名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

大橋禅太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大橋禅太郎のプロフィール

大橋禅太郎、おおはし・ぜんたろう。日本のコンサルタント。フランスの石油探査会社シュルンベルジェに入社しブルネイやインドネシアで石油調査に携わる。同社で貯めた資金1000万円を元手に各国の在東京大使館向け情報コンサルティング会社を設立。アメリカにわたり、シリコンバレーでインターネットマーケティング会社ガズーバを創業。ユダヤ人マネージメントコーチのハワード・ゴールドマンより経営ミーティングの方法を伝授される。その後、同社を売却し、日本で会議コーチングを教えることとなる。主な著書に『秘伝すごい会議』『行動力・力』『ガズーバ!奈落と絶頂のシリコンバレー創業期』など。

大橋禅太郎の名言 一覧

人は「なぜ?」と質問されれば言い訳を考えたくなるし、「どうすれば?」と質問されれば解決策を考えようとするものです。


決定が正しいかどうかは、実際にやってみないとわかりません。メンバー全員が納得する決定のために悩むよりも、早く決定して実行に移し、問題が発生したら、その都度、解決していくほうが、ずっと生産的ではないでしょうか。


言いにくい問題にこそ、本質的な問題が隠されています。また、痛みの伴う会議にこそ、根本的な解決策の糸口があることが多いのです。


参加者全員が「なぜ=WHY」ではなく「どのように=HOW」で考える会議にすれば、その会社は劇的に変わります。


人から指示されたり命令されたりしたことは気乗りしなくても、自ら決定したことは最後までやり遂げようとするものです。


組織で目標を立てる最大のメリットは「実現可能性が最大化する」ということです。


会議で大切なのは「参加者が共有・共感することのできる短期的で明確な目標を設定する」ということです。これを定めるのは結構難しいのですが、逆にいえば、この点をクリアできれば、多くの問題が解決します。


先月の売上を議題の会議の場合、売上が落ち込んだとき多くの会社では「なぜ売上が落ちているのか」を議論しがちです。つまり原因を究明しようとするのです。でも、原因を探っても出てくるのは言い訳、もしくは他人への責任転嫁です。大事なことは「なぜ=WHY」をやめて、「どのように=HOW」で考える会議に変えるのです。ただただ解決策を話し合うのです。


会議に臨む際は「事前に自分の考えを紙に書いておく」ことも大切です。これには「書くことで自分の考えを再確認できる」「滞りなく発表できる」などのメリットがありますが、最大のメリットは「書いているときは、ほかの参加者の意見が耳に入らない」ことです。紙に自分の考えを書かずに発表すると、知らず知らずのうちにほかの発言者の意見に影響を受けて、自分の意見を変えて発表してしまうこともあるのです。


僕の場合、週に5日働くと疲れちゃいます。オフの日に、サーフィンに行ったり、家で時代劇を見たり、娘と過ごす時間はモチベーションキープに欠かせません。人は才能や機会があっても、エネルギーがなければパフォーマンスを出せません。もちろんその人によって方法は様々ですが、時間管理は何より最高のパフォーマンスを出すためのものであり、精神的コストを下げるものであるべきです。


上司にリアクションすることをトッププライオリティ(最優先事項)にしている人は、自分のモチベーションを優先するように仕事の仕組みを工夫して変えた方がいい。その方が精神的コストが軽減され、成果が上がるので出世も早まります。


年収600万円の人は与えられた仕事をこなします。年収2000万円の人は自発的に仕事を見つけ量をこなすので、最も忙しい。両者とも人のために時間を使わされていることが多いのです。年収1億円の人は、自分がつくりだした枠組みで動くため、自分のタイミングを最優先し、重要なことにエネルギーをフォーカスするという時間管理の正しい目的を知っています。


問題が起きると「なぜそうなったのか?」と問い詰める会議がほとんどです。それは、誰もが「自分は正しい」と思っているからです。課長は「自分は悪くない」と思っているし、部下も「自分は悪くない」と思っている。この前提を守ろうとするかぎり、問題解決はできません。そこで、「どうすれば?」に質問を変えてください。「どうすれば目標を達成することができますか?」と質問するのです。部下の言い訳の多さに辟易しているという人には、まずは自分の質問を変えてみることをお勧めします。


議論がつねに問題解決に向かっているか。これも、会議がうまくいくために大切な要素です。多くの会議が「時間の無駄だ」と感じられてしまうのは、問題を解決するスタイルになっていないことが大きな原因です。


「会議に納得は必要ない」というのが私の考えです。なぜなら、組織が利益相反する人たちの集まりである以上、全員が納得する決定はあり得ないからです。会議において大事なことは、「メンバーが意見を出し合ったうえで、意思決定者が決定すること」「その決定に、メンバーが合意すること」。これしかありません。そのためには、会議での意思決定者が誰なのかをはっきりさせておくことが大切です。


あなたの組織では、組織の意図が合意されていますか。社長であれば、会社の意図を社員と合意することによって、会社としての成果が出せます。課長なら、課の意図を課のメンバーと合意することで、課としての成果が出せます。そして、その組織の意図には、「いつまでに、どれだけのことを達成する」というように、日付と数値が伴っていることが不可欠です。


組織とは、利益の相反する人たちが、一定の条件のもとで集まった状態のことです。一人ひとり、やりたいことも違えば、やる気の源も異なる人たちの集まりです。バラバラの個人が組織の意図を共有し、同じ方向を目指すことで、初めて大きな成果につながるのです。


うまくいく会議には、組織としての意図や意思が存在します。共通の目的と言い換えることもできるでしょう。参加者が組織の意図に合意し、組織の意図の実現のために動いている。これが、会議がうまくいくための前提条件です。


大橋禅太郎の経歴・略歴

大橋禅太郎、おおはし・ぜんたろう。日本のコンサルタント。フランスの石油探査会社シュルンベルジェに入社しブルネイやインドネシアで石油調査に携わる。同社で貯めた資金1000万円を元手に各国の在東京大使館向け情報コンサルティング会社を設立。アメリカにわたり、シリコンバレーでインターネットマーケティング会社ガズーバを創業。ユダヤ人マネージメントコーチのハワード・ゴールドマンより経営ミーティングの方法を伝授される。その後、同社を売却し、日本で会議コーチングを教えることとなる。主な著書に『秘伝すごい会議』『行動力・力』『ガズーバ!奈落と絶頂のシリコンバレー創業期』など。

他の記事も読んでみる

津村重舎

売れるものに乗っかって売り上げを伸ばすのは、誰にでもできる。売れないものを売れるようにするのが、本当の商人ではないか。
【覚書き:バスクリンのヒットで得た資金を漢方研究に注いだことに対して、社内から批判を受けた時の発言。漢方の研究は父であるツムラ創業者のライフワークだった】


高橋克徳

何も言ってこない部下よりも、自分の仕事ぶりをアピールしてくる部下のほうがいいものです。自分を知ってほしい、見て欲しいという気持ちを伝えてくれるだけ、上司も向き合いやすいのです。自分からかかわってこない部下の方が心配です。


佐藤義雄

営業という仕事は、契約をいただくより断られる回数の方が多いものです。気持ちが前向きでなければ長続きしませんが、家庭や職場の人間関係でトラブルを抱えていると、仕事に対するモチベーションまで低下させてしまうのです。


小林庄一郎

思えば、私のこれまでの人生は、先輩、同輩そして社員とたくさんの人たちの協力援助によって支えられてきました。満州に生まれ育ち、戦時中は学徒動員で海軍予備少尉として駆逐艦に登場、呉軍港で大爆撃を受けて多くの艦艇が沈んだ時も、九死に一生を得た。幸運に恵まれていたのです。


宇都宮恒久

乗務員には、売上のノルマを課していない。それでも2013年9月期の売上高は15億1200万円で、長野県のタクシー会社ではダントツのトップだ。また、地方タクシーは赤字経営が珍しくないが、当社は黒字経営を続けている。お客さまに尽くせば、結果がついてくることを実証できていると思う。


冨田和成

チームでPDCAを回す仕組みを作るといいでしょう。当社では3日に一度「半週ミーティング」を開き、専用の進捗管理シートで全員の行動計画を共有しています。こうしたフレーム(枠組み)を日常に組み込んでしまえば、いちいち考えなくても無意識レベルでPDCAが回るようになります。「何も考えなくてもPDCAが回っている」、これが理想の状態です。


ルイス・バークスデール

学生たちが地域社会と交流できる仕組みをつくりたい。学生たちが地域社会に出て、そこで現実に何が起きているかを自分の目で確かめてほしい。


エリック・シュミット

クリエイティブになれ!と部下に叱咤してクリエイティブにはならない。


栗山千明

日本の撮影現場では「時間開始○○分前です!」という声が頻繁に飛んでいます。それに比べ、『キル・ビル』の撮影のときなどは「じゃあ、そろそろ撮影する?今日はやめておく?」って(笑)。「いいものをつくればいいんでしょ?だから、そこに行きつくまでは、時間もお金も惜しまないよ」というのがタランティーノの『キル・ビル』でした。


澤田道隆

自宅では週に10冊くらいのペースで本を読みます。本には赤ペンで気になったフレーズに下線を引いたり自分の考えを書き込んだりしています。読後はこれらの書き込みをパソコンに入力して破棄します。入力したメモは3年分あり、時々検索して読み返します。「あの時はこう考えていたのか」と改めて発見することが多く、思考の整理に役立ちます。


佐久間庸和(一条真也)

『人間尊重』という考え方は、先代社長(創業者で父の佐久間進氏)の教えであり、当社が一番大切にしているものですが、それはお客様に対してだけでなく、社員に対しても同様です。たとえば、これまで経営的に厳しい時期もありましたが、一度たりともリストラなどで社員を解雇したことはありません。


亀井正夫

困ったときほど人間は知恵が働くものだ。