大橋博(教育者)の名言

大橋博(教育者)のプロフィール

大橋博、おおはし・ひろし。日本の教育者。「創志学園」理事長。岐阜県出身。関西大学法学部卒業、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了。学習塾「学習サークル(のちの創志学園)」を設立。ニュージーランドにインターナショナル・パシフィック大学・大学院を設立し理事長に就任。そのほか、こども教育支援財団理事長、環太平洋大学学長などを務めた。

大橋博(教育者)の名言 一覧

自ら志をたて、自ら行動していくことで、人は成長していく。やはり、日本でも世界でも偉業を成した人には志があります。その志を教えることこそ、教育の役割ではないかと思うのです。


努力したら評価は後からついてくるものだ。でも、最初からお金を追いかけたらお金は逃げていく。だから、まずは努力することが大事なんだ。


自ら志を立て、行動していくことで、人は成長していく。


自ら志をたて、行動していくことで、人は成長していく。


志のない人は未来を自分で切り開いていくことはできない。どんな仕事に就こうとも、人から与えられた仕事だけをこなしていくだけの人になってしまう。


私はこれまで人を育てるという観点で、その時代、その時代の社会が求める教育を追求してきました。


一度挫折を経験している子たちは、苦労している子供たちの気持ちが分かる。


学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作ると思いますので、我々としても常に生徒や学生との真剣勝負が続いています。


挨拶や清掃というのは誰でもできますし、人間としての基。学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作る。


自分が一生懸命にやれば子どもも一生懸命になる。それで子どもが成功すれば、こちらももっと頑張ろうと思う。そうやって、夢中で子どもたちと接していた。
【覚え書き|教育者になるきっかけとなった家庭教師時代を振り返っての発言】


今も中退者だけではなく、小・中学校の不登校児童も減っていません。これは公教育が悪いのではなくて、公教育に当てはまらない子たちが増えてきたのだと思うんです。何もかもできる子が優秀と言われる学校教育にあって、オールマイティでない子供たちは精神的に苦しいのだと思います。それに友達のいじめや先生と合わないということもあるでしょう。だから、そういう子供たちでも勉強できる場所が必要だろうと考えて、国際自由学園というのをつくったのです。


東京から企業の人たちが大学に来られて最初に驚くのが学生たちの挨拶です。すれ違う学生が全員立ち止まって目を見ながらきちんと挨拶する。こんな大学は見たことがないと(笑)。これは、10年間ほぼ毎朝、124段の階段の上で学長も学部長も先生も挨拶をしてきた成果だと思います。こういったものが伝わることで1つの伝統になりますからね。


就職で評価される点は、一番は「挨拶と掃除」です。人間としての基礎・基本はしっかり守る。これは私が大学を創設したときに掲げた方針でした。実は当初は反対する先生たちがいました。挨拶や掃除は小学校のときの教育で、大学の教育ではないと。しかし私は小学校や中学校、高校でできなかったからこそ最後の教育機関になるであろう大学で、もう一度それを徹底すべきだと訴えたのです。決して間違いではないと最後まで押し通しました。そして、今はそれが当たり前になりました。


一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


大橋博(教育者)の経歴・略歴

大橋博、おおはし・ひろし。日本の教育者。「創志学園」理事長。岐阜県出身。関西大学法学部卒業、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了。学習塾「学習サークル(のちの創志学園)」を設立。ニュージーランドにインターナショナル・パシフィック大学・大学院を設立し理事長に就任。そのほか、こども教育支援財団理事長、環太平洋大学学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野村克也

いま思い返すと、俺を引き上げてくれた2軍コーチやキャンプで俺を試してくれた鶴岡(一人)監督との出会いというのも、ツイていたからなんだろうな。良きにせよ悪しきにせよ、人との出会いもまた運だよ。


草刈貴弘

円高が企業収益に影響を与えるのは間違いありません。でも、それが本質的な企業価値にどう影響しているのかをきちんと見なければなりません。円ベースでは価値が下がっていても、実際にビジネスを展開している現地通貨ベースで伸びているかもしれませんから。


田原総一朗

社会に出たら正解がないのだから、正解を探したって意味がない。鈍になってチャレンジをする。そしてあきらめず、根気よくチャレンジを重ねる。そこで初めて運が開けてくるのです。


野田稔

じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


ミッツ・マングローブ

昔の歌謡曲って、すごくサービス精神に溢れているものはかりじゃない? だからあれだけ大衆に響いたわけでしょ。世代や性別を超えて、バーンと伝播するような音楽ってそんなにもう昔ほどないでしょう? ターゲットは狭めてないんですよ、私。全方位に向けて発信しているつもり。


松本晃(経営者)

PB(プライベート)を請け負う際にもリスクはあります。小売りが競合メーカーに同じような製品を作らせて、そちらに切り替えられるということも起こり得ます。こうしたリスクを防ぐとすれば、PBにしてもNB(自社ブランド)にしても陳列棚に並ぶのはすべてカルビー製品にしてしまうことでしょう。


吉山勇樹

依然として多くのビジネスパーソンが「多忙自慢」をしています。私が研修でお会いする方々も、「毎日残業で大変」「昨日は一睡もしていない」といったセリフをよく口にしています。しかし、これは自慢にはなりません。むしろ、セルフマネジメントができていないことを公言するようなものです。


福嶋覚

多くの営業会議に見られがちなことだが、リーダーが直接、各営業マンに指摘していくといういわゆる「二点会議」となっており、これがほかの営業マンを部外者にする時間を増やす。そこで、リーダーがほかの参加者、とくにキャリアのある営業マンに「このケースはどう思う?」といった風に意見を求める「三点会議」を心がければ、部外者を減らし、かつ議論を円滑にできる。


漆紫穂子

昨年のプロジェクトでCM制作を行ったとき、広告代理店のCMプランナーの方がある生徒について、「あの子にはくだらないことを次々と思いつく才能がある」とおっしゃったんです。それって才能なのかなと思いましたが、その方が言うには、「僕は広告代理店に入ったときに、それを上司がとても評価してくれたからいまがある。彼女の才能を大事にしてください」と。


佐野章二

結局のところ、諦めなかったから、いまがある。
【覚書き|ビッグイシュー日本版創刊をするとき周囲から猛反対を受けたことを振り返っての発言】


島田精一

上司がひどかったら反面教師として自分が上司になった時に生かせばいい。部下はどうしたらついてくるのか、しっかり学ぶいい機会と捉えるのです。


高橋淳(パイロット)

サラリーマンだったら90歳を超えて働いてはいなかっただろうね。大好きな飛行機の仕事だから、こうして続けていられるし、努力もできる。その点、僕はラッキーだけど、世の中のサラリーマンは、妻子を養うために我慢して働いている人が圧倒的に多いと思う。だから定年で一区切りついたら、第二の人生は、実入りは少なくとも楽しいと思える仕事をやっていったらどうかな。始めるのに遅いことはない。60歳、65歳なんて、僕から見ればまだほんのヒヨッコだから。


山岡孫吉

乗鞍岳の東大宇宙線研究所に納入する自動発停式の自家発電用ディーゼルを製作して、一部の同業者間に流布されていた「ヤンマーは技術の低い百姓のエンジン屋だ」という悪口を完全に封じた。


橘フクシマ咲江

多くのエグゼクティブに共通するのは、スピーチにしても、部下の指導にしても、同じことを何度も何度もしつこく話すことだと思います。「いつも同じことを繰り返す」というCEOは珍しくありません。なぜそうするかといえば、エグゼクティブは「人は相手の発言を、自分の都合のいいところだけ聞いて、都合のいいように解釈する」傾向があると理解しているからです。


豊臣秀吉

奉公人に対しては、誰彼れの差別をつけず、役に立つ者に対してはことさらねんごろにしてやるがよい。また、誰であろうとも、忠義のためにこの世を去った者に対しては、その後継ぎを立てて、一家の絶えないようにしてやらねばならない。ただ、家名を継がせる場合に、10歳未満の幼子には、代理を立ててやり、また、夫婦の間に子どももない場合は、弟に継がせ、娘一人子のときには困らないようにしてやらねばならない。


ページの先頭へ