名言DB

9412 人 / 110637 名言

大橋忠晴の名言

twitter Facebook はてブ

大橋忠晴のプロフィール

大橋忠晴、おおはし・ただはる。日本の経営者。川崎重工業社長。兵庫県出身。神戸大学工学部卒業後、川崎重工業に入社。執行役員、車両カンパニープレジデント、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

大橋忠晴の名言 一覧

いったんモノづくりをやめると、技術伝承が途絶えてしまいます。仮に設計図面が残っていたとしても、それを製品にするための生産技術やスキルが消えてしまっていたらつくれません。サプライチェーンも数年もすると途切れてしまうので、素材や部品も手に入るかどうかわかりません。


日本が工業先進国として世界の社会インフラや地球環境に貢献していくためには、最先端技術や製品の開発とともに、自らの手でものづくりを守り続けていくことがカギとなります。次世代を担うリーダーたちは今後、様々な場面で価値判断を迫られるでしょうが、モノづくり力の維持と技術伝承に知恵を絞ってほしい。


大橋忠晴の経歴・略歴

大橋忠晴、おおはし・ただはる。日本の経営者。川崎重工業社長。兵庫県出身。神戸大学工学部卒業後、川崎重工業に入社。執行役員、車両カンパニープレジデント、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

その人に「将来性」があるかどうかを判断する際、ひとつのポイントになるのは、「成長しようという意欲」、すなわち上昇志向が感じられるかどうか。


谷川法雄

企業とは付加価値を創造し、それを従業員に対する適正な労働分配率も含めヒトに分配して、社会の発展に貢献する高度に社会的な存在である。ヒトとは事業に関係するすべてのステークホルダーを意味します。


安田弘

みんなが自由だからといって何でもやっていいということになると世の中はめちゃくちゃになる。


首藤由憲

国内のシェア争いには興味はありません。カルピスというブランド価値は大きいし、それを手に入れたアサヒ飲料は幸運だと思います。ただ、商品が支持された結果として3位になるのと、3位になるために買収などをして対抗するのは、根本的に違います。我々はあくまでお客様目線で経営していきたい。


有馬利男

我々はサービスの提供によって、お客様がイノベーションの種を生み出し、企業品質を高めていただくことに貢献したいと考えています。


清水信次

安穏と余生を楽しむつもりはさらさらない。まだまだやらなければならない大事なことがあるからだ。
【覚え書き|83歳のときの発言】


元谷外志雄

創業時の注文住宅事業時代、お客様の様々な形の土地から、快適な住居を発想してきたことが良いトレーニングになった。


熊谷正寿

私は21歳のときに夢ややりたいことをすべて手帳に書き込み、その後15年の人生年表を作成し、それに沿って人生を邁進することに決めました。そのために、情報整理術を身に付けることを決意し、実行してきました。その成果がGMOインターネットグループです。


石渡美奈

明確な目的がないなら、自分の選択をベストな選択にするのが正しい生き方。もし違ったと思ったら自分の選択を選択し直せばいい。


柳生博

山の中で暮らしていると、夏は暑く冬は寒く、最初は決して快適ではありません。けれど暑さの中にも風の涼しさを感じ、野の花の香りを愛でていると、自分が生き物なんだと実感できるようになります。これまで人間は自然を破壊してきたのだけど、これからは人間も含めた生き物すべてが気持ちよく暮らせる世界をつくっていかなきゃいけないと思う。


田中優子(江戸文化研究者)

他校の見習った方がいい点は参考にしますが、個性が違うから競争しても仕方ありません。学生はその個性の違いの中で、本学を選んでいます。だったら競争するのではなく、まず自分たちの個性をきちんとつかんで発信し、法政大学はこういう大学ですときちんと表現することが大事なんです。


立川談慶

マナーや礼儀は、若手サラリーマンにとって基本中の基本ですが、実は落語の世界でも非常に重要視されます。それですべてが判断されてしまうといってもいいくらいで、だから師匠には徹底的に教育されました。


鈴木あや(IBM)

自分と異なる考え方を持つ部下がいたほうがいいのです。違いを受け止め、上手に生かしていくことが、上司の度量を広げるのです。


山内雅喜

今、日本で提供されているサービスは、もっと海外に出ていくべきだと思います。安心して使える、きめ細かい心配りが行き届いた、ジャパン・ブランドといって申し分ないサービスがたくさんあります。日本のサービス業は世界で通用します。宅急便を世界に広げていくためにも、まだまだサービスの進化を追求していきたい。


江上治

人に対してお金を投資しない、他人がお金を自分に払うことに無頓着であるような人は、結局のところ自分の利益しか考えていない。世の中に対してお金を「キャッシュバック」していない。だから、いつまでたっても、お金が自分に入って来ない。