名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大橋武夫(経営者、軍人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大橋武夫(経営者、軍人)のプロフィール

大橋武夫、おおはし・たけお。日本の陸軍軍人、経営者、経営評論家。愛知県出身。陸軍士官学校卒業後、陸軍砲兵少尉に任官された。その後、砲兵中尉、陸軍野戦砲兵学校教官、砲兵大尉、野戦重砲兵第7連隊中隊長、支那駐屯砲兵中隊長、兵学校共感、砲兵少佐、砲兵中佐、第53軍参謀、東部軍参謀などを務めた。太平洋戦争後は、東洋精密工業社長などを務め、東西の兵法書をビジネスマン向けにわかりやすく解説した本を多数出版した。主な著書に『作戦要務令』『マキャベリ兵法』『戦略と謀略』など。

大橋武夫(経営者、軍人)の名言 一覧

優秀な兵学者が師団長として戦って、勝ったためしがない。有名な経営学者が経営すると、会社はたいてい倒産する。


権限移譲とは、部下に全決定権を与えることであり、上級者は、この部下の決定を変えることはできない。できるのは、それを容認するか、それともその人間を更迭するかである。


人間は本来統率されることを好まない。しかし、素晴らしく統一されると、奮起し、納得し、陶酔する。


大橋武夫(経営者、軍人)の経歴・略歴

大橋武夫、おおはし・たけお。日本の陸軍軍人、経営者、経営評論家。愛知県出身。陸軍士官学校卒業後、陸軍砲兵少尉に任官された。その後、砲兵中尉、陸軍野戦砲兵学校教官、砲兵大尉、野戦重砲兵第7連隊中隊長、支那駐屯砲兵中隊長、兵学校共感、砲兵少佐、砲兵中佐、第53軍参謀、東部軍参謀などを務めた。太平洋戦争後は、東洋精密工業社長などを務め、東西の兵法書をビジネスマン向けにわかりやすく解説した本を多数出版した。主な著書に『作戦要務令』『マキャベリ兵法』『戦略と謀略』など。

他の記事も読んでみる

齋藤匡司

困難は、未来の感謝と思いやりや自信の源です。困難には前向きに立ち向かうことに意義があります。


谷正人

全て完全買い取りです。これはうちに限らずセレクトショップの強みです。一部を除き、百貨店がこの20年売り上げを落としてしまったのは全部委託だったというところが原因だと思います。セレクトショップは基本的に買い取るので、買い取ったら自分たちで在庫を捌かなければいけない。捌かなければキャッシュが回らなくなりますし、経営者じゃなくとも、バイヤーは残せば、「どうするんだこの在庫」と怒られ、立場を失うかもしれない。この緊張感が、売る事をしっかり考えるベースになります。


樋渡啓祐

自分が喜ぶもの、市民が喜ぶものをつくりたい。


永瀬昭幸

リーダーは組織に対して、なぜそれをやるのかを徹底的に納得させなければダメなわけですよね。納得できなければ、人間は本気になれませんから。学生にとって一番の問題は「なぜ勉強をしなくちゃならないのか」がなかなか理解できないことです。どんな将来をイメージし、ゴールに到達するためにどうやっていくのか。この課題に真正面から向き合い、考える教育をしないとエネルギーは出ません。


アンダース・エリクソン

座学で知識を吸収することは確かに重要なのだが、頭を使いながら本を読まなければいざというときに役立てることはできない。


和佐見勝

なぜ小売業の物流に特化したかというと、私が小売業の出身であるからです。その自分の強みを会社の強みにすることが一番大事だと思いました。


賀来龍三郎

国際収支は本質的にゼロサムゲームであり、一人勝ちする者があれば大負けする者も出てくる。ところが日本は黒字国になった後も真剣に黒字減らしを考えずに大勝を続け、その結果、あちこちで経済摩擦を引き起こしてしまったのである。


坂下英樹

評価の観点は、どれだけ成果をあげたかという「パフォーマンス」だけでなく、どれだけ成長できたかという「ストレッチ」の部分も重視しています。


ONE(漫画家)

18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


佐久間昇二(佐久間曻二)

経営理念を共有することが大切。企業の志が社員一人ひとりの志となり、行動に結びつく。


小室淑恵

管理職世代には、いまだに「自分がエースとなり、誰よりもたくさん働いて、メンバーを同じ方向へ引っ張っていく」というマネジメント手法にこだわる人は少なくありません。でも、その方法で成功するのはほんの一部のスーパーマンだけです。多くの管理職は、仕事を抱え込みすぎて自分を苦しめています。


中井貴一

たとえば、市民からの抗議を受ける場面。そのときは昔クレーム処理を担当していた友達との会話で「とにかく丁寧に言うしかないんだよ」と聞いた話を取り出す。そのくり返し。30年間の引き出しへの蓄積が役者としての財産ですからね。