、やる気を失ってしまうからです。当人も周囲とペースが合わず、ストレスを溜めて、退社することになるでしょう。


貞松成

当社は日本の人口問題を社会問題と捉え、福祉事業によって解決することに特化した企業です。具体的には、待機児童の解消や高齢者介護、発達障害児童の支援は、社会から強い要請があると思いますので、当社が少しでも世の中の役に立ちたいと考えております。


小沼大地

現実に目を向けると、自分が身を置く小さな世界で専門性を磨くうちに、ともすれば視野狭窄に陥り、本来持っていたはずのクリエイティビリティも失ってしまう人が非常に多いわけですね。僕らがやりたいのは、まずそんな人たちに理念や情熱を思い出してもらうこと。実際、途上国ですさまじいまでの熱意を持ったリーダーと仕事をすると、どんな人でもスパークします。


千本倖生

真藤(恒)氏が進める「(電電公社の)改革と民営化」だけでは不十分だとも思うようになりました。私は米国留学の経験があり、毎年、ジュネーブで行なわれる会議にも参加していたので、健全な競争環境を作ることが世界の通信業すうせい界の趨勢だと認識していました。一方、日本の通信業界は、まだ電電公社1社による独占。そのため、電話料金が非常に高かった。これを解消するには、「強烈な競合」を作り、競争を起こさなければならない。そう考えました。そんなことを言うと、周囲からは総スカンですよ。それでも、あらゆる機会を捉えて、繰り返し、その話をしてまわりました。そして京セラの稲盛(和夫)氏が「腹を決めた。ぜひやりましょう」と答えてくれました。