名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大橋博(教育者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大橋博(教育者)のプロフィール

大橋博、おおはし・ひろし。日本の教育者。「創志学園」理事長。岐阜県出身。関西大学法学部卒業、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了。学習塾「学習サークル(のちの創志学園)」を設立。ニュージーランドにインターナショナル・パシフィック大学・大学院を設立し理事長に就任。そのほか、こども教育支援財団理事長、環太平洋大学学長などを務めた。

大橋博(教育者)の名言 一覧

自ら志をたて、自ら行動していくことで、人は成長していく。やはり、日本でも世界でも偉業を成した人には志があります。その志を教えることこそ、教育の役割ではないかと思うのです。


努力したら評価は後からついてくるものだ。でも、最初からお金を追いかけたらお金は逃げていく。だから、まずは努力することが大事なんだ。


自ら志を立て、行動していくことで、人は成長していく。


自ら志をたて、行動していくことで、人は成長していく。


志のない人は未来を自分で切り開いていくことはできない。どんな仕事に就こうとも、人から与えられた仕事だけをこなしていくだけの人になってしまう。


私はこれまで人を育てるという観点で、その時代、その時代の社会が求める教育を追求してきました。


一度挫折を経験している子たちは、苦労している子供たちの気持ちが分かる。


挨拶や清掃というのは誰でもできますし、人間としての基。学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作る。


自分が一生懸命にやれば子どもも一生懸命になる。それで子どもが成功すれば、こちらももっと頑張ろうと思う。そうやって、夢中で子どもたちと接していた。
【覚え書き|教育者になるきっかけとなった家庭教師時代を振り返っての発言】


学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作ると思いますので、我々としても常に生徒や学生との真剣勝負が続いています。


今も中退者だけではなく、小・中学校の不登校児童も減っていません。これは公教育が悪いのではなくて、公教育に当てはまらない子たちが増えてきたのだと思うんです。何もかもできる子が優秀と言われる学校教育にあって、オールマイティでない子供たちは精神的に苦しいのだと思います。それに友達のいじめや先生と合わないということもあるでしょう。だから、そういう子供たちでも勉強できる場所が必要だろうと考えて、国際自由学園というのをつくったのです。


東京から企業の人たちが大学に来られて最初に驚くのが学生たちの挨拶です。すれ違う学生が全員立ち止まって目を見ながらきちんと挨拶する。こんな大学は見たことがないと(笑)。これは、10年間ほぼ毎朝、124段の階段の上で学長も学部長も先生も挨拶をしてきた成果だと思います。こういったものが伝わることで1つの伝統になりますからね。


就職で評価される点は、一番は「挨拶と掃除」です。人間としての基礎・基本はしっかり守る。これは私が大学を創設したときに掲げた方針でした。実は当初は反対する先生たちがいました。挨拶や掃除は小学校のときの教育で、大学の教育ではないと。しかし私は小学校や中学校、高校でできなかったからこそ最後の教育機関になるであろう大学で、もう一度それを徹底すべきだと訴えたのです。決して間違いではないと最後まで押し通しました。そして、今はそれが当たり前になりました。


一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


大橋博(教育者)の経歴・略歴

大橋博、おおはし・ひろし。日本の教育者。「創志学園」理事長。岐阜県出身。関西大学法学部卒業、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了。学習塾「学習サークル(のちの創志学園)」を設立。ニュージーランドにインターナショナル・パシフィック大学・大学院を設立し理事長に就任。そのほか、こども教育支援財団理事長、環太平洋大学学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

大屋敦

事業の繁栄は自分の力によるものではなく、国家、社会の恩恵によるものだから、報恩の精神を忘れてはならぬことなどの心得を、ことにふれ、ときに応じ、身をもって教えられた。「浮利を追うべからず」という住友の家憲なども、題目だけでは、多数の社員に浸透するはずがない。要は最高統治者の実践躬行(きゅうこう)にあると私は信じている。
【覚書き|住友財閥で仕事した当時を振り返っての発言】


井上明義

創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


伊吹晶夫

入社後10年間は辛い日々が続き、新聞の求人欄を眺めては、辞めることばかり考えていました。でも、辞めるのはいつでもできます。諦めたら逃げになると思い、せめて売り上げを増やした上で、数少ない私の専属のお客様にも恩返しをしてから辞めようと思ったのです。


戸塚隆将

メール返信のタイミングは、自分の名刺と一緒と考えたほうがいい。相手にとっては、どんな人間なのかを想像できる情報のひとつ。返信が遅れるほど、相手は不安になり、自分に対する評価も下がる。


アルバート・アインシュタイン

昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。


鹿島茂

歴史の道筋を読むには、自分の身の回りで起きている小さな変化を、書物などで得た歴史観に沿って、できるだけ単純化して解釈するのがセオリー。しかし、単純化するときに、「短絡化」して考えてはいけない。


稲盛和夫

10年間、「彼はスゴイ」と他人から言われるぐらい頑張れば、一廉(ひとかど)の人間になれる。


ファンキー加藤

今、自分に何があるんだろうと見つめ直して、音楽が、歌うのが好きだ、と。本当に小さなプライドというか、拠り所だったけど、それに賭けるしかないと決めた。


真弓・ナタリー・ユエン

肝心なのは、自分の強みやユニークさを生かすこと。他人と同じパターンでは成功はできません。


芥川龍之介

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものは常に強弱の中間者である。


川又三智彦

自分の行動でも、世間の動きでも、丹念に記録して振り返ることで、普通では得られない発見や発想が得られます。遠回りに思えるかもしれませんが、ほかにはない成果を誰よりも早くあげたいのであれば、記録を取ることから始めるべきでしょう。


佐藤優

組織の力学を見誤ると、とんでもないしっぺ返しに合います。僕自身も外務省でのいろんな経験から、その怖さを痛感しています。自分が正しいとか間違っているという次元ではなく、組織の論理というものがある。組織が本気で牙をむいたら、個人はまず太刀打ちできません。