名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大武健一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大武健一郎のプロフィール

大武健一郎、おおたけ・けんいちろう。日本の経営者、大蔵官僚。TKC全国会会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。藤枝税務署長、大蔵省理財局資金第一課課長補佐、大蔵省大臣官房企画官、石川県総務部長、大蔵省主税局税制第三課長、免兼主税局国際租税課長、大臣官房審査官、国税庁次長、主税局長などを経たのち退官。商工中金副理事長、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、大塚製薬顧問、大塚ホールディングス副会長、TKC全国会会長などを務めた。主な著書に『平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略』『日本経済を救う税金の話をはじめよう』『税財政の本道』

大武健一郎の名言 一覧

戦後の日本は平和な時代が長く続き、変化ということには鈍感になってしまった気がします。これから先は何が起こるかわかりません。そのためにも経営者は戦略眼を養い、財務感覚を磨いていかなければなりません。


経営者の手腕に財務体質の強化が加われば、まさに鬼に金棒です。それに必要なことは帳簿です。正確な財務データに基づいた信頼のできる帳簿は、企業の信用力も担保します。そうなれば金融機関も融資してくれるはずです。なぜなら、彼らも貸したいからです。しかし「自分の会社がつぶれそうだから、とりあえず運転資金を貸してくれ」という頼みを銀行は嫌がります。また、そんな企業の帳簿は信頼できません。


いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


大武健一郎の経歴・略歴

大武健一郎、おおたけ・けんいちろう。日本の経営者、大蔵官僚。TKC全国会会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。藤枝税務署長、大蔵省理財局資金第一課課長補佐、大蔵省大臣官房企画官、石川県総務部長、大蔵省主税局税制第三課長、免兼主税局国際租税課長、大臣官房審査官、国税庁次長、主税局長などを経たのち退官。商工中金副理事長、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、大塚製薬顧問、大塚ホールディングス副会長、TKC全国会会長などを務めた。主な著書に『平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略』『日本経済を救う税金の話をはじめよう』『税財政の本道』

他の記事も読んでみる

須田将啓

仕事で大事なことは、人と人との組み合わせです。誰と誰が組むかで仕事の質が変わってきます。たとえば、2カ月で結果を出すというような短期決戦型のプロジェクトでは、細かいことにこだわらず、ぐいぐいと話を進めていくタイプの人をメインにします。反対に、息の長い仕事になりそうなときは、万事に慎重なタイプの人を配します。


山崎浩一(コラムニスト)

文化に限らず、この1世紀ぐらいの流れを一言で表すと「大衆化」なんですよ。情報も大衆化して、経済も大衆化して、文化も大衆化して。あらゆるものを大衆、別の言葉で言うと「マーケット」が決定するようになった。そういう意味では、今の経済もすごくポップな経済になっているわけです。大衆の思惑で景気が変動する。ポピュリズム政治というのも、いわば政治のポップ化なんですよ。だから今、カルチャーで起こっていることはあらゆるジャンルでも起きていると言えるでしょう。


御立尚資

一見、矛盾した話に聞こえるかもしれませんが、よりよい説得のためには、話す技術よりも聞く技術のほうが重要です。私たちコンサルタントにとっても、ロジカル・シンキングやディベートのノウハウなどより、アクティブ・リスニング(積極的傾聴)のほうがよほど大切です。


野尻哲史

フィデリティ退職・投資教育研究所では、退職準備に関して多くのアンケートを行ってきました。その中で明らかになっている事実が1つあります。それは、「年収が多い人ほど退職後の生活資金が多く必要だ」ということです。欧米で使われる「退職直前の年収を前提に、老後はその何%で生活するか」を知る「目標代替率」の考え方が、日本でも当てはまることを示しているとも言えます。


小林佳雄

私は大学卒業後、1年の留学を経てわずか10畳ほどの母の小料理屋を継ぎました。この頃の私は、自分が価値のある人間だとは思えませんでした。板前としての技量やスピードも、他の人に劣っていた。それでも仕事をするにつれ、出来なかったことが出来るようになる。得意なものが見つかって、駄目なばかりの自分ではないと思えました。


益本康男

幹部はいまのことよりも会社の将来のことを考える立場にある。しかし、将来のことを考えるよりは今のことに口出しする方がはるかに仕事は楽ですからね。それでは現場が困るんです。だから、前例踏襲型で、何のリスクも考えないような仕事をするような幹部は要らない、と言っているんです。


堀場雅夫

もし、あなたのビジネスプランが「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」という3条件に合致した正しいものであったら、必ず応援してくれる人が出てくるだろう。僕自身、何度も失敗をしているが、土俵際まで追い詰められ、それでも頑張ろうとしていると「それは面白い。やってみろ」と言ってくれる人が現れた。


臼井由妃

外部へ仕事を発注するとき、「おたくは料金が安いから」だけでなく、「仕事が丁寧で安心できる」と一言添えれば、相手は意気に感じて頑張ってくれるでしょう。人は誰でも頼りにされることが好きなのです。


吉野真由美

担当者に電話がつながったら、まず自分について名乗るわけですが、その際に重要なのが、「自分が提供できるメリットを際立たせること」と「自社のブランド化」です。15秒程度で短く伝えます。簡潔に、かつ確実に要点を伝えることで、顧客は「まず話を聞いてみよう」という気になるのです。


野口悠紀雄

お金の稼ぎ方の根本は昔から変わっていない。ポイントは、人と違うところに目をつけること。同じことをしていたら絶対儲からない。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

上が細かい所まで知りすぎると下はごまかしがきかない。事業のスピードは上がります。部長陣と一緒にプロジェクトの話をとことん突き詰めて、進捗に向けて尻をたたく。厳しいですがこうした取り組みを積み重ねるつもりです。


ヒラリー・クリントン

自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段であり、隠れ家に引きこもってしまうよりずっといい。