名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大橋巨泉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大橋巨泉のプロフィール

大橋巨泉、おおはし・きょせん。日本のタレント、放送作家、政治家。東京出身。早稲田大学政治経済学部新聞科中退。その後、ジャズ評論家、放送作家、テレビやラジオの司会者を務め、様々な媒体で情報発信を行った。56歳でセミリタイアし、日本とオーストラリア、カナダを行き来した。

大橋巨泉の名言 一覧

仕事がうまくいかなくなると充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろ?馬鹿なんだよね。だってよく考えてごらん。電気カミソリの電気がきれてから充電しても間に合わないんだよね。


大橋巨泉の経歴・略歴

大橋巨泉、おおはし・きょせん。日本のタレント、放送作家、政治家。東京出身。早稲田大学政治経済学部新聞科中退。その後、ジャズ評論家、放送作家、テレビやラジオの司会者を務め、様々な媒体で情報発信を行った。56歳でセミリタイアし、日本とオーストラリア、カナダを行き来した。

他の記事も読んでみる

飯島彰己

採用する側がしっかりと見ることが重要です。いまの学生さんは受け答えがうまい。でも、見た目で判断すると、間違うときがある。朴訥で入づき合いの経験が乏しいなんてことは会社に入ればどうにでもなります。だから面接官を誰にするかが重要です。


柳井正

僕は子供の頃、親と一緒の部屋で寝ていました。するとおふくろとおやじが夜、年末の資金繰りを話し合うんです。うちは大丈夫かと思うことが何度もありました。これが僕の原体験です。今は皆さんサラリーマンで、毎月毎月、同じ額の給料が入ってくる。これは現実のビジネスとは違います。会社はいつ潰れるか分からないし、店だっていつ閉店するか分からない。そういう現実感が希薄になっている。


ジョージ・バーナード・ショー

真の余暇とは、我々の好きなことをする自由であって、何もしないことではない。


前川孝雄

一見するとムダに思える雑談も、コミュニケーションのズレや不足を補うためにはあえて必要ではないでしょうか。私が経営する会社では、長期休暇後の最初のミーティングでは、休暇中の出来事について皆で1時間ほど話します。また週に一度、その週に読んだ本を互いに紹介し合う時間を設けています。仕事に直結するわけではありませんが、相互理解に大変役立っています。


内藤剛志

僕はたいした役者じゃないですけど、こうやって飯が食えているというのは、意外と「逃げなかった」から。実際、撮影の現場に入って横目で見ていると、「アイツ、楽しているな」っていうヤツが結構、いますから。そういうヤツは、結局、この世界からいなくなっている。


小山昇

お客様に話すときには、相手が満足度を高めることと、不満足度をなくすことの、どちらを求めているのかを見極めたうえで、トークをすることがカギとなります。


大久保恒夫

売上を上げようと思わなくていい。お客様に満足していただければ自然と上がります。売上が上がれば利益も増えます。


肥土伊知郎

最初はウイスキーづくりの経験がほとんどなく「オーセンティック(正統派)なやり方」に頼ることにしました。ウイスキーづくりには長い歴史があります。その間にいろいろなアイデアが出て今日に至っている。それなのに私が思い付きでつくったところで過去は超えられません。そこで伝統的なやり方をいかに再現できるかにこだわりました。たとえばモルティング(大麦の発芽と乾燥)も専門業者に頼まず自分たちで行い、麦汁の発酵槽はステンレスではなくミズナラの樽を使う。木の発酵槽は乳酸菌が住み着くため風味がよくなるとも言われています。あるいは原酒の貯蔵庫の床はむき出しの地面にし、空調設備をつけず、秩父の自然の中で熟成させることにしました。


野村克也

考えた後で、観察すると、ふと浮かぶ時があるんだよ。考え抜いていなければ、同じものを見ても気づかないはずだ。だから俺は常に野球のことを考えるし、ID野球といわれたように、敵も味方も過去のデータを徹底的に集めたわけだ。


オダギリ展子

片づけてもすぐに散らかってしまうという声をよく聞きますが、それはおそらくキレイにすることだけにこだわっているからではないでしょうか。見た目には片付いていても、実際には作業がやりにくい状態になっているのです。ミス防止、業務の効率化という視点で片づければ、必然的に作業がやりやすい状態が生まれますから、いつまでもキレイが継続します。


林要(経営者)

僕らのDNAは生き残り戦略として積極的に「寂しさ」を培ってきたわけです。体がどんなに屈強でも、寂しさを十分に持っていない個体は、たとえ肉を独り占めにして生き延びる事ができても、子孫を継続的には残せず淘汰されてしまいます。つまり、私たちは子孫を残すために寂しさを感じるようにできているわけですし、互恵的にもならざるを得なかったわけです。私達は利己的な遺伝子を持つが故に寂しいし、互恵的性質を持つわけですね。


山岡荘八

家康は、自分の財産というものはない、そういう考え方をしていた。徹底した仏教信者でもあったので、一切の財産は預かりもの、必ず国民の生活にプラスになるように使わなければならない。そういうことから、この金はお前に渡すけれど、お前のものではないのだから、自分のために使ってはいけないということを、いつも3度繰り返すのが常であったということです。ですから貯蓄をすることは自分のためであると同時に、いつでも国の繁栄のため、家の繁栄のため、ということにつながっていたわけです。それがかなり徹底していたと思うんです。