大橋巨泉の名言

大橋巨泉のプロフィール

大橋巨泉、おおはし・きょせん。日本のタレント、放送作家、政治家。東京出身。早稲田大学政治経済学部新聞科中退。その後、ジャズ評論家、放送作家、テレビやラジオの司会者を務め、様々な媒体で情報発信を行った。56歳でセミリタイアし、日本とオーストラリア、カナダを行き来した。

大橋巨泉の名言 一覧

仕事がうまくいかなくなると充電と称してアメリカへ行ったりするタレントがいるだろ?馬鹿なんだよね。だってよく考えてごらん。電気カミソリの電気がきれてから充電しても間に合わないんだよね。


大橋巨泉の経歴・略歴

大橋巨泉、おおはし・きょせん。日本のタレント、放送作家、政治家。東京出身。早稲田大学政治経済学部新聞科中退。その後、ジャズ評論家、放送作家、テレビやラジオの司会者を務め、様々な媒体で情報発信を行った。56歳でセミリタイアし、日本とオーストラリア、カナダを行き来した。

他の記事も読んでみる

長谷川閑史

最大の課題は、日本の武田本社の国際化、多様化です。欧州や米国に本拠地がある企業は、海外の優秀な人材に本社を経験させることが普通にできる。ところが日本企業はこれがなかなかできない。それを変えていかないと、本当の意味でのグローバル企業にはなれないので、計画的に進めています。その際、上から順次やっていくことが重要です。


松尾静磨

私は中学時代から長いことテニスの選手生活を送ったが、シングルスでセットオールにでもなると時間を食う。それも、夏のじりじり照る日中の試合は大変だ。ゲームの途中に息切れがしてこれ以上やれるかどうかというヤマが必ずある。だが、自分がくたくたのときは相手もまいっているはずだ。そこで「なにくそ!」という闘志が湧く。それが精神力である。


杉山健二

上司は部下を成長させることが仕事なのですから、とりわけ行動力が求められるのは言うまでもありません。


秦信行

独創的で差別化された製品やサービスを生み出す上では、官僚的になりがちで個人の力が発揮しにくい大規模企業よりも、個人の能力が発揮できる小さい企業の方が有利だ。現状世界でベンチャーが注目されているのもそうした背景があるからだと考えられる。企業改革を必要とする大企業がベンチャーに関心を持ち接近し始めている。従来大きかった両者の溝はかなり埋まり始めているといってよい。


御手洗冨士夫

日本経済活性化のカギは、やはりイノベーション。新しい価値を生み出すことで、新たな産業が生まれ、雇用が生まれる。それが経済活性化の大原則。


東和浩

社員によく言うのですが、実は銀行は作っているものがなく、扱っているのは基本的に数字です。数字の情報をベースにいろいろな物事を判断しますが、限界があります。そこで、顧客を訪問し、実際にどんな商品を作っているか確認するわけです。製造ラインから従業員、販売手法や課題まで多角的に分からないと取引先の役に立ちません。やはり現場が重要です。


奥島孝康

人老いたりといえども気力まで失うべからず。


御手洗冨士夫

いつの時代でも企業にとって大切なことはイノベーションに尽きる。イノベーションによって新しい価値を生み、新たな産業を創り、雇用を増やし、国家財政を豊かにしていくことに貢献していくべき。


見城徹

知識を増やすだけの勉強には意味がない。血肉化されて初めて役に立つ。血肉化とは、文字通り、その学びを自分の体の一部にするぐらいの吸収をするということだ。


西出雅弘

営業担当が不動産関連の法務や税務、建築基準法などの知識を身に付けられるようカリキュラムを設け、教育も行っています。営業担当が専門知識を持っていれば、何かあったときに問題の本質をつかむことができる。これが迅速な対応につながります。


寺田和正

世界で認められて初めて国内で認められる。


山下聰(経営者)

現在の当社の成果というのは、先人・先輩が努力した結果です。そう考えると、私たちは今、将来に向けた投資をしっかりやっておかなければなりません。


久保憂希也

営業マンが知っておくべき数字は競合他社の数字でしょう。競合他社の販売数、商品価格、売上、利益、従業員数といった数字は絶対に抑えておくべきです。極論すれば、自社の数字よりも競合の数字の方が重要と言ってもいいくらいです。なぜなら、自社や自分の戦略は、競合の数字や動きによって左右されるものだからです。


田川博己

地元の人が意外に気づかないだけで、光を当てると「えっ、そんなことが商売になるんですか」ということがたくさんあるんです。


香山リカ(精神科医)

オリジナリティにこだわりすぎないということが大切です。むしろオリジナリティはなくてもいいのではないでしょうか。あるにこしたことはありませんが、大事なのは、すべてをゼロから考えだそうとせずに、すでにあるフォーマットを上手く利用すればいいということです。


ページの先頭へ